<   2012年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

悪い奴   4/29/12

  一ヶ月前に帰国をしたFさんの大家の人間性の汚いこと!
こんな人間だからお金も溜まるのだと思う。

 帰国前日に大家から受け取った銀行小切手がどの銀行でも換金できないとメールを受け取り、PDFファイルで送ってもらった小切手を見てビックリ!
受取人名が大家となっていたことはブログに書いた。
 
 「オリジナルをFeDexで送り返すので、郵便代$15を足した金額の小切手をF氏に送ってくれ。」とメールをした。
この大家は一方的にたたみ込むように話すので、電話よりメールの方が記録も残る。

 オンライン上では受け取った日時も示されていながら、大家からは何の連絡もない。
再度メールをすると「送られてきたのはコピーだった。オリジナルを受け取っていないから新しい小切手は送れない。それに二度の郵便代金は支払わない。」と悪い奴。

 F氏が持っているものはコピーなのは間違いなくとも、もし大家が受け取ったオリジナルをコピーして「これが送られてきたものだよ。」と見せられれば証明のしようがない。
不動産屋に相談をすると「アパートの紹介をするだけで、後の問題に関しては関係ない。Small Claim Courtに行けばいい。」と期待はしていなかったが冷たいもの。
それも、いかにも同情したような口ぶりで言うのも、しゃくにさわる。
この手の訴えは$2,000からとなっている。それには$100ほど足りないし、何度も法廷に足を運べない。

 Fさんの奥さんから「こんなに迷惑をかけ申し訳ないので保証金は諦めます。」とのメール。
「負けてはいけません!こんな人間には闘志が湧くのです。どうぞ勝手にさせてください。」と返事。

 大家に「このゴタゴタを招いたのは貴方です。Fご夫妻には何の落ち度もありません。テナントとして2年半、ご夫妻の人柄を知っているでしょう。その彼らが換金もできない屑に等しいオリジナル小切手を保管しているはずがありません。オリジナルは貴方自信が持っているのですから。
次に貴方が受け取るものは弁護士からの手紙となるでしょう。」
とメールをした。

 F氏も怒りのメールをしたそうで、大家からF氏に「自分の勘違いだった。明日小切手を郵送する。」と返事があったが、現物を見るまでは信用できない男。

   この数日間、風が冷たい
d0024276_23124894.jpg

           チビと散歩をする公園で15歳の女子高校生が命を絶った。
d0024276_2320942.jpg

      昔、ここは牛馬の放牧地で人工池だから深くはない。夜大勢の高校生が集まり
      パーティーをしている最中に薬を飲み池に入ったらしい。
      前に何度か口にしていたが、計画的に数ヶ月前から明るく振舞い、まわりを安心
      させていたそう。
      たたずんでいた女性が「信じられる?私の息子は、その時この公園にいたのよ。」
      と言っていた。
by arata-tamiko | 2012-04-29 23:31 | 住まい | Comments(0)

英語のサポートクラス、ELL   4/26/12

 英語のサポートプログラムであるELLがあるとは言っても、日本人の生徒が一人もいないとなると両親も子供も不安が出てくる。
日本人生徒が多い校区に住むには予算的にオーバーしてしまう。

で、私が小学校まで行ってきた。
偶然に校長先生は7月に日本の姉妹都市を訪れて、日本人家庭にホームステイをするそうで、日本人生徒に大歓迎。

ELLのクラスに連れて行って、先生を紹介してくれた。
たまたま、Mちゃんが入る3年生のクラスの授業中で、生徒はアラブからの双子の兄弟が二人だけ。
つまりMちゃんが入っても、クラスは三人しかいないことになる。
この環境なら英語の上達が早いことは確実。
先生は二人の生徒に地図を指差しなが「日本から新しい生徒が来るのよ。お友達になってね。」と言うと、兄弟は笑顔でコックリと頷く様子の可愛いこと。

「来るまでに2ヶ月あるから、前もって勉強をしていれば苦しむこともないでしょう。」と、教材の本を三冊貸してくれた。
私が送った写真を見たMちゃんから「かっこいい校長先生でびっくりしました。英語のANN先生も美人でした。とっても、早く行きたくなりました。」と可愛いメールを受け取った。
先生から渡された教科書が重くて、速達便で61ドルもかかった。

