サンマの「バイキング料理は残していい」の意見

私はサンマの芸に惹かれるものがないので、観る気もしない。この討論も記事を読んで知った。


「バイキングの食事は残していい。」と主張するサンマに、立川志らくが「人間の屑」と反論した一件。


初めに、なぜサンマが嫌いかというと、芸に品がない。

自分が言ったことに対して、観衆が笑う前に自分が床にひれ伏してゲタゲタ笑う。

そして、ユーモアが全く感じられない。

お笑いとは、真面目な顔をして可笑しなことを言うからこそ笑えるのであって、言った本人が先に馬鹿笑いしては白けてしまう。

日本のお笑いは、相手の身体的特徴をあげつらって、お笑いとする。


このバイキングの件、立川志らくの意見、まったく真っ当。

「買っているから、お金を払っているから何でもやっていい」と言う発想は、やっぱり屑ですと志らくが反論すると、マツコが「残す残さないじゃなくて、ちまちま何回も行くのは恥ずかしくない?何度も何度も行く人を見るとはしたないって思うの。」と、サンマに味方をしたそう。

「金を払えば文句ないんだろう。」の言葉は、万引きして捕まった人の言いぐさを彷彿させる。

これが日本を代表する芸人たちの思考かと情けない。

”ちまちま”行こうが、それがその人のバイキングを戴く時のスタイルだったら何が恥ずかしいのだろうか?

これを、はしたないと表現をするマツコの日本語は間違っている。

人が見ていようが見ていまいが、悪い事をしているわけでもないのに、どうして人の目を気にしないといけないのだろうか?

マツコは、常に自分が見られていると意識があるからだろう。

「金を払っている。」と、お皿に食べ散らかして残す方がもっと恥ずかしく、はしたない。

これが、まるで日本のご意見番として活躍する人の考えかと情けない。


私の友人が「サンマの食べ方って、とても汚いのよね。」と言った言葉を思い出す。

別の友人が、連れ合いのことを「この人、他に取りえがないけど、食事のしかたが綺麗なのよ。」と褒めるのに大笑いをしたことがある。


縄文人さん、コメントを有り難うございます。

今朝、是非読んで欲しい記事がありました。どうぞ、お時間のある時に目を通して下さい。


ニュース番組に出演する芸能人、厚みも信頼感もないと放送Pが苦言

 http://news.livedoor.com/article/detail/15152552/

d0024276_22373844.jpg
 
   今年も戻って来た七面鳥が私を見て威嚇する


   


# by arata-tamiko | 2018-08-13 22:53 | メディアから | Comments(0)

不愉快な番組「こんなところに日本人」

静かな夕食は嫌なので、テレビを付けて戴く。
先週、今週と同じ時間だったようで「こんなところに日本人」を放映していた。先週は名わき役?とか紹介されている顔が梅干しのように萎んだ70歳近い小柄な男優が北欧を訪れ、飛行場に着いた時から「金髪、青い目」とわめき笑わせる。
実に見苦しく恥ずかしく卑猥。
この歳になったなら、もう少し品格が備わって欲しいものだ。視聴者を笑わせるためもあるのだろうが、スタジオの出席者もゲラゲラ笑うのが理解できない。
何が可笑しいのだろう?

今週は”せいじ”とか言う男性がアフリカでも貧困で知られている国を訪れていた。
乗ったタクシーの運転手に人生の夢を聞くと「三人の子供たちに車を買ってあげて商売をして欲しい。」と彼の収入では叶わぬ夢を語った。
すると、この”せいじ”は「俺は車を買って二、三日後に納車だよ。」と、こともなげに言い放った。
運転手は「この車も自分のものではないから、羨ましいな~。」とつぶやく。
これほど思いやりのない冷酷な言葉があるだろうか。この一言は、彼の本性を現している。
スタジオの誰も何も言わない。

以前に初めて訪ねた年配者に敬語を使うこともせず、自分を「おれ」と称し、ソファーにあぐらをかいて話すのも実に不愉快だった。
こんな礼儀もわきまえず、弱者に自慢げに車を買ったことを話せるような無神経な男が、どうしてテレビでもてはやされるのだろうか?
これが日本人が求めているものなのだろうか?

