<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

自動車事故の後始末   6/25/14

Mさんは電話をかけてくると開口一番必ず「今いいでしょうか?」か「今お忙しいですか?」なのに、その日はすがるような声。
「大通りを走っていたら横道に止まっていた車が突然飛び出してきて、、、。」と説明を始めた。
「そんなことは後で聞くから、今の状況はどうなっているの?」
英語が得意でない彼女がしどろもどろで警察の質問に答える声が聞こえる。

事故は我が家から5分ほどのところ。
警察官に電話を代わってもらい、今から現場に向かうことを話し、顔も洗っていないボサボサ頭で飛び出した。
三台の警察の車が止まっており片側通行の交通整理で狭くもない道路だが車が数珠繋ぎの大混雑。
事故を起こした60代の女性は事故現場から数分のところに住んでいる同じ町の住人だった。
人は恐怖と動揺に襲われると、これほど顔がピクピクと引きつるものだと始めて知った。
泣いていたそうで目が真っ赤。
Mさんにしきりに謝ったり抱きしめたりしていた。

警察が指示した町の修理工場にレッカー車で運ばれた車をCambridge Auto Centerに電話をして、そちらの修理工場にレッカーしてもらう手配をした後、一旦Mさんを家に連れて帰り保険会社へ日本語通訳を通して報告をするように言う。
Cambridge Auto Centerに電話をしてレンターカーを用意してもらい、Mさんを連れて行き車を借りたMさんは運転して帰宅。

ご主人は研究所の皆から「こんな酷い事故なんだから帰ったほうが良いよ。どうして帰ってあげないのか?」と言われたそうだが「僕が帰っても英語でやり取りが出来るわけでもないし、どうして良いかも判らないのだから帰ってもしかたがない。」と、子供の無事を確かめたご主人は、私を全面的に信頼していたそうだ。

これは実に賢明な考えだ。
事故の際、どう順序だてて事を進めるのかが判っていない人が側で「やいの、やいの。」と言ったり質問をされるとかえって邪魔になる。
全て私に任せてくれたほうがスムーズに済む。
そして駆けつけてこない主人に立腹することもなく「本当にそうですよね。帰ってきても何も出来ないんですから。」と当たり前のように笑う奥さん。
肝が据わっていて最近の日本の女性に珍しい。
夫婦とは似たもの同士が一緒になるとは、よくぞ言ったもの。

両車とも廃車になるのではと思ったが、Mさんの車はマイル数が少なく綺麗なので保険会社からの査定者は市場価格を高く見積もり、修理費はそれより安いと計算して修理することになった。
廃車になった場合、保険会社は市場価格値で支払ってくれても、他の車を購入した場合には6.25%の州税は自費で払うようになるので結構損をしてしまう。
もちろん横道から出てきた相手に全面的な非があるので、Mさんは一銭も支払う義務は生じない。
裕福な家庭だろうが、これから何年に渡って彼女の保険は大変な額となってしまう。

修理に三週間以上は、かかるそうだ。

   蒸し暑い
d0024276_11201298.jpg

   トヨタSiennaの車中のカーシートに座る5歳と2歳の二人が大丈夫だったのは一番の幸運
d0024276_11254141.jpg

                   高級車レキサスの見るも無残な姿
by arata-tamiko | 2014-06-26 11:45 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

駒田健吾の幼稚さ軽薄さ   6/21/14

「金スマ」にデビ婦人が出演して彼女の過去について真実を語るとあったが、海千山千の彼女が本当のことを話すわけがないと分かっていても、たゆまぬ整形における最近の顔を見たくテレビ動画をクリックする。

いかにしてスカルノの第三婦人と成り得たかの経緯が詳しく書かれた梶山季之の「生贄」。
即刻発売禁止の圧力で市場に出回らず、Amazonでの値段は希少本として一万六千円近く。
そこまで払って読みたくもないが、二十年近く前に裕福な日本人グループを連れて一週間ほどツアーをしたことがある。
15名ほどの中に、一組年配の姉妹がいた。
グループの皆は妹の方を敬遠して食事の際も隣席を避けるため、必然的に私が常に隣となってしまい、彼女は私にデビ婦人に付いて興味深い話をしてくれた。

