映画好きの私たち  5/15/19

伊丹に到着した先生から「友人の緑さんは、黒沢監督の”素晴らしき日曜日”に出演しています。」と、彼女の旧姓まで書かれたメールが入って来たのには「先生の映画好きは只事ではない!」と感服してしまった。

口角泡を飛ばすかのごとく二人で話し合った日本映画の名作の数々、中にいくつかの間違いに気づいたと修正までしてあった。


この緑さんも得がたき友であった一人で、彼女から聞いた女優時代の思い出話を先生に話した。

昭和22年、日本映画史上初めてニューフェイスを新東宝が一般から募り、時代は戦後の食糧難。

集まった人々の殆んどは、みどりさん同様お昼に出る弁当が目当てだったと言う。

大勢の中で異彩を放っていたのは、復員服に軍靴の日本人離れをした顔立ちと体格の男性で、のちの三船敏郎だった。

採用され、ロケ現場に行くまでは下駄を履き、撮影が始まると大事な靴に履き替えた話。女優たちは、進駐軍のアメリカ兵と親しくして、化粧品を手に入れていたこと。 一番もてていたのは、高峰秀子だったそう。


緑さんの大親友だったMちゃんは、愛らしい人柄で裕福な家柄の兵隊に見初められ、カリフォルニアの豪邸に住み幸せな結婚生活を送っているが、当時からの口癖は”Oh My God"で、全てはこの一言で片づけ、英語は今でも駄目だと緑さんは笑っていた。

「だから私たち当時の仲間は言うのよ。”Oh My God!"だけの英語で、これだけの金持ちを射止めたのは世界でもMちゃんだけよね。」には、大笑いをした想い出がある。


三船敏郎が80年代の終わりにボストンを訪れた折、緑さんは三船氏と昔を懐かしんだそう。


話が飛んだが、先生の話では、年寄りの瞼の垂れ下がりは視野が狭くなり危険だと言う事で保険が効くと言う。

宝塚の姉が下を向いて本を読んでいると、孫が「寝てるの?起きているの?」と問いかけたそうで「失礼しちゃうわ。」と憤慨していたことを思い出し「我が姉よ。もう心配ないわよ。」と早速電話をしてあげた。

「シミ取りも遠慮なく。」と優しく姪まで気遣ってくれる先生。

あぁ~、私が阪神に住んでいたなら、明日と言わず、今日でも行くのに!


曇り


  体中がウキウキしてくる

  奈良県バンドフェスティバルより   一瞬ピコ太郎かと、思った! 


# by arata-tamiko | 2019-05-16 05:50 | 興味ある話 | Comments(0)

野次馬根性が満たされた!   5/10/19

「2002年にボストン留学の際、大変お世話になりました。シカゴの友人から誘いを受け、3泊5日のアメリカですが、懐かしいボストンに本日一日滞在していますので、もし出来ることなら食事でも御一緒できないでしょうか?」とのメールを受け取った。
また「もし時間がないようでしたら、お顔だけでも拝見してお礼を申し上げたいのですが。」と書かれている。

一人だけ特別扱いでお世話をした記憶はないのだが、このビジネスを初めて二年目のお客様。
こんな奇特な人もいるのかと却って恐縮の思いで出かけた。

4年前に開業をしたクリニックが順調で、昔と違い余裕が出来たので、どんな高級レストランでも構わないと申し出てくれたのだが、生憎と私は洋食は一切駄目。
一番お気に入りのお寿司屋さん、CambridgeにあるCafe Sushiは、このポカポカ陽気の日中では、パーキングをする所が見つからない。
しかたなく、中心地のHarvard大学から離れた中華で朝食。

