<   2017年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

犬養道子氏の奉仕精神   7/28/17

犬養道子氏が96歳で亡くなった記事を読み、ある日の会話を想い出す。
ハル・ライシャワーさんが「犬養さんから結婚相手を探して欲しいと頼まれているのよ。」と言うので「あれほどの女性でも結婚をしたいのですか?」と信じ難かった。

当時犬養さんは60代半ば、その上5・15事件で暗殺された前首相犬養毅の孫。
母は伯爵家の出と絢爛たる家柄に育ち世界を駆けまわる女性でも、いまだに結婚願望があることに驚かされた。
「世界で活躍をしているのですから、立派な男性との出会いはいくらでもあるでしょうに。」
「だからかえって難しいのよ。」
「それで見つかったのですか?」
「だって注文が多いのですもの。」
これには笑った。

「失礼ですが、ハルさんのような家柄なら多くの出会いがあったでしょうに。それを40歳過ぎてライシャワーさんと結婚されたのは、よほどの魅力があったのでしょうね。」と訊いたことがある。
「日本の男性は幼稚なのよね。かと言ってアメリカの男性は余りにも日本を知らなすぎて、いちいち説明をするのも面倒でね。そこに日本で生まれ育ち、両国を理解するエドウィンと出逢い結婚に踏み切れたのよ。」

女性二人が取り組む世界の飢餓や難民救済に関しての話を、もっと詳しく聞いておけば良かったと今にして悔やむ。
犬養氏は資金集めに奔走するだけでなく、遂には父親から譲り受けた屋敷まで売ってお金を作った。
ある時、ハルさんに「いろいろな講演やインタビューを受けていますが、出演料の設定はどうやって決めるのですか?」と、思えば失礼な質問だった。
厭な顔もせず「相手に任せます。そしてその全てはカンボジア難民救済に寄付してもらいます。」と言われた。
ハルさん自身も難民たちを家に預かっていたようだ。
常に不思議に思うのは、どうして日本の宗教の教祖や信者たちは、このような奉仕の心がないのだろうか?

犬養氏の数ある著書の中でも、物心つくころから始まる彼女の経験が綴られた「花々と星々と」は、一読に値する。
中でも5・15事件で祖父が暗殺される現場の描写は圧巻。
犬養氏を暗殺せんと抜刀を携え、血相を変えて室内になだれ込んだ青年将校たちの前に仁王立ちになり「まず靴をぬぎたまえ。」とたしなめ「ゆっくり話そう。」と彼らを居間に案内をする。
次に襲ってきた別の青年将校たちが発砲した銃弾を何発も頭や体に受けた後も、お膳に両手をつき吸いかけの煙草を手に持ったまま座った姿勢を崩さない祖父の一挙一動を幼い道子氏は記憶している。

浅はかで愚かな行動で世間を呆れさせる最近の議員たちとは、まるで別種の日本女性二人だった。

   気温の変化が激しい

  旧ソ連であるラトビア出身のVitasが、2000年に"Opera #2"で舞台デビューを
  した時は、この高音と容姿にロシアだけでなく世界が熱狂した。


    そして今同じく旧ソビエト連邦から独立したカザフスタンの若い歌手が
    デビューをし、高音で人々を魅惑している。
    楽屋に集まる中国の歌手たちの驚嘆する表情が可笑しく、特に上から
    下まで飾りつけた化粧の濃い中年女性。完全に陶酔しきっているのに
    は爆笑。(1:11)
    デビュー当時から比べると、彼は目を整形している。
by arata-tamiko | 2017-07-29 11:44 | Comments(0)

こんな二人がベストカップル賞とは。 7/22/17

かなり前に、何かの番組で松居一代を見かけた時、彼女の不自然で計算された表情と相手の心を読んでの話しぶりに「二人の結婚に猛反対をした父親の気持ちが解る気がする。」と思ったことがある。

そして今、どこのワイドショーも、タレントたちが訳知り顔で彼女の一挙一動を分析し意見を述べている。
ああだ、こうだと皆体裁の良い当たり障りのないことばかり言っているが、一言で言えば性格異常、つまり狂っているとしか言いようがない。
下らない意見を発言している人たちだって、心中絶対に私と同じことを思っているはず。
”恥、誇り、自尊心”が無くなれば、人とは、これほど見苦しく卑しくなるものかとヘキヘキするほど、彼女はさらけ出している。

