<   2014年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

蓮池薫氏の翻訳書「孤将」の作家、金・薫氏 1/24/14

韓国関係の話題が続いてしまうが、数日前の「”日本海”と”東海”併記 バージニア州上院で可決」について韓国人の友、Hさんからの興味深い意見を御紹介。

蓮池薫氏が始めて挑戦した翻訳本である韓国のベストセラー「孤将」を読んだHさんは蓮池氏の格調高い文章に深い感銘を受け、そして金・薫氏と言う作家の存在を知った。
是非原本と比較してみたいと、この本のみならず彼の作品全てを韓国から取り寄せた。

蓮池氏が初めて金氏と会った時、彼が「私の父は反日の独立運動家だったが私は日本文化が大好きです。」と語ったと随筆に書かれていた。
金氏はなかなか気骨のある人物らしく、勤務する新聞社かに同調せず辞めさせられているそうだ。

この金薫氏の随筆をHさんが日本語で説明をしてくれた。

朝鮮半島からすると確かに東の海となる。
しかし日本からすると西の海となる。
昔のヨーロッパでは「極東(Far East)」と呼称したと言うが、それは遠く東にあると言うことだけで東海を意味したのではない。
韓国の国歌が東海で始まるように韓国人に取っては大きな意味がある。

  国歌: 東海が乾き果て、白頭山が磨り減る時(あり得ない意味をする)まで神の護り給う我が国 万歳!

しかし自分の考えとして、日本海は国際法で決められたことで、これに対して自分は民族的感情はない。日本人に取っては西の海を東海と呼べと要求する権利がどこにあるだろうか。


「今の韓国でこれだけのことを言えるとは勇気がありますね。」と感心すると「いいえ、勇気ではありません。良心があるのです。今の韓国では本当のことを言うと親日となって言いたいことも言えません。それでは北朝鮮と何ら変わりません。あなたには、このようなまともな考えの韓国人もいることを知って欲しいのです。」

Hさんは他の人が思いもしないことに気づく。
この国歌のことも「韓国では大きい海や山が枯れるとか大から小になると例えるのに、日本では”さざれ石”と小さな石がだんだん大きくなって苔が生えるまで、、、と全く反対ですね。」。
「スポーツでも日本は”負けるな!”ですが、韓国では”勝て!”と応援の掛け声が逆です。」とも言っていた。

   日中零下7度でも零下15度くらいに感じる寒さ
d0024276_13315521.jpg

   ボストンで週一発行されている韓国の新聞には何ページにも渡って東海、慰安婦像の写真と
   記事が掲載されている。
   韓国人のHさんは「そんなものは見ないほうが宜しいのです。気分が悪くなるだけ損です。」と
   戦前の綺麗な日本語で私を諭す。
by arata-tamiko | 2014-01-27 13:59 | 興味ある話 | Comments(3)

マクドナルド店と韓国人達の不買運動の結末 1/22/14

友人のM氏から「NYのマクドナルドの結末がありますよ。」と知らせがあり、朝鮮日報の日本版を開くと”韓国系高齢者を追い出した米マクドナルドが公式謝罪”の誇らしげな見出しが目に飛び込んできた。

「要約」

マクドナルドの店長と、韓国系高齢者十数人は同日、ロン・キム(韓国名:キム・テソク)ニューヨーク州下院議員の仲裁により、キム議員の事務所で面会。
「二度とこのようなことが起きないよう注意する」と謝罪をし「マネージャーを交代させ、韓国系の顧客のために韓国系従業員1人を追加で採用したい」と話した。
また、座席の利用時間を従来の20分から1時間に延長し、これに関する韓国語での案内を掲示することも決めた。
今回マクドナルド側が謝罪したことで、不買運動も取りやめになる可能性が高くなった。

高齢者のための一ドルサービスの特権で、ファーストフード店であるマクドナルドに彼らは何時間も居座り、責められるのは店ではなく、常識がない高齢者と本筋を人権問題にすり替えて権利を主張し後ろで煽る市民運動とかの団体であるべきだ。