   町中花だらけ
d0024276_11143697.jpg

                        クラスの生徒は、たった二人
by arata-tamiko | 2012-04-27 11:20 | 諸々の出来事 | Comments(0)

姉と政治を語る   4/24/12

 今まで日本の姉にかけた電話代は相当な額になっている。
今でこそ国際電話も安くなったが、二十年前なんて一分が何ドルの時代だった。
友人などにかけると「もったいない。お金がもったいない。悪いわね~。」の繰り返しで、たいして話していなくとも10ドルは超えた。

 絶対にSkypeを取り付けてくれない姉だが、電話代も安くなった今では気軽に長話も出来る。
先日の石原都知事の発言で「しばし静かだな~と思っていたら、やってくれたわね。」と二人で笑った。

姉が「町の声とかで”そんなお金があったら、もっと私達の年金とか福祉に使って欲しいわ。”なんて言う人がいるのよ。国があっての国民への手当てでしょう。もっと真剣に国を守ることが先決だと考えるべきよ。」と、いつものように二人で怒る。
「国民一人が百円づつでも出しあって、島を買い取ったらいいのよ。」と言い合った。

次の話は田中防衛大臣に移る。

「田中角栄ともあろうものが、どうしてあんな男を愛娘の夫に選んだのかしら?」と、私が聞いた。

「娘の気性を一番知っているからこそ、大人しいのが取り得の男性を選んだのよ。」と、姉。

「そうなの?」

「だからさ、問責決議で追い込まれているんだって”帰ったら真紀子に怒られます。どうか辞めさせないでください。”と国会で言ったらいいのよ。絶対に同情が集まるとおもうわよ。」と姉の意見。

 この手の会話を国際電話でしている姉妹も世界広しと言えども余りいないのでは。

   寒さもどる
d0024276_1133201.jpg

         怖いもの知らずのチビ、大きな犬達に混じって一丁前に走り回っている
by arata-tamiko | 2012-04-25 11:30 | 諸々の出来事 | Comments(0)

天才的な片付け能力

 新しくペンキを塗られた家の中は一変して気持ちが良い。
この際にと、部屋に敷き詰めていたカーペットや家具をペンキ屋の人たちを使って捨ててもらった。
するともっと何かを捨てたくなって、クローゼット一杯あったシーツやタオル類やドラマや音楽のDVDも全部ゴミ箱行き。
ものすごいゴミ袋の数となったが、日本と違ってアメリカは何もかも一緒に袋に入れられるから苦を伴わない。

 塵出しをするたびに、この塵袋は、どうやって何処に捨てられているのだろうと心配になってくる。
どこか広大な土地に深い穴でも掘って放り込んでいるのだろうか?
余り深く掘りすぎて中国に突き抜けるのでは?
すると中国の巨大な塵の山と衝突して、、、、とかと思ってしまう。

 そして今日は天才的な片付け上手な友人のMさんが山積みにされた沢山のコードを見るに見かねて整理にきてくれた。
彼女の家は家の展示会場のモデルルームみたいに整理整頓されている。
パソコン関係に強いお客様達が次々と追加をしてくれたので机の後ろは、パソコン、スキャナー、無線ラン、モデム、スピーカー、電話線、外付けハード等々のコードが蛇のとぐろのようになっている。
何か問題が生じて、Mさんに助けを求め彼女から「その線を一旦抜いてみて。」と言われても、どこにどの線が繋がっているのかサッパリ分からない。

 得がたきものは”良き友だ”と、つくづく思わされた一日だった。

   快晴
d0024276_1883466.jpg

    キャビネットの裏にもぐり込んでまでして整理するMさん
    コードが外れる心配で、この場所は掃除機をかけるのもビクビクだったが、彼女は臆する
    ことなくコードを外して不要なものを捨てていく。
d0024276_18113221.jpg

      この整理整頓に驚嘆して「私より先に死なないで。」と再度お願いしておいた。
      来週は別の友の家を片付けに行くそうで稀有な存在の人だ。
      彼女の趣味かもしれない。   
by arata-tamiko | 2012-04-22 18:26 | Comments(0)