何と私の野次馬根性をくすぐる形成外科と皮膚科が専門とのことで、散々「あの年配の演歌歌手の鼻は、昔の整形技術で、棒が一本入っているようですね。年末の衣装に腐るほどのお金を散財しながら、どうしてやり直さないのですか?」と聞いたり「若い頃、赤いブーツを履いて、あれだけの美貌とスタイルを誇った歌手が、今はアンパンマンみたいな顔になっているのですが、ポトックスのせいですか?」とか「私の好きだった男性演歌歌手の顔の皮膚が、どうしてゴムのようになってしまったのでしょうか?」と矢継ぎ早の質問。
先生は、厭な顔もせず丁寧に説明をしてくれ、長年の疑問がやっと解けた。

話をするうちに、先生は昔の日本映画の熱狂的ファンだと分かり、お互いに羅生門森雅之が妻の京マチ子を見る、あの冷ややかな目元の色気。」とか、小津安二郎成瀬巳喜男木下恵介などの名だたる名監督の話で時が経つもの忘れてしまうほど。
まだ56歳と若い先生は、私が「ほら、あの映画に出て、こんなセリフを言った女優がいるでしょう?」と言うと
たちどころに名前を教えてくれる。

お店を出る時、先生は「あの~、夜は何をされていますか?もしお時間がありましたら、もっと映画の話をしたいのですが。」と遠慮がちに言う。
で、夜もお会いすることにした。
(続く)
   曇り ボストンのいたるところ、花が咲き乱れている
 
   上手い!の一言。
   何とかして、もう一度日本の舞台で
   歌わせてあげたい


# by arata-tamiko | 2019-05-11 06:54 | Comments(0)

ある韓国人から見た日本人の一般参賀

韓国に住む90歳近い友人と、今朝KakaoTalk(日本のLineと同じもの)で話をした。
NHKニュースを観ながら、日本国民が列を乱すことなく整然と皇居に向かい、新しく天皇と皇后になられたお二人を敬愛し祝福する様子に、胸が一杯になったと言う。

「それに比べて、わが国では国民が尊敬できるような上に立つ人物がいないのです。国会では与党と野党が、大乱闘で、情けない限りです。韓国の親たちは幼い子供たちに”人に負けるな!”と教え込んでも”他人に迷惑をかけるな”とは教えません。情けなくて涙が出そうになります。」と嘆いていた。
そう言えば、亡くなった韓国人女性の友人も「韓国には”躾”と言う言葉がありません。」と言っていた。
しかし愚かな行動をする日本人が増えた昨今、これほど褒められると気恥ずかしくなってしまう。

亡くなられたライシャワー夫妻は、ご結婚前の天皇陛下のことを「あれほど帝王学を身につけた人は世界にも、なかなかいません。美智子妃の教育の賜物ですね。」と、妃と親しかった二人は話していた。
国民に向かっての天皇陛下の落ち着いた堂々とした態度、なるほどと思わされた。

   曇り
d0024276_11584199.jpg
        ”待て!”と言われると、必ずそっぽを向く18歳のチビ


# by arata-tamiko | 2019-05-05 12:05 | 興味ある話 | Comments(0)

昭和、平成そして令和となった  5/1/19

平成には、どうも馴染がなかった。
今のように、テレビの画面で昭和から平成に代わる様子を観ることが出来なかったから、他人事のような気がした。
でも時代は変わり、刻々と映し出される映像を観ることによって、自分もその歴史の中に身を置いている思いになり、令和に親しみを感じる。

各局で道行く人にインタビューをしていたが、毎度思うのは日本人は、自分の意見を述べるのに話下手。
「なるほど。」と感心させられるコメントがない。
それに比べると、アメリカは大人のみならず子供でも一人前に堂々と意見を述べるのには感心させられる。

