<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

気がとがめる必要もないのだけど。   3/29/12

 Hマートは近いし、我が家に住むソンヒーが働くお店の料理は美味しいだけでなく店主の好意でマーケットの従業員と同じ値段なので、そこで食事を済ませることが多い。
ずらりと並ぶ食堂の一つの店主は、笑顔のない男で私は彼の視線をいつも感じていた。
 ソンヒーに「彼って、どんな人なの?」と聞くと「皆とは打ち解けないのよ。知らん顔しておけばいいのよ。」と言うが、ジロリと見られると笑いかけていいのか悪いのやらで居心地悪い気分だった。

 ある時、日本からのお菓子をソンヒーや一緒に働く人たちに分けていると、彼がじ~っと遠くから見つめている。
「貴方も一緒に召し上がってください。」と、丁寧な韓国語で言って差し出すと、驚いた様子ながら、とても嬉しそう。
ソンヒーのところに戻って「あの人、笑ったわ!」と言うと、店主も他の人も爆笑。
 
 それ以来、私を見るやいなや手をふって日本語で”こんにちわ”とか”こんばんわ”と、呼びかけてくる。
そうなると彼の店で食べなければ悪い気がして、彼と目が合わないように彼の店にお尻を向けて座るようにしている。
その理由を知ったソンヒーや店主は、また大笑いをして「私のお店に来て!」と手を振っているのだと言う。

 久しぶりに行くと親しげに「お久しぶりですね。」と日本語で声をかけてきた。
帰る私の姿を見て「また会いましょう。」と言う彼に、またも彼の店で食べなかった心苦しさに買ったばかりのブルボン・ルマンドの袋を開けて「どうぞ。」とあげていると、背中にソンヒーたちの強い視線をしっかりと感じた。

   寒い!昨夜到着したお客様は震えていた
d0024276_12542297.jpg

              先週の暑さで桜が咲いてしまい、この寒さで可哀想。
              ”先週はゴルフで今週は雪かきか?”と言っている人がいた。
by arata-tamiko | 2012-03-30 12:56 | 諸々の出来事 | Comments(0)

インターネットとメールアドレス   3/27/12

 最近インターネットの調子が悪い。
お昼ごろから全てがダウンで、運よく1時~5時の間ならテクニシャンが来れるとのこと。
水道、電気、電話などの工事をする人は、どうしてこうも皆太っているのだろう?
彼もお腹が邪魔をして屈めない。

 ここ一週間ほど、この辺り一帯のインターネットに問題が出ているそうで、線を取り外すだけでなくモデムの電池も取り出して戻すときは、、、、と実演入りで説明をしてくれた。
「さぁ、インターネットをしてごらん。」と言われ、産経新聞も問題なく読め、草稿箱に溜めていたメールも送れ彼に大感謝。

 夜になってもメールが全然入ってこない。
不思議に思っていると二人の人から「何度試してもメールが送られません。」と電話が入った。
パソコンに詳しい人にSOSの電話をすると「それはRCNの問題で僕が行っても何も出来ません。」と言われ、パソコン用語が全く解らない私は通訳を頼んだ。

 いろいろと変な質問をされて、やっと判ったことが私のメールアドレスが削除されていた!!!
「新しいアドレスを作るのか?」と聞かれ「そんな馬鹿な。」と返す言葉がない。
私は彼の英語が解らないのではなく、質問の意味が解らなかったのだ。

 全くこの国の人たちは一つ修理すると、他を一つおかしくするか壊してしまう。

メールを送ろうとしたであろう人たちに、深夜過ぎ事情説明とお詫びメールを出している。

   寒い!
d0024276_13494449.jpg

      蜜柑の産地で育ったせいか、一度に平気で7,8個は食べられる。 それも袋のまま。
      中央にある袋入りの蜜柑の酸っぱさは口が曲がるほど。
      余りにも腹が立ったので生産もとに「レモンとして売るべきだ!」と手紙を出した。
      次に右の箱を買ったが、皮の固さに爪が痛くなり、その上甘味がなく水っぽい。
      次にMさん宅で頂いたWhole Foodsの蜜柑が甘かったことを思い出し、高いけど
      買いに行った。
      これは古い味で美味しくなかった。    
by arata-tamiko | 2012-03-28 14:03 | 諸々の出来事 | Comments(0)

