<   2015年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Amazonへのオーダーと配達   11/23/15

日が経ってしまったがAmazonからの配送に関する出来事。

我が家に一年間住んでいた韓国人女性、チョンアーは私がKindleを楽しんでいる影響を受けたのか、研究を終え帰国をする前に、自分もAmazonにオーダーをした。
一週間待っても届かず、Amazonから再度発送したとの知せがあったが、やはり配達されない。
そして三度目は、自分の職場であるMITの住所にした。

彼女が帰国してから一ヶ月、全く使用していないドアと網戸の間に、薄い箱二つが挟まっているのを私が偶然見つけ、開くと中にはKindleと皮製のケースが入っている。
配達人は郵便受けがある場所のドアではなく、このドアに置いていた。
不思議なのは、一つの箱にはケースのみしか入っておらずKindleがなくなっている。
つまり、薄い箱一つの中には、Kindleが一つとケース。
もう一箱には、ケースのみ。
今まで、どんな大きな配達物でも盗まれたことがないのに、いったい誰のしわざだろうか?

もう1人の韓国人女性が「自分も欲しかったので、チョンアーから安く買うか、もらうかにして良いか?」と訊くので「それは、チョンアーのものではない。彼女は三度目にはもらっているのだから返すべきだ。」と反対をした。

アメリカ生まれの彼女にAmazonへ電話をさせ、事情を話し返品用ラベルを送って欲しいと頼むと、その必要はないと言う。
もしどうしても返品をしたいなら、私達が郵送代を負担しなければならず、巨大なAmazonの組織では返品されても記録に残らないので無駄な労力との返事。
「貴女の正直さは感謝しますが、どうぞ、ケース二つも含めてもらってください。」まで言われ、後日の証拠として、その通りの内容をメールにして送ってもらった。

「これでは、配達されなかった、、、と嘘を言って詐欺もできることね。」と、私達二人釈然としない思い。
「得した!」と大喜びの彼女は、早速Kindleを開こうとしたが全く作動しない。
つまりAmazonに注文をした本人でないとパソコンに自動的に繋がらない仕組みになっていたのだ。
これでは、無用の長物。
だから返品の必要はないと言われたのかと大笑い。

   急に寒くなった
d0024276_12491651.jpg

        Arlington Hightにあるピザ屋さん(公文教室の隣)、月曜日と火曜日の
        二日間、チーズピザが安い!
d0024276_12524784.jpg

               それほどピザが好きでもない私が美味しいと思う。
               大人二人では食べきれない大きさで、$6.99。
               余りの安さに、余ったピザを持って帰るのに箱を
               もらうのは、すまなく毎度タッパーを持参している。                                      
by arata-tamiko | 2015-11-24 13:20 | 諸々の出来事 | Comments(0)

子供の頃、読んだ本を読み直す   11/16/15

ガソリンスタンドのオーナーからもらった保険代理店の番号に直接電話をすると、車の修理費は郵送したばかりと言われ、三日前Kさんの手許に額面$1,155の小切手が届いた。
はずんだ声でKさんから「Cafe Sushiに行きましょう!」と電話があり、食べることに関しての決断は早く今週行くことになった。
それも、Kさんの送り迎え付きとは、なんと有難い話。

ところでKindleを手にして以来、新刊のみならず中学、高校時代に読んだ名作と言われる本をも読み直している。
当時の感動の余韻が未だに残り、再度読み直したくなったのだが、歳を重ねたお陰で歴史背景、世相そして少しは人間の複雑な心理が判るようになった今は、理解を深めることが出来、より心打たれる。

井上靖下村湖人二人の幼少から青年期にさしかかる自伝的小説に没頭して、ジムに行けば
Kindleを開いて自転車をこぎ、家では食事中も読みふけっている。
自己流の犬掻きらしき泳ぎで膝を鍛えている?間も、なんとか本が読めたなら、もっと長い時間プールの中にいるだろうに。

奇しくも二人は、幼い頃血の通わない女性たちに溺愛され育っている。
井上靖は曽祖父の妾、下村湖人は母親の乳の出が悪く乳母に預けられる。

二人の想い出の中で学校の先生たちがしばしば登場し、そして彼らの人間成長に於いて多大な影響を与えている。
その先生達が語る達観した話は、幼い頭では理解できなくとも心に響くものがあり、彼らは成長と共にその意味を悟っていく。
先生の不祥事が世間を賑わす昨今だが、今でもこのような教師はいるのだろうか、、、、。