最後の日、姉妹がいない時を見計らって皆が「あの妹の方は何者だろう。」と言いあう中で「きっと相当不幸な離婚をした女性だと思うわ。もし未亡人なら旅の間に少しは夫の思い出でも一緒に語るでしょう。他の人の話は聴いても一切自分のことは話さないことは思い出したくもない離婚劇だったのよ。」と意見を言った。

後日グループの一人から受け取った手紙に「田園調布まで出かけて調べてきましたが、あなたの想像は当たっていました。彼女は世界的に有名なX氏の別れた奥さんでした。」
だからデビ婦人のことも詳しかったのだと思う。

この番組の中で呆れ果てたのが駒田健吾とか言う男性。
正面に座る孫の顔を写生しているデビ婦人の後ろに座って何かしきりにしては孫を笑わせている。
ご丁寧に説明テロップが出たので始めて、この愚か者が鼻糞をほじくりデビ婦人になすくりつけるジェスチャーをしているのだと理解できた。
二人に対して余りにも失礼な態度。
番組制作者たちも出演者達も、これが面白いと思う神経が狂っている。

議会で低脳な野次を飛ばした男と駒田は変わることがない。
幼い幼稚園生が自分の鼻くそを女の子にくっつけて喜ぶ行為と全く同じ。
いったい何者かと検索すれば常識を備えて然るべき年齢で、その上人気アナウンサーとあり「こんな軽薄な人間が今の日本では受けるのか。」と情けなくもなった。
見るに堪えないことを冗談として、ヘラヘラ顔でするような男を使うTBSの体質も推して知るべし。
TBSさん、恥かしいから国内に閉じ込めておいてください。
どうか決して外国に出さないで下さい。

近頃の日本には、どうしてこのような愚かで幼稚な人間が増えてきたのだろうか?

   気持ち良い晴天
d0024276_11442568.jpg

       我姉は、こんなものまで切り取って送ってくる。
       説明文には「いくら医学が進んでも、やはり昔ながらの脱腸帯がいいのよね。」と
       書かれていた。
by arata-tamiko | 2014-06-23 11:52 | メディアから | Comments(0)

議員になったなら人前で泣いては駄目   6/19/14

都議会で女性議員が妊娠、出産や不妊についての質問の最中、一人の男性議員が「そんなことを言う前に、おまえが早く結婚しないのか!」「子どもは産めないのか!」と品のない野次を飛ばし笑う議員もいたニュース。
これを可笑しいと笑う人たちの精神、情けない。

議員になるには選ばれてのことだろうが、こんな最低男を選ぶ住民も住民で同じ種類の部類。
席に戻りハンカチで涙を拭う女性議員に向かって「泣くな!小保方ではあるまいし。男と対等に議論したければ”今の日本には、あんたのようなろくでもない男が増えすぎて結婚できないのです!”と皮肉の一つも取って返すくらいの強さを持ちなさい!」と叱りたくなった。

幼稚園生で可愛い女の子を苛めて泣かせる男の子がいるが、これと全く同じ精神構造。
つまりこの男は幼稚園時代から精神の成長が止まってしまった幼稚な議員にすぎない。
アメリカやヨーロッパの女性議員が野次られて泣く姿なんて見たことがない。
毅然として堂々と歯向かっている。
議員になるなら覚悟して、それくらいの強靭な精神を日本の若い女性議員も持って欲しい。
泣きたければ家で泣けばいい。

マイクを向けられた男性議員が「女性の人格を否定していますよ。こんな野次で私達男性議員も同類だと思われるのではないかと腹が立ちますね。」と隣の小父さんみたいな寝ぼけたコメント。
男も50過ぎたら、もうちょっと増しな意見を述べて欲しい。

   日陰は涼しい
d0024276_9421737.jpg

    数社の新聞を購読している姉は、新聞の切抜きを溜めては送ってくる。  
    「私達ほど自分達の顔を棚にあげといて人の容貌を批評する姉妹もいないわね。」と
    姉は反省していたばかりだったのに、その舌の根も乾かぬうちに林マリ子の記事が
    入っていた。
   
by arata-tamiko | 2014-06-20 09:58 | Comments(0)

昔のボーイフレンド   6/17/14

私はとても良い友たちに恵まれ彼らのお陰で人生も豊かになり学ぶことも多い。
83年にボストンに来た時に見つけた家の上の階に住んでいたのがGraceで、始めてのアメリカ人の友。
それ以来、何か困りごとがあると相談に駆けつけ、彼女の聡明で沈着な思考で何度助けられたことか。