ハングルと日本文字   3/26/12

  日本で生まれ学徒出陣の経験もある金聲翰氏著作の「秀吉朝鮮の乱」の上下の内容の深さに、一人終わらせるには余りにももったいなく、こちらに住む韓国の友人Hさんと韓国に住む李氏にも差し上げ、お二人とも同じように感銘を受けられた。

 Hさんはこの戦争に関した書物をもっと読みたいと言うので、拉致被害者の蓮池薫が翻訳者として初めて手がけた金薫氏の「孤将」を推薦した。
姉から電話があり、日本の店頭には売られておらず注文のみとなると言う。
しかし、考えてみると作者は韓国人なのだから、韓国で出版されたものを購入されたほうが早いとHさんに電話をかけると「私はハングルで書かれたものは読めません。」と言う。
彼女の言わんとする意味は以下のようなものだった。

 ハングル文字はひらがなと同じなので、一文字一文字拾って読まないといけないので時間がかかる。

 漢字を廃止した韓国の本では、漢字で苗字が書かれていないため同じ発音の人物が何人か登場すると、誰が誰だか判断がつかない。

 読んでいても漢字で書かれていないため土地名か人物名かも判らないことがある。

 戦前の日本語教育を受けたHさんや李氏は「漢字なら写真のように一瞬で頭に入ってきます。日本は外来語をカタカナで表し、それに漢字とひらがなを組み合わせているので、とても読みやすいのです。」とのこと。 

 李氏に蓮池薫氏のことを説明をしたメールに返事を頂き、彼の情景描写の文章力に感服させられた。
読みながら目の前に風景が浮かんでくるようだ。
しかも中学二年生までの日本語教育を受けただけ。しかも83歳ながら年代のみならず料亭の名前まで記憶しているとは恐るべし。

蓮池さんの柏崎市新潟産業大学の近くに新潟工科大学があります。1996年の秋、そこへ招かれて特別講演をいたしました。柏崎の海辺に立つ割烹六宜閣(明治天皇ゆかりの老舗)での晩餐で出された地鯛を主にした海鮮料理がおもいだされました。海岸沿いに遠く柏崎原発の灯がみえました。東京電力所属だとのことで何故はるか東京が此処にと首をかしげたものでした。
  
   肌を切るような冷たい風が吹きまくる
d0024276_10594377.jpg

   プッキョン レストランを任されている女性に「サービスで餃子を出さないで。注文した食べたい
   ものが食べられなくなるから。」とお願いしたら、今度は「サービス、サービス!」とスープをくれた。
   それも、味噌汁と韓国の辛いスープと二種類。
   必死の思いでお椀を空にした。
  
by arata-tamiko | 2012-03-27 11:25 | 諸々の出来事 | Comments(0)

日本の若者の留学希望者減少   3/23/12

 最近の若者は留学に興味を示さないといった記事を見かけるが、Nさんの大学では20人の留学枠があるのに応募したのは、日本人では40歳の彼一人だったそう。
教授たちが「俺が代わりに行きたいよ。」と嘆く気持ちは分る。
「MITは中国や韓国人ばかりが目立つでしょう?」と聞くと「十年前に留学した時は、日本人だらけでしたけどね。」と言っていたが、MITのような工科大学への留学者数で国の勢いと衰退がみえてくる。

 日本の企業と違って、韓国のSamsungやLGはMITに送る留学者たちに家族同伴は認めない。
それも会社が借りたアパートに、留学者何人かを一緒に住まわせ徹底的に留学費用を削っている。
だから彼等は食料品の買い物も何人かで一緒にするし、料理も交代で作っている。
家族が訪れる費用も自費だと聞いて驚く私に、それが当たり前の彼等は笑っていた。
 
 これでは日本が追い越されるのも無理がない。
Best Buyで売られているテレビだけでなく、最近は冷蔵庫、洗濯機、乾燥機と全て韓国製。
どうして日本の家電製品がアメリカでは売られないのだろうか?
日本の洗濯機などは余りにも至れり尽くせりの機能が多すぎて、アメリカ人が使いこなせず敬遠される所以だと読んだことがある。

 イスラム世界で韓国製のエアコンが日本に圧勝したのは、日本人が好む「何とかに優しい。」とかの機能ではなく、即刻部屋を涼しくさせるだけでなく祈りの方向を示す磁気がついているからだそう。
このようなアイディアは日本のお家芸だったのだが、、、、。

   この三日間は初夏の気候
d0024276_12253813.jpg

                          公園での冬の忘れ物
by arata-tamiko | 2012-03-24 12:26 | 諸々の出来事 | Comments(2)