高校卒業後、東京の学校に向かう私の汽車が隣町の臼杵に止まった時、プラットホームに立つ担任の先生の姿に驚いて呼びかけると、駆け寄ってきた。
「頑張れよ!」と先生は言って、細長い箱型のものを窓から差し出した。
先生の姿が見えなくなり、車中で開けると小さな赤い石がついたネックレスだった。

   風が冷たくなってくる
d0024276_1512660.jpg

                 切り株から、こんなに綺麗な茸が生えてきた
d0024276_1535499.jpg

                     それが一日で、こんな汚い姿になった
by arata-tamiko | 2015-11-17 02:06 | 諸々の出来事 | Comments(0)

汚染されたガソリンを給油した結果(3)  11/9/15

責任者である Merrimore氏は、切れる役人と言うより人の良い退職前の小父さんと言った感じを電話で受けた。

私の話を聞いた彼から「もう一度、その住所を。」と言われ、繰り返すと今度は「確かに似間違いなく、そこでガソリンを買ったのかね?」に、私の方が「どんな意味でしょう?カード支払いなので記録に残っていますが。」と聞き返す。

「いやね、そこのガソリンスタンドは販売禁止となっているんだよ。コンビニだけの営業となっているはずだ。」
「意味が判りませんけど。」
「町にある全ガソリンスタンドの検査をした際に、規定を満たしていなかったので営業禁止命令を出したんだよ。」
「それって、いつの話ですか?」
「今年の4月。」
「それでも売っていたのですか?」
「そうのようだね。領収書を失くさないで保管しておきなさい。店と話をした結果を電話で知らせるよ。」

Merrimore氏からの電話。
「いつから販売を始めたのかは、未だ判らないが他にも被害者がいるようだ。保険会社が負担をするそうだから、大丈夫とは思うが、もし支払われない場合は弁護士を使って取り立てたらいいよ。」
「弁護士と言いますが、弁護士費用が、車の修理代以上になったら何の意味合いもないでしょう?」
「まぁー、確かにそうだがちょっと待ってみたらどうかね?」

営業停止を出したなら、この半年間の間に一度は調べるべきだろうに「再販する前には、必ず自分に通知をすることになっていたから。」と相手の連絡を待っていたとは職務怠慢に過ぎない。

Kさんから謝礼を訊かれたので「お金は要らないから、私の好きな寿司屋、Cafe Sushiで奢ってちょうだい。でもそれは全額手にしてからの話ね。」
「僕も一度行ってみたかったのですが、なにしろこの煩い息子といっしょでは、、、と諦めていたのです。でも新田さんと一緒なら心強いです。是非そうしましょう。」
「私食べるわよ。それも高いのばかり。」
「僕も負けずに食べますよ。高いのばかり。」

   インディアンサマーが続く
d0024276_416084.jpg

      我が家のチビは、店員からチワワと言われたのに、成長と共に胴体ばりが長くなり
       脚は伸びず短足。察するに、チワワとダックスフンドの混血だったようだ。
d0024276_4215814.jpg

          その上に飼い主に似て運動神経ゼロ。
          左側に置いている踏み台なしでは、廊下に上がることすらできない鈍さ。
          投げたロープを口に咥えたまま、この階段をジャンプすることが出来ない。
d0024276_424062.jpg

          そこは神様も良くしたもので、チビに少しの知恵を授けたようだ。
           一旦ロープを下の段に落とし、何も咥えずチビは下に飛び降りる。
d0024276_4252796.jpg

         そして一段目の階段に置いたロープを下から咥えて私に渡してくれる。
  
by arata-tamiko | 2015-11-10 04:37 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

汚染されたガソリンを給油した結果 (2)

Lynnに行ってくる。」と隣人に話すと「Town of Sin(罪悪の町)と昔から呼ばれているよ。」と笑っていたが、歴史ある町も住む人種によって、こうも退廃してしまうのかと無念の思いで大通りを車で走る。