彼女の若かりし頃のヨーロッパ行きの客船で知り合ったオランダ人男性とのロマンス話を十年ほど前に聞かされ、そして私が探し当て、その男性と彼女は50年ぶりの再会。
それ以来二人は年に一度、ボストンかヨーロッパで一緒に過ごしている。

今回女性友達と旧共産圏を回った彼女はボストンに戻る友人達をパリで見送り、オランダから飛んできた彼と一週間フランスを満悦した。
免疫に関した病気のためコップも持てないほど筋肉が弱っていたのに、80歳過ぎてもこの情熱。
今朝早く彼女の自宅から友人皆に送ってきたメールの件名はフランス語で「おはよう。友人たち」だった。

「今こちらは早朝ですが、パリはお昼。だから私は目が覚めて、皆様に私は元気で幸せに、でも貧乏になって戻って来たことをお知らせします。」で文章は始まっていた。
にくいほどの書き出し。
友人達が、彼女の病気の再発を案じていたことへの感謝が簡潔な文章に表れている。

ライシャワー婦人も夫が亡くなった後、80歳近くで昔のボーイフレンドと懇意にしていたので「結婚されないのですか?」と聞くと「若くない私達だと、どうしても男性が先に弱るでしょう。結婚をしたら看病するようなものよ。嫌ですよ。」と、ピシャリと言われた。

お互いにソウルメイトとして尊敬しあい洒落たお付き合いとは思っても、私は面倒くさいのが先に立つ。

   蒸し暑い一日
d0024276_1243268.jpg

        夏とはいえゴールデンリトリバーも、ここまで刈り込まれたら哀れに見える
by arata-tamiko | 2014-06-18 12:53 | 諸々の出来事 | Comments(0)

皆の同情を乞う   6/15/14

「日本へ抹茶の菓子類を特別注文するので如何ですか?」と卸屋からカタログが送られてきた。
全て日本語で書かれているのでReliableの韓国人店主たちは理解できず「任せるから。」と頼まれ、ほどほどの数量を注文したつもり。
ところが数ヶ月してトラック一杯に荷物が満載され配送されてきたのには店の人も私も凍りついた。

今回の特殊なオーダー方法を、私が理解していなかったために数に間違いが起きてしまった。
息が止まるほどの請求額にも関わらず、私に嫌な顔一つ見せず女性店主は「売ろう。」と一言。

抹茶菓子の商品を店内に積み上げ”大安値”のセールを昨日から始めた。
馴染みのお客様が来ると事情を話して「どうぞ助けてください。」とお願いすると最低でも一つは買ってくれる。
外国人にも説明をして「Please save my life.」とか「買ってくれないと出口のドアは開きません。」と言って買わせ「不味かったらお金を返します。」と保障もつけておいた。

毎週末来るロシア人男性に「私を友達と思うなら買ってください。」とお願いすると「もちろん買うよ。勧められたもので今まで不味かったことは一度もない。」と連れの友人二人に話すと彼らも買ってくれた。
一人の日本の女性は「今年の会社のクリスマスプレゼントにする。」と大量に買い込んでいた。

そして日系の別の会社のセールスが来たので彼にも「私可哀想なの。」と三品買わせると店内は大爆笑となった。

この抹茶商品、殆ど半額値段で売り出しています。
お買い得です!

   初夏
d0024276_1075517.jpg

                       ハーバード大学の車道
by arata-tamiko | 2014-06-16 10:17 | 諸々の出来事 | Comments(0)

蹴飛ばした塵バケツが戻ってきた   6/9/14

私が借りている家は階下に2家族。
上の二階に私が住んでいる。
大きな箱庭に盛られた土から紫蘇や韓国のケンニップそして三つ葉の可愛い芽を雑草と一人合点して見事に全部引き抜いてくれた下の小父さん、人の良いことは天下一品。
彼の隣に住む若夫婦は住んで三年、私達と顔があっても挨拶一つしたことがない。まるで私達が存在していない態度を取る。
ドライブウェイの除雪に断りもなく私のシャベルを使っていて当たり前の顔をしている。
我家の玄関ドアと彼らのドアを同時に開けるとドア同士がぶっつかってしまう。
それで何度か私が一歩下がってドアを閉めて待っていても「Thank you.」の一言もない無礼な態度。
こんな人間は許しがたい。

