<   2012年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

交通違反勧告切符をもらう   5/30/12

 車購入や保険加入のお客様には「ここでは歩行者が絶対的に優先です。赤信号で渡っている人がいても必ず止まらないといけません。」と、しっかり注意をしているのに、自分では反対行動をして警察の車がサイレンを鳴らしてきた。
このBelmontの町は取締りが厳しいことで知られているため覚悟をした。

 十字路の青信号で大きく左曲がりをしていると、歩行者が私と同じ方向に向かって歩き出したのに、私は止まらなかった。
赤信号で私を見ながら堂々と渡っている女性に怒りが湧いてきたのが、一時停止をしなかった理由。

警察官にレジストレーションと免許書を差し出しながら「一言、言わせてください。あの歩行者は私が青で発進したのを見ながらも、赤で歩き出し出したのです。」

「それでも貴女は止まらないといけない。」

「私達は、この国の法律を守らないといけないはずです。ならば、赤で渡る彼女が違反切符をもらうべきではありませんか?」

 言いたいことを言ったので気分はスッキリした。
車内のパソコンと照らし合わせながら書いていた切符を私に渡しながら「今回は注意勧告だけにしておきます。もし私が違反切符を切ったなら、200ドル以上の罰金だけでなく保険も上がったのですよ。」

「ありがとう。貴女のお陰で今日一日を気分よく過ごせます。」

「覚えておきなさい。それでも貴女に非があることを。」と若い警察官は言った。
私の年齢からして、自分の母親を思い出したのかも。

   曇り
d0024276_2183665.jpg

     階下の住人宅には週一回、牛乳配達人が来る。 
     勝手に家に入り、冷蔵庫の牛乳を入れ替えているので「家の鍵をもっているの?」と
     聞くと「ドアは開けたままなので、自分が出るときに自動ロックを閉めている。」とのこと。
     日本より安全かもしれない。
by arata-tamiko | 2012-05-30 21:20 | 諸々の出来事 | Comments(0)

人としてのモラルの無さ   5/27/12

 お笑いの河本準一は全く知らないが、彼に関した記事が余りにも溢れているので好奇心でYou
Tubeを見てみた。

こんな記者会見なら開かない方が良かったのでは?
藪の中の蛇を突いたようなもの。


* 母親が生活保護を受けているのが恥かしく知られたくなかった。

  てっきり不正を世間に知られることを恥じている意味かと思ったら違っていた。

* 自分の考えが非常に甘かったというような認識があります。

  綺麗な言葉で言い訳をしているが、ばれなければシメシメの考えだっただけのこと。

* 当然の権利で間違ったことをしていない。

  と、胸を張れるなら、どうして今になって返金するのか?

彼が母親に金銭的援助をしていなかったことは道義的なことで、彼も母親に楽な収入源があると知っているからこそほっておいたのだろう。
それよりも15年間も働くこともしない母親だけでなく、親類たちの生活保護費の総額が一億近くなることに驚かされた。
彼のつじつまの合わない言いわけよりも、聞きたいのは誤魔化しかたのノウハウの方。

「不安定な芸人生活」ウンヌンは、確か野村監督の奥さんが税金逃れがばれた時、同じようなことを言っていた。
「役所が生活保護を認定した。」と、姉は言っているが、自分の非を認めず他人の責任にする風潮は昔の日本人にはなかった。

友人のMさんと「グダグダ正当化せず、一言”ばれなければ儲け得だと思っていました”と言った方が世間も許してくれたかも。」と言い合った。

   晴れ
d0024276_22583226.jpg

by arata-tamiko | 2012-05-27 23:04 | メディアから | Comments(0)

閉めた銀行口座が自動的に再開   5/24/12

 2ヶ月前に帰国をしたFさんは、やっと大家から送られてきたアパートの保証金を日本の銀行に入金して「やれやれ。」と一段落着いたと思いきや、今度は別の問題が生じた。

 「口座を閉めて帰国をしたのですが、夫の最後の給料が帰国後に入金されているようです。」とのメール。
銀行から残高通知があったそう。
親切な行員のMに今回も「またお願い!」と頼む。