味の素のコンソメ   3/20/12

 京急電鉄の鈴木町駅の戦前の駅名は「味の素駅」だったと、好きな番組の「ほこ たて」で知って、お客様に、すぐメール。
「鈴木町は初代社長名とは認識していたが、企業名がついていたことを社内でも知る人は少ないのでは?」と書かれていた。
そして「コンソメが未だ残っています。」と親切に言ってくださるので「欲しいのです。あの奥さんに悪くって。」とすぐに返事を出した。

 去年、Reliableで日本のコンソメが売られておらず、残念がるkさんの奥さんに「私のお客様に味の素の人がいて、沢山持ってくるように言ったから、もらってあげるわ。」と言っているところに、そのAさんがお店に入ってきた。
「この人、この人よ。」とAさんを紹介して、まだ品物を彼から頂かない前にKさんにお礼を言わせたのに、取りに行くチャンスが見つからないまま日が過ぎてしまい、今更「下さい。」とは言いづらくなっていたところ。

 仕事の途中でAさん宅に寄って大箱三箱も頂き、帰途Staplesで品物を探していると、コンソメを上げようとしたKさんとバッタリ!
「私の車の中にコンソメがあるのよ!」と、やっと彼女に渡せて肩の荷がおりた感じ。

 明日、帰国のFさん御夫妻、お別れに心から悲しんでホロホロと涙を流す若い奥さんの肩を抱く。

   20度を越す突然の初夏に一度に花が咲き始める
d0024276_12173856.jpg

                       公園での仲良し友達も短足胴長
by arata-tamiko | 2012-03-21 12:25 | 諸々の出来事 | Comments(0)

帰国をされるお客様との思い出話   3/17/12

帰国の方々とのお食事が今月は三回あり、それはお別れのことでもあり一抹の寂しさを覚える。
若ければ、いつの日か再びとと言うこともあるが、この歳にもなると「さようなら。」も深く重い意味合いとなってしまう。

 お客様たちが、私と飛行場でお目にかかった時、お世話の間の出来事等々を思い出話としてら語られると、忘れていたことも沢山あり懐かしい。
 先日、Cafe Sushiで食事をした方の奥さんは留学された時は未だ独身だった。
彼女から「一緒に立ち上げのお世話をしてもらっていた”おれおれ詐欺”の男性は、あれからどうなりましたか?」と聞かれ「そうだったわね、、、。そんなこともあったわね。」と、三人で大笑いをしてしまった。

 詳細には覚えていないが、若いドクターの男性はクレジットカード一枚さえあれば全てがこと足りると、現金もトラベラーズチェックも日本から持ってきていなかった。
彼の研究所は遠く、車がないと通勤は不可能。
一刻も早くに車を購入しないと彼は動きが取れないので銀行口座を一番に開いて、実家に電話をしてもらった。
おれおれ詐欺が世間を騒がせ始めた頃で「親父が信用してくれないんです。」と言う彼に「では私がお金が必要な理由を書いて先にFaxをしておき、それから電話で説明をしましょう。」と、その日は別れた。
そのお父さん、電話の私にものすごい剣幕で言いたい放題を怒鳴り散らし一方的に切られてしまった。

 翌朝、彼に「貴方の筆跡なら父親も信用するでしょうから。」と書かせると、書いてはグチャグチャとペンで消しの汚い文面の文章。
「もう少し頭で考えてから文章を書くことは出来ないのですか?」と注意をするほど。 
 それをFaxした後、携帯電話も持たない彼が親にかけた第一声が「俺だよ。おれおれ。」と言ったとたん、ガチャン!と切られた。
「あなた、もっとしっかりしてくださいよ。」と叱ってしまった。
 二度目にかけた時、出身高校、大学名、祖母の名前等々を父親から質問をされ全回答できた息子は、やっと信頼をされた。

   曇り
d0024276_9125783.jpg

    中心に座る北尾さん御夫妻のお別れの集まり。(3月16日)
    二年半の留学期間中に和奏(わかな)ちゃんも生まれ、この10日で満一歳の美人さん。
    この子が15歳くらいになった姿を見たいが、私の年齢からすると不可能に近い。
    奥さんの実家が京都の呉服店なので「モデルに使かわれた時は、身内の間でもビジネスと
    してお金は取るのよ。」と助言をしておいた。
    一番左のT製薬のNさんも研究所の引越しに伴ってCA州に来月移る。
    その隣のM氏はM.W. F.のバイオベンチャー企業。先日一人娘のお嬢さんが京大医学部に
    合格と喜ばしいニュース。
    自分に自慢するものがないと、人の子でも引き合いに出してしまう。
    女性達が皆美人で背高く、その上細いので、私が引き立て役になってしまったのは悔しい。
    右側の同じくT製薬の男性は、日本で奥さんが、この日に第一子の女の子を出産。
    2ヵ月後に来ると、まんえんの笑みを浮かべて話していた。
d0024276_9235953.jpg

