<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

遠藤周作と彼の交友関係   9/24/14

日本語学校で催されたバザーにて1977年発行、遠藤周作の「狐狸庵閑話」を50セントで手に入れた。
彼の本気か嘘か判らないユーモアに抱腹絶倒させられ、僅か50セントでは相済まない気がする。
「深い河」や「沈黙」のような重厚な作品を執筆し、片やこの軽快なユーモアに溢れる随筆。

病弱だった遠藤氏は長い病院生活を強いられ、助からないだろうと言われた大手術を前にして家人に頼み込み九官鳥を飼った。
自分が死んだ時でも空は晴れ、日常の生活は同じように営まれることに対する復讐を計画したそうだ。
自分が死んだ後、九官鳥が自分とそっくりの声でしゃべり始めたら皆がギョッ!とするだろうと期待して。
この九官鳥、利口ではないらしく何としてでも覚えてくれない。
ところが隣室に三年も入院している爺さまが「生きているのも嫌になった。」と言うような一日に幾度ももらす吐息溜息をベランダで聞いている九官鳥は、爺さまの「ウァ~ン」を、そっくりそのまま真似するようになった。
ただでさえ滅入っている氏は、毎日こんな声を聞かされ何とも言えない複雑な気分になったと書いている。

(へなちょこ教育論のブログにも可笑しい逸話が書かれている。)

阿川弘之、北杜夫、三浦朱門、佐藤愛子とは特に仲が良く、阿川の娘の阿川佐和子が慶応を受験するとき、慶應仏文卒の遠藤周作が何かと助言をしてくれた。
裏口入学を斡旋してもらったわけではないのに、阿川佐和子が合格すると、すぐさま遠藤周作が「200万円相当のものをよこせ」といってきたので、父阿川は貰いもののワインや使いかけの昆布を送って、「ケネディ愛用の白ワイン」「紀州徳川公お気に入りの昆布」などと書いて「以上200万円也」と届けにいった。

北杜夫宅玄関の「狂犬注意」という看板を「狂人注意」に書き換えた。

遠藤は息子に「嘘はつくな」と教えていたが、自分は嘘ばかりついていた。
息子あてに女性から電話があると、氏は「あ、先日龍之介と箱根でご一緒した…その節はお世話になりました」などと言う。もちろん箱根に行った相手などいない。この相手とはご破算。
「龍之介さんいらっしゃいますか」と女の人が言うと、「ちょっとお待ち下さい」とか言いながら、受話器の口を押さえずに聞こえるように、「龍之介、龍之介。え?おらんっていうのか。悪いやないか。そうか」などと一人芝居して「もしもし龍之介は留守にしています」…こんな妨害にもめげず、龍之介さんは無事結婚した。

昔、友人の一人が書いていたが、氏も含め灘高の生徒達があこがれた佐藤愛子には終生相当のいたづらをしていたようだ。
声色を使い「電話会社ですが、音声の検査のため受話器に向かって大声で歌ってください。」と電話をし、乗せられた彼女は疑いもせず大声で童謡を歌ったとか。

しばしば阿川佐和子が父親のことを語っているが、遠藤氏に負けず劣らずの人物。
娘可愛さの余り、ボーイフレンドに対して尽くケチをつけた。佐和子氏が20代後半になって、父阿川はあせって「ズボンはいていればなんでもいいから結婚しなさい」
息子が生まれた時に女の子の名前しか用意していなかった阿川氏は通りかかった墓地で目に付いた墓石に刻まれた名前を拝借して息子につけ、娘にも同じ南家の墓石にあった佐和子を勝手にもらったそうだから、やはり普通人ではない。

   秋晴れ
d0024276_1037680.jpg

       日本の姉から送られた夕顔の種を蒔き、初めての開花は夕方の5時ごろだった。
       「どうして夕方と判るのかしら?」と、見事な大輪と香りに狂喜する思い。
       ところが段々と開花の時間がずれてきて、遂には夜が明ける頃に蕾が開き始め
       昼間に咲き誇るようになってきた、摩訶不思議さ。
by arata-tamiko | 2014-09-25 10:58 | 諸々の出来事 | Comments(0)

iPhone6, $199 始末記   9/20/14

職場のボスから「携帯電話のキャリアーはVerizonにするように。」と要請されているMさんを
Radio Shackに連れて行くと、例の親切な黒人のお兄ちゃんがいた。
iPhone6を希望するMさんに「後三日で発売だから、それまで待てないか?必ず二つとっておくから。」と言ってくれたが、Mさんは仕事上一日も早く手に入れないと支障があるとのこと。

「ならば、、。」と、彼は「今日、一応安い携帯を買っておいてiPhone6入荷までプリペイドにしたらどうか?二週間以内に今日の携帯を返却すれば全額戻せるし、この電話番号を、そのままiPhoneに移してあげるから。」と提案してくれた。
「何と良いアイディアでしょう!本当ね。」と彼と握手をした。