 Fさんに彼から来たメールは「あなた達が口座を開いた支店を調べると、雇用主からの給料は自動振込みとなっていることが判明しました。この場合は閉鎖した口座が自動的に再開されます。
この口座を閉めて、私が残高を日本に送るためには、アメリカ大使館で公正証書にされた手紙が必要です。私に一任すると言うことを明確に記して口座番号、サインそして日本の住所を書いてください。」
と丁寧に説明されていた。

 しかし、Fさんはメール内容がチンプンカンプン。
日本では「notarized letter」のなじみがないので、意味が理解できないのも無理がない。
前に日本から定期貯金解約が出来なかった人のために、Mがサンプルの手紙を書いてくれていたので、公正証書の説明と、その例文の手紙を添付ファイルで送ってあげた。
地方に住んでいると東京まで出かけるのは大変だが、最近は県庁でもしてくれるようだ。
確か大使館の倍、料金はかかると聞いた。

   晴れ
d0024276_1073864.jpg

             ニューイングランドの歴史保存協会のリストに登録されている家の
             外側は建築された1845年当時のままでないといけない。            。
             気を利かせて間が抜けているとは、このこと。
             赤レンガの煙突を真っ白に塗ってしまった!
             特殊な薬を塗って懸命にペンキを洗い流すペンキ屋さん。
by arata-tamiko | 2012-05-25 10:25 | 諸々の出来事 | Comments(0)

飲み会を話したばかりに。   5/22/12

 もう十年前に帰国をされたSさんはトップ中のトップの地位になっている。
とても気が合って、Sさんとは未だに手紙やメールのやり取りをしている。
多忙を極める人ながら、手紙の時は必ず自筆なのは頭が下がる。

 そのSさんから「Y新聞のMさんとNHKの人とで飲み会をします。きっと、其の日はクシャミをすることでしょう。」とメールが入ってきた。

 新聞社のMさんとも留学中は親しく、帰国をされた彼から頂いたメールが「只今、家の玄関を入ってきました。いろいろとお世話になりました。」のスピードには驚いた。
落ち着く間もなく帰国挨拶のメールを下さる方も多いが、流石にスピードが勝負の新聞記者だ。
 東京で催された、ある集まりでSさんとMさんが顔を合わせ、ボスストン留学そしてお互いに私を知っていると分かり急速に親しくなったそう。

 NHKの人が来るには日ごろ不満に思っていることを、、、と「最近のNHKアナウンサーたちの日本語の酷いこと。発音練習はしないのでしょうか?”おはようございま~す。”などと言った語尾延ばしの日本語はありません。民放と全く同じになった品格のない日本語は聞くに堪えず、ニュースとドキュメンタリー以外は見る気がしません。」と書いて、伝えてくれるようにお願いした。

 真面目なSさんだから「どうして、僕がこんな役を仰せつかるのか?」と、私に飲み会を話したことを後悔しているに違いないと思うと可笑しくって一人で笑った。

   小雨
d0024276_1111922.jpg

                         満開の芍薬
by arata-tamiko | 2012-05-23 11:17 | 諸々の出来事 | Comments(0)

金環日食と想い出   5/20/12

 専用眼鏡を買っていなかった姉は、金環日食の日が近づくにつれ取り残されたような気がし始め、三日前に買いに走ると「今頃来てもありませんよ。」と笑われたそう。
隣の奥さんが余分に一つあるからと貸してくれた眼鏡をかけて一緒に見ていると、次々と外に出てきた近所の人たちも眼鏡を買っていなかった。
それで姉達二人は大勢の人たちと譲り合って世紀の出来事を楽しんだそう。

 「御近所は皆同じ年代だから”冥土の土産”とかの言葉が出たでしょう?」と、冗談を言うと「そうなのよ。隣の奥さんには、貸してくれた眼鏡を棺桶にいれると良いわなんて言ったりしてね。」と、思うことは皆同じ。