   曇り  木々の花々が咲き乱れている

# by arata-tamiko | 2019-05-02 11:42 | 諸々の出来事 | Comments(0)

働く喜びと倖せ   11/20/18

この歳になっても、働く仕事があり無理をしない限り未だ働けるということは、何と倖せなことかと思う。
腎臓癌のため一つの腎臓を摘出し、5年過ぎて”危機突破!”と歓喜していたのに、検査の結果「非常に珍しいケースですが、腎臓の癌が肺に散らばっています。ステージ4です。」と告げられた時「私まだ働きたいのです。」と言う言葉が口を出て、担当のドクターから「まだ生きたい!と言う人は沢山いますが、働きたいと言った人は、あなたが初めてです。」と感心をされた。

日本の友人から「日本では、その歳で車を飛ばして働いている人なんていないわよ。」と、言われ驚いたが、仕事を辞めたら、私は何をしていいか分からない。
あるお客様の奥さんから「新田さんは、まだ働かないと食べていけないのですか?」と聞かれた時は、度肝を抜かれた。
私の歳で、このように働いている事は、彼女に取って奇異に思えたのだろう。

週末に手伝っている韓国の店で、各国からのお客様を相手にして冗談を言ったり、学んだりと退屈をすることがない。
先週は「ちょっと質問がありますが、聞いて良いですか?」と言うアメリカ人の男性に、真面目な顔で一言「No」と返事をすると鳩が豆鉄砲をくらったような顔をした。
一緒に働く韓国人の大学生が笑った事で、彼も笑い出し「あの~、キムチはどこにありますか?」と聞くので「臭いがする方へ歩いていって下さい。」と、またからかう。
レジに立つ若い客に「あなたはイケメンだから、1セントまけるわね。」と言うと、アメリカ人男性でも顔を赤くするから、これも可笑しい。

私のコラムは、産経WESTから全国版の産経インターネット新聞に掲載されることになって以来、掲載日がまだ確実に決まっていないのです。
先週の14日(水)に、徴用工に関してのコラムが掲載されています。

  今年は降雪が早い
d0024276_10251653.jpg
      隣家の庭を歩く七面鳥を見ている私に、隣人が「まだ明後日の
      感謝祭のために七面鳥を買っていなかったら、捕まえてあげよ
      うか?」と声をかけてくる
 



# by arata-tamiko | 2018-11-21 10:33 | 諸々の出来事 | Comments(0)

宇部高校卒業生の逸材  10/25/18

お客様の殆んどは私の子供よりも,はるかに若いので、親しくなるとつい揶揄ってしまう。
我が家の近くに住む山口宇部からのS先生に「貴方の町って、豆炭か練炭しかないでしょう。」と言うと「そんなことないですよ。」と反発するので、からかいがいがある。
「私の子供の頃って、必ず各家には”宇部興産”と大きく書かれた厚い茶色の紙に丸く巻かれた練炭があったのよ。」と半世紀以上前のことを言って聞かせると「はぁ~、そうですか。僕は知りません。」と、真面目に答える。
山口県は、明治維新でも活躍をし、また一番総理大臣を出している県だが、それには触れずに「大分よりも田舎でしょう。」に、大分を知らない先生は「そうかもしれません。」と言う。
一時帰国をした先生が「宇部練炭って馬鹿にしますけどね、宇部興産はこんな立派なものを作るんですよ。」と、くっつかない非常に品質の優れたサランラップをお土産に持ってきてくれた。

今年の初夏だったか、S先生が「新田さんが今治療を受けている免疫チェックポイント阻害療法は、宇部高校の僕の先輩である本庶教授が発明したのですよ。ノーベル賞有力候補です。」と説明をしてくれた。
ユニクロの社長も宇部高校卒業だそう。

