<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

こんな夢のような話もある   6/30/12

  深夜停電があったようで、電話局のRCNからレンタルしているモデム?のランプがOffとなっていて、テレビが見れない。
Onのスイッチを入れても電源は入らない。
このような器械に詳しい友人に見てもらうと、どうも壊れているようだとのこと。

 エンヤコラとRCNの事務所に運び込み新しいものと交換してもらった。
この停電による器械の障害は多かったそう。

 器械に全く疎い私なので、繋がっている8本のコードを左右だけでなく上からもデジカメで撮って万端用意を整えていた。
そして、写真の通りに繋げようと器械の裏を見ると、古いものと穴の位置と配置が違っている!!!!
コードに巻かれている色と穴の色を見ながら差し込んでみたが、緑色が残ってしまう。
しかたがないので残った穴に入れておいた。

 それからリセットのためRCNに電話をすると、応対に出た男性が酷いインド訛りの英語。
工事人に来てもらえば、45ドルかかるからと、彼が必死に説明をしてくれるのだが、器械オンチの上に、アクセントが強い英語で何を言っているのかサッパリ理解不可。
彼が親切であればあるほど、悪くって「器械に強い友人に来てもらってから電話をかけなおします。」に「そうしなさい。45ドル払うのはもったいないですよ。」と言ってくれる。

 RCNの事務所に、また出かけ、ことの次第を話すと大笑いをされた。
そして「故障としてテクニシャンを送るわよ。何か聞かれても、よけいなことを言うと、$45を取られるから”突然映像が映らなくなった”とだけ言いなさない。もし請求書を残していったら、私の所に持ってきて。処理をしてあげるから。」と、まるで夢のように親切。

 でもコードを間違って繋いでいたなら、一目瞭然で嘘がばれてしまうのが心配。

   暑い!
d0024276_2223910.jpg

by arata-tamiko | 2012-06-30 22:24 | 諸々の出来事 | Comments(0)

セントラルにHマートの第二店舗開店   6/27/12

  HマートがCambridgeのCentralにあるHarvestスーパーの閉店に伴い、そこに第二店を開店すると韓国の新聞が書いている。
巨額の資金を投じて第一店舗を開いて数年後に早第二店舗とは、強気になれるだけの下調べがあったはず。
場所柄、Burlingtonのお店より繁盛するのではないだろうか。

 大勢の韓国人学生やアジアからの学生が在籍するHarvard大学そしてMITの中間点、その上地下鉄駅から徒歩一分となれば、黙っていても客は入ってくる。
一番の打撃を受けるのは、個人経営の韓国食料品店のロッテと日本人に馴染みのReliable店。
今となれば、あれだけ買い手があったときに妥当な値で売っておけば良かった、、、と、店主は臍をかんでいるに違いない。
一人の日本人など、自分が連れてきた弁護士とテーブルに座って契約書にサインをする直前にキャンセルをされたと怒って話していた。

 あの場所なら入店したい食堂は沢山あるはず。
また奇天烈な不味いものを、堂々と日本名の看板をかけて「寿司」と売られるのは嫌だな~。

   気持ち良い晴天
d0024276_1421763.jpg

                            韓国花みずき
by arata-tamiko | 2012-06-28 14:11 | 興味ある話 | Comments(0)

痴呆になっても忘れえぬ人   6/25/12

  介護病院で日々を過ごす四十年来の友、Sさんの夢を見て日本に電話をかけた。
この一年間は点滴や薬の投与も続けていたが、脅威的に強い心臓のお陰で今日まで持っているようなもので、痴呆もかなり進んだ91歳になる母親を自然に任せておこうという言う結論になったそう。

「ところでXXXジョージさんって、知っていますか?」とお嫁さんが聞く。

「いいえ。」

「突然ですね”私時間がないのよ。早く行かなければ。”と言いだしたんですよ。」

「どこに?」

”私、結婚するのよ。ジョージさんが式場で待っていらっしゃるの”と、手を振り払うんです。私達聞いたこともない名前で”だれなの?”と聞いたら”好きな人”って言うのです。」

 途切れ途切れの母親の話を繋げると、なんでもジョージさんのイギリス人の母親からとても可愛がられ、息子と結婚してくれと言われていたが、ある事情で結婚できなかったらしいとのこと。
それで私も思い出した!