ところがVerizonの場合は住民証明書として電話、電気、ガス会社からの請求書かソーシャルシキュリティー番号が必要となっていることが判明。
AT & Tは携帯電話一つに付いて$500の保証金を一年間置くだけでいいのに。
アパートの入居は来月1日だから公共料金の請求書や支払い証明は、この先一ヶ月は不可能。
ソーシャルシキュリティーの番号も二週間以内で手にはいるかどうかは確実ではない。

一刻も早く携帯が必要なMさんはチャンスを取って御夫婦で二つ購入をされた。

昨日Mさんより「職場の日本人は、Verizon店で家の契約書で購入できたそうです。」とメールがあり、早速今日黒人のお兄ちゃんに訊きに行った。
「Verizon店では、それが可能なのでそちらに行ったらどうか?保留している二台はすぐ売れるから。使用し初めて何か解らないことがあったら僕に訊きに来たらいいよ。」と、実に可愛いことを言う。
「貴方のお母さんは息子を立派に育てたわね。」と、褒美にアメリカ人が大好きなハイチュウの袋入りをあげると、不思議そうに袋を眺めた後一口噛んで「Wow!」と大感激。

Mさんに話すと、奥さんと顔を見合わせながら「ソーシャルシキュリティー番号が二週間以内に手に入らず、携帯電話の代金が戻らなくってもいいです。僕たちは、彼から買います。」と言った。
明日また彼のもとにMさん夫婦の気持と保留してくれているiPhone6を必ず買うことを伝えに行く。

   秋晴れ
d0024276_134481.jpg

   一週間前の土曜日は恒例のTown Dayが催され、1775年に始まった英国からの
   独立戦争で銃弾の跡が室内に残る住居前に整列した当時の兵隊の格好をした市民
d0024276_1349784.jpg

                    リクエストに答えて空砲も撃ってくれた
d0024276_13501987.jpg

                           可愛い少年兵
by arata-tamiko | 2014-09-21 13:57 | 諸々の出来事 | Comments(0)

産経新聞の記者に祝いの電話をかける 9/12/14

朝日新聞謝罪会見の後すぐに産経新聞から留学をされている記者のSさんに「孤軍奮闘、臥薪嘗胆で何十年も長いこと筆で戦ってきた甲斐があったわね。おめでとう。」と電話をかけた。
しかし慰安婦問題に関しての杉浦信之取締役の答弁「広い意味での強制性はあった。」と未練たらしい曖昧な言い訳は気に入らない。
彼らは頭をさげても絶対に反省はしていない。
どこまで往生際の悪い人達の集まりかとあきれ返る。

友人の一人は「理研を解体せよという議論があるなら,朝日新聞を廃刊せよという議論があって然るべきだと思います。STAP以上に世間で大騒ぎして,一般庶民に浸透してほしいものです。」とメールがあった。

朝日新聞はNY Timesのみならず、世界の主用新聞の一面に、その国の言葉で詫びと経過を説明をするべき。
つまり32年前に吉田清治という素性もはっきりしない男の作り話を”世紀の大スクープ!”と報じた自分達の愚かさ、それに追従して”女子挺身隊と騙し慰安婦にした”と捏造した今は北海道の北星学園大学で非常勤講師の植村記者、親に売られたと言っていた女性を”日本軍は強制連行で慰安婦にした”と仕立て上げ記者会見まで開いた社民党の福島瑞穂など等の顔写真付きで。

この会見の数ヶ月前、朝日の記者の方に「植民地時代に日本教育を受けた韓国人の友人がいましてね、彼女が”女子挺身隊と慰安婦は違うと思いますよ。挺身隊になれるのは15歳ですから、私達は早くなりたくってね、待ち遠しかったのですから。”と話してくれました。身を持って体験した韓国人が”違う!”って言っているのに何で日本のマスコミが”同じだ!”と言い張るのでしょうかね?あの時代には女性だけでなく男性にも人権なんてありません。今の世を基準にして考えるのが間違っています。貧しい親が娘を売るのが当たり前の時代だったのですから”とも言っています。
彼女から”どうして日本の人は自分達で国を貶めるのですか?”と聞かれ返事に困るのです。」と話すと、彼は黙っていた。

   秋晴れ
d0024276_10454189.jpg

         二年の留学を終えられたK先生ご一家からCafe Sushiへ招待され
         サービスで出されたマグロの創作品
d0024276_10493581.jpg

                      お寿司が大好物の聖大君、5歳。
d0024276_1051451.jpg

          器に盛られた大好物のイクラとマグロに大きな瞳がもっと大きくなった。
          私達大人と同じ数の握りを食べたのにはビックリ!
by arata-tamiko | 2014-09-13 11:03 | メディアから | Comments(0)