             皆で持ち寄り、私はリクエストのあった五目寿司を持参
d0024276_9253749.jpg

       初めの写真で右側に立つK先生の奥様も、あと数ヶ月で出産。
       紹介された美人の奥様に御主人が一目で惚れ込んでしまったと勝手に創作して
       世間に広めている。
       彼女が買ってきたCharles St.にある「カフェ・バニラ」の一口ケーキは甘ったるく
       なく美味しかった!
d0024276_9314125.jpg

      来週帰国のA製薬の小櫃さんと、今日CambridgeにあるSummer Shackで昼食。
d0024276_9405429.jpg

      壊れたレコードのようにしゃべっている4歳の敦寛(あつひろ)君は一年で英語の上達も
      早く、私達がオーダーし終わると待っていましたとばかりに、勝手にハンバーガーを
      オーダーしてしまった。
      9ヶ月の郁寛(ふみひろ)ちゃは、もの凄い食欲で終わりがない。      

   
by arata-tamiko | 2012-03-18 09:51 | Comments(0)

結婚の過程   3/14/12

  帰国をされるF御夫婦に招待されて、またCafe Sushiで食事。
一年前から住んでいる彼に「アパートの周りのことや、買い物場所など教えてね。」とお願いがてら紹介したけど、まさか二人が結婚までとは思いもしなかった。
彼は場所だけでなく、恋の手ほどきまでも教えていたのだ。

 一年過ぎた頃だったか、二人一緒のところに出合ったことがあった。
恋するもの同士は、いくら隠してもお互いの目線が違う。
「アレッ?」とは感じたが、いくら私でも聞くのを遠慮したところ、やっぱり感は正しかった。

 お寿司を頂きながら「良かったわね。彼に出会えて。でなければ特にボストンに留学していると、永久に独身のままだったかもよ。」と恩にきせると「母も同じことを言っていて、新田さんに感謝しています。」と笑った。
女医さんは大学か研修生の時代に出会いのチャンスがないと、独身者が多いようだ。
ましてや三十半ばとなって、目も肥えて十二分な年収もあれば相手に対する条件も厳しくなるだろう。

 「鳩サブレと思いましたが、これを、、、。」と他のプレゼントを下さったが、鳩サブレはもう要らない。

曇り 気温下がる

              アイスホッケーのスタンドで無心に踊る6歳の男の子。  
              周りの大人たちが無関心のところが、また可笑しい。
              とてもリズム感がある。 曲は後から追加したよう。
by arata-tamiko | 2012-03-15 13:27 | 諸々の出来事 | Comments(0)

結婚詐欺師、木嶋被告   3/13/12

検察から死刑を求刑された木嶋佳苗被告の判決は4月13日に言い渡される。
彼女の写真を初めて見たとき新聞社が間違った人の写真を載せたのではないかと思った。 

 昔は”結婚詐欺”と言えば、男と相場が決まっていたのに、女性で、しかも書かれている悪行の数々に「男を惑わすほどの肢体と美女に違いない。」と思ってしまうのは当然のこと。

 ところが、ところが仰天したのは私だけではないと思う。
そして結婚に縁遠い娘を持つ世の親たちは「私の娘のほうがよっぽど、、、。」と思ったに違いない。
私だって姪のことを思った。

 彼女が出会い系に載せていた顔下半分の写真は細身のうりざね顔の美形で、切実に出会いを求めている男性なら会って上半分を見たい衝動に駆られるように巧妙な作り。
理解しがたいのは、会った彼女の体型と顔立ちが余りにも写真とかけ離れていることに「騙された!信用できない女だ。」と男性達が思わなかったこと。

 会ってしまえば、こっちのもので、相手を篭絡させる話術と惹き付けるテクニックに長けているのが詐欺師のゆえんだが、それにしても、、、、となってしまう。
きっと天性の甘え上手で男たちは、今までの人生で囁かれたこともない彼女の甘い言葉に有頂天になり思考能力を失ったのだろう。