「お母さん、そのジョージさんの母親に英語を習っていなかった?」

「そういえば、そんなことを話していました。他に何か聞いていますか?」

「その男性は戦死をしました。」

 ジョージさんは、とても端正な顔立ちで、あれほど綺麗な男性は生涯見たことがないと、友は話していた。
「兵隊に取られましてね、お母様の血が濃い風貌だったので、軍隊でどんなに苛められたことでしょうね。可哀想に、きっと一番危険な前線に送られて亡くなったのだと思いますよ。」と、しみじみ語っていた。

 「それでやっと判りました。大人しくさせるために”ジョージさんの所に行きましょう。”と寝椅子になる車椅子で病院の庭に連れ出してグルグル回っていると”XXXジョージさ~ん!”と、搾り出すような声で呼び続けるのですよ。」

 電話の横でSさんの息子さんが「”XXさんはどうしたんだ?”って父親の名前を言ったら”そんな人知りません。”の一言だもんな。」と大笑いをしている。
そして夫婦して「自分達が、こうなったら誰の名前を呼ぶのかしら?」と言いあったそう。

   一転して肌寒い小雨
d0024276_02638.jpg

          先週の強い日差しに近所の湖に住む2匹の亀が仲良く甲羅干し
by arata-tamiko | 2012-06-26 00:29 | 諸々の出来事 | Comments(0)

笑えるニュースと哀れをもよおすニュース   6/22/12

この見出しには読む前から吹き出してしまった。

   韓国人と違い日本人は背後から殴らない… 鴻海会長「アンチ・サムスン」問題発言。
 シャープとの提携等で数年以内にサムスンを抜くと述べた台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の郭台銘会長は「私は日本人を尊重している。特に彼らのビジネスのやり方とその伝え方が好きだ。韓国人とは違い、日本人は背後から殴ったりしない」と発言したと書かれている。

 ここまで言われたら怒らない韓国人はいないだろう。
これを公に言えるとは、たいした度胸。

 今朝のテレビニュースで「警官2人、実績上げるため被害者でっち上げ」に「何を?」と思えば、傘一本。
自転車置き場の自転車に立てかけていた傘を盗もうとした少年を逮捕したが、傘は自転車の持ち主のものではなかった。
なのに成績を上げたいがため、あたかも主が盗難にあったかのように書類を捏造したとある。

 歳は巡査部長が50歳代で、もう一人は20歳の警察官。
こんなせこいことをするような人では警察官としての目立つ実績もなかっただろうと思える。
定年の60歳を控え、哀れをもよおす。
そして引きずられ加担した若い警察官は可哀想。

   遂に日中38度!
d0024276_10354489.jpg

            こんな日は韓国の冷麺が美味しい。
            私は野菜やハムなどを入れるが、韓国人はあっさりとしていただく。
            
            美味しくいただくコツ
            「食べる20分ほど前に、だし汁を冷凍庫で少し凍らせておく。」
            「熱湯に入れた麺がほどけたら、すぐに取り出し冷水で洗う。
             決して湯がいてはいけない。」            
d0024276_10395846.jpg

                          この会社が美味しい。
by arata-tamiko | 2012-06-23 10:48 | メディアから | Comments(0)

新日鉄の訴訟   6/20/12

   Kaplanの英語学校に行く20歳過ぎの韓国女性の父親はPOSCO勤務と言うので、漢字で会社名を書けるかと聞くと、辞書で引いて見せてくれた。
やはり私が先日読んだ記事の会社だった。