アメリカ第一日目の経験   4/20/12

  早朝の7時前に到着されたお客様のMさんは午後2時にRCNの電話局が取り付け工事に来ることになっていた。
10時ごろ工事人から「キャンセルが出たので今から行ってもいいか?」と私の携帯に電話があり、来た工事人は「Comcastが電話線を切断しているので、テレビ、インターネット取り付けは出来ない。詳しい人を送る。」とサッサと帰ってしまった。

 次に来た人も「自分では分からないから、もっと上の技術者をよこす。」と帰ってしまった。
次の日、来る時間になっても誰も現れない。
私も何度RCNに電話をしたか、、、。
幸いMさんご夫妻は携帯を手に入れたのでお互いに連絡がついた。

 「まだ誰も来ません。」と午後3時ごろMさんからの電話。
RCNに電話をすると「2時~4時となっているので待っていなさい。」と言われ、Mさんに「辛抱して待っていて。」と伝える。

 7時ごろ心配になってRCNに電話をすると「時間は指定されていないが今日中に行くスケジュールとなっているから、もう少し待つように。」と言われた。
それをまたMさんに電話する。

 9時過ぎ、Mさんから「誰も来ませんが、どうしたらいいのでしょうか?」と言う電話に、再びRCNに電話。
今度言われたことは「沢山のメモが書かれているが、今日行くようにはなっていない。でも配線がされていないので見積もりをしないといけないとある。」と言う。

「見積もりって、お金がかかるのですか?」

「そうです。配線ですから数百ドルはすると思いますよ。」

「見積もりをして、すぐに工事に取り掛かってくれるのですか?」

「いいえ、見積もりをする人と工事は別ですから、予約を取ってください。」と言われ、キャンセルをした。

到着したばかりのMさん御夫婦、、必死の思いで待っているのに気の毒で言い辛い。
いつも担当してくれるComcastの電話会社の女性は「困ったときは自宅に電話をしていいのよ。」と親切に電話番号をくれている。
祝日の休みの夜だったが電話をすると、RCNの対応に驚きながら手配をしてくれ、翌日のお昼ごろに工事人が来て全てが使用可となった。

 そして数日経った今夕、RCNの工事人から「これから行くよ。」と電話があり「何を言っているのですか?」と、この二日間の出来事を話すと「それは酷いですね。私は工事に行くように指示をされ全く何も知りませんでした。」と気の毒がっていた。
こんな寝ぼけた話ってあるかしら?
 
 Mさんが、この出来事でアメリカに悪印象を持たねばいいがと願ってしまう。

   最高の天気
d0024276_1018058.jpg

                          女性ライダーだった
by arata-tamiko | 2012-04-21 10:22 | 諸々の出来事 | Comments(0)

ちょっと可笑しな話

 M先生の奥様から、町で催されるパレードの見物のことで電話があった。
この日は殆どの道路が封鎖される。
一緒に来られた御両親もいれると合計8人となるし、炎天下の中、下は生後間もない赤ちゃんなので我が家のパーキング場に止めて大通りに歩くように勧めた。

 お客様のお世話をしている私の携帯に電話がかかり、奥様が「赤い扉の前に止めるようにとのことですが、そのドアがありません。」と言う。
150年以上前の家々は外の地面に大きな観音開きの鉄のドアがあり、それを開くと地下に降りる切石の階段がある。
それを説明すると「それらしき鉄の扉はありますが、赤色ではなく黒です。」と言う。

「貴女は今どこにいるのですか?」

「はい、新田さんの家の庭です。」

数度説明をしても赤色の扉はないと言うので、大きな木の前に止めるようにお願いした。

 車中にいて話を聞いていたお客様に「M先生の奥様、いったいどこを見ているのかしら?庭に黒色の扉なんてないのに???」と言ったが、お客様と一緒に我が家に戻るとペンキ屋が黒に塗り替えていた。
朝家を出る時は赤だったのが、先生の奥様家族一同が来たときには黒になっていたのだ!
三人で大笑い。
だから話が噛み合う筈はない。

   温度急に下がり上着が必要
d0024276_8443013.jpg

      レンガ階段のレンガ一つ一つの高さに寸分の狂いもないことを不思議に思っていたが
      今回初めてその方法を知った。
      この木材でもって高低を調整しているが、少しづつ少づつセメントをレンガの下に積め
      込んでいく作業は根気を要する。
  
by arata-tamiko | 2012-04-19 08:57 | Comments(0)