   20度を越す日々に顔見知りの人々は散歩するチビに「コートが要らなくなったわね。」と声をかける。
d0024276_8472636.jpg

   公園で3年前に知り合った犬友達の女性。 初めての赤ちゃんの可愛らしさ! 五ヶ月のZoi。


 
by arata-tamiko | 2012-03-14 08:52 | メディアから | Comments(0)

出身大学のステータス   3/11/12

 「 産経新聞より 」

 交流協会台北事務所(大使館に相当)は11日から17日まで、台湾のテレビ各局や繁華街の屋外モニターなどで、東日本大震災の被災地に約200億円もの義援金を寄せ、いまなお支援を続けている台湾社会への「感謝CM」を流す。

 お客様をお連れしているToyotaディーラーの社長も大の親日で寄付もされているので、このコマーシャルの漢字「現在我很元気 台湾、謝謝」と手書きをして、手渡すと、とても喜ばれていた。
同じ日本の植民地国でありながら、どうしてこうも韓国と違っているのだろう。

 間もなく日本に帰国をされるF夫妻に招待されてCafe Sushiで食事。
「やはり東大からの人は話していても凄いな~と感じますよ。」と、御主人が言うので「その人は東大の教授なの?」と聞くと「いいえ、僕と同じ研究者です。」とのこと。
「一流大学を出ていても勉強の頭と社会に出てからの頭とは違うからね。」と、勝手な理論を言うと「いや~、でも僕のように地方大学の者からすると、やはり凄いですよ。」と言う。

 そう言えば、前にも似たようなことを言った人がいる。
「こちらで医学関係の集まりに行くと気後れがします。」に「どうして?」と聞くと「僕のような地方大学は余りいませんから、肩身が狭く感じられます。」と言った。
私は、そのような世界に身をおいたことがないので、今夜のFさんに「あの天皇陛下を執刀した人だって、三度も受験に失敗しているんだから。」と励ましながら「これちょっと変かな?」と思った。

 お嬢さんの合格発表のため数日間の一時帰国をされた友人から「京大医学部に合格しました。」とメールを頂いた。
「凄いな~。」と思う前に「いいな、いいな。京大の学食が食べられて。」の思いが先に来た。

   朝の寒かったこと
d0024276_1574235.jpg

     今夜夕食をしたFさんの御両親から「いろいろとお世話になりました。」と書かれたカードと
     一緒に日本から送られてきた品々。
     隙間のない余りにも見事な箱詰めに「家は運送業をしているの?」と、聞いてしまった。
by arata-tamiko | 2012-03-11 15:20 | 諸々の出来事 | Comments(0)

何が幸いするか分からない   3/7/12

 親しくしていたお客様から「西海岸に移ることになり、今の保険をキャンセルしたいのですが。」と電話があった。
車は持って行くと言うので「運送の途中で何があるか分からない。もったいないと思うでしょうが、あちらで落ち着いてから、今の保険をキャンセルしなさい。」とアドバイスをした。

 そしてお別れの御挨拶に来られた御夫婦の車の車体にかなりの擦り傷があるのを見て聞くと「あちらの保険会社に入ってから塗装をしようと思って。」と言われた。
「加入前の傷を保険はカバーしませんよ。」と、出発までに修理工場に出すことを勧め、見積もってもらうと結構な額だったが、300ドルのみを負担して綺麗になったと喜びのメールを頂いた。

 すると西海岸に運ばれてきた車のフロントガラスに大きなヒビが入っていたとのメール。
運送会社でも保険にかかっているだろうが、輸送を下請けなどに頼んでいると交渉に時間がかかる。
ガラスの交換は無料の項目に入っているので、すぐに保険会社に連絡を取るように返事をすると「本当に保険をキャンセルしないで良かったです。」と折り返しのメールを頂いた。

   少し暖かくなった
d0024276_13112890.jpg

    いも飴をHマートで見た時は、嬉しく懐かしく3袋も買った。
    小学校低学年の頃は、まだ豊富にお菓子が手にはいらなかったのだと思う。
    学校に自家製の芋飴を持ってくる農家の子が数人いて、彼等が羨ましくって堪らなかった。
    そして芋の季節になると、そんな農家の子供と仲良くなるように努めた。
    でも、昔の芋飴は歯が染まるほど真っ黒だったから、この飴は100%芋ではないと思う。
by arata-tamiko | 2012-03-08 13:21 | 車と保険に関したこと | Comments(0)