なのに小父さんは週一の塵の日は彼等の大きな塵バケツを道路まで運んであげるものだから、若い夫婦は自分達で一切出さなくなり、遂には取り込むこともしなくなった。
二日も三日も道路に置かれた大きな塵バケツを見かねて小父さんが取り込み始め「そんな事をしては彼らのためにならない。」と怒っても「いいよ。ついでだから。」と、遂に小父さんの仕事となってしまった。

風の強い夜、その塵バケツが道路のほうにゴロゴロ転げているので力一杯遠くまで蹴っておいた。
すると翌朝小父さんは「昨夜はよほど酷い風だったのだろうね。遠くに彼らのバケツが吹き飛ばされていたので拾ってきたよ。」と私の意図も知らずしてバケツを見せながら言う。

一日中家にいて近所の出来事を観察しているので防犯には困らない。

   いよいよ夏の気配
d0024276_118620.jpg

  3月末に来られたEDICM留学センターの粂原さんが中学生の息子の卒業式に参列する
  お母さんを連れてボストンに再度訪問。
 私がAmazonにオーダーしている何冊もの文庫本を毎度抱えて来るので感謝している。
 日本からのお母さんのリクエストでCafe Sushiに行き「シェフによるサンプル握り」を戴く。
これは食すだけの価値あり。
 ここはボストン一、美味しい寿司を堪能させてくれる。
 
by arata-tamiko | 2014-06-10 11:23 | 諸々の出来事 | Comments(0)

MA州で一番自動車保険の高い町   6/2/14

自動車保険の掛け金は「運転歴」「住む町」「車種」で違ってくる。
このお客様の場合は余りにも気の毒で保険代理店に「安くなる方法はないか?」と再度電話をしたが「CharlestownはMA州の保険組合が設定するレートにおいて州で一番保険額が高いため補償額を少なくする意外にどうしょうもない。」と説明をされた。

Kさんはラボに近い場所として住いを選ばれたそうで、車購入に行く道すがら昔の町の様子を話してあげた。
Charlestown無しにはボストンの歴史を語ることが出来ないほど「イギリスからの独立戦争の激戦地Bunker Hill、アメリカ一古い造船所と軍船」、そして古いレンガ造りの町並みに情緒あふれた細い石畳の道路。
30年前はアイルランド系とヒスパニック系住民の抗争がニュースを賑わし、ある女性が日本に永久帰国をするのにコンドメニアムが売れず売値を下げに下げていた。
他の日本人たちが「安いからって、あんな所に買うのが間違っている。」と言い合っているのを聞きもした。

車のセールスマンも「今では高級コンドメニアムだらけで僕なんか手に届かないが、かってはアメリカ一銀行強盗の多い町だったよ。」と笑っていた。
MGH Eastが出来てから町は変貌を遂げ洒落たレストランや店が立ち並び住民達の層も全く違ってきた。

しかし車購入をした後の保険代理店で見せられた年間保険額は何と$3,103!!
Kさんにはボストン市内に近いため高いことを事前に話していたが、これほどとは思いもしなかった。
ちなみに訊くと「Brooklineに住んで、一年前のスピード違反がなく6年間無事故無違反だったら同じ補償内容で年間$1,280。」と気の毒がる。

一般と比べ抜き出て掛け金が高くなる項目は事故と盗難。
私の車はビジネスとして登録されているために保険額は一般の人より高くなる。

それでも彼の場合は事故の補償に対する掛け金は私の3倍。
つまりそれだけ交通事故の多い町となる。
盗難は私の殆ど6倍だった。

Charlestownに住むお客様の保険は始めてだったが何とも気の毒で慰めの言葉もない。

   初夏の天候
d0024276_7591684.jpg

      今月中旬帰国される産経新聞のH氏(左)と8月帰国の法政大学のK教授(右)から
      昼食に招待され楽しく談笑。
      私はパソコンを初めて買った時からInternet Explorerをクリックすれば産経が
      出てくるようにしている。
d0024276_875730.jpg

    初めて会った時、母親の胸に抱かれていたせら君はパパを残してママと二人で今日
    帰国。
    リュックの中味を得意げに見せてくれる後ろでは、世にも寂しげな顔のお父さん。
 
by arata-tamiko | 2014-06-03 08:36 | 車と保険に関したこと | Comments(0)