「ねぇ、子供の頃に学校で日食を観察しなかった?それも色つきの下敷きを使って。」

「そうなのよ。朝食のとき主人と”今思えば、とんでもない観察だったけど、だれも網膜障害なんて出なかったのは奇跡ね。”と話したばかりよ。」

「でしょう。やっぱり私の記憶は間違っていないわ。全校生徒がギラギラ照りつける太陽の下で蝋燭の煤をつけたガラスの破片や、色つきの下敷きで見守ったものね。」

「直接見ると危険だと先生から注意をされたけど、結構いいかげんだったわね。お弁当を食べ終わってから校庭に出た記憶があるわ。」と姉。

 「過去の日食」を調べてみると「1955年」にある。
それも大分では12時32分に始まり、最大は13時32分。
これだ、これだ!
とすると、私は10歳で小学校5年生。
半世紀以上前になるとは驚き。

   晴天
d0024276_12103086.jpg

         今日はCircle of Boston Nursery Schoolのオープニングに出かけた。
         日本人女性運営のもとアメリカ人と日本人スタッフが働く可愛いお部屋。
             http://www.circleofbostonnurseryschool.org/
by arata-tamiko | 2012-05-21 12:46 | Comments(0)

訴訟事件に思うこと。   5/17/12

  先日の「給食時間中に牛乳瓶の破片で目を傷めた子と保護者が、1,200万円で和解。」のニュース。

 どうやって破片が?と詳しく読むと二本の牛乳瓶を皆の前で割って見せた上での事故とある。
もしこれが事実なら小学校三年生ともなれば、して良いことと悪いことの判断があってしかるべき。
「教室に教員がいなかった。」と、勝訴するなら、これから益々このような人々を増やしてしまう。

 夾竹桃日記のブログに「焼き豚など766円相当を万引きした元高校教諭が懲戒免職処分は重すぎる。」と訴えていたことが書かれている。

大阪府が敗訴し、大阪府側が懲戒免職処分を取り消して、退職金相当額の1800万円を支払う条件を飲んだとある。
この女、57歳にもなって夜のオカズ代を盗みで賄おうとは”不届きな心得の教師にあるまじき行為”と、言いたいところだが、最近の教師も頭の中がどうなっているのか分からないのが多い。

盗んだ金額の大小に関わらず「盗みは盗み」。
「盗人にも三分の理」なんていうものでなく、ただ食いをしたかっただけのケチな根性。
それを恥じることなくお金をせしめるとは「盗人に追い銭」とは、まさにこのこと。

 日本は、だんだんおかしくなっていく。
卑怯な人間が増え、恥がなくなった日本人。
もっとも、その典型的なのが、かって日本国の長に立った鳩山さんなんだから、国民がこうなってもしかたないか、、、。
新聞に「のこのこ沖縄返還の式典に出かける、この人物は全く”蛙の面にXXXX”とまで書かれていた。

   久しぶりの晴天

                  こころ和むシーンです。  (らばQより)
by arata-tamiko | 2012-05-18 09:59 | メディアから | Comments(0)

家に入り込んだリスの結末   5/14/12

 「好きな色を選んでいいよ。」と大家から言われ、英語の解らない移民のペンキ職人に「オフホワイト」と頼むと「OK,Ok」と言って真っ白に塗ってしまったから、24時間病院にいる感じだが、家中が綺麗になって気持ちが良かった。
ところが屋根の角にリスが穴を開け出入りするようになり、大雨の朝、起きると床が水浸し。

 大家の会社に長年働く50歳過ぎのFが来て、梯子をかけ穴を塞ぐのに「屋根裏にリスがいるから追い出してからにしてよ!」と下から大声あげたのに「大丈夫。罠をかけてあげるから。」と言ったまま戻ってこなかった。
毎日不安な気持ちでいると、昨日の朝、チビがキッチンで狂ったように吼えている。
「もしや、もしや。」と、チビが見上げて吼える方向を見ると、リスが覗いている!

