お国違えばトイレも、、、。   10/20/07

 お目出度のためお店を止めたチョンヘーからのメールの中に、また車のお礼文章が書かれている。「もし、この車がなかったなら、病院に行くのも主人が夜バイトに行くにも、どんなに大変な思いをしていたでしょう。」と、感謝の言葉。4年ほど前に、あるお客様が直前まで乗りたいから、もらってください、、、と帰国前夜に我が家に車を置いていった。一応市場価格は数千ドルだったが、車購入の経済的余裕がないお客様2家族に使わせていた。そして三代目のチョンヘー夫婦にプレゼントした。十数年前のToyotaのカローラでマイル数が少ないせいか何の故障もなく走ってくれてるとは言え、これほど感謝されると「もう少しマシな車だったらな~。」と悪い気がしてくる。

 韓国歌手、チョグァヌのファンクラブ管理人は来月10日のコンサートに向けて一人で大忙し。
なのにコンサート情報以外にも旅の「準備編1」「準備編2」とコンサートに行く会員にメールを送ってくる。これだけの長文を書くだけでも大変だろうに、、、と、その情熱に打たれる。
「ホテル備え付けの歯ブラシセットはお金を取られるので持参してください。」とか「タオルは時折かび臭いことがあるので、、、。」とか、韓国の薬情報等々と、痒い所に手が届くお知らせ。
最後のトイレ使用法、これほど親切なお知らせは、旅行会社であっても及ばないだろう。
「韓国の場合、便器の横に大きなゴミ箱やかごが置いてありますので使用後の紙は流さないでそれらに入れて下さい。トイレが詰まって逆流する事があります。」と注意。この管理人は真面目に書いているのかも知れないが、毎度笑わされる。
その上「オマケ」として、IZAのサイトが添えられている。開いて見て爆笑。一見の価値あり。
          http://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/64706/

 郵便局の前で数人の女性達が「イラクに駐留する兵士達を国に戻そう!」運動のビラ配りをしていた。ビラを手にして話し込む人もいるので「話を聴いていても良いですか?」と、一緒に彼等の意見に耳を傾ける。「貴女のような熱心な人には是非27日のボストン集結大会に参加して欲しい。」と誘われたが、私は一般庶民の考え方に興味があった。

 週末のReliableは本当に忙しい。しかし店員達は長時間休みもせず良く働く。

   半袖姿も多く見かける
d0024276_15174476.jpg

         「この莫大なイラクでの軍事費は、どうやって捻出しているのか?」と
         訊くと、驚いたことに中国から借金をしているそうだ。本当だろうか?
         (日本からの援助金で貸付をしたのかしら?)
         「孫子の代には中国から支配されているわよ。」と自嘲気味に言う。
         3,794人の兵士が亡くなり、$450,786,759,871の軍事費出費
                         ( 9/21/07 )

                  
by arata-tamiko | 2007-10-21 15:30 | Comments(0)


<< レッドソックス、ワールド戦に出... 親の援助   10/19/07 >>