アメリカのホームレスの稼ぎ  1/23/18

週末の時間がある時だけ、好きな時間に韓国人オーナーの東洋系食料品店に手伝いに行っている。
手伝いと言っても、お客様と話している方が多く、店主の女性も「あなたがいると店が明るくなる。」と喜んでくれるし、私も多種多様な人々を観察でき、好きな食料品を持って帰り人生がより面白くなる。

二日前の日曜日、スラリとした70過ぎの身ぎれいな年配男性が「一ドル札を大量に持っているのだが、20ドル札と替えてくれないか?」と店に入ってきた。
何枚か替えてあげ「ところで、どうしてそんなに沢山の一ドル紙幣を持っているの?」と訊いた。

「サイン一枚あれば稼げる仕事をしているからさ。」

「へぇ~、どんな仕事?」

男がゴソゴソ茶色の紙袋から取り出した茶色の厚紙には、町のあちこちで見かけるホームレスの手書きサインだった。

”お酒は断ちました。どうぞ私に恵んで下さい。神のご加護がありますように!”

「その格好で、あなたはホームレス!?」

「私の身なりを見れば、大きな会社の社長か何かに見えるだろう?」と私の唖然とする顔に笑った。

「ほら、見てごらん。道路に立って金を乞うときは、この袋の中のジャケットに着かえるんだよ。」と得意げに古びたジャケットを見せてくれる。

「ちょっと、前から知りたかったのだけど、一日でいくら稼ぐの?」

「フッフツフ、当ててごらん。」

「$25くらい?」

「$50だよ。それも良い日は一時間で。」

「冗談でしょう。」

「数週間道に立っていれば、後の一、二か月くらいは遊んで暮らせるよ。」

「それで、どこに住んでいるの? どこに立って稼いでいるの?」

「稼ぐ場所は教えられないが、自分はカナダに広い土地を持っていても冬は雪で何も出来ないから、こっちにきて稼ぐのさ。フッフッフ。」と笑う。

「それでは、人の善意を食い物にしていることね。年金もあるんでしょう。」

「まぁー、そうなるかな。みな優しいよ。金があるからくれるんだろう。奪っているんではないからな。」と全く恥の欠片もない。

20ドル札に替えて上げたのだから、写真を撮らせろと何度か粘ったが「写真を撮られ、ニュースにでもなったら明日から稼げない。」と遂に叶わなかった。

日本の宗教と違って、キリスト教は信者でもない他人に対する慈悲の心があるから施すのだろう。

人は見かけが良いと、何事においても得をするが、彼なんぞは、その良い例だろう。
古いジャケットを着ていても、あの容姿なら「かっては良い生活をしていたが、今は何かの事情で。」と同情を惹くのではないだろうかと想像してしまう。

週末働く大学生のユンに「もうこの店を止めて、あなたもサインとコーヒーカップを手にして外に立っていなさい!」というと、「僕には自尊心がある。」と真面目に答える。

産経WESTでの「ボストンから一言」、第四回目のコラム掲載日は1月31日(水曜)です。
韓国の友人Hさんが、女学校の寮で経験をした北朝鮮の巧妙な策略です。

   前が見えないほどの大雨
d0024276_10371369.jpg

   出産まじかのアシスタントの先生に「聴診器で赤ちゃんの心音を聞いたことが
   ある?」と訊くと「ない。」と言うので「聞いてみて。」というと笑いなが
   らお腹にあてた。そして私にも聞けと言うので心音を二人で聞いて、幸せな
   気分になった
# by arata-tamiko | 2018-01-24 10:49 | 興味ある話 | Comments(0)

コラムと親日派の韓国人の友人達  1/17/18

子供の頃から書くことは好きで、今でもお土産で戴く日本のお菓子や食べ物の美味しさに感動すると、すぐに手紙やメールをしてしまう。
それと長年続けている、このブログ以外は作文などに投稿もしたこともない全くの素人に、産経新聞はよくぞコラムを任せてくれたものだと今更ながら感心している。
産経にしてみれば、一か八かの賭けに等しいと思える。
余りの反響に正直恐れをなしている。

友人の操さんからFacebookにこれだけの人たちが拡散していると電話で言われ「どうしてそんなことが判るの?」と訊くほど器械音痴。
Twitterの反応をクリックすると「本当の話なら面白いが。」とあったが、読者は馬鹿ではない。
あたかも本当のように嘘を取り混ぜての創作話なら、読者は途中で気付いて読むのを止めるはず。