マクドナルドには謝って欲しくなかった。
他店に転勤させられたマネージャーこそが真の被害者。
6人の子育てをした母が「うるさいほうが勝ちだね。」と、大人しい子よりも大声で主張するほうの子に目がいってしまうことを、このように言っていたことを思い出した。
まさに今回の件も同じようなもの。

韓国人の友人は、この件で「韓国では年寄りは”金”と言われていると抗議したそうですが、とんでもない嘘ですよ。儒教の国だからなんて昔の話です。韓国では年寄りたちがクーラーや暖房がある店に少しでも長くいると追い出されるのですよ。だから皆公園に行くしかないのです。自分の国で出来ないことを、どうしてアメリカで許されるのですか!この煽動している人たちは、いづれ政治家になろうとして計算づくでやっているのですから。」と怒っていた。
そう言われれば、韓国の公園には年寄りがとても多かった。

   朝方零下14度  空気がカリカリ音がするようだ
d0024276_1244562.jpg

                      店内でたむろする韓国人たち
             これでは店もたまったものではない。店こそ被害者なのに。
by arata-tamiko | 2014-01-23 12:52 | 興味ある話 | Comments(0)

韓国人高齢者とNYのマクドナルドの災難  1/19/14

朝鮮日報の日本語版より。

韓国系居住者が多いニューヨーク市内のフラッシングにあるマクドナルド店に韓国人の高齢者達が朝の5時から集まり、一、二ドルのコーヒーやフライドポテトを注文して長時間席を占領して談笑している。

店側は何度も席を他の客に譲って欲しいと丁寧にお願いをしているが聞き入られず、店内には”テーブルに20分以上座れません”と張り紙まで出した。
他の客たちからは注文しても、席がないため返金を求められることが相次いだために、耐えかねた責任者は警察に通報して追い出してもらった。
今回が初めてではなく、営業妨害として11月以降既に4回通報していると、15日付米日刊紙ニューヨーク・タイムズで報道された。

さてさて、これからがもっと信じがたい。
どこをどうしたら、こんなハチャメチャな志向回路になるのだろう?
これは単なる高齢者達の常識の無さが原因なのに、屁理屈をつけて責任転嫁をし非難する彼らのお得意芸。

 「ニューヨーク韓人学父兄協会」など韓国系米国在住者団体は16日、同店前で糾弾集会を開き「人種差別と高齢者差別を行ったマクドナルドに対し、韓国系在住者を挙げて2月の1カ月間、不買運動を展開する」と宣言した。

私の韓国人の友人達は戦前の日本教育を受けているからとかではなく、とても控えめで常識があり博識に溢れ日本の文化を尊敬している。
中の一人に「こんな恥かしい記事を一番大きな新聞社が、よくぞ紹介したものですね。」と言うと「新聞社も同じ意見ですからNYタイムズの記事を載せたのだと思いますよ。」に、そうかと納得。

この記事によると「2010年の米国人口調査で韓国系米国人が141万人」とあるから、ホワイトハウスに提出する慰安婦像反対のサイン数にしても彼らが絶対的に有利となってしまう。

   昨日、今朝の雪は殆ど解けた
d0024276_10132414.jpg

      東京の留学センターの粂原さんが、今回買ってきたミリタリールックのコート。
      散歩をするチビは、またもや衆目の的となるだろう。
by arata-tamiko | 2014-01-20 10:16 | 興味ある話 | Comments(0)

小野田寛郎氏逝く   1/16/14

                     惜しい方が逝ってしまった、、。

つい数日前に「最近姿を見ないけど、お元気かしら?」と小野田氏のことを思ったから、よけい無念の思い。

銃撃戦で小野田少尉の生存が判明し、どうしても姿を現さない息子の名を呼びながら80歳過ぎた父親がジャングルを捜し歩く姿は見る人の胸を痛め,日本国中が一緒に「小野田さん、出てきて!」と祈ったものだ。
かっての上官が下す任務解除・帰国命令を直立不動で聞く小野田氏の映像は、タイムマシーンに乗って戦前の日本にいるような錯覚を起こすほどショックで釘付けになった。
それだけでなく、平和な日本では、見たこともない男の射るような眼光、険しい風貌に日本中が驚愕し、軍刀をフィリピン司令官に渡したとたんに柔和な顔立ちとなったのは、これが同じ人物かと、もっと驚かされた。