その国のマスコミの程度をみれば、その国の民度が判ると言うが、まさにその通り。

   暑さもどる
d0024276_06451381.jpg
     庭で見つけた子ウサギ
d0024276_06430702.jpg
     
         

# by arata-tamiko | 2018-08-03 06:47 | Comments(1)

人との出会い

先日Cambridgeにある行きつけの中国レストランで一人昼食をしていると、私のテーブルの前を通るかなり年配の女性と目が合い私たち二人自然に微笑みあった。
彼女が「暑いですね。」と言ったことから話が始まり、このレストランはお気に入りで語学の勉強には最高の場所だと言う。
失礼だが服装は質素で、かなりの歳。度々来るほど経済的余裕があるのかしら? どこの国の言葉を勉強しているのかしら、、、と思えば、5か国語を不自由なく話せると言う。
フランス育ちの彼女は、幼いころから両親に外国語を勉強させられ16歳でアメリカ留学をしたそうで、相当裕福な家庭に育った人だなと推察できた。
いろいろな話をするうちに、10年前に亡くなった夫の仕事の関係で各国に住んでいたそうで、遂にはお友達になりましょうとなり、一緒に昼食をする約束をした。

「私は前世紀に住んでいる人間ですから、パソコンはしません。私の名前、住所と電話番号を上げます。」と紙に書き、私も書いて渡した。
それから4,5日経って、私の方から電話をすると、弾んだ声で「電話を待っていたのですよ。」と大喜び。
古い写真に興味がある私なので、聞くと「私の家族はロシア革命の時にフランスに亡命をしました。手元には古い家族の写真もあり、家ではロシア語を話していました。」と言うことで、日本レストランで昼食をした後に彼女の家で、それらを見せてもらうことになった。

「あなたは、だれにでも自分の住所氏名を上げるのですか?」と聞く私に「私は、この歳までに沢山の人に会ってきました。その経験上、第六感が鋭いのです。あなたの最初の笑顔で私は信用したのです。」と言った。
子供の時から「笑うと象の目になる。」と姉たちから揶揄われたが、何が幸いするか分からない。

今日、彼女と昼食をすることになっているが、昨夕彼女から嬉しそうに確認の電話があった。

   暑さ大分和らぐ

最近の画像を観ると声変りをしているので、この時は
13歳くらいだろうか。
聴く人の心揺さぶる何かを持っている。
全てを悟ったような態度で批評を聞いている。

# by arata-tamiko | 2018-07-31 21:49 | Comments(0)

NHKの大河ドラマ”西郷どん”

気が付いてみれば、もう二か月もブログを書いていなかった。

インターネット新聞、産経WESTにコラム”ボストンから一言”を月二回書くことで結構精神的な体力を使っているようだ。


日本のNHK系番組が観られるTVJapanに毎月25ドル払いながら、ニュースとドキュメンタリ番組以外は殆ど観ない。

理由としては、出演する若い俳優の演技の下手さ、時代劇の無茶苦茶な時代考証、司会者や出演者の酷い日本語とギャァーギャァと騒ぎ立てる品のなさ等々が耐え切れず精神的に悪いと思うから。


先日テレビをつけると、NHKの大河ドラマが放映されており西郷役をしている若い男性は野球の大谷かと一瞬思った。

どうも、そこに働く肥って顔の不味い女中が、西郷に岡惚れしているもよう。

女性のことで?来た客との話が気にかかってしかたがないと言った設定のようだ。

座敷に座る西郷と友人の話を、開け放された障子の敷居に立ったまま、もう一人の女中と聞いているのには呆れ果てる。 あり得るわけがない。

昔から、盗み聞きは見苦しいと嫌がられたのに、脚本家も演じる人も不思議に思わないのだろうか?

日本の姉から、脚本は林真理子だと聞かされて「彼女ともあろうものが。」と、もっと仰天した。



時代劇に出演するなら、せめて木刀で素振りの練習を積んで欲しいものだ。

あれでは、腰が据わっておらず、子供たちが棒切れをもってチャンパラごっこをしているに等しい。

刀を抜く速さ、鞘に納める速さは目にも止まらなかったと言われる三船敏郎は、毎夜人知れず素振りを怠らなかったと言われている。


   この蒸し暑さ、いつまで続くのだろう。


   この女の子ホラー映画に出てくるような不気味さ。

   それでも不思議な魅力で何度も観てしまう。

   どうも男女間のもつれを歌っているようにみえる。




# by arata-tamiko | 2018-07-27 12:41 | 諸々の出来事 | Comments(2)

同じ免疫治療薬が日本とアメリカで薬価が違う 5/21/18

日本時間の水曜日(23日)午前9時に産経WEBに掲載される「ボストンから一言」のコラムには、厚生省からの許可がおり、先月の4月18日に中外製薬から発売された免疫治療薬に関しての内容を書いている。
私が一年間に渡って治療を受けているスイスのロッシュ社と同じ薬で、日本名は「テセントリク」として発売をされている。