日本で購入をしたシムフリーのiPhone  9/10/14

お客様のAさんは、アメリカでも使用可となるシムフリーのiPhone5を出発前に購入された。
今までのお客様は、日本のiPhoneはロックされているためシムカードを替えても使用できず、こちらで新たに購入をせざるを得なかった。

初めてのケースに再度"radioshack"に行くと、先日の親切な黒人のお兄ちゃんが対応してくれたが「AT & TMobile店以外では出来ない。」と言われ、AT & Tのほうが少々月額が高くても勧めるとのこと。
で、Fresh Pondに開いたばかりのAT & Tに出かけると、今日は客が一人もおらず店員達は暇そうにしていた。
2GBにすると$80になると女店員から説明をされたが、何か納得できない。

「この人はiPhoneを購入する必要はないのに、どうして2年契約をしないといけないのか?」
「もしそうであるならば、途中キャンセルした場合のペナルティーはどうなるのか?」

するとマネージャーが出てきて「2年契約の必要はなく、2GBが$40プラス$25で月額は$65になる。」とのことだった。
彼はキィーボードを叩きながら、女性店員と男性店員に手続きの過程を一つ一つ説明をし、二人はモニターを見つめている。
「説明に付いていっていますか?」と二人に訊くと、マネージャーが「今日から働き始めたばかりだから。」と笑ったが、この女店員の説明を鵜呑みにして契約をしていたら毎月$25も損をしていた。

Aさんが日本で購入されたiPhoneは、先日のご夫婦が$400で購入をしたのと同じ機種で六万円とのこと。
AT & Tでは$200で売られており$200安くなる。
しかし、毎月$25高い支払いとなるので、2年の留学となると、どちらのほうが割安なのかと、もう一人一緒にいたお客様と三人で計算をしてみたが面倒になって途中で止めた。

一年後に戻ってくる$500の保証金は必要だった。

   朝晩冷え込み始めた
d0024276_2242166.jpg

        4日前の大雨と突風で折れた大枝が何と警察の車の上に乗っかっていた
by arata-tamiko | 2014-09-10 22:50 | Comments(0)

iPhone5とキャリアで違う月額   9/7/14

Porter Sq.にあったAT & Tの親切な店長の時は安心してお客様を紹介できたが転勤となり、最近開店したばかりのFreshpondの店にお客様のSさん御夫婦をお連れした。
客は二人、店員は四人。中の一人は新米なのかもう一人がパソコンを使いながら教えている。
5分近く待っても一人の店員も声をかけようともしない。

「他の店に行きましょう。」と同じFreshpondのモールにある”radioshack”に行ってみた。
同じチェーン店でもBrooklineの店には良い思い出がないが、こちらは前に他のお客様がプリペイドを購入した折、親切な説明に好印象を受けている。

iPhoneを選び、キャリアーとしてAT & Tにしようとすると、店員が「もし2年未満で帰国となった場合はペナルティーがあるので”Boost Virgin Mobile " ”にしてはどうか?」と勧めてくれたが聞いたこともない。

「iPhone5は$400で買い取るが、電話、テキストメールそしてGBも無制限。解約はペナルティーなしで、いつでも可能。二人で月額が$80。」と余りにもうまい話で俄かに信じられない。
私はAT & Tで4GBにして、毎月の支払いは$144だから殆ど半額の月払い.
このVirgin mobileは、更にAT & Tの店で必ず要求される機種一つに付いての$500の保証金もない。
「大丈夫。信じて。電話線はSprintを使っているのよ。」と女店員が勧めると黒人の店長も「その方が得だよ。」と横から言う。

ところが帰宅をすると妻の携帯のみがパソコンにアクセスできない。
奥さんにBrooklineから電車でCambridgeの店まで来てもらい一緒にお店に戻った。
店長はiPhoneの問題として新しく箱を開き、iPhoneを箱と一緒に返してくれるように言ったが彼女は何も持ってきていなかった。
「明日箱をもってきたら新しい携帯をあげる。」と言うので「これは大変!」と「信じてください。必ず箱は持って来ますので先に新しいのを下さい。」とお願いして躊躇する店長に「約束!」と小指を出すと彼も小指を出して指きり。
彼女に「貴女もしなさい。」と指切りをさせ店長は大笑いで「信用するよ。」と言ってくれた。

アクセスには時間がかかったが問題は解決した。

   日本晴れ
d0024276_12101913.jpg

     Fresh Pondにある”radioshack”
      長いこと私は”ラジオ・ショック(Radioshock)”だと思い込んでいた。
      「電気製品を扱う店だから”電気のショック”か、、、と一人合点をしていたが、ある時
      「どこに?」とアメリカ人から訊かれ「ラジオショック」と言って大笑いされた。
d0024276_121924.jpg

          信用をしてくれた店長よりも若い黒人の店員のほうが仕事はできた。
by arata-tamiko | 2014-09-08 12:36 | 諸々の出来事 | Comments(0)