<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

想い出の中の人々   1/30/16

末っ子に生まれて良かった、、、と思うことは、自分の記憶にないことや、うっすらとしか覚えていないことなど上の姉二人から「こうだった、ああだった。」と教えてもらえる。

4歳違いの姉との思い出話。

「おとやんたちを覚えている?」と姉が訊いた。
「ねんねこ半天に赤ちゃんをおんぶして、物貰いに歩き回っていた乞食の母と娘連れでしょう?」
「そう、娘の名は”はなやん”で、赤ん坊は男の子だったのよ。いったい誰の子だったのかしら?」
「ゴミ箱をあさったりして生きている人たちがいた時代もあったのよね。」

「炭焼きの”ふくやん”って、三十代の酷いみつ口の男が防空壕の中に住んでいたわね。炭俵を編みながら、女生徒が通ると卑猥なポーズをしたり、指でして見せたりと気味悪るかったわね。」と私。
「でもね、今になって思うけど、あの不潔さと醜い顔では、そういった経験は無だったのではないかしら。だれかが面白がって教えたのよ。そしてそれをすると、皆が面白がったり女の子はキャーキャと声をあげて逃げたりで、ふくやんが人の視線を得る唯一の方法だったのではないかしら?」
「そうだったのかもね。酷いみつ口だから、何を言っても”フガフガ”にしか聞こえず、人々から馬鹿にされ、あの行為のみが彼に取って人の注目を浴びる方法だったのね。どんなに人恋しく寂しかったでしょうね。」
「俵を一つ編んで、いくらになったのかしら。焼いた炭を山から担いで下りてくるのは重労働だったでしょうね。」

「あの白痴の女のお腹が大きくなったのには驚いたわね。だれの子だったのかしら?」と姉。
「何でも噂では、父親は国鉄職員だって。」
「そういえば駅舎の周りを、いつもフラフラ歩いていたものね。」
「相手は1人ではないから、本人も父親が誰か判らないって引き取った人が言っていたわ。」
「あの赤ちゃん、どうなったのかしら?」

傷痍軍人を知る最後の世代が私でしょうね?」と私。
「お祭りの時など、足がない人はコロを付けた板に座ってアコーディオンを弾いたりハーモニカを吹いていざっていたけど、皆冷たかったわ。戦争で手足を失くしたとしたら、余りにも不憫よね。」
「ところで義兄さんは、傷痍軍人って見た事あるかしら?貧しい漁村なんかには、彼らも行かないでしょう?」
「もしかしたら、私達の町の駅で見ているかもよ。人混みの中で傷痍軍人たちは物貰いをしていたもんね。訊いてみるわ。」

姉から「やっぱり村では見たことはないけど、私達の町の駅と汽車の中で見たって。」と報告があった。
もの悲しい思い出だが、60年前の日本には、映画「砂の器」に出てくるような人々が存在していた。

   到着したお客様が、東北より暖かいと言う。




   
by arata-tamiko | 2016-01-30 13:29 | 諸々の出来事 | Comments(2)

日本は、どうかしている   1/21/16

台湾総統選挙結果を知りたく、朝パソコンを開けば”SMAP””ベッキー”関係のニュースのほうが大きく取り上げれられている。
次期総統が国民党か民進党かで、日台関係も微妙に違ってくるのに。
日本国民には、もっと関心を持って欲しい。

あんなに歌が下手なSMAPが解散しようが消えてなくなろうが、その時だけのもので国民の生活や国政に影響はしない。
それを民主党の50歳過ぎた分別あるべき議員が、自分の番になると、にやついて「総理、SMAPの解散はどう思われますか?」と開口一番訊いた。

本人は衆院解散にかけて最高のユーモアと得意絶頂だったのだろうが、余りの幼稚さ、余りの馬鹿さ加減、それだけでなく周りで笑っている議員たちにも「こんな人種が国をつかさどっているのか!」と情けなくなった。
国会を開けば、数億円かかると言うのに、こんな下らない質問に時間を費やされてはたまったものではない。
己のバカさ加減を見せてくれた議員の名は”斎藤嘉隆”と言う。