 同じく長年働いている男性が来て赤いプラスティックのフタを切り臨時のフタをしたが、信頼できない造り。
「もっと工夫できないの?」と不満口調で言うと「明日Fが来て穴を塞ぐから、それまではこの赤いフタで心配ないよ。リスは入ってこれない。」と帰っていった。

 今朝またもやチビが異常に吼える。
急いでキッチンに走ると、キャビネットの隅に頭を隠したリスがいる!!!
万が一、チビが噛まれたら狂犬病の恐れがあると大家に緊急電話。
Fが来た時、チビはガスレンジの下を引っ掻き吼え続ける。
下を覗き込み、棒でガチャガチャするが何もいないと言うFに「レンジと壁の間に隠れているに違いない。」と言っても「そんなところは滑って隠れないよ。穴から逃げたんだ。」と自分の携帯番号を書いて帰って行った。

 「この家のどこかに隠れている。」と思う私はチビのことが、とても気がかりだったが仕事に出かけた。
帰宅した私を、いつものようにチビは迎えず吼えている。
廊下の奥に置いているタンスの周りをグルグル回り、特に下から二段目の引き出しが引っ掻き傷だらけ。
そ~っと引っ張ると引き出しの中にリスがいる!!!

 すぐに来てくれたFから「本当に、この中にいるのか?どうやって入り込んだんだ?」と聞かれても、私が知りたい。
チビに追い詰められたリスは究極の策でタンスの引き出しに後ろから潜り込んだのだろう。
飛び出たリスは2階から下の廊下にジャンプ!
打ち所が悪かったのか、動きが鈍くなったリスをすかさずFが箒ではたき足で押さえつけた。
そして箒の柄で力いっぱいリスの頭を押さえて潰すFの姿に私は目を覆った。
すると骨の砕ける不気味な音。おー、嫌だ!
南無阿弥陀仏。

   ぐづついた天気
d0024276_1152292.jpg

             ペンキが塗られたばかりの天井が雨漏りで見るも無残な様
d0024276_11551965.jpg

         大の大人がした仕事とは思えない。まるで幼稚園児の工作みたい。
         これでリスが出てこないと言うのだから。
d0024276_11581244.jpg

  これを見たときは背筋に悪寒が走った。今にも飛び掛ろうとするチビを抑えるのが大変。
人間も動物も頭を隠すのは同じ習性。

 
by arata-tamiko | 2012-05-15 12:19 | 諸々の出来事 | Comments(0)

「試してガッテン!」を試す   5/12/12

  殆ど見ることもない番組なのだが「パセリを激ウマに変える30秒技!」のキャッチフレーズに、あの青臭いパセリが、、、、と半信半疑で座って初めからじっくりと鑑賞。

 沸騰する熱湯で30秒湯がいたパセリを口にしたとたん、コメンテーターの三人は「嘘!なにこれ?」と、驚いている。
炒ったものをお茶にして試飲した町の子供たちや大人も、経験したことのない芳香にパセリと聞かされ驚く。
最後のパセリ味噌などは御飯にのせてもお豆腐と一緒に頂いても余りの美味しさにコメンテーター達は唸る。
それだけでなく今の私が必要としている栄養素が全て含まれ、しかも簡単に作れるのも魅力。

 これで試さぬ理由はないと、早速Hマートに行く。
皆が唸るほど美味しいものなら一束では足りないだろうと、二束買った。

 わくわくしながら茎から丹念に取ったセロリの葉っぱを沸騰したお湯に投げ込み、30数えザルにあけた。
「どれどれ。」と湯気立つ葉っぱを口に入れたとたん、何とも異様な、敢えて言うなら箪笥の隅に長くしまいこまれたナフタリンのような味。(食べたことはないけど。)
「おかしい?時間が足りなかったのかも。」と、再びお湯を煮立て湯がきなおす。
その風味は全く変わらず、吐き出してしまった。
冷水に浸してみたが同じ。

 キッチンのカウンターに用意していたお味噌、豆腐、味醂、酒、ミキサーと片付けながら「いったいあれは何だったのだろうか?」と大いなる失望感。
日本とアメリカのパセリは要素が違うのだろうか?