 先月の5月26日の産経新聞で「鉄の芸術品「方向性電磁鋼板」極秘技術はなぜ流出したのか」の特集記事を組み、新日鉄がポスコと新日鉄元社員を訴えている内容を詳しく書いている。

http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120526/biz12052618000040-n1.htm

 「何十年もかけ、数百億円を投じてきた技術が、なぜこんなに早く追いつかれたのか」と、次々にシエアを奪っていく相手を疑っても「自社開発技術。」と言い張るポスコ相手にどうすることも出来なかった現状が、小説より面白いどんでん返しを迎える。
これこそ世に言う”天網恢恢”ではないだろうか。
(ちなみに韓国人は、よくこの諺をつかう)

 社運がかかっているポスコの出方が見ものだ。
「そんな記事、見たこともないわ。」と言う姉に「反日の朝日新聞なんか購読しているからよ!!」と言ってあげた。

 世界有数の製鉄会社であることを私に話す彼女に「日韓基本条約の賠償金で日本が浦項に建設したのが基となっている。」と、話すと聞いたこともないと驚いていた。
韓国政府も国民に知られたくない歴史だろう。
この浦項市は植民地時代の日本の家屋が残っていて、日本人向けの観光に力を入れている。

   日中の温度36度
d0024276_934531.jpg

           余りの暑さにアイスクリーム店は大繁盛。
           明日から夏休み。
           お店に三人の高校生がアイスクリームの特注大盛りを食べていた。
d0024276_971796.jpg

          この量に見合うお皿がないらしく、銀紙の上に盛られている。
          下には沢山の種類のアイスクリームで、上には缶一本を使ったのでは
          ないかと思う量のトッピングクリーム。
by arata-tamiko | 2012-06-21 09:21 | メディアから | Comments(0)

一宿一飯の恩義   6/18/12

  話を聞きたいがため、記者のお客様Sさんを早速自宅に呼んで御飯を御馳走しながら、いろいろと聞き出す。
「あの人見たことある?」、「この人はどんな人?」、「綺麗?ブス?」、「頭良い?」とか。
あちらも一宿ではないが、一飯の恩義を感じているから、私に冷たくもできない。

 「あの女性ってラッキョウみたいな顔をしていなかった?」と、聞くと「いや~、思ったことはありませんが、そう言われるとそうですね。いい表現です。」と爆笑する。
「あの男性って”ゲゲゲの鬼太郎”に出てくる、ねずみおとこに似ていなかった?」と、常日頃疑問に思っていたことを現実に目にした記者に問いかける。

 「知識が豊富だけでなく、本当に面白い人なんですね~。」と、褒められているのか、けなされているのか。
自分より、いろいろと知っていると言ってくれるSさんに「だったら、貴方の会社でコメンテーターとして雇ってくれない?」の申し出に、彼はまた大笑い。

 「でも、余りにも本当のことを言いすぎるから、きっと編集長から”我が社は週間新潮や週刊文春ではないのですよ。こんなに毎度毎度訴えられていたら会社が持ちません!”と即刻首になるかもね。」と、今の職業で生きていくことにした。

   朝の寒いこと
d0024276_920351.jpg
 
      生まれて一ヶ月で母親に連れられて来た時は、一日26時間泣いている音羽ちゃん
      だった。
      それが4ヶ月の今、ニコニコと大人しく余りの可愛さに「お父さんに似なくって良かった
      わね。」と、思わず本音が出てしまった。 (M先生、ごめんなさい。)
  
      音羽ちゃんの、おっ立ったモヒカンのような髪型に、銀行のMが「触っていいか?」と
      恐々撫でた。
      その感想が「庭に芝生の種を蒔いたら、ふわふわの芽が出てきたが、その手触りと
      そっくりだ。」と、柔らかい髪に驚いていた。
      私も言いすぎたが、Mも音羽ちゃんの髪質を芝生と一緒にするなんて、、、。
  
by arata-tamiko | 2012-06-19 09:47 | 諸々の出来事 | Comments(0)