ノーベル賞発表の日、治療に行くと私の先生であるDr.グンツールが「おめでとう。この治療法を発見した日本人研究者が受賞ね。」と喜んでくれた。
S先生とのやり取りを話すと、女医さんは大笑いをしながら「そんなに田舎なの?」と聞くので「違うんです。私の田舎の方が、もっと田舎なのです。でも抵抗するので、からかい甲斐があるのです。」と言うと、涙を流さんばかりに爆笑された。
治療を受けていると、隣で「この治療法を発明した研究者がノーベル賞を。」と看護婦と話す声が聞こえたので「彼は、私の田舎の人です!」と大声で言うと、皆が「おめでとう!」と声をあげてくれた。
もちろんS先生には、この嘘を謝り、後日鮪の刺身でもって平に謝り、先生も大笑い。
S先生から「先輩の本庶先生の受賞も嬉しいのですが、新田さんが一年健康に過ごせたことが、僕にとっては、もっと嬉しいです。」とテキストが入ってきた。

産経インターネット新聞に、私のコラム「ボストンから一言」は日本時間27日(土曜)に掲載されます

   庭の花が霜で全部枯れた



# by arata-tamiko | 2018-10-26 03:52 | 諸々の問題 | Comments(0)

日本人の心遣い 10/9/18


日付を見ると、もう長いことブログを書いていない。

産経のインターネット新聞へ掲載されているコラム書き、そして何と言っても度々の病院通い。

その上に、YMCALive Strongと名付けられた癌患者のためのプログラム参加。殆どが機器を使ってのエクササイズ。

痛む膝の治癒のためのフィジカルセラピーと、余り喜ばしくないことで何かと忙しい。


週末は、楽しく過ごしたいので出来るだけ韓国人経営の食料品店、Reliableに行っている。痛む膝には、ロキソニンの貼薬と痛み止めの薬を飲んで。


三日前、初めて見る小ぎれいな60過ぎの韓国女性が、日本の大箱入り小豆アイスクリームを4箱も買った。

ご主人が、日本のものが大好きだそうで、住む町を聞くと半時間はかかる。

アイスボックスを持っておらず、大きなナイロン袋に氷を沢山入れて、その4箱も別のナイロン袋に入れ、きっちり口を閉め氷詰めにした。

すると彼女は「あなたは日本人ではありませんか?」と言うので「そうですが、どうして分かりました?」と、英語で話していた相手に聞いた。

すると「この心遣いで判りました。韓国人は、客相手でも決して、このような配慮はしません。韓国人は、日本人から学ぶものが多くあります。このような他人への心遣い、公共マナー、優しさ、清潔さ等々です。」と言う。

最近の日本人は違ってきていると思いながらも悪い気はせず「あなたは私の友人で亡くなった恵英さんと同じことを言いますね。韓国では親日として叩かれますよ。」と笑うと「どうして恵英さんを知っているの?」と驚いた顔で聞かれた。

彼女は、夫婦共々恵英さん夫婦と仲良かったそうで、暫く彼女の想い出話となった。


次のコラムは10月13日(土曜)にインターネット新聞, 産経ニュースに掲載されます。


   汗ばむ一日

d0024276_08101781.jpg

            いくらアメリカで酒の人気があるとはいえ、
            これは笑わせる商品
            有名店、Walgreensで売られているのだから
            ”酒”の一言に惹かれる客もいるのだろう



# by arata-tamiko | 2018-10-10 08:24 | 諸々の出来事 | Comments(0)

山根会長が語る可哀想な話   8/21/18

運動神経の鈍い私は、スポーツはするのも観るのも興味がないので、ボクシング界の騒ぎのニュースも関心がなかった。
ある日、テレビから聞こえてくるドスのきいた年配男性が話す日本語に「この人、韓国訛りがある。」と気づいたが、誰であるかも知らなかった。
一週間ほど過ぎたころだったか、ある番組で、その人物がハンカチで目を拭いながら、自分の子供時代の苦労話をしている。
「私の母親は韓国人です。父親は、日本人ですが、母の籍に入っていたので韓国籍となっていました。
父親は日本の情報局に働く憲兵でしたから、終戦になりアメリカ軍が上陸してきた時に”危険だ”と言うことで、母親と私を韓国へ逃がしました。6歳の僕は、父が好きで好きで会いたくて、10歳の僕は一人日本へ密航してきました。」