小野田氏の帰国後しばらくして手紙を出すと、差出人として医者である長兄のお名前で印刷された葉書が届いた。
膨大な郵便物を受け取っていただろうに、印刷文の最後にお兄様の自筆で一筆添えられていたのには「流石にあの御両親の息子さんだな。」と思わされた。
帰国後、良き伴侶とめぐり会え余生を仲良く幸せに暮らせたのは本当に良かった。

   暖かい
d0024276_1384225.jpg

by arata-tamiko | 2014-01-17 13:05 | 悲しかったこと | Comments(0)

ボストンの短期滞在   1/14/14

ある友人から「日本の教授から頼まれたのですが、一ヶ月間の研修で来る若い二が短期で宿泊できる所を知りませんか?」聞かれた。
ボストンはホテルの需要に供給が追いつかず、短期の宿泊所も同様で一ヶ月も借りれば、かなりの額となってしまう。

最近、レッドラインのDavis駅近くに日本女性が始めた「下宿屋」と言う名の宿泊施設は、部屋は広く綺麗な上に家庭的で、良心的な宿泊費に含まれる和食の夕飯が美味しい。
だから一人住いの男性たちに「時にはまともな食事をしなさい。」と勧めたところ、今では通う人もいる。

              geshukuya_davis@hotmail.com  下宿屋
                    617-898-7090

ここはどうかと紹介したが、英語の中で生活をしてみたいとの希望でハテサテどうしたものか?となった。
”窮すれば通じる”と言うのか、あるアメリカ人夫婦を思いついた。

去年の秋、英語留学に来られた60歳の日本女性を学校が紹介するアメリカ人家庭のホームステイに連れて行った。
この女性は幼い頃からアメリカで生活をすることが夢だったそうで、ご主人との離婚を切っ掛けにして、残りの人生思い切り楽しみたいと二年間英語学校に行く決心をしたのだそう。
裕福なせいか大らかな人柄で、ホームステイのご家族と実に上手くいっている。

「そうだ!このご夫婦なら人物的に間違いない。」と電話をすれば、ちょうどその頃に二部屋空くので、朝晩の食事付きで一部屋、一ヶ月$900でどうだろうかとの返事。
こんな好条件はない。
で、決まり!

   気温が上がってきた
d0024276_13515370.jpg

                               7月 
d0024276_13521942.jpg

                               8月
d0024276_13524584.jpg

                               9月
d0024276_13531180.jpg

                              10月
d0024276_13533913.jpg

                              11月
d0024276_13541013.jpg

                              12月
          この自衛隊のカレンダーは下記のメールアドレスで注文できるようだ。
              MJ Art 柴田幹雄  mjarts565@gmail.com

by arata-tamiko | 2014-01-14 14:08 | 諸々の出来事 | Comments(0)

車のRegistrationの更新   1/10/14

日本の役所と交渉ごとをした経験がないので比べようがないが、アメリカでは大変。

お客様との食事を終え外に出ると、車のワイパーに違反切符が挟まれている。
パーキングメーターには、常にコインを多めに入れて時間に余裕を持たせているのにとメーターを見れば未だ半時間も残っている。

切符を読めば、2年毎に更新すべき車のRegistrationがされていないと書かれている。
2003年の8月に更新をして、プレートに新しいスティッカーも貼られている。
これはメーターをチェックして歩く人の完全なるミスによる違反切符。
すぐにSomervilleの市役所に行くと「今は何も出来ないので、請求勧告書が来るまで待ちなさい。」と言う。
「それでは遅延手数料を請求されるではないか。」と言えば、一回目の勧告書ではペナルティーは付かない。」と言われたが、どうにも落ち着かない気分で役場を出てきた。