今朝あるアメリカ在住の主婦から、戦前の朝鮮で教師をされ、20年前に亡くなられた祖父の話を書かれた心温まるメールを戴いた。
その教え子が10年前に、やっとの思いで彼女のおじい様の住まいを探し当て、会うことは叶わなかったが、90歳の高齢にも関わらず毎年韓国から山口を訪れ墓前に手を合わせてくれると書かれていた。
「自分が医者になれたのも、熱心な教育のお陰です。」と言われたそうで、70数年経っても昔の生徒が慕っているとは、おじい様の人格が偲ばれる。

コラムに書いた韓国女性のHさんの日本語の教育は12歳で終わっている。
戦後初の韓国大統領、李承晩の時代は、国民に厳しく日本語を禁止した。
Hさんは、日本語を忘れぬため残された日本の文学書を探し求め、手当たり次第に読み続けた。
ボストンに住み始めてからはHarvardの図書館から借り、日本の文学作品を読破した。
Hさんのご主人の大親友も日本語を忘れぬようにと、自分で無線ラジオを組み立て日本からの放送を聴き続けたそうだ。
このような努力の結果、彼等は正当な日本語を話し書き日本を愛してくれる。

   昨夜からの雪も早溶け、ゼロ度ながら暖かく感じる

     始まって3分もしないうちに、二度も人の頭を叩いている。
     それも近くに歩いて行ってまでして。
     もうこれは彼の癖なのだろう。
# by arata-tamiko | 2018-01-18 09:14 | 諸々の出来事 | Comments(3)

日本のお笑い芸人と虐め   1/9/17

日本のお笑い番組の品のなさ、程度の低さに関しては何度か書いている。
姿は見えないが、笑い専門で雇われていると思える男性たちの下卑た馬鹿笑いは聞くに堪えない。
あのブヨブヨした体の男が裸とお盆を芸として、それも公共放送で堂々とまかり通り、それを見る雛段に座る常識あるべき大人たちが笑い転げるのは醜悪。
あれは、昔から男たちの宴席で芸無しが見せる典型的な裸踊り。

ここ最近ベッキーがとやらで蹴られたと、あちこちに書かれているので、この番組を5分ほど観てみたが、いい大人たちが相も変わらず手に持った棒で幼児のおふざけごときの悪ふざけ番組。
とは自ずからの行動で、他人から蹴られ後日「芸能人として嬉しかった。」とコメントを出す彼女が哀れすぎる。
一時は飛ぶ鳥を落とす勢いだっただけに、このようにして物笑いにされたこと、心中では、どんなに惨めだっただろう。
芸能界に戻りたい一心で、藁をもすがる思いなのか。

そしてこんな境遇になった人間を”禊”と称して寄ってたかって蹴るとは、虐め以外の何物でもない。
お笑いやジョークは、される人間も心から笑ってこそ、観る人も楽しめる。
松本が、もっともらしく、しかめっ面で虐め問題や世相を論じ”ご意見番”としてまかり通り持ち上げる日本社会は歪。

喧嘩ばかりする二人の日本人小学生の男の子がいた。
英語が堪能な一人の方の母親が校長に学校の子供に対する指導法などに異議を唱えた。
校長は、貴女に言われる筋合いはないとばかり「どうして日本人の子供たちは暴力的なのですか?蹴ったり殴ったりと。家庭で暴力はいけないと教えないのですか?」と反論してきた。
”日本の子供たち”と特定をし、人種差別とも言われかねない言葉、よほど胸に溜まったものがあったのだろう。
子供たちは、こんな番組ばかり観て育っていれば、何が暴力で何が違うのかが判断できなくなるのは当然。

    「ボストンから一言」として、私が産経WESTに書いているコラムの
    第三回は、来週の17日(水曜)に掲載されます。
    ”慰安婦”に関して、私が韓国の友から聞いた興味深い話が書かれています

   日中の体感気温が零下20度を下がり夜は零下30度が10日近く続くと、ゼロ度と
   なった今日が暖かく感じる
d0024276_83231.jpg

        室内を26度に保っても、隙間風が入り寒がりのチビは
        毛布にくるまる。
# by arata-tamiko | 2018-01-10 08:17 | メディアから | Comments(0)