日本での発売薬価は、税込みで62万5567円
アメリカでは、同じ一回分1200mgが270万円を超える。

この莫大な価格差は、どこから来るものかと中外製薬にメールで問い合わせをしてみた。
個人相手の製薬会社ではないので、お客様用としてのメールアドレスがなく報道関係者様と書かれたアドレスに出したところ、24時間以内に返事が来たのには”流石日本のサービス”と感動させられた。
簡潔だが素人にも分かりやすく説明されており、国によって薬価の決め方が違うことが理解できた。
そのことを今回は書いています。

  初夏のような日
d0024276_12254781.jpg

       近所の湖で魚釣りを楽しむ親子
# by arata-tamiko | 2018-05-22 12:32 | 興味ある話 | Comments(0)

日本人は平和ボケしている   5/4/18

TOKIOのグループを知らず、ましてや山口がだれなのかも知らなかったが、インターネット新聞を開くと否が応でも目に入ってくることで、何事かと検索をした。
私が理解出来ないのは、その被害者とされる高校生は芸能界に身を置くなら酔った男性の豹変を知らないわけではないはず。
夜に呼び出し電話がかかった時は、強い焼酎一本を飲みつくした山口の呂律の回らない口調で相手がどのくらい酩酊しているか感じるはず。
それを友人と一緒だったとはいえ、男一人住む部屋に行く危うさは、15,6歳ともなれば知っている。
相手が山口だからこそ電話の誘いにのったはず。
芸能界に娘をだしたらな、どんな相手でも男の部屋に行っていけないと教えておくべきではないだろうか。

バイキングで坂上始め他の芸能人たちが「あの歳になって思慮分別がない。」と責めている中、一人歌手の中条きよしが言った「行かなければいいだけの話ではないですか?」に坂上も含めて皆から非難ごうごう。
他でも山口を非難しても、夜泥酔した男のもとに行き二時間も過ごした高校生の軽はずみな行動には誰も触れない。
日本では右へ習えで、皆と同じ意見を言って事なきで済ませようとする。
本音はだれも言わない。
嬉しいことに、中条の他にデビ婦人、タケシそして橋下徹が私と同意見を述べていた。

「あの歳になって自分をコントロールできないのか!」と言った意見が多くあったが、彼は、ただの酔っぱらいではない。
山口の醜態を弁護するわけではないが、彼は昔で言うところの”アル中”なのだ。つまり麻薬中毒患者と同じで自分で自分を制御できない精神的病気の患者に常識を求めるテレビの司会者やコメンテーターが間違っている。
官僚だったとか言う岸は「三分間考えればいいか悪いかの判断がつくはず。」と苦笑するコメントを述べ、遥洋子にいたっては、橋本氏を大声でギャーギャーと責め立てる。
この女性、見るたびに不愉快。整然とした理論も討論できないのに、レギュラーとして出演するとは、テレビ局の偉いさんと親類なのかと勘ぐってしまう。
気色悪い”尾木ママ”とかが「可哀想。女の子には心のケアを。」などと寝ぼけたことを言っている。

まるで天下国家を揺るがすような出来事として一日中どこかの番組で取り上げているが、南北問題を控え、今の日本には真に討論し合わなければならない問題が山ほどあるのに情けない。

    産経インターネット新聞、産経WESTのコラム「ボストンから一言」は、
    日本時間の5月9日午前9時に掲載されます。
   
   春、町中が百花繚乱となり始めた
d0024276_9324160.jpg

          16歳のチビ寝姿も愛らしい
# by arata-tamiko | 2018-05-05 09:12 | Comments(0)

常識のない夫婦に怒る   4/17/18

ある日本人夫婦がいる。彼らは、毎日曜日、教会の帰りにReliableで買い物をする。
一年前に間違った歴史感で韓国に同情し、日本を責めるので「もっと歴史を勉強しなさい。あなたのような日本人がいて間違った事を広めるから困るのです!」と、お店で叱ったことがある。それ以来、私がお店に来る時間帯を避けているようで、一年近く見かけなかった。

数日前の週末、背後から挨拶をする男性の声に振り向けば、その夫婦だった。
次に彼の口から出た言葉は「暫く会わないから死んだかと思った。」だった。
聞き間違いかと「はぁ?」と言えば「生きていたんですね。死んでいなかったのですね。」と夫婦で笑っている。
彼等には、これが最高の冗談と思えるのだろう。
他の客もいるので、何も言わず無視したが、60歳近い人間の言うことだろうか?