今週号の週刊文春   6/14/12

  私達姉妹は自分のことを棚にあげて人様の顔を批評する悪い癖がある。
姉から「明日、お客様が来るんでしょう?今日発売の週刊文春に小沢の大スキャンダルが載っているから買ってきてもらったら?」と国際電話がかかってきた。

 裁判中も「どう贔屓目にみたって善人の顔ではないわよ。絶対に裏で何かしている顔よ。この人とK幹事長は水戸黄門に出てくる悪代官か悪役人顔よね。リンカーンだって、50過ぎたら自分の顔に責任を持てと言ったものね。」と言いあった。
面相で善悪を決め付けるような私達では、絶対に陪審員などの役は務まらない。

 長年連れ添った小沢の奥さんが、遂に堪忍袋の緒が切れて、地元の支援者に出した手紙が掲載されているそうで、他の女性との間に出来た子供のことにも及んでいる。
私達は、そんなことよりも「あの顔でどうやって愛をささやくのかしら?」と、そちらの方に興味がある。

 で、新聞記者のお客様に「誠に申し訳ありませんが、もし間に合えば週刊文春をお願いできませんか?姉が是非読めと日本から電話があったものですから。」と、メールをすると「しっかりと買ってきます。」と、奥様からお返事があった。
きっと記者の方は「僕よりも野次馬根性がある人だな~。」と、呆れた?否感動してくれたに違いないと思っておこう。

晴天
d0024276_12521427.jpg

                市の中心にある役所の庭で結婚式が催されていた
                音楽を奏でる人たちが花嫁、花婿を待っている
by arata-tamiko | 2012-06-15 12:57 | メディアから | Comments(0)

一杯飲みたい気分   6/13/12

 腎泌尿器外科医のDr. Cから「癌ではありませんでした。」と電話報告があり、お酒が飲めるなら祝杯したい気分だった。

 先週全身麻酔で受けたBiopsyのことを書いたブログを読まれた何人かの方から「体調が悪いようで。」と心配のメールを頂いたが、いたって健康体で食欲もあり過ぎて困っているほど。
5月25日に受けた6ヶ月ごとの定期検査で「爪よりも小さな膨らみが見られる。自分の経験として心配はないと思うが、一応バイオプシーをしましょう。」となった。

 今月6日に受け、麻酔が覚め帰宅する時に「読んでください。」と、渡された何枚かの注意事項用紙に目も通さなかったが、心配ないと聞かされ捨てる前にと初めて読んでみた。
すると「してはいけないこと!」の注意事項二つも私はしていた。

       * 24時間以内は運転や子供の世話をしてはいけない。

       * 軽い食事をすること。たとえばチキンスープやサンドイッチのようなもの。


 迎えに来てくれたS先生夫妻が帰られるやいなや、運転をしてタイレストランに行きパッタイをオーダーし、全部食べ終えた。
人間知らなければ何でも恐れを知らずできるものだ。

 小椋佳氏が自宅療養をしているようで心配。
やしきたかじんも未だ戻ってこないし、、、。

    小雨

          彼の声は透き通っていて本当に綺麗 !
          一度彼のコンサートに行って生の声を聴いてみたい。

             上手い!の一言
             民謡は、なまじっかの歌手では歌えない。
                
                  
by arata-tamiko | 2012-06-14 12:37 | 諸々の出来事 | Comments(0)

焼き芋鍋で幸せを感じる人   6/12/12

 出張マッサージのNさんの施術が終わったあと、Hさんをピックアップして三人でHマートに出かけた。
車がないNさんは、初めて見るHマートが気に入ったようで、昼食を頂きながらの楽しい会話。