毎年紅白歌合戦で思うこと  1/4/17

              新年おめでとう御座います。
            皆さまのより良き年を願っております。

変わらず私のブログを読んで下さり有り難うございます。
70歳過ぎてコラムを執筆する人生の新しいチャレンジに恵まれ幸せを噛みしめております。

それにしても紅白出場歌手の若い歌手たちの歌の下手な事には呆れるを通り越して、彼らの勇気に尊敬してしまう。

まず声量がない。
音域の幅がない。
歌に心打つ情感がない。
音程がしっかりしていない。


じーっと座って紅白を観ることはしなかったが、何かしながら画面に目を走らせる時は、余りの下手さに”誰が歌っているのか?”だけ。
色とりどりのスーツを着た若い女性たちの踊りに「こんなに独特のダンスが上手いグループがあるとは!」と見入っていると、高校生とは驚いた。
素人の方が、プロの出演者よりも優れているとは。

大晦日だったか「どうしてJ-PopはK-Popのようにアメリカで流行らないのか?」との記事があった。
あの紅白の出演者の程度を観ていれば、答えは一目瞭然。

姉が「日本では上手すぎては、使うほうがどうしていいか判らないのよ。尾崎紀世彦然り、布施明然りでしょう。だからトシちゃんくらいが良いのよ。可なく不可なくの歌で、足をピーンと上げるだけで何十年持っているのですもの。」との意見。
私も同意。

プロと呼ばれ、お金を戴くからには、素人よりも上手くなければならない。
この意識が彼等には全くないようだ。

第三回目を書き終わり、今日産経に提出をしましたので、掲載日が決まりましたらお知らせを致します。

   一日で大雪積もる

      5,6年前のブログに「上手だ!」と、これと同じ動画を紹介した。
   この韓国の歌手が、クリスマスの前日に練炭自殺をした。もったいない。
# by arata-tamiko | 2018-01-05 13:13 | メディアから | Comments(3)

産経新聞に二回目の掲載   12/27/17

私のコラムが掲載された昨夜の時間に、自分のラボを持ったためNYに移った吉岡さんから電話があり、心寂しくなったのかと「どうしたの?何かあったの?」と訊くと「凄いですよ。トップに載っています。」と突然言った。
「何が?」と問うと「コラムですよ。コラム。開いて下さい。僕嬉しいです。」と我が事のように喜んで興奮していた。
ある手紙書きに没頭しており、彼から一報が入るまで気づかなかった。

日本の姉は「気を付けて書かないとね。今は、インスタとかやらで、いろいろと文句をつける人も多い時代だから。」とパソコンが出来ずFaxも壊れている生活をしている姉が忠告をしてくれる。
「本当の事しか書かないから怖いものはないわ。」と返事をする。

読まれた数人の方たちから「あれだけ書くのは、しかも月二回では重荷になりませんか?」と訊かれたが、子供の時から作文は得意だったし、書きたいことは溢れるほどあるので、むしろ楽しさが先に立つ。
そそっかしく一人合点してしまう私は、読者に理解できるかどうかと何度も読み返し修正する。

来月の掲載日は、またこのブログでお知らせをいたします。

   空気が冷たく今朝の温度は、マイナス12度
d0024276_22315226.jpg

d0024276_22321561.jpg

       この両隣二軒でデコレーションを始めたのは7年ほど前。
       それが年を追うごとに飾りが増えだし豪華になり今では
       音楽まで流れ始め、見物客が増えている。
d0024276_2237850.jpg

d0024276_22375995.jpg

      我が家から車で5分もかからない二軒の家族が総出で飾り付けを
      始めると季節を感じる。
      行きかう車からのクラクションや掛けられる言葉に若い息子達は
      手を振る
# by arata-tamiko | 2017-12-27 22:50 | 諸々の出来事 | Comments(0)

肺癌に於ける免疫治療  12/21/17

今年の7月から始まった、スイスのロッシュ社による新薬の免疫チェックポイント阻害剤「アテゾリズマブ」と、到底覚えられない薬名で、三週間に一度受ける治療は、今月末で合計9回目となる。

アメリカに於いても最新治療薬として注目されており、キモ治療のように酷い副作用がなく治療時間も30分足らず。
日本ではC製薬が”テンセントリク”と言う薬名で厚生省に申請しているそうだが、どうして日本発売となると別名になるのだろう。

稀に”そう痒症”の症状があると説明を受けたが、目と口の周りが真っ赤となり酷い痒み。
腎盂癌で一つの腎臓を摘出し、5年過ぎ「もう大丈夫!」と安堵していると同じ癌細胞が両肺に転移、それも散らばっていることが去年の7月に判明。
「6年過ぎての転移は実に稀なことです。」と担当医の泌尿器外科医から言われ”稀、稀”づくし。

