故意それとも・・・・?   2/11/06

 今夜は、あまり気分が晴れない。
今日もReliableは忙しく食事以外は全く水一杯飲まずに店員達は働き続けている。特に吹雪注意報のニュースに煽られて皆買いだめしているようだ。
 今日の昼食は野菜と豆腐が沢山入ったキムチチゲと長ネギのキムチ。ドンブリの数が少ないので三人で一つのドンブリにスプーンをつっこんで飲んだが、美味しかった。母が生きていて、私のこの食事姿を見たら嘆いただろう。男性事業員が先に食事をするようになっているのも興味深い。
 5時過ぎ帰宅前に、柿を一箱と辛し明太の一番大きい箱を買ってナイロン袋に詰めて隣のビデオ店に働く女の子にも挨拶をしたくチョット寄った。その袋は16個の柿で重たいし、すぐぐ帰るつもりだったので、その店員が働くカウンターの所に置いて少し離れた韓国ビデオのコーナーを眺めていると、私のお客さまだったWさんと出会う。彼女は私に相談事があり、今夜電話をするつもりだったそう。「お時間は大丈夫ですか?」との事で、別に急ぎはしない私は話しを聞いて助言などをした。
さて、カウンターに戻ると、その袋が見当たらない。そそっかしい私なので、何処か違う場所に置いたのかと探すが見当たらない。その時、女の子が「あの女性だ!」と言う。その人は私の隣に同じReliableのナイロン袋を置いたから、間違って二つ持って行ったに間違いない・・・と言うので、私は「残念だけど間違いではないと思う。軽い袋なら気付かずに二つ手に取ってしまうと言う事もあるかもしれないけど、これは柿が16個も入っているの。持ち上げた瞬間気付くと思うの。」と私の考えを言った。彼女は「でも良い人に見えるのよ。彼女のカードがあるから電話をして聞いてみるわ。」と電話をして留守電に入れた後「気付いた彼女から必ず電話があるはずよ。すぐ連絡をするから心配しないで。」と言ってくれる。
 私は「期待はしていないわ。袋の口が縛られていなかったから、中が見れたと思うの。」と言ったが、気の毒だったのは、私に相談事をしたWさんだった。「すまない、すまない。」と謝り続ける。

 でも考えてみると実に不思議な巡り合わせと言うか出来事だった。Wさんご夫婦のお世話が終わった後にはコレッと言った事は何もしていないのに、2ヶ月前のクリスマスに「お世話になっています。」と商品券を頂き恐縮してしまった。
未だその商品券は使っていないが、今日失った品物の金額は$40以上で、その商品券と殆ど同じ金額だった。もちろん未だ盗られたとは断定できないが、3時間経った8時の時点で未だ何の連絡もない事は期待しない方が良いと言う意味ではないだろうか?
お店が閉る直前の8時5分前に電話をしてみると、ビデオ店の店員も「今となっては、私も彼女が故意に持っていったと思える。ごめんなさい、ごめんなさい。」と自分の責任でもないのに消え入りそうな声でしきりに謝る。
 でも他の日本人に起こらなくて良かったと思う。もし私が一般の日本人だったら、この事だけで韓国人に対して嫌な感情を持ってしまうかもしれない。よりに寄って、韓国語を習っている私が被害者になるとは、何と言う皮肉な出来事だろう?

   底冷えする寒さ
by arata-tamiko | 2006-02-12 14:16 | Comments(0)


<< 運命の愛   2/12/06 バラの花の贈り主   2/10/06 >>