帰宅して、彼等と同じ宗教の信者に、このことを話すと「それは酷いですよ。70歳過ぎた人に言う言葉ではありません。」と同調するので「彼らの名前も電話番号も知らないので、私の伝言を伝えてくれる?」とお願いをすると、快く引き受けてくれた。

で、下の三つのことを伝えるようにお願いをした。

1)60数年生きてきて、人としての常識、教養、言っていいこと悪い事の分別もつか            ないのか!

2)”馬鹿丸出し”とは、あなた達二人のこと。

3)言われたことに怒っているのではなく、二人の馬鹿さかげんが私を怒らせる。

「怒って、家に帰って泣いたと言いましょうか?」
「何でそんな嘘つくの?何が悲しゅうて私が泣くの? もう貴女にも怒りが湧いてくるわ。」

これだけ言ったら、大分胸がスッキリした。

    産経WESTに書いているコラム「ボストンから一言」の次の掲載日は
    4月25日(水曜日)です。
 
  水仙がやっと咲き始めた
# by arata-tamiko | 2018-04-18 07:12 | 諸々の出来事 | Comments(0)

精神を病んだ女性の慰安婦像に関しての意見 4/6/18

Reliableマーケットに精神を病んでいる60歳過ぎの女性が、毎週大きなナイロン袋を運んでくる。
韓国語で、ブツブツとしゃべったり、まくし立てたりして店内を一周した後、大袋を開き中に小分けにしたナイロン袋をごそごそと探しだし、1袋取り出し意味不明なことを言って無理やりにカウンターの上に置いていく。
私たちが、いくら持って帰ってくれと押し返しても、両目は明後日の方を向いて相手の顔を見ることもせず、人とコミュニケーションが全く取れない。
袋の中身は、塵箱から拾ってきたと思える汚い服、錆びたハンガー、片方の子供靴と日に寄って違ってくる。お店としても迷惑この上ない。

店主の言うことには「どんな過去を背負っているのか知らないが、非常にインテリな女性だったと思うの。英語で独り言を言っていたけど、流暢で英文も大学出のような見事な筆跡だったわ。」と話してくれたが、今の様子を見ると信じがたかった。
身なりはきちんとしており、白髪一本見えないほど染めて化粧も必ずしている。

先週店頭に置いている韓国の新聞を手にして記事を指で叩きながら、顔も目も明後日に向いて怒っている。
散々言いたいことを言った後、彼女は去り「慰安婦、慰安婦とかいっていたけど、日本を非難していたの?」と聞くと
「違うのよ。あの新聞にボストンに住む韓国の大学生たちが慰安婦像をボストンにもと立ち上がった記事を読んで怒っているのよ。」。

彼女が主張していた内容

70年以上の前のことを、何度日本に謝らせたら気が済むんだ。慰安婦像とアメリカと何の関係がある。自分の国、韓国に建てたらいいんだ。韓国人として、自分は、とても恥ずかしい。」。

「本当に、そう言っていたの?」と半信半疑で聞くと「そうよ。あの人の頭の中はどうなっているのかしら?だから、インテリだって言ったでしょう。」と店主は笑っていた。

    インターネット新聞、産経WESTに記載している「ボストンから一言」9回目
    掲載は日本時間の11日(水曜日)午前9時です。

   4月の雪が舞う
d0024276_648285.jpg

          このビニール袋の中身は塵袋が詰まっている。
          どこに住んでいるのだろう?
# by arata-tamiko | 2018-04-07 06:58 | 興味ある話 | Comments(0)

Livedoor ニュースと私のコラム  3/26/18

起床をすると、まずチビを庭に連れ出し、そのあとにメールをチェックして、次はお気に入りに入れている新聞やニュース欄を読むのが、朝の日課。
Livedoor ニュースを開くと主要ニュースの欄の中に「漢字を排した韓国政府に苦言」とあり「だれが他国の政府に苦言をしているのかしら?」とクリックしてみて驚いたのなんの。
それは、産経WESTに私が書いたコラムだった!

