韓国語の手習い  1/11/05

 午前10時ごろに友人のエレノアから「メゲンがチビを恋しがって様子が変だからチビを何時間か我が家に置いてくれないか?」とお願いの電話があった。人間が異性に対して恋焦がれるのは分るが、まさか犬風情が・・・と思っても、有り難いお言葉なので午後にチビをメゲン宅に連れて行く約束をした。何か出前ホストサービスみたい。
 そこに軽い事故を起こした方から電話があり、色々質問をされたが保険会社が違うので詳しく説明をする事も出来ない。特に保険関係の事だから会社に寄って事故処理の仕方も違ってくれば、私の助言も何の役にも立たない。お気の毒だった。
 その後、私の保険のお客様から支払いに関しての電話がある。この人は感心するほど支払いとか世の中の規則に疎い。何度支払が滞納してキャンセルの通知を受け取ったことか。その度に電話をしてくる。一括払いをすれば良いのだが、何年経っても月払いで滞納させるから請求書の内容もややこしくなってくる。保険代理店の担当者も笑いながら「アメリカに長すぎたのよ。だからアメリカ人のように支払が遅くなる習慣が身についたのね。」と言った。

 今夜からイヨイヨ韓国語の個人レッスンを安さんから受けることになったので、彼女の好きなお餅作りをした。年毎にお餅の大きさも同じくらいに作れるようになった。
何とかしてオバちゃんに出来るだけ会いに行ってあげたいと思っている。今回韓国を訪れた時、買い物一つするのに誰かを連れて行かないといけないもどかしさ。そして相手が懸命に話し掛けてくれても、ただニコニコしている自分の姿に情けなく一念発起。どれくらいものにできるかどうか自分でも楽しみにしている。安さんは学校にも行かず7年間で日本語をあれだけマスターしたのだから、外国語を覚えるノウハウを身に付けている。先生として最高の人物が私の側にいるのだからチャンスを逃がす手はない。
 夕方チビを連れに行くと「これでメゲンが今夜ぐっすり寝れるわ。」とエレノアは喜んでいた。
急いでウドンの汁を作り、韓国のトッポギとキムチを入れて夕食をする。ウドン汁にはキムチがとても合う。在日韓国人から「新田さんは本当に純粋の日本人ですか?たとえば、お祖父さんとかが・・・。」と最近聞かれた。それくらい私は韓国の食べ物が好きだ。

 8時に安さん宅に行くと彼女は工夫して自分でテキストを作成していた。彼女の暖かさが出ている手作りである。だけど韓国語の発音は難しい。3,4歳の子供でもハングル文字を今は読んでいるそうだが、本当に私が読めるようになるのだろうかと不安が募る。
授業が終わると「新田さんの韓国語は本当に可愛いですね。」と誉めてくれた。私は生まれてこのかた”かわいい”と言われたのは初めてだ。
d0024276_16553734.jpg
                     安さん手作りのテキストブック表紙

 深夜の一時ごろ、安さんから私の勉強姿勢のお褒めの言葉をメールで頂く。
 「私の名前はキム・サムスン」に出演している女優の画像を見て余りの違いに感心する。私達は本当に野次馬根性が人の何倍もあるから毎日が退屈しない。
d0024276_167307.jpg

d0024276_168484.jpg

d0024276_1684341.jpg

d0024276_1692016.jpg

                   この変貌、想像に任せます

   暖かし 夜雨
by arata-tamiko | 2006-01-12 16:12 | Comments(0)


<< 韓国の美容整形技術   1/1... 昭和33年   1/10/06 >>