アパートの保証金   4/15/12

 先月帰国をされたFさんの大家は良くなかった。
何やかんやと問題があり、二年目の契約更新に事前予告なしで200ドルも値上げをしてきた。
引継ぎを考えていたFさんの知人のご夫妻に、断念してもらい同じ敷地内にある別の部屋を契約を強く勧めた。
そしてFさんは、友人達の手を借りて翌月日本からの友人が住む部屋へ家財道具を全て運び入れた。

 それから間もなく自動車保険の件でメールを頂いたお客様の住所がFさんが住んでいたところ!
不動産屋に家賃額を聞くと、またもや150ドルも値上げとなっていた。
「それは余りにも酷いわ。」と反発すると「大家が出した家賃額で相手は交渉をすることもなく承知したのに、こちらから”高すぎる家賃ですよ。”と言う必要もないでしょう?」と言う。
なるほど確かにそうだ。一理ある。

 出発前日に大家から手渡された保証金の小切手が、日本のどこの銀行でも換金できないとFさんからのメール。
添付されていたCitizens Bankの小切手を見て仰天。
支払先が何と大家本人となっており、Fさんたちの名前はどこにもない。
これでは、Fさんたちが換金できる訳がない。

 大家に電話と添付ファイルのメールをすると、オリジナルの小切手を返してくれたらFさん名にして日本へ郵送すると言う。
Fさんに「国際書留にして、必ず郵便代も加算して請求するのよ。」と注意をしておいた。
この大家の部屋に住む方は、これから2年間に問題が起きなければいいが。

  33度!
d0024276_1162766.jpg

                   坂口嘉推(かい)君、5ヶ月
     一日中ニコニコしていて二日間で泣いたのは、ウンチをして”ふぇ~”と一声のみ。
     オムツを替えるまもなくスヤスヤと寝てしまった。
     会ったとたん「この子、大仏様みたい。」と、穏やかな顔に見惚れたが、Whole Foods
     で見知らぬアメリカ人女性に肩を叩かれ「なんてブダー(仏様)に似た子でしょう!」と
     感嘆して言われたそう。
by arata-tamiko | 2012-04-17 11:24 | 諸々の出来事 | Comments(0)

日本から銀行口座の解約   4/13/12

  こちらで定期預金をされ、満期になる前に帰国をされる人が時折いる。
日本から「解約をしてくれないか。」と依頼されても「はい。承知しました。」とは事が運ばない。

 いつもの親切な行員のMが解約依頼の手紙の見本を書いてくれ、それを日本のお客様に送った。
受け取った側は、必要項目に記載した手紙を大使館で公正証書としてもらう。
(役所でもしてくれるが、結構な手数料を取られるそう。)
それをMに郵送すると、Mが解約して銀行小切手で日本に郵送してくれる。
途中解約はペナルティーだけでなく、今は円高も加わり相当な損をする。
 
 今日も口座に、いくばくかのお金を残し帰国をされたお客様から「どうしても口座を閉鎖できません。」とメールを受け取り、これもMに手紙を書くと、いつも全て処理をしてくれる。
「お願いがあるの。」と電話をしても、彼は一度も不機嫌な声を出したことがない。
いつも「君の頼みごとは何でも。」と言ってくれるので、一度「そこにある現金が全部欲しいのだけど。」と真面目な声で言ってあげた。

 銀行には決まったデイオフがないようで、毎月曜日の朝に一週間のスケジュールをメールで知らせてくる親切さ。
何度デートしても駄目な彼は、その度に報告してくる。
どうも私は母親的存在みたい。
早く、いい人が見つかれば良いのに、、、、と願っている。

    凍りつく雨の一日
d0024276_2140085.jpg

  私の住む家は1845年に建てられている。  
  家の外側の古く腐った表面の板を剥がし、パッチワークのように新しい板をはり付けている。
  昔の大きな板に沢山の丸い穴があり聞くと「今のように一枚の大きな暖房シートがなかった
  時代には、この穴に綿を詰め込み暖房とした。」と丸まった沢山の綿を取り出して見せてくれた。
  もっと昔に建てられた海辺の家の壁に暖房として乾燥若布が使われているのを見たことがある。
by arata-tamiko | 2012-04-13 22:08 | 諸々の出来事 | Comments(0)

