<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最愛の友と永の別れ   7/18/16

何から書き始めたらいいのだろう、、、。
想い出が余りにも多すぎる。

Graceと言う名の敬愛する得難き友人が今朝息を引き取った。

33年前にベルモントの一軒家の二階に住むGrace宅の階下に私が住んだ日から苦楽を共にしてきた。
聡明で知性に溢れ他人への暖かい心と思い遣り、無欲そして不屈の精神と確たる信念を持った女性。
彼女から多くのことを教えられ学んだ。

生涯教育に力を注ぎ、教え子にマット デーモン現NY市長がいる。
シングルマザーとして、幼かった男の子三人を立派に育て上げ、その息子たちが母親を尊敬し大事にする様子は、今の日本ではもう見られなくなった光景だと思う。

6年前に発病した免疫関係の病気のせいで、筋肉力が失われスプーンすら持てない状態となったが、各種の薬で全快かと思われたが、数年後に再発。
薬を替え海外旅行も出来るようになったが、三度目の再発は、どの種類の薬も効かず、特に残りの人生一年は嚥下がより困難となり、水を飲むことさえ息ができないほど咳き込み苦しんだが、6年間一度も愚痴も泣き言すら聞くことはなかった。

一週間ほどの入院の後、ナーシングホームに移り、彼女の容態は息子たちが作成した
「Care Calendar(看病カレンダー)」に寄って、毎日オンラインでGraceの状態を知ることができ、自分の面会時間も記入できる。

三日前の夜に「あの世へ旅立とうとしている母のためホスピスを頼みました。」と書き込みがあり、昨夜仕事が終わった夜の8時近くに訪れた。
他州から泊まり込みで来ている長男が母親の耳元に「Tamikoが来ているよ。」と囁くと、虚ろな目を開き私を見ると手を上げようとする。
差し出した私の手を、自分の胸の上に置いて弱弱しく私の手の甲をたたきながら「Don`t
cry。」と息絶え絶えに何度も私に言い聞かせるように言う声に涙が流れ落ちる。

「Grace言い忘れたことがあるのよ。」
「何が?」
「貴女の言うことを聞いて買ったV会社の投資、$600儲かったのよ。有り難う。半分上げようか?」
「フ、フ、フ。」と、かすかに笑ったGraceは目で長男に合図をすると、彼は母親の口元に耳を寄せる。
顔を離した彼は私に向かって「母が”TamikoはFunnyでしょう。いつも私を笑わせるのよ。”と言っています。」と伝える。
また耳を寄せた息子は顔を上げ「”友達でいてくれて有り難う。”と言っています。」に嗚咽が止まらず、長男も一緒に泣く。

「明日仕事が終わったら来るから、必ず待っていてよ。」と耳元で言うと、軽く頷き立ち去る私に向かって二本の指を唇に当て投げキッスをした。
「母親を笑わせてくれて有り難う。」と礼を言う息子とGraceを後にして部屋を出た。
この4時間後に意識混濁となったそうで、これがGraceとの永の別れとなってしまった。

   猛暑少し落ち着く
d0024276_124522100.jpg

    夫を亡くしたドイツ人の友人、ウスラを慰める昼食を二年ほど前にした。
    強い薬で顔が変貌してしまったGrace(左)
by arata-tamiko | 2016-07-19 21:11 | Comments(0)

AAAの解約が出来なかった原因   7/12/16

「覚えていますか?Sです。」と、日本からの電話。
六年前にお世話をした方で、日本で言うところのJAFであるアメリカのAAAメンバーの解約が出来ないと言う。
「どうしてですか?」と訊くと「二つの内の一つはキャンセル出来たのですが、もう一つがオンラインでも駄目で、電話をしたのですが出来ないと言われたのです。」と自動車保険加入の際にAAAに電話をして申し込んでくれた保険代理店のKevinのせいだと、かなり興奮をしている。