ベッキー保護のタレント達が一様に「いい子なんですよ。一度だけの過ちを許してください。」のコメントに、あなた達も同類だと言いたくなる。
道義にはずれたことを平気でする女が”いい子”なのだろうか。
男も男、女も女、それをホテルまで迎えに行き家まで連れて帰る親も親。
「同じ穴の狢」たちの集まりとしか言いようがない。
妻帯者の息子と厚かましく連れ添ってきた女に、玄関払いをして諭すのが親ではないか。
紅白には出た、次は誰もが知るベッキーまで、、、と、親は鼻高々で舞い上がったのだろう。
彼の妻は、どんなに惨めなお正月を1人で過ごしたことだろう。可哀相に。

日本人、もっとしっかりしなければ、今に国が衰退し中国の一部になるかも。
その時は、もう生きていないから1人立腹するのも止めないと。

   雪のない冬
d0024276_11233187.jpg

                            不思議な雲
by arata-tamiko | 2016-01-22 11:29 | メディアから | Comments(0)

あるお客様との会話のやり取り   1/14/16

私立の学校に通うお子さんが3月まで在籍しないと、学校に戻ることが出来ない事情で、先に1人で来られたKさんは、メールのやり取りをしていても誠実さが伝わってきていたが、お会いすると、それ以上だった。
車の乗り降りにも礼を言うKさんに「どうぞ、これは私の仕事ですから、言葉は必要ありません。」と言うほど。

歩きながら「さっき目にはいったインドレストランは美味しいに違いないわ。」と言うと「どうしてですか?」と訊くので「だってインド人のお客さんが沢山いたでしょう。」
「ちょっと失礼。」と彼は見に戻った。

で、お昼はそこでした。
綺麗な店内に安い価格、それに食べ放題のバッフェスタイルだった。
お皿に盛る前に「私、貴方より食べると思いますが、驚かないでください。」と警告をしておいた。
「僕も大食ですよ。」
「嘘、嘘。高い身長に細身の体。絶対に自己コントロールをしていて、毎夜体重計に乗っているでしょう?」
「はい。新田さんは体重計がないのですか?」
「あるわよ。それも高いのが。でも乗らないの。体重に毎日一喜一憂していたら御飯が美味しくないもの。」

「流石目が鋭いですね。一瞬のうちに、こんな美味しい店を見つけるんですから。」
この褒め言葉、喜ぶべきか否や?

推察したとおり、私よりKさんは食べない。
彼の小皿には食べ終わったチキンの足一本。私のお皿には三本。
「男性の貴方が一本で、この年齢の女性が三本なんて格好悪いから、かえっこしましょう。」と、彼の小皿を私の前に引き寄せ、私のお皿を彼のほうに押しつけた。

全てのお世話が終わり、請求書を手渡すと「あの~、これ、、、。金額が。」と躊躇っているKさんに「料金表は初めに差し上げていますけど、なにか違っていますか?」と訊いた。
「いえ、そうではなくって、これほど心込めて効率的なお世話をして下さって本当に感謝をしています。車の購入はしていませんが、それも含めてフルサービスの料金でお支払いをしたいのです。助成金をもらっているものですから、領収書を提出しなければいけませんので、金額を書き直してくれませんか?」

一つ一つの品々の値段に注意をしながら買い物をされている姿を知っている私は、失礼とは思ったが「有難うございます。でもね、お子さんは、春から在籍しなくとも席を保つために学費を払うのでしょう?それに家のローンもあるんでしょう?留学はお金がかかりますよ。私には、そんな出費はありませんし、食べていけますから、あなたの優しい気持ちだけ戴きます。余分なお金を支払う必要はありません。」
「それでは、僕の気持ちがすみません。どうか受け取ってください。」
「要りません。」