それから数ヶ月すると勧告書が郵送されてきたのでRegistration、保険代理店からプリントしてもらったRegistration Title Inquiryそして違反切符と三枚一緒に郵送した。

そして二ヶ月経った今日、三度目の勧告通知が送られてきて、$20のペナルティーが付き$70となっている。
電話をして経緯を説明し始めたが、相手は初めから聞く耳を持たず態度が横柄。
途中で話を終わらせ、再度電話をかけてみる。
次に出た女性は親切に調べてくれ、この件は処理されているのに何故に再度の勧告書が郵送されたのか理由が判らないとのこと。
そして私は何の支払い義務もないと言ってくれた。

長年住む私でさえ、こんなに面倒なのに留学したばかりなら意味が理解できず途方にくれてしまうだろう。

   やっと日中2度となる
d0024276_837569.jpg

                   自衛隊の方からラーメンをいただいた。
      戦闘訓練中に食する特別なものかと一瞬意気込んだが普通のラーメンだった
d0024276_8393822.jpg

                        そしてカレンダーも!
        飛行機、戦車。 英語で言うまさに”Cool!”
        自衛隊を退職をされた方の手描きだそうだが、玄人はだし。
        日本国民の一軒が一つ購入すれば、自衛隊も新式戦車、飛行機が買える!
d0024276_8445142.jpg

                             1月
d0024276_8453261.jpg

                             2月
d0024276_8461241.jpg

                             3月
d0024276_8465222.jpg

                             4月
d0024276_8473147.jpg

                             5月
d0024276_8481685.jpg

                             6月
                     7月~12月は次のブログで。
by arata-tamiko | 2014-01-11 09:06 | 諸々の出来事 | Comments(2)

笑える話   1/6/14

どんなに日本食を好きなアメリカ人でも”納豆”、”沢庵”、”梅干”のたぐいは食べられないと言われていたが、なんのその、心底好きなのか健康食と思って口にしているのか分からないが、よく売れる。

Reliableのお店の棚商品を見ている私に、年配のアメリカ人男性が韓国産蕎麦の袋を手にして「良い品か?」と訊いてきた。
「この値段で、この量。何を期待しますか?御覧なさい。殆どが小麦粉ですよ。」と原材料を指差して見せた。

すぐ後に離れた場所にある棚の品を調べていると、若い20代のアメリカ人男性が、また蕎麦を訊いてきた。

説明が終わるのを待っていたかのごとく、今度は近くにいた年配のアメリカ人女性が蕎麦つゆの質問をしてきたので、「あぁ~、あの男性は貴女の御主人だったのですね。」と言うと、いたづらっぽくウィンクをして「He is too young for me.」には涙が出るほど笑わされた。
私は一番初めの60代の男性を意味したのに、彼女は私が二番目の若い男性を指したと思っている!

   寒さに怯えて着いたお客様、13度の暖かさに唖然
d0024276_11323487.jpg

           郵便屋さんが”みかん”と書かれた箱を軽々と抱えてやってきた。
d0024276_1135665.jpg

          なんだろう?と箱を開けると、田舎の椎茸が箱一杯詰まっていた。
d0024276_11365599.jpg

      丈30センチほどの手縫いの着物が一緒にあり「私が始めて縫った作品です。」と
      メモと手作りの衣紋掛けが添えられていた。
      二年前に田舎に帰った折に友人から彼女を紹介をされた時、もう何十年前からの
      友達であったような気がした。
by arata-tamiko | 2014-01-07 11:52 | Comments(0)

大寒波に襲われる   1/3/14

いや~、降った降った。
よくぞこれだけ降ってくれたものだと感心するほど降った。
それでも軽いパウダースノーだったので、主用道路の雪解けは早い。

「皆を早めに帰宅させるように。」と、ラジオから流れる州知事のメッセージを聴きながら雪が舞う中を飛行場へと向かう。
「どうぞ、定刻どおりに着いてくれ!」と祈る気持ちで待っていると、30分遅れの表示。
それでも日中だったから良かった。夜の8時からは飛行場も閉鎖となったから。

