<   2016年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

日本に於けるインターネットバンキング登録 9/26/16

お客様には、ある程度の現金を持参して下さいとお願いをしているが、ATMから引き落とせると僅かしか持ってこない人がいる。

三井住友銀行がCiti Bankを買収したとかで、日本でインタネットバンキングの登録をして、CitiのATMなら手数料がかからないと現金を殆ど持ってこなかった御夫婦がいた。
到着した彼らに「Citiは銀行自体もなくなりATMを探すのも難儀しますよ。」と話すと、自分たちで検索をし、あるコンビニに置かれたCitiのロゴがあるATMで、それぞれが引き下ろした。
即刻スキムされ、二枚のカードから$5,000が引き落とされた。

銀行から、警察の証明書が必要と言われ、ご夫婦が住む町の警察に行くと「そのスキムに関する事件は、Cambridge市が一手に扱っている。」との事で、Cambridgeの警察に行くと「我が署は専門に扱ってなどいない。住んでいる町に被害届を出すべきだ。」と言われ、とんだ酷い目にあった。

次に到着したお客様も必要な金額の現金を持参して来ず「大丈夫です。三井住友で、一日三千ドル引き下ろせるようにして来ました。」に「大丈夫ではありません。ATMの機械に寄って引き下ろせる金額が違うのです。」と教えてあげたが、相手は半信半疑。

案の定、一番多い金額を引き出せたATMは、Targetに置かれたCapital Oneで、$600手に入れることが出来たが、それも一回のみ。
しかたなく運転をしながら、ATMがありそうな場所を探しては、引きおろしを試みたが、せいぜい数百ドルのみで、二度目は同様に拒否される。
Bank of AmericaのATMは、$200の額なら何度も引き下ろせたが、その都度$2の手数料が加担され、$2,000を作るために10回引き出して、$20の手数料となった。

こちらで口座を開き次第、オンラインですぐにお金の移動が可能と聞かされていたお客様は、10日近くかかると知った時、怒り心頭で三井住友に電話をし怒鳴りまくったそうだ。
すると三日で手続きが完了したのだから、変に尊敬と感服。

海外に行かれる方がインタネットバンキングの登録をされる際には、ATMに寄って限度額があることを説明してあげるのが本当のサービスだと思う。

   秋晴れが続く  夜暖房を入れる
d0024276_1046610.jpg

          寒がりのチビ、早々と暖房の傍に横たわり夢心地
by arata-tamiko | 2016-09-27 10:48 | 興味ある話 | Comments(0)

朝鮮戦争に於いての日本人による機雷掃海作戦   9/21/16

我が家から車で15分ほどの道路の片隅に立てられている小さな看板が、この20年近く気になっていたが、結構車の往来が激しく、ついつい面倒でそのまま見過ごしていた。
一ヶ月半ほど前、旬の野菜としてミニトマト、トマト、ブロッコリ、ピーマンと手書きで書かれており、初めて立ち寄ってみた。

このローカルの農園は、自分で好きな野菜を摘み取り計ってもらう。
太陽を一杯浴びたミニトマトは、アメリカのイチゴより甘く、日本の茄子も皮が柔らかく美味しい。
御多分にもれず、この農園も経営難に喘ぎ、助けてあげると日系の掲示板で紹介をしたり、友人たちを誘っていると、結構な数の日本人たちが訪れてくれるようになった。

先日この農園に隣接する土地で大柄な男性年配者が懸命に何かしている様子に興味を覚え、近づいて話しかけた。
私が日本人と知ると「朝鮮戦争の時、歩哨兵で立っていると5,6名の小さな東洋人たちが暗闇の中から突然現れ、敵兵かと思わず銃を向けると”日本人だ”英語で言われたのには、仰天したよ。」と言う。

「朝鮮戦争に日本兵が参戦していたなんて聞いたこともないけど。」
「アメリカ煙草や食べ物を分けてあげて彼らと友達になったよ。本来なら軍の規律に反するのだが、上官たちは見て見ぬふりをしてくれた。」
「で、その日本兵たちは、そこで何をしていたの?」
「海上にばら撒かれた掃海作業と呼ばれる機雷処分だよ。軍服着用はしていなかったが、銃は携えていたね。彼らは週休17ドルと言う当時では破格の給料で雇われていた。」