「話されている内容が全く理解出来ないのですが、まず落ち着いて順序立てて話し合いましょう。」と質問を始めた。

Q)どうして二つもメンバー番号があるのですか?
A) 一年経っても、カードが届かなかったので、自分で年間$100の会員に申し込んだので
  す。だから二つメンバー番号があるのです。

Q) と、言うことは、ご自分で一年後に会員の申し込みをされたのですか? 
  それで、帰国はいつされたのですか?
A) はい、そうです。帰国は二年前です。

Q) キャンセルは、いつなさったのですか?
A) 最近です。その時にKevinが僕のカードで申し込んだ方が、出来ないのです。
  
Q) つまり6年前から、カードで二つの会員費を今まで払い続けていたのですか??
  AAAは全く別会社ですが、親切心から彼は申し込んでくれています。

Kevinが調べると、AAAが発行したS氏のカード名のローマ字が二文字間違っており、そのまま郵送され、受取人不明で発送もとのAAAに戻ってきていたことが判明。 
これが理由でS氏は、もう一つの方を自分の名前でキャンセルが出来なかったのだ。

本人でない私が、AAAに電話をしてキャンセルが出来るものかと大いに不安だったが、幸いに担当者が実に親切な男性で、忍耐強く私のつたない英語で説明をするややこしい話を聞いてくれた。
上司と話が終わった男性は「辛抱強く待ってくれて有り難う。」と電話に再度出てきて「確かにこの方は二つの会員費を払い続けていました。また貴女が言うように名前がミススペルされて登録されていたことが原因で郵便が届いていなかったのです。でもどうして、その方はもっと前に言わずに日本に帰ってから電話をしてきたのですか?」と訊くが、私もそこが一番理解不可。

「申し訳ありませんが、何年間か払い続けた年間会員費の45ドルを戻すことは出来ませんが、帰国されてからの二年分をその方のカードに返金をします。」と言ってくれた。
せめてカードが届いていないと一報してくれれば、この出費もなかったのにと残念に思う。

   一昨日、昨夜と寒く暖房をいれる
d0024276_1046856.jpg

             この蘭は、まるで猿の顔みたい

 
  
by arata-tamiko | 2016-07-12 10:48 | 諸々の出来事 | Comments(0)

兎の巣を見つけ頭の良さを知らされる   7/4/16

去年から我が家の庭に来始めた野ウサギの夫婦に二匹の子ウサギも加わって親子四匹でピョンピョンと飛び跳ねている。
親たちは、私が危害を加えず朝晩と人参をくれる人と識別しているようで1メートル近く寄っても逃げようとしない。
が、子ウサギたちは未だ駄目で、私の姿を見るや否や脱兎の表現そのまま逃げ去っていく。

去年の大雨のあと、庭に放したチビがしきりに何かを嗅いでいる様子に近づいてみると、ずぶ濡れの生まれて間もない小さな小さな子ウサギがうつ伏せで死んでいた。
階下の住人に捨ててもらったが、彼の言うことには「この近くに巣があるはずだ。ウサギは庭の中心に巣を作る。」とのこと。

先日窓から、一匹のウサギが必死に穴を掘っているのが見える。
急いで外に出てみると、穴掘りを止めたウサギは枯草を沢山口にくわえ始めている。
いったい何のためかと興味津々だったが、驚かせても可哀想と場を去った。

翌朝その場に行ってみると、昨日あった穴がどうしても見つからない。
何とウサギは、穴の上に枯草を置きその上に土を上手く被せ周辺と全く同じに見せている。
その頭の良さに感嘆させられた。

   夏がいよいよ始まった
d0024276_10102031.jpg

                穴を掘るウサギ
d0024276_1084152.jpg

   ウサギの利口さは、庭のスプリンクラーが届かず枯草となった場所を選んでいる
d0024276_10105792.jpg

         翌朝にやっと見つけた枯草と乾いた土で覆われた巣
d0024276_10112486.jpg

           被せた枯草と土を少し取り除くと穴が見えた
by arata-tamiko | 2016-07-05 10:20 | 諸々の出来事 | Comments(0)