数度こんなやり取りをしながら「1人はくれるって言い、もう1人は要らないって言うなんて変なやり取りね。」と私が言う言葉に、真面目な彼は笑った。

   道路が凍り日中も零下
d0024276_0454922.jpg

                 容姿に似合わず、とても人懐っこい犬だった
by arata-tamiko | 2016-01-15 00:52 | 諸々の出来事 | Comments(0)

想像力豊かな姉との会話  1/7/16

7月から始めた水泳を未だ続ける私に姉が言う。

「飽きっぽいあなたとしたことが未だ泳いでいるって、膝痛に効果があるのね、、、。」

「だと思うわ。歩いている際の捻られるような脚の痛み、寝ているとき息が出来ないほど痛い足のつれもなくなったから、痛み止めの薬を飲まなくなったものね。」

「そうなの。背泳ぎとかクロールとかで泳いでいるの?」

「違う、違う。犬掻きもどき専門で30分泳ぐのよ。でもね、こちらの人は泳ぐ前にシャワーも浴びないし、帽子も被らないのよ。その上、男性どもは”ブーとかカァッ”と大きな音を出してプールの中で鼻をかんだり、痰を吐くのよ。こんな人間は、プールの中で”おしっこ”もするに違いないから、髪一本濡れじと、水泳帽子からはみ出さないようにして、口の中に、この汚い水が一滴入っても一大事!と沈まない策を考えたのよ。」

「へぇ~、どんな方法をあみ出したの。」

「スイミング・ヌードルって呼ばれる筒状の長い浮きを両足の間に挟んで、両手には筒状の棒の両側に丸い浮き輪がついている物を持って、水面下に押したり上げたりするの。少しは腕の筋肉に良いかと思ってね。」

「そうすると体は水に沈まないってことね。でも泳いでいたら、その浮き代わりの筒状の物って、スッポン!って両足の間から抜けないの?なにかベルトとかで体に固定をさせているの?」

「それが水圧で抜けないのよ。つまり馬にまたがってるようなものよ。」

手を変え品を変え説明をしても姉は理解せず「汚い日本語だけど、つまり”おまた”に挟んでいるだけのことよね。それならはずれるわよ。」と言い張る。
こんな時、せめて姉がスマートホーンでも持っていれば写真を送れるのだが、それすら無い生活の姉、遂に「絵を描いてFaxで送ってよ。話を聞けば聞くほど頭が混乱するわ。」と言いだした。