帰宅早々検索をしてみて、実際にその事実があったことを初めて知った。
昭和25年の大学卒の銀行員初任給が、3,300円とある。
当時のレートは、一ドル360円の時代だから、週休17ドルは、6,120となる。
これからして、その日本人たちは命を懸けての仕事で月収25,000円ほどを手にしている。
公職追放で職が探せなかった職業軍人達に取っては千載一遇のチャンスだったのではないだろうか。

お客様の一人である防衛庁からの方に訊いてみると流石にご存知だった。

朝鮮戦争時の機雷掃海の件は、私も聞いたことがあります。
先の大戦後、日米両軍が日本近海に敷設した大量の機雷が復興の妨げとなったことから、海軍省がGHQの指揮下で掃海作業を開始し、復員省、運輸省海上保安庁とその業務が受け継がれていったのですが、その能力が米軍に買われて朝鮮戦争への特別掃海隊の派遣となったとのことです。
現在、この業務の流れは海上自衛隊の掃海隊群という部隊に引き継がれています。


  菊が咲き始めた
d0024276_0264888.jpg

        私の病院に寄付されていたパッチワークの作品
by arata-tamiko | 2016-09-22 00:33 | 興味ある話 | Comments(0)

友や姉が、自分たちより先に死ぬなと言う 9/14/16

この人たちの存在なしでは、私のアメリカに於ける人生は、どんなに寂しかっただろうと思う友が二人いたが、私より11歳年上だった中の一人が7月に他界してしまった。
もう一人は、私より一回りも若いのに、最近私に「いい。死ぬときは一緒よ。あなたとチビと私で一緒よ。約束よ。」と言う。
我が家のチビは、見知らぬ人から「子犬ちゃん!」と声を掛けられているが、既に15歳。一緒に死ねるほど、先は長くないと思うのだが、友には「うん、そうしょうね。」と返事をしている。

すると昨夜、日本の姉まで同じようなことを私に言う。
偶然に姉と私で、何十年と続くラジオの長寿番組を、ある日聴いていたことから、話は始まった。

「こないだ、司会者のHがね、自分の子供の頃、近所に沖田総司を知っているお婆さんがいた.
”総司さんとは手毬等して遊んでもらったんどすえ。”と話をしていたと言っていたけど、年代的に合わないと思うのよ。」と言う姉に「それ私も聞いていて変だと思ったのよ。」と同意見。

沖田総司と言えば、多勢の尊攘派が集まる池田屋に近藤勇と共に切り込みをした4名の中の一人、そして肺病のため24歳の若さで死んだ新選組一の長身痩躯の美男剣豪と、マスコミで創り上げられ若い女性たちに大ブームを起こした。
彼の墓がある六本木のお寺さんは、参拝者たちのマナーの悪さに耐え兼ね立ち入り禁止にしたそうだが、私が訪れた50年以上前は花1つ手向けられておらず小さな寂し気な墓だった。

沖田の死亡   1868年
司会者の生誕  1935年

姉に「もしお婆さんが遊んだ記憶があるとするなら、せめて6歳にはなっていなければならないはず。
1867年には、喀血が酷く起き上がれないほど悪化しているから、遊んでもらった年を1865年としましょう。
1865年に、そのお婆さんが6歳と仮定して、90歳まで生存していたなら1949年となるわね。司会者のHの生まれが1935年だから、差し引きするとHは14歳。
その歳で、年寄りの昔話を聴くかしら? 今でこそ総司と言えば有名だけど、当時壬生にたむろする大勢の浪士の名前を子供心に憶えている?私たちなんて隣の豆腐屋の小母さんの名前すら憶えていないけど。」と、SkypeもLineもしない姉と国際電話で口角泡を飛ばすごとく長話。

お互いに胸の内を全部掃き出しスッキリしたとこで、最後に姉が言った言葉が「こんな歴史話を話せる人は、もう我が妹くらいしかいないのよ。私より絶対に先に死なないでよ。」と、姉とも約束をさせられた。

   朝晩冷え込むが、日中暑し
d0024276_5471945.jpg

      Beacon Hillの観光スポットの路地で、結婚式の写真撮影に出逢った
      男性のポーズの決まっている事!初めての結婚写真ではないのでは?
by arata-tamiko | 2016-09-15 05:52 | 諸々の出来事 | Comments(0)