「何とか3時ごろまでには帰らせてください。」と、その夜に必要な品々を購入してアパートに着いた時には予報どおり目も開けられないほどの降雪状態。
前に雪の日、コントロールがきかず事故の経験があるので、全神経を集中させての運転。
普段なら25分のところを一時間かかり、帰宅するやいなや疲労感に襲われベッドに倒れこんだ。

深夜庭を走る除雪車の音で目が覚め気温を見ると零下17度。体感気温は零下30度を下がっている。
到着されたお客様は「肺の中が痛くなりました。肺炎になる人が多いのではありませんか?」と質問をされたがそんな統計は聞いたこともない。

年末の27日は、飛行場へ通じるトンネルが深夜11時から修復のため三ヶ月間半閉鎖されることになっていたので、これも祈る思いだった。
それなのにAir Canadaのミスで乗せてもらえないと連絡が入った時には天を見上げて嘆息。
11時過ぎてしまったら、大回りしてアパートに行くようになる。知らない道を夜運転するのは自信がない。
やっと御家族がボストンへ到着した時間がギリギリの10時半。

去年の暮れから今年早々、ハラハラドキドキ続きの出来事だった。

   日中でも零下14度
d0024276_104368.jpg

                    飛行場閉鎖と除雪のために待機する人々
by arata-tamiko | 2014-01-04 10:51 | 諸々の出来事 | Comments(0)

偶然の確率   元旦 2014

                     新年明けましておめでとう御座います。
           無病息災で、皆様がより良い一年を過ごせますように願っております。

大晦日の夜に、友人の承さんから「今日、あなたのお客様と会いましたよ。」と電話があったが、彼女は私より年上の韓国人で、私のお客様なら日本人。
どう考えても接点がなく???となってくる。

CambridgeのPorter駅にある小さな銀行で、ATMからお金を引き出せず困りきっている子供三人を連れた日本人家族の様子に同情した承さんは声をかけたそう。
彼らは、日本のCiti Bankカードを使って何度も試したが駄目だった。
承さんは、家族をPorter駅にあるCiti Bankに連れて行き、お金を手にした御夫婦に「世話をしてくれる人はいないのですか?」と訊くと「いるのですが、昨日でお世話は一応終わったのです。」と言った。
「その人の名前はTamiko Arataですか?」と訊く承さんに、日本人ご夫婦は信じられない顔をしたそう。

今朝の電話のTさんは「非常に親切な女性に助けられたのですが、その人が新田さんの友人で元旦の日に昼食を一緒にするのだと聞かされて、もっと驚いてしまいました。こんな偶然ってあるのですね~。」と感に堪えない口調で、彼の驚きが伝わってくる。
Citi Bankの行きかたを地図に描いて説明をしているのに、どうして教えてもいない小さな
Cambridge Savings Bankにいたのか理解できなかった。
「見つけることが出来なかったものですから、アメリカ人に聞くと発音が悪く正確に伝わらなかったようで、この銀行を教えられたのです。」とのこと。
このことで、Tさんたちは承さんと遇うことになったわけ。

今日昼食をしながら、承さんが「私も驚きましたよ。」と笑っていた。
承さんは、1905年に伊藤博文と日韓併合条約を結んだ李完用の曾孫。
父親は戦前の帝大法科卒で、朴大統領の日韓条約調印後は、韓国政府と日本の大企業との架け橋で活躍をされた人物。
そしてこのような形で、彼女が日本人である私のお客様を助けてくれたのも何かの縁だろう。

   吐く息が凍るほど寒い!
d0024276_1257070.jpg

             明日から二日間の大雪注意報。 空まで不気味に見える。
by arata-tamiko | 2014-01-02 13:10 | 諸々の出来事 | Comments(0)