でなくとも子供の時から「象さんの目」と姉たちから揶揄われた細い目が、もっと細くなり、顔も赤く腫れ「皺が目立たなくなったわ。もし整形で、これだけの皺取りをしたら、10万円では済まないわね。」と娘と笑う。

キモ治療とは違って”味覚障害、食欲減退、倦怠感、脱毛”などと言った副作用は全くないが、痒いのも辛い。
今日会った皮膚科の先生の意見としては、免疫治療とは関係ないと思えるとの事で、塗り薬、飲み薬と薬局でもらってきた。
また二週間後に診てもらうことになった。

産経新聞のニュースサイト、産経WESTで「ボストンから一言」として書き始めたコラム、二回目の掲載日は、日本時間の27日(水曜日)午前となりました。

           (http://www.sankei.com/west/west.html)

   今のところ比較的暖かい冬
d0024276_23352272.jpg

 東北の方から戴いた”牡蠣、ふかひれ蒲鉾”の美味しさに唸った!
       (塩釜 カネコ橋沼商店)
 日本に一時帰国の親しくしている若い男性のお客様から「何でも持って来ます。」と
 言われ、厚かましく頼むと「新田さんが美味しいと言うなら間違いない。」と自分と
 ご両親のため二函注文したそうだ。
 本当に、このM君は良い性格をしている。
# by arata-tamiko | 2017-12-21 23:53 | 諸々の出来事 | Comments(0)

男でしょう。泣くな!   12/13/17

最近の男は、どうしてこうも人前で恥ずかしくもなく泣くのだろう。

日馬富士の引退記者会見。
成功を夢見て来日し、言葉に出来ない苦労と努力を積み重ね、やっと横綱と言う相撲界の頂点に立った。それをたった一晩の過ちで水泡と消えてしまった取り返しのつかない自分の愚行に泣きたいのは日馬富士本人だと思う。
それを涙一滴流さず訥々と詫びる横綱の隣に立つ伊勢ケ浜親方たるや会見が始まる前からシクシク泣いてハンカチで目を拭いている。
何というみっともなさ。
「男がべそべそ泣くな!」と画面に向かって怒鳴ってしまう。
体格が立派だけが男ではない。

Toyotaが欠陥車だと愚かな議員たちがやり玉にあげ、現社長がアメリカの公聴会で矢面に立たされた。
自社の製品に自信があり生産に携わるToyotaの社員皆を信頼するなら、堂々と反論すればいい。
それなのに、涙で息詰まる社長を見ていられなかった。
これも「男でしょう。泣くな!」と画面に大声あげた。

男が泣くのは、親が死んだときだけ、、、とまでは言わないが、人前で泣き顔を見せて恥ずかしいと思わない男が多くなった。

それにしても、この暴行騒動ありとあらゆる人が出てきて憶測で自分の考えを話すのには感心してしまう。
日馬富士の親代わりとかの住職、油に火が付いたようにペラペラしゃべりまくる。
貴乃花とは十年以上も疎遠の母親までが出てきて、開口一番「いつになったら我が家は静かにさせてもらえるんでしょうか。」と嘆息するのには「あれ?初めは貴女が問題を起こしたのではなかったっけ?」と言いたくなる。
長年口もきかない息子の心境をしゃべる。

鏡山部長、肥った体で毎日エッチラオッチラと貴乃花部屋に日参し、けんもほろろにあしらわれ、すごすごと引き上げる姿は、子供の使いのようで、もう漫画。
余りにも役者が揃っているのには笑ってしまう。
こうなってくると、どうであれ口を堅く結んだまま無言を貫く貴乃花が男らしく見えてくるから不思議。

産経WEBの二回目掲載の原稿書きが終わり、今日から原稿作業にはいるとのこと。
掲載日が決まったら、またお知らせをいたします。


  数日前の初雪はすぐに溶けた
d0024276_6473336.jpg

      冬の季節、このブラシは車の中に入れて置く必需品です
 
# by arata-tamiko | 2017-12-14 06:48 | メディアから | Comments(0)

自分の書いた記事が掲載されて。 12/7/17

自分が書いた文章と写真を現実に見ることが、これほど気恥ずかしいとは思いもしなかった。
こちらで親しくしていた人たち数人から「知りませんでした。涙が出ました。」とメールが入り「有り難う。でも私が泣いていないのだから、どうぞ泣かないで。」と返事を出す。