笑いのある人生   4/11/12

 Bed Bath & Beyondに働く50代ロシア人のスベトラーナを暫く見ていなかったが、いつものカウンターで働いている彼女を久しぶりに見かけ、お世話をしている若いMさんご夫妻に「彼女を驚かせるから。」と言って、レジの衝立の陰に隠れた。
Mさんたちが買われた品物を無心にスキャンしている彼女に向かって”ワッ!”と飛び出すと、彼女はニコッとするだけ。

「どうして驚かないの?」

「だって衝立の向こうで、この人たちと話している貴女の声が聞こえたもの。」

「人が必死になって驚かそうとしたのだから、驚いてよ。もう一度やり直し!」

「用意できた?行くわよ。」

「OK!」

「ワッ!」と、大声で再び私は飛び出す。

「ヒャー!」と、スベトラーナは両手を広げて驚いたポーズをする。

若いお客さんたちは爆笑で笑いが止まらない。

 銀行で、このお二人が持ってきたトラベラーズチェックが入っていた紙袋を丸めて遠くのゴミ箱へ投げ入れる。
いつも担当をしてくれる”のんきな父さん”のようなMが「ナイス シュート!」と褒めるので「拍手をするの。」と言うとパチパチ。
若い二人もゲラゲラ笑いながら一緒に拍手!

姉から「その方たちお客様なのでしょう?」と叱られた。

 「人生はすべからず笑いがなければ駄目よ。」と若い二人に教訓をたれておいた。

   木々の花々が次々と咲き始める
d0024276_23535532.jpg
 
          私の蜜柑好きを知っているHマートの店員が「蜜柑が甘いよ。」と教えて
            くれたので、二人に選ばせた。
   
by arata-tamiko | 2012-04-11 23:57 | 諸々の出来事 | Comments(2)

ミネソタの卵売りを歌う   4/10/12

  電気会社のNSTARに電話をすると、応対した女性は同僚と、よほど楽しい会話をしていたらしく笑いが止まらない。
「ごめんなさい。」と謝る女性に「幸せな人ですね。」と、私も笑う。
彼女の訛りに「失礼ですが、貴女は今どちら?」と聞くと「ミネソタよ。」とのこと。
電話局もそうだが、トールフリーの番号は想像もつかない遠くの州で働く人々に繋がる。

「CambridgeのスペルはDが入っていたかしら?」と私に聞く。

「アメリカ人が日本人の私に英語のスペルを聞いているのですか?」

これで二人して大笑いとなり打ち解けた。

「ミネソタって鶏が沢山いて卵の名産地でしょう?」

「他州の人は、農場ばかりの田舎と思っているようだけど、私が住んでいるところは都会よ。農地なんて全く見ないわ。」

「そうなの。子供のころ”ミネソタの卵売り”っていう歌が流行ったから卵の産地かと思っていたわ。」

「どんな歌?歌って。」

で、私は電話口で歌ってあげた。

             コッコッコッコッ コケッコ、コッコッコッコッ コケッコ
             私はミネソタの 卵売り 町中で一番の 人気者
             つやつや生みたて 買わないか 卵に黄身と 白味がなけりゃ
             お代は要らない コッコッコッコッ コケッコ

 何十年も歌ったこともないのにスラスラと歌えたことに我ながら驚いて、検索してみると私が6歳の時に流行っている。
幼いころに覚えたものは忘れないとは言うが、この歌は宝塚に住む姉が大声でいつも歌っていたから年中耳にして否が応でも能にインプッツされたと思う。

d0024276_11416100.jpg

        やっと全ての部屋のペンキ塗りが終わった。
        全部の白い壁を削り取ったから家中メリケン粉を撒いたように埃だらけ。
        時間がないので思うように掃除が出来ず、帰宅するたび気が重い。
        ペンキ屋さん、ブルー色で外壁を塗っていると突き出たお腹が邪魔になって
        ペンキがついてしまった。
by arata-tamiko | 2012-04-10 11:56 | 諸々の出来事 | Comments(0)