体格の立派な大の男が、声を振り絞って世にも悲しく話す物語に私は、少なからず違和感を覚えた。
また興味あることには、これ以後のインタビューでは「戦後、危ないから、父親がお金を持たせて疎開させた。」と言い続け父親の職業については触れていない。疎開は戦時中のことで、戦後にする人など誰もいない。

終戦後、だれしも食糧難に苦しむ日々、朝鮮人の間に「国に戻れば豊富に食べ物がある。」と言った噂が広まり大勢の朝鮮人たちが海を渡った。
私が釜山に住んでいる時にお手伝いだったチャンさんも、その一人で「そしたら、日本よりも食べ物がおませんがな。それに”日本帰りは、お人好し”と馬鹿にされていて、持っているお金は、騙されて全部なくなってしもうたんです。喧嘩になったら”あんたらは、日本のいい時代は、日本でいい思いをさらして、負けたら、私ら朝鮮人ですと帰ってきやがって。”と、女の言う言葉ですか。」と、京都弁で悔しがっていた。

私が子供の頃、母親が「あの人は可哀想だね。警察官になりたくっても、身内に良からぬ人がいて駄目らしいよ。」と近所の人と話していたのを覚えている。
戦後の警察官すらこのような身元調査が厳しかったのだから、戦争中に情報局勤めの日本人憲兵が朝鮮籍の女性と結婚できるとは、チョット、、、。

88歳の韓国の友人は「結婚が違法でなかつた以上、絶対にあり得なかつたとは言えませんが 当時の現役憲兵が正妻に朝鮮人を娶つたら 職を辞する事となつたでしょう。でなければ、上官が結婚を許可しません。」

戦前東京女子高等師範学校(お茶の水女子大学)を卒業して、戦前に韓国へ移った94歳の女性の友人は「情報局の憲兵と朝鮮女性の正式な結婚など、あり得ないと思いますよ。第一上官も男の親も許さないでしょう。戦後日本から来た大勢の朝鮮人たちの多くが密航船で日本に戻って闇屋をやっていました。」との話。

こちらで親しくしている韓国人男性で山根会長と同じ年代のPさんも親に連れられて、戦後現在の釜山に渡った。
その時、Pさんは10歳。
Pさんの父親も、戻った韓国で食べていけず密航船で日本に戻り闇商売をしていたそう。
ブローカーにかなりの手間賃を払うと、密航船で現金を釜山に運んでくれた。
しかし首をかしげてしまうのは、同じ年代の二人で、釜山に行ったのも同時期.
その時、Pさんは10歳で、山根会長は6歳になるのだろうか??
世界七不思議。

   突然秋となる
d0024276_08202901.jpg

   9年前に留学をされた植村先生ご一家と7年ぶりの再会。
   6歳の恒星君とは初めてだったが、まるで五月の武者人形のような顔立ちで、
   その愛らしいこと。
   左の天晴(てんせい)君のラサール中学合格祝いに二日間のボストン訪問。
   鹿児島でベッド数二百以上の病院経営をされているので、そうそう留守も出来
   ないだろう。
   その大切な時間なのに、夕食に誘って下さった。
   このような義理堅く穏やかな先生の患者さんは幸せだ。





# by arata-tamiko | 2018-08-22 08:34 | メディアから | Comments(0)

サンマの「バイキング料理は残していい」の意見

私はサンマの芸に惹かれるものがないので、観る気もしない。この討論も記事を読んで知った。


「バイキングの食事は残していい。」と主張するサンマに、立川志らくが「人間の屑」と反論した一件。


初めに、なぜサンマが嫌いかというと、芸に品がない。

自分が言ったことに対して、観衆が笑う前に自分が床にひれ伏してゲタゲタ笑う。

そして、ユーモアが全く感じられない。

お笑いとは、真面目な顔をして可笑しなことを言うからこそ笑えるのであって、言った本人が先に馬鹿笑いしては白けてしまう。

日本のお笑いは、相手の身体的特徴をあげつらって、お笑いとする。


このバイキングの件、立川志らくの意見、まったく真っ当。

「買っているから、お金を払っているから何でもやっていい」と言う発想は、やっぱり屑ですと志らくが反論すると、マツコが「残す残さないじゃなくて、ちまちま何回も行くのは恥ずかしくない?何度も何度も行く人を見るとはしたないって思うの。」と、サンマに味方をしたそう。