思ったより大きなガソリンスタンドで、コンビニのドアを開けると若いインド人の男性が1人働いていた。
90年代より、コンビニとガソリンスタンドの経営はイスラム系とインド人に占められる社会現象が始まっている。
「どうして電話に出ないのですか?」の問いには返事がなく戸惑った表情。
被害者たちの怒りの電話がよほど多いに違いない。
訪れた理由を話すと、驚いた様子もなく「店主はいないので明日来てくれ。」と言う。
「今まで何人からの苦情があったの?」
「1人。」
嘘がつけない人のようだ。

「どうして全てのガソリンスタンドのノズルにビニール袋が被さっているの?」
「もうガスの販売を止めたので。」
「いつから?」
「二週間前。」
「彼(Kさん)がガソリンを入れた時ね?それにしても、サインを出していない理由は何?」
返事がない。

店主の携帯番号をもらって、その場でかけた。
自分の店でガソリンを買ったのかと訊く事もなく開口一番の質問はこうだった。
「修理費用はいくらだったか?」
「$1,155です。」
驚きの反応をしなかったことから察するに、他の苦情者も同じくらいの請求額なのだろう。
「いつ、全額払ってくれます?」
「今、保険会社にいて話し合いをしているので、待ってくれないか。その修理代金の領収書の裏に名前、電話番号を書いて店のものに渡しておいてくれ。」

帰宅して腹の虫が収まらないので、Lynnの警察に電話をすると、それは自分達の管轄ではないが、市役所に町全体のガソリンスタンドを管轄する部門があると、責任者の名前と番号をくれた。
早速、Mr. Merrimoreに電話をする。

(続く)

   インディアンサマーで日中23度
d0024276_131153.jpg

 サインがでておらず、ガソリンも州平均より50セントも安ければ、つい止まって給油をしてしまう。
by arata-tamiko | 2015-11-06 01:23 | Comments(0)

汚染されたガソリンを給油した結果(1) 11/3/15

「ガソリンを入れた後から車の調子が悪くなり怖ろしくて修理工場まで運転できません。」と、Kさんから電話がかかってきた。
このRav4は未だ4万キロ未満の走行距離で購入したのは今年の一月。
私がお客様に紹介しているディーラーの中古車ではあり得ない出来事。

同じ社長が経営するCambridge Auto Centerの責任者、Brianに連絡をして動かなくなった車を工場まで牽引してもらう。
翌日「どうもガソリンに原因があるようだ。彼は間違ってディーゼルを入れたのではないか?」と
Brianからの電話。
「そんな間違いはあり得ないそうよ。でも知らない町で店名も覚えていずレシートもないのよ。」
「もしカードで買っていたなら、記録が残っているし住所もガソリンスタンド名も調べがつく。」と、
Brianの助言。

ガソリンタンクを空にして検査をするだけでも、$500かかるとのことだが、Brianは自信を持ってガソリンに原因があると言うし、もう選択の余地はないので承諾をした。
添付された写真に写るコンテナーの中の液状のものは、透明なガソリンではなくコーヒー色の何とも得たいの知れないもの。
車のガソリンタンクを取り出して中を徹底的に洗浄し、各パーツもはずしてのクリーニングとなるから、かなりの修理費になると保険代理店のKevinからも言われていたが、問題はBrianが心配をするように、今快適に走りだしても、後日パーツに影響が出てくる可能性があるとのこと。
となると、Kさんは個人売買は出来ず、中古車ディーラーに買い叩かれてしまう。

Lynnの商工会議所に電話をして事情を話すと、彼女も一緒に怒って会議所のメンバーである二人の弁護士を紹介してくれた。
しかし、この国では弁護士費用は高く、少なくとも一時間$250はするだろう。
となると、修理代金である$1,155を超えてしまっては意味がない。

Brianから誰も出ないとは聞かされていたが、お店にいくら電話をしても、だれも返事をしない。
「ならば、直接に行きましょう!私が相手と話をする。」と、今朝Kさんに電話をして二人でLynnに出かけた。
Brianが「そこまで客の面倒をみるのか?」と驚くので「血が騒ぐのよ。自分でも止められないの。」と言うと、理解しがたいといった返事をしていた。

(続く)

インディアンサマーが続く
d0024276_5315291.jpg

       修理工場のBrianから送られてきた、ガスタンクから取り出された黒い液状のもの
by arata-tamiko | 2015-11-04 05:36 | 車と保険に関したこと | Comments(0)