 二週間ほど前に一人で食べていると「座っていいですか?」と英語で聞いてきた女性が、私の読んでいる本を見て「日本人ですか?」と今度は日本語で聞いてきた。
五十代と思える女性は、なんでも宗教関係で、こちらに移住してきたそうで畑には沢山の野菜類が植えられ、パンも味噌も自家製とのこと。
薩摩芋が好きと言うので「もし美味しく焼けなかったら、私がお金を返す。」と韓国製の焼き芋鍋を勧めた。
未だにメールが入ってこないところからして満足しているのでしょうと話をすると、Hさんが躊躇することなく私を信じて「買ってみたい。」と言う。
(このHさんは、私が黒のものを白と言っても信じるかも。)

 Hさんにも「満足しなければ私が払う。」と約束した。
その夜、以下のメールを頂いた。

お・い・し・い~!!!

今日、買った鍋で早速、焼き芋を作りました。
ちょうど週末にとうもろこしも買ってきたのでそれも一緒に焼いてみました。

おいいしいです!
とうもろこしは少し、スモークされてるような風味があって。主人もペロッと食べてしまいました。

これまで焼き芋が手軽に食べたくて、ネットで調べては、オーブンで焼いてみたり、電子レンジで作ってみたり・・・。
あの時の時間と労力と光熱費を考えたらこんなに簡単に作れるものかと。
実にシンプルな作りの鍋にもかかわらず、目から鱗でした。
帰国時は何よりも先に荷物に詰めなくてはいけませんね。


 僅か9ドル少々のお鍋で、これほどの幸せ感を味わってくれるって私の方が感動と幸せを覚える。

   晴天
d0024276_23281038.jpg

       チビの予防接種と全身麻酔の歯のクリーニングプランも含めてPET COに支払う
       年間費は500ドル。
       麻酔で意識もうろうとして私のベッドで横たわるチビ。
d0024276_2335848.jpg

       人間にすると70歳ともなれば歯にもガタがきて、今回はレントゲン検査の結果
       2本も抜歯。
       費用は300ドルと電話で聞かされたとたん「ひぇ~!」と素っ頓狂な声を出し
       過ぎたのか「一般の獣医クリニックではもっと高い。」と言われた。
by arata-tamiko | 2012-06-12 23:43 | 諸々の出来事 | Comments(0)

日本の刑罰の軽さ   6/7/12

 事件、特に幼児虐待が起きるたびに思うのが加害者男性の「無職」。
そして母親の再婚か同棲相手が多い。
女を働かせ、衣食住には困らないが、日がな一日何することもなく過ごす退屈さに刺激を求めゲーム感覚で弱いものをいたぶり興奮を得るのではないだろうか。

 しかし日本の刑罰の軽さに、毎度一人憤っている。
数日前の「同居する甥の5歳児に食事を与えず、一歳五ヶ月の体重に等しいほど衰弱させ殴って殺した25歳の男に懲役4年(求刑懲役7年)。」。
信じがたい。

 裁判長は「圧倒的に弱い立場の響ちゃんを死なせた罪は重い」と言い渡した結果が、たったの懲役4年!!
夜勤の疲れや少ない収入に怒りを募らせとあるが、この子には何の関係もない。
この男も「無職」と書かれているから、職場を止めていたのだろうが、この男の子の母親は何をしていたのだろう?
祖父母や身内は様子を見に来ることもしなかったのだろうか?
こんな男には、同じように食事を与えず毎日殴って地獄の痛みを味あわせたらいい。

 逮捕された菊地直子が自首しなかった理由として「愛する男との生活を捨てたくなかった。」の言葉には、被害者の家族達は、どんなに神経を逆撫でされたことだろう。
亡くなった人たちは、あの日以来家族を愛することも出来なくなっているというのに。

   曇り
d0024276_23141890.jpg

             ラーメンで知られる一風堂の御夫婦とCafe Sushiで食事。
             一代で成功した人にありがちな、いやらしさがない。
             知らないで隣に座っていれば、隣の小父さん的雰囲気。
d0024276_23193990.jpg

d0024276_23195878.jpg

by arata-tamiko | 2012-06-08 23:20 | メディアから | Comments(0)