<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

「こんちわコンちゃんです」の番組を聴いて 4/27/17

「こんちわコンちゃんお昼ですよ」のラジオ番組の中で、コンちゃんが「ソウル大学の教授と日韓の歴史を話し合った時、最後に彼が僕にこう言ったんやけど。」と話していた。
教授は「近藤さん、日本の神主が被る帽子、あれは朝鮮の王様が履く靴を帽子だと日本人に教えたんですよ。」と言ったそうで、こんな作り話をあたかも歴史として得意げに話す、それもソウル大学の教授たるものがと、韓国の世情を表している。

韓国がまだ貧しかった70年代、我が家で働くお手伝いの50過ぎの小母さんは京都生まれの育ち。
韓国に戻れば食べ物に不自由はしないと巷の噂を信じ、戦後夫婦で戻ったが、まるで異国だったそう。
当時「日本帰りは、お人好しで騙しやすい。」と韓国人達は言ったそうで、小母さん夫婦も散々騙され辛苦を嘗め尽くした人生だった。
私に、いろいろと韓国の逸話を話してくれ、貧しさのため日本で学校も行けなかった女性だったが、今思うと、なかなかウンチクあるものだった。

「奥さん、韓国人は日本には勝てんとなったら、こんな嘘話を作り出して日本を笑いものにするんですよ。昔、むかし野蛮な日本人が朝鮮の王様に”帽子を被りたいので教えて下さい。”と言ったら、王様が”これでも被っておけ!”って、自分の穿いてた朝鮮の足袋を投げたそうです。それを有難がって頭に被ったから日本の神主とかの帽子は昔の朝鮮の足袋の形をしているやてけったいなこと言うんですよ。」

「次に、指で掴んで食べていた日本人が”食べ方を教えて下さい。”と日本から来て王様に教えを乞うたら”邪魔くさい。箸だけで十分や。日本人にスプーンなんてもったいない!”と教えなかったから、日本人はスプーンを使わんそうです。こんな阿保くさいこと言いますねん。」

「野蛮な日本人は、火の使い方も知らんかったから、魚を生で(刺身)食べるって言うんでっせ。そんなことありますかいな。」

こんな馬鹿げた作り話をあたかも歴史として得意げに話す大学教授に直接対面して、学問はなかったが誰よりも情と常識ある小母さんからの話を聞かせてあげたい。
私の尊敬をする86歳になる同じく韓国の大学で電子工学を教えていた友人は、クラスで「君たちは何かあると日本の文化は総て朝鮮からと自慢するが、それをより高尚に自分たちのものとしてより優れたものにしてしまうのが日本人だ。」常々生徒に話して聞かせた。

コンちゃんの番組に「そんな作り話を信じて流さないで下さい。」とメールをしたが、返事はない。

   数日雨続き
d0024276_8195874.jpg

            平安時代の鳥帽子(えぼしなり)兜
by arata-tamiko | 2017-04-27 08:19 | 興味ある話 | Comments(0)

MA州の大学で漢詩を教えるアメリカ人の准教授 4/21/17

身の回りに何か刺激的なことが起こっていないと退屈してしまう性分ゆえ、好きな時、好きな日に手伝いに行けるReliableマーケットと言う場所があることは実に恵まれている。

今回のことも、このお店があってからこその出会いだった。
40歳過ぎのアメリカ人男性が「今日本語を話していましたが、日本人ですか?」と話しかけてきた。
沖縄の泡盛を作る何とかと言う材料を売っていますかと訊かれたが、今まで耳にしたこともないものだった。

今の日本人以上に正統な日本語に「どちらで勉強を?」と訊くと「漢詩をしています。」には驚いて「漢詩って、あの漢詩ですか!」に「はい、そうです。あの漢詩です。」。
「また、どうして。今の日本人でも漢詩に興味を持つ人は余りいないと思いますが。」
「高校時代、他の人と違った外国語を勉強したいと思って日本語を選びました。そして漢詩の素晴らしさに魅かれたのです。」
もう「へぇ~。」としか言いようがなかった。

「84歳になる私の仲良い韓国人のお孫さんは、SATで満点取るほどの秀才でシカゴ大学で勉強をしているのですが、日本文学に魅せられて、その方の道に進みたいと言い出して両親を困らせているそうなんです。
中国人である父方の祖父母の家系は戦前反日の闘志だったそうで”どうしてよりによって日本語なのか!どうやって、それで食べていくのか!”と嘆いているそうです。私の友人も”日本語で私に話しかけてくるのは嬉しいのですが、日本文学では食べていけません。”と頭を痛めています。」と言うと笑っていた。
「不躾ですが、貴方も漢詩だけでは大変でしょう。」と同情をすると「僕は大丈夫です。大学で教えていますから。」には、二の句が継げず唖然とするのみ。

頂いた名刺を見ると名の知れた大学。
「生徒さんは、アメリカ人ですか?」
「現在14名いますが、9名が中国人で、残りがアメリカ人です。」
「漢詩は元々は中国なのに、どうしてまた日本の漢詩ですか?」
「日本が好きみたいですよ。」と笑って言った。
これにも、また驚かされた。

クラスが進むにつれてアメリカ人生徒と開きが出てくるのが問題だと言うので「戦後の中国では漢字を簡素化してしまったため、彼らは日本の漢字を読めないのにですか?」と訊くと、それでもある程度の漢字の基礎があると日本の漢字の覚えも早いそう。

是非クラスを見学したいとお願いをすると、招待をしてくれるそうで楽しみにしている。

   憂鬱な雨と寒さ
d0024276_5124310.jpg

        ハンガリーの牧畜犬だそうだが、まるで毛足の長い絨毯みたい
by arata-tamiko | 2017-04-22 05:58 | 興味ある話 | Comments(0)