City Bank   5/17/05

  車の購入の方と会う約束をしていた。朝電話がかかり「日本でCity Bankを開いたので車の購入金を引き下ろしたいから場所を教えて欲しい。」と言う。「ボストンでは一店も、その銀行はありませんよ。」と教えたが、日本では開設の時に皆知らされていない。
到着後すぐに引き出せば良いだろう・・・とT.Cも現金も余り持ってこない人も中にはいる。こちらで口座を開いた後、自分の銀行情報をCity Bankの書類に記載して日本に郵送しないといけない。それからCity Bankにある自分のお金が初めて振り込まれるので入金までに一週間以上かかる。そのために何度か当座金を貸す事もある。

 ある企業の方はBank of AmericaのATMマシーンから自分の限度額である何千ドルを一週間に渡って毎日せっせと引き出した。
やっと車の購入金額までこぎつけ私に連絡が来た。こちらのATMから出てくるのは20ドル札のみなので、その束の量を見せられて唖然としてしまった。
二人で2万ドル近い20ドル札を持って窓口に行き入金をしようとしたら「こんなに貯める前に来て下さい!」と怒られた。
 
 中国、西安の城にある庭園が発掘された記事が目にとまる。時代は618年ー907年で日本からの遣唐使を、その庭でもてなした事が記録にあり有名な「源氏物語」にも庭園の池の名が出てくるそうだ。池の中央には中国の伝説である不老不死の蓬莱島と言う島の痕跡もあると書かれている。
中国は何が出てくるか分らない凄さを秘めている国だと思う。

 私の田舎に昔「蓬莱館」と言う映画館があった。変な名前だな~と今でも時折思い出すことがあったが、やっと意味が分った気がする。きっと館主は、その当時では最高の娯楽である映画を観て楽しんで長生きしてください・・・と言った意味で館名をつけたのではないだろうか?

 うす曇り 夕方冷え込む 暖房は未だ必要
by arata-tamiko | 2005-05-18 13:14 | Comments(0)


<< 隔世の思い   5/19/05 住所   5/16/05 >>