You Tubeの中の彼女は、夫を口汚く罵りながら「私は嘘をつきません。」と口癖のように言い続ける。
正直な人間は、わざわざ「嘘をつきません。」と自分で宣伝する必要はない。
自分の話に嘘があるからこそ、何度も皆に嘘つきでないと言わないといけない。
まるでこれでは、伝説の「安珍清姫」より、始末に悪い。

「船越さんが可哀想ですよ。」とか「気の毒ですよ。」と、皆言い合っているが、そんな女に魅かれ妻として選んだのは、船越本人ではないか。
何を同情するのかと言いたい。
しかも親を捨ててまで。
そして、16年も一緒に寝食共に生活できたのだから、率直に言って船越英一郎もまともとは思えない。
価値観や共感するものがあったからこそ、長年生活できたはず。

結婚式にも出席しなかった父親の船越英二を、離婚経験あり年上で子持ちゆえ反対していると、当時世間は「女性差別」と父親を散々非難した。
それでも頑なに息子夫婦と死ぬまで会おうともしなかった父親。
「亀の甲より年の劫」と言うように、父親は、この女の怖さ本性を見抜いており、そんな女性を選んだ愚かな息子も許せなかったのだろう。

今、船越英一郎は、父親に心で詫びているだろう。

   暑い
d0024276_1211695.jpg

             食べたくって必死の表情のチビ
d0024276_1223548.jpg

     「欲しい人?」で「はい!」と手を挙げるチビだが、なにせ短い手足
      なので、これだけ上げるのが精一杯。
   
   
by arata-tamiko | 2017-07-23 12:23 | 不快な出来事 | Comments(0)

「都民ファースト」が日本の党名だって?

小池都知事が、むやみやたらに英語を使って都民に話しかける様子を見ていて、何をもってこの女性は英語をひけらかすのかと苦々しく思っていた。
年配者を真に思うなら、その年代にも理解できる日本語を使うべきであるのに”ダイバーシティ”などと言ったって、60代以上は意味不理解だろう。

戦前の日本語教育を受けた韓国人の友人で、87歳になった今でも日本から文藝春秋を取り寄せ、日本文学を愛し韓国から日本全国を訪ねながら俳句までひねっていたR氏。
氏から「日本語ほど情緒ある味わい深い言葉はありません。それをどうして変な英語を使って自分たちで自国の言葉を破壊してしまうのですか?」と訊かれ「私も一人で怒っているのです。韓国人に指摘されては、もうお終いですね。」と返事するのが精いっぱい。

「都民ファースト」の党名。
もう恐れ入り谷の鬼子母神と言いたくなる。
世界広しと言えども、国を司る党名に外国語を使う国がどこにある。
そしてそれを不思議に思わない日本国民も、政治評論家としてテレビで活躍する人々もおかしい。
「都民一番」の方が力強いではないか。

日本に住む姉に言わせると「もう時代がそうなったのよ。いつも貴女から指摘される度に、そう言われれば本当に変だわと思ってしまうけど、日本に住んでいれば判らなくなるのよ。」と言われた。
その上に「その歳で、アメリカから怒って電話をくれる勢いがある限り、未だ未だ死なないわね。」と言うのだから、この妹にしてこの姉あり。

   独立記念日が終わり、いよいよ真夏
d0024276_118414.jpg

      去年見つけた農園の経営難を助けるために、沢山の日本人を送った。
      ここのトマトは甘いだけでなく、自分で他の野菜も摘める楽しさがある。
      今年は苗を何本か買ってきて、隣人の男性にも「植えなさい。」と強制。
      15年前に越してきた隣人、訪れてくる人今だ一人もなく、いつも独り。
      日当たりの良い場所に、穴を掘って水をたっぷり注ぎこみ苗を植え棒で
      支えると教えると、その通りにしているから笑ってしまう。
      で、「良い仕事をしたね、ピーター!」とメモを貼っておいた。
 
by arata-tamiko | 2017-07-06 01:31 | 不快な出来事 | Comments(0)