それで描いたのが拙い下の絵。
絵を見た姉は、1人ガッテンの理解力と想像力でもって、長年水泳教室に通う隣人の奥さんを巻き込んだ。

「妹は鉄の球が両方についた棒を両手に持って、泳ぎながら筋トレをしているんですってよ。」と絵を見せに隣まで出かけた。

奥さんはいたく感銘を受け「この絵を貸してくれる?水泳教室の皆に見せたいから。」と姉に言った。
もちろん姉は「どうぞ、どうぞ。」と渡した。

数日後。

「私のコーチも、アメリカの水泳って、ずいぶん日本と違うのね、、、て感心していたわ。」と奥さんは言った。

「あれは鉄の輪ではないわよ。あなたはダンベルの意味で言ったのでしょう?常識で考えたって、ダンベル両手に泳いだら水の中に沈んでしまうわよ。」

「あら、違うの?どうしょう。隣の奥さん、感動していたから、今更訂正するのも恥かしいわ。」

それから半月ほどして「ところで、好きな時間にプールに行っているようだけど、いつもコーチはいるの?」と姉が訊く。

「いないわよ。1人自己流で泳いでいるのよ。」

「あら、どうしょう。隣の奥さんに”いつもいるコーチについて犬掻き泳ぎを30分している”って言っちゃたのよ。」

「だれがコーチについてまでして、犬掻きをするのよ。」

「でしょう。私も変だとは思っていたのよ。もうこれ以上恥をかくのは嫌だから、隣の奥さんには黙っておくわ。」

   穏やかな日差し
d0024276_2323528.jpg

                  絵が下手だから、誤解を生んだと妹を責める                       
d0024276_23263584.jpg

               ヌードルと呼ばれる浮き筒と棒状の両側についた浮き輪

 ヌードルを使ってのクラスだが、これは比較的体型のましな人々を選んでいる。
 プールで泳ぐ人たちの殆どは、まるで巨大なトドの集まり。
by arata-tamiko | 2016-01-07 23:40 | 諸々の出来事 | Comments(2)

紅白歌合戦の芸人たちの醜悪さ   1/2/16

                   明けましておめでとう御座います。
                   皆様に取りまして、良い一年でありますように。

健康に良くないとは知っていても、これが怒らずにおられようかと新年になってもこの怒りは収まらない。
テレビをつけると、紅白の番組に殆ど裸体の男が走り回っているのが目に入った。
それもぶよぶよとした醜悪な肉の塊みたいな男の姿、見るに耐えられないのが。
始まって間もないうちで、このような下劣極まる内容なら、後が知れると消してしまった。

日本に住む姉も「NHKともあろうものが、あそこまで下品に成り下がるとは。又吉まで裸になったのよ。それを可笑しいと笑う審査員たちも観客も同じレベルなのよ。」と嘆く。
「又吉が裸になったのは、始まってどのくらいの時?」
「御節を作りながらチラチラ観ていただけだから、さぁ~中間だったかしら?分からないわ。」

で、インターネットの紅白番組から、その場面を探し始めたが、時間のかかること、かかること。
日本人男性特有の痩せた薄い胸板をさらす又吉、姉の言う「人気を継続させるためには、断れなかったのよ。」と、ちょっと同情込めた意見だったが、それにしても余りにも酷すぎる。

世界中の人が観る日本を代表する歌番組で、このような裸体でお笑いを取っている日本人の民度の低さを自ずから証明したようなもの。
日本人として、本当に恥かしい。

しかも男性グループの中の1人が白塗りの不見転芸者のような格好をして、なぜか最後に着物を剥ぎ取り裸となっている。
慰安婦問題で世界から攻撃を受けている最中、このような卑猥な企画をするNHKの真意が解らない。
NHKは上から下まで救いようのない人間たちが揃っている。

彼らが舞台で見せた愚かな行動は、日本では昔から泥酔した男共が酒の席でしていること。
都都逸の一つも唸れず、これといって見せる特技もない能無し男が、裸になって自分の物を後ろに回し得意げに踊る馬鹿さ加減と、あの紅白の芸人達は変わらない。

林真理子の作品”ミカドの淑女”の中に、西洋の物真似をする新政府の肝いりで催された鹿鳴館の仮装パーティーの様子が書かれている。
「軍医総監高木兼寛は酔って踊りながら一枚一枚脱ぎ捨て白い褌一枚となって女性達を追いかける。」
世界の高官と彼らの妻たちが集う夜会の中で裸になることが余興と思っているのが日本政府の高官。
でなくとも黄色人種として蔑視している白人達なのだから、きっと蔑みの目で見られたことだろう。
そして百数十年経った今、日本の芸人達が同じことをする怖さ、どうしたらいいのだろう。

これ以上、書き続けると、もっと怒りが湧いてくるので、この辺で。
NHKよ、どうか世界に出しても恥かしくない紅白の内容にしてください。
芸には品格が必要です!!

   穏やかな正月
d0024276_3281311.jpg

             元旦に帰国をされた中南さん御一家とお別れの食事会
             栞ちゃん   3歳10ヶ月
             ひであき君  1歳4ヶ月
by arata-tamiko | 2016-01-03 03:45 | 不快な出来事 | Comments(0)