「金を払えば文句ないんだろう。」の言葉は、万引きして捕まった人の言いぐさを彷彿させる。

これが日本を代表する芸人たちの思考かと情けない。

”ちまちま”行こうが、それがその人のバイキングを戴く時のスタイルだったら何が恥ずかしいのだろうか?

これを、はしたないと表現をするマツコの日本語は間違っている。

人が見ていようが見ていまいが、悪い事をしているわけでもないのに、どうして人の目を気にしないといけないのだろうか?

マツコは、常に自分が見られていると意識があるからだろう。

「金を払っている。」と、お皿に食べ散らかして残す方がもっと恥ずかしく、はしたない。

これが、まるで日本のご意見番として活躍する人の考えかと情けない。


私の友人が「サンマの食べ方って、とても汚いのよね。」と言った言葉を思い出す。

別の友人が、連れ合いのことを「この人、他に取りえがないけど、食事のしかたが綺麗なのよ。」と褒めるのに大笑いをしたことがある。


縄文人さん、コメントを有り難うございます。

今朝、是非読んで欲しい記事がありました。どうぞ、お時間のある時に目を通して下さい。


ニュース番組に出演する芸能人、厚みも信頼感もないと放送Pが苦言

 http://news.livedoor.com/article/detail/15152552/

d0024276_22373844.jpg
 
   今年も戻って来た七面鳥が私を見て威嚇する


   


# by arata-tamiko | 2018-08-13 22:53 | メディアから | Comments(0)

不愉快な番組「こんなところに日本人」

静かな夕食は嫌なので、テレビを付けて戴く。
先週、今週と同じ時間だったようで「こんなところに日本人」を放映していた。先週は名わき役?とか紹介されている顔が梅干しのように萎んだ70歳近い小柄な男優が北欧を訪れ、飛行場に着いた時から「金髪、青い目」とわめき笑わせる。
実に見苦しく恥ずかしく卑猥。
この歳になったなら、もう少し品格が備わって欲しいものだ。視聴者を笑わせるためもあるのだろうが、スタジオの出席者もゲラゲラ笑うのが理解できない。
何が可笑しいのだろう?

今週は”せいじ”とか言う男性がアフリカでも貧困で知られている国を訪れていた。
乗ったタクシーの運転手に人生の夢を聞くと「三人の子供たちに車を買ってあげて商売をして欲しい。」と彼の収入では叶わぬ夢を語った。
すると、この”せいじ”は「俺は車を買って二、三日後に納車だよ。」と、こともなげに言い放った。
運転手は「この車も自分のものではないから、羨ましいな~。」とつぶやく。
これほど思いやりのない冷酷な言葉があるだろうか。この一言は、彼の本性を現している。
スタジオの誰も何も言わない。

以前に初めて訪ねた年配者に敬語を使うこともせず、自分を「おれ」と称し、ソファーにあぐらをかいて話すのも実に不愉快だった。
こんな礼儀もわきまえず、弱者に自慢げに車を買ったことを話せるような無神経な男が、どうしてテレビでもてはやされるのだろうか?
これが日本人が求めているものなのだろうか?

その国のマスコミの程度をみれば、その国の民度が判ると言うが、まさにその通り。

   暑さもどる
d0024276_06451381.jpg
     庭で見つけた子ウサギ
d0024276_06430702.jpg
     
         

# by arata-tamiko | 2018-08-03 06:47 | Comments(1)