法律でハングルだけにしてしまった不便さを嘆く韓国の友人たちから聞いた話を述べただけで、「苦言」など、おこがましいことは書いていない。
漢字が使われていないハングルのみで書かれた韓国のベストセラーを翻訳した蓮池薫氏の努力と挑戦する精神を賞賛した内容だったのに。
(ハングルのみの書物を、日本語に翻訳する大変さは、コラムで詳しく説明)

ハングルに関して間違いがあってはいけないと、私のブログに度々登場する韓国に住むR教授に、掲載前にコラムの原稿を送り確かめてもらったこともあり、このLivedoor ニュースの件を知らせたく電話をすると、R氏の言うことに、今度はもっと驚かされた。
「今、NHKの番組で津久見を観ていますよ。俳優の日野正平とかいう人が自転車に乗って、、。」と
楽しそうに説明をする。

考えてみると、もう十年近いメールと電話だけのお付き合いでお目にかかったこともないのに、私の田舎が津久見と知っていたのだろうか?

   3月終わりなのに気温低くダウンのジャケットが必要
d0024276_9405894.jpg

        飼い主に似て運動神経の鈍いチビは、踏み台がなければ
        この二段を上がれない
# by arata-tamiko | 2018-03-27 09:44 | 諸々の出来事 | Comments(0)

血圧の薬とグレープフルーツ  3/16/18

三週間に一回受けている免疫治療は、初めに三本の採血をされ30分後に癌の主治医である、Dr. Gunturuと話し合い、それから椅子に座り治療が始まる。

一月半ばの治療日、血液検査結果を見ながら「肝臓の数値が、かなり上がっているため治療はキャンセルしましょう。原因として今飲んでいるコルステロールの薬のせいだと思うので今日から止めて様子をみましょう。」と言いながら、内科の主治医にメールをしていた。
一週間後の採血検査では、数値がもとに戻り先生も看護婦たちも喜んでくれ、治療を受けた。

保険が全額負担をする年に二回の定期健康診断で中国人女性の主治医、Dr. Loと会って来た。
処方したコルステロールの薬を、まだ止めているのかと訊かれ、事の次第を説明すると「突然数値が上がり、止めて一週間で正常な数値になったのは薬のせいではないはずよ。」と、Dr. Gunturuにメールをした。
「同じ薬の投与には同意をしません。」と即刻返事があった。

コルステロールが高いことによる症状と病気について、いろいろと説明をされたが、私は免疫治療の方が大事。
「他に何か質問は?」と言われ「Trader Joe`sに、止められないほど美味しいピンクグレープフルーツのジャムがあるのです。一日一口だったら大丈夫ですか?」と訊くと「今の薬、Lisinoprilはグレープフルーツとは関係ないのよ。」と平然と言われ愕然としたあと猛烈に怒りが湧いてきた。

前に注意を受けた時「私、死ぬほどグレープフルーツが好きなのです。一月に一回食べても許されますか?それとも血圧の薬を飲んでいる限り一生口に出来ませんか?」と切に聞いて話し合った。
ならば、血圧の薬の種類を替えた時に、私に「もうグレープフルーツを食べても良いわよ。」と一言言ってくれても良いはず。
「グレープフルーツが良くないのは、コルステロールの薬なのよ。」に「それなら、私はますます、あの薬を飲みません。」と言った。
NYに移った吉岡さんに確認のため電話をすると「その血圧の薬は全く関係ありませんから安心して食べて下さい。」とお墨付きをもらった。

帰途、意気揚々とTrader Joe`sに寄り、奮発してオーガニックのピンクグレープフルーツを買ったが、その酸っぱい事。
しかたなく、買っていたピンクグレープフルーツのジャムをスプーンですくって食べた。

      産経WESTに掲載中の「ボストンから一言」は、今週は
       事情があり3月22日(木曜日)になりました。

   風がとても冷たい
d0024276_0222682.jpg

       日本の老舗のお茶屋さんがCoolidge Cornerに開店した
       Gen Sou Enのオープニングに招待され出かけた


   
# by arata-tamiko | 2018-03-17 00:30 | 諸々の出来事 | Comments(0)