千客万来   8/23/08

  私と同じころ、下関でお盆休暇を楽しんでいた高月さんからSkype電話が入った。下関からSkypeを試したが、かからなかったそう。現在宿泊しているIさんの奥さんの事を話す。
休暇中送ってくれた何枚かの写真から、澄み渡った青空の下、彼らが自然を満悦している有様が伝わる。すもぐりで獲ったタコ、アワビ、サザエなどがザルの上にのっていたが見事な収穫。海水着のまま海辺に行ける近さのようで、これほどの贅沢があろうか。
「こんなに楽しい日々の後では仕事に戻りたくなかったでしょう?」と、からかうと高月さんは苦笑い。
 私のグリーンの服装を見て、スヨンが「オッ、韓国の軍服の色だ。」と言う。「そうよ。いまどきの韓国の若者で軍隊拒否をするのが多いから、私が代わりに行くのよ。」と言うと「大韓民国万歳!」とやっている。
 一昨日到着されたKさん、Nさんご家族と銀行に行き、Mr.ガーナチョコレートを指名。出てきた彼は私を見ると抱きついてくる。大金を預ける一人の家族に「もったいないから4ヶ月だけでも定期預金にしては?」と助言してくれた。
こちらのATMマシーンは機械の裏で人間が現金を数えることを話すと驚く。私が、あるお客様の話をして皆で爆笑。その人は「へぇ~、それなら私がATMから取り出すときは、あの小さな穴から人間の手が出てお金を手渡してくれるんですか?」と訊いた。
二家族は家も近いので、これから仲良くしていくことだろう。
 Kさんに車を紹介した売り手のTさんも一緒に同行したいとの事で車の代理店と陸運局に行ったが、かなりの混みようで時間がかかる。明後日出発のTさんは、握手して別れの挨拶。
 夕方近くオールストンのベトナム料理店で食事。一歳の綾ちゃんはツルツルと麺を美味しそうに食べながら、私と顔が合うと”抱け”と手を出す。「お願いだから、ちょっとでもお父さんに、そんな笑顔を見せてよ。」と、お母さんが言う。
 今夜11時到着の家族のためにお弁当を作り飛行場に向かう。アパートに荷物を降ろした後、近くの24時間スーパーで飲み水、トイレットパーパーなどの買い物。帰宅は深夜1時半となった。

   気温少し上がる それでも皆寒さに驚いている
by arata-tamiko | 2007-08-24 22:11 | Comments(0)


<< 新しいものに挑戦   8/24/07 忙しかった!   8/22/07 >>