写真で、いかにも私の愛犬といった風情で私が抱く犬は、実は我が家の駄犬、チビではない。
締め切り近くに「写真を!」と言われたが、歳を取ると一人で写る写真もそうそうない。
で、二十年以上の大親友でエディクム留学センターを運営する東京の粂原さん宅で撮った写真にしてもらった。

コラムを読んだ粂原さんから件名「うちの犬は駄犬ではない」と以下のメールが届いた。

最初に出てきた、写真、うちのポンジュで、しかも豪華な我が家で写したものじゃないですか~?
これじゃ、まるで、ポンが、チビという名の駄犬だと世間の皆様は勘違いするに違いありません・・・
お品の良いポン、あの世で、叫んでいるにちがいありませ~ん。
チビと一緒にするな~と・・・(笑)

ポンジュとは笑わせてくれるが、本名は”ポン子”で、我が家の駄犬チビと違ってウン十万の血統書付だけあって豪華な毛並み。
純血は弱いと言われているが、結構獣医の世話になっていた。
可哀想に生まれ持った気管支系統が悪化して今年亡くなった。
その点、ポン子と同じ歳の雑種チビは「ホットドッグ」とアメリカ人から呼ばれ、日本人からは「体形が、つちのこみたいですね。」と言われても16歳ながら何のその、歯が悪くなったことと関節炎以外は問題はなく食欲旺盛で走り回っている。

   暖かい日々が続く
d0024276_0573373.jpg

     友の操さんだけが「チビは何て賢い犬でしょう。古武士のように凛と
     して人にこびず猛々しい。」と褒めてくれる。
     「待て!」と言われると「よし!」と言われるまで、お皿の食べ物から
     目をそらしている。
# by arata-tamiko | 2017-12-08 01:01 | 諸々の出来事 | Comments(0)

12月6日午前9時に掲載(日本時間) 12/4/17

2日にお知らせをしたように、「産経WEST」(http://www.sankei.com/west/west.html)
私の第一回コラムが日本時間の12月6日午前9時に掲載される。

自分のブログなら、納得いかなかったり、理不尽なことがあると言わずにおられず思うがままに辛辣な意見を書き続けてきたが、新聞となると話は違ってくる。
昨今は訴えることが流行っており、週刊文春、週刊新潮など訴えられた数は編集長ですら覚えていないのではないか。
あちらは財力ある大会社、私ははかない一人の女性。
訴えられては大変と少し自制をし兜の緒を締めなければと今は思っている。

   12月にしては暖かい
d0024276_8105288.jpg

      帰国後の10月に生まれた一花(いちか)ちゃん。
      黒ダイヤのような瞳をした目千両。 将来が楽しみ。
      九大からのMさんご夫妻は5年少々の研究留学で貯金を使い果たした
      かも。
      でも、この子が将来芸能界でも入って取り返してくれるに違いない。 
 
# by arata-tamiko | 2017-12-05 08:26 | 諸々の出来事 | Comments(0)

産経ニュースにコラムを書きます 12/2/17

この度、ひょんなことから産経新聞のニュースサイト「産経ニュース」にコラムを書くことになりました。
同サイトにある「産経WEST」(http://www.sankei.com/west/west.html)で月に2回掲載していきます。

連載のタイトルは「ボストンから一言」
記事を探せない場合は「ボストンから一言」で検索してみて下さい。

現在私は、アメリカの癌分野で最新医療と言われる免疫治療を受けています。
7前に摘出した片方の腎臓から両肺に癌が散らばっていることが去年判明をし、働きながら初めはキモから始まりました。
今年の7月初めから、肺癌の治療薬で唯一の抗PD-L1抗体として米国で承認されている免疫チェックポイント阻害剤のアテゾリズマブの恩恵を受けています。
(日本では、ある製薬会社が今年厚生省に申請)

癌治療でいろいろとアドバイスをくださる医師のお客様達から「新田さんの話を聞いたら元気になる人が一杯いますよ。僕の大学で講演をして欲しいくらいですよ。」とか「そのエネルギーとポジティブ思考はどこから出るのですか?本を出して下さいよ。」など言われていたのだが、こんな形で私の言葉が世の中に出ていくことになるなんて想像もしていなかった。
第1回は日本時間の12月6日午前に掲載されます。興味のある方は読まれて下さい。
# by arata-tamiko | 2017-12-02 21:29 | Comments(0)