   晴れ
d0024276_7492067.jpg

              坂口さんちのカイ君は6ヶ月。足の裏まで可愛い!
by arata-tamiko | 2012-05-13 07:56 | 諸々の出来事 | Comments(0)

産経、毎日、朝日を見比べる   5/10/12

 msn産経ニュースのトップはニュージャージのある町で”日本軍に拉致された20万人の慰安婦の碑”が設置された記事。
試しに毎日、朝日を調べると一切ふれていない。

  http://sankei.jp.msn.com/world/news/120511/amr12051111250007-n1.htm

 なんでもこの町は人口の52%が韓国系アメリカ人で副市長や市議も韓国ルーツ。
大きな影響力を持つのは当たり前で、市民投票ともなれば勝負は決まってしまう。
いったいどこから20万人なんていう数字をはじき出したのか笑ってしまう。

彼らは貧しい親たちが娘を女衒に売ったことを知っているのだろうか?
その甘い汁を吸った女衒の殆どが同じ朝鮮人だったことをも。


 韓国の友人のHさんに言わせると「私達の年代で、今生きている韓国人たちは、いくら否定しても、あの当時は皆親日ですよ。でなければ生き残れるわけがありません。」と、声高に反日を叫び愛国精神を掲げる韓国人たちに失笑している。
韓国系の米国人たちは国を捨てアメリカに住んだという罪悪感を払拭したく、狂信的な愛国心を見せるのではないだろうか?

   雨続き、やっと太陽を見る
d0024276_1356355.jpg

           ”バーベキューをここで食べてから幸せに死ね!”とは大きく出たもの。
by arata-tamiko | 2012-05-11 14:04 | メディアから | Comments(0)

AAAを使う   5/8/12

 タイヤがパンク!!!
AAAに電話をすると50分後に来るとのこと。
明るければ本でも読んで待つのだが、暗がりで待つ時間の長いこと。それも15分も遅れて。

 AAAの車ではなく、大きなレッカー車でやって来た太っちょの兄ちゃん、スペアタイヤが探せず汚い手でシートをあっちに動かしたり、こっちに動かしたりして床のカーペットを剥がし始めた。
堪りかね「マニュアルを読んだらどうか!」ときつく言うと、読み始めたが、理解力がないようでタイヤの場所探しに未だ苦労している。

 やっと取り出したのはいいが、今度はパンクしたタイヤのボルトのサイズに合う工具がないので、私の家までレッカーすると言う。
30分時間経過して、この結果。

 レッカー車の乗り心地の悪さ。
無能な運転手は笑いながら「AAAに入っていて良かっただろう。」と、臆面もなく言うから、よけい気分悪い。
「よく言うよ。あんたには言われたくない。」と言い返したかったが、送ってもらう手前我慢。
スペヤタイヤ交換なら無料だが、レッカーされると一マイルが一ドルかかる。 

 午前11時20分のJALでお客様が着く!!
早朝7時半、Cambridge Auto CenterのBrianに電話をして”Help!"と助けを求める。
手配されたレッカー車が私の車を乗せて修理工場へ。
迎えにきたBrianは私を連れて修理工場へ。
新しいタイヤに換えて終わったのは9時45分。
間に合った!!

 だけどタイヤは高い!

   天気悪し
d0024276_1152583.jpg

     神宮前にあるEDICM留学センターの粂原さんがスタッフの柏倉さんと、仕事で来た。
     いつものようにCafe Sushiに行き、いつものように奢ってもらい、いつものように”お任せ”
     お願いした。
d0024276_11575556.jpg

            時間をかけて、ゆっくり出してくれるので落ち着いて話も出来るし
            何が出てくるのか分からないのも楽しみの一つ。
            自分達で「これまで。」とストップをかけるこが出来るのも良い。
            そして値段的にも決して高くない。
            ”お勧め”
d0024276_1224533.jpg

d0024276_1232383.jpg

d0024276_124025.jpg

         
     
by arata-tamiko | 2012-05-09 12:08 | 諸々の出来事 | Comments(0)