<   2010年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

日航ハイジャック事件から40年   3/30/2010

 新聞社の編集委員をされていた大島氏の「大島信三ひとことメモ」を愛読している。
40年前(1970)の3月31日に日本国中が蜂の巣をつついたようになった「よど号」事件のストックホルム症候群について書かれている。
 
 かの有名な聖路加国際病院の日野原重明理事長(98)が乗り合わせていたとは知ってはいたが、先生が機内の様子を書かれたものを、このブログで初めて読む。

<ハイジャック3日目に機内放送があり、山村新治郎代議士が乗客の身代わりになって赤軍とともに北朝鮮へ出発することが伝えられた。乗客のひとりがハイジャックとはどういう意味かと質問したが、田宮(高麿)代表も答えられなかったので、わたしがマイクをもらって、「ハイジャックする人が説明できないのはおかしい」といったところ、一同は大笑いして、座が急に明るくなった>

<生きるも死ぬも皆が同じ運命にあるという意識から生じたストックホルム症候群という敵味方の一体感に一同が酔ったといえるかもしれない>

 ハイジャックの意味も知らずして革命家きどりの幼稚で愚かな人々に日本政府は翻弄させられた。
「山村新治朗は男でござる!」とか言って氏は水杯を交わし人質となった記憶がある。

 この事件の一番の犠牲者は日航の石田機長
一躍時の人となり、マスコミが追廻し始めたことから、妻とは長い別居生活で愛人と所帯を持っていることが発覚。
とたんに世間は手のひらを返したように彼の不道徳さを責め始め、日航は彼を首にした。
40年前の日航の機長と言えば憧れのまとだった。
それ以来”陸にあがった河童”と同じで、なにをしても失敗続き。
最後には別の女性と一緒に漬物屋を初め、年老いた彼が重石を抱えている姿の写真は実に痛々しく気の毒だった。
新聞の片隅に彼の死が載っていたが、その最後の商売も失敗に終わり経済的に困窮していたようだ。
何度、天を仰ぎ我が身におこった不運を嘆いたことだろう。

 90年代の食糧危機で200万人~300万人の餓死者が出た北朝鮮で赤軍派の彼等は金正日から保護され餓えることなく生きてきた。
石田機長と言う1人の人間の人生を破滅させておきながら、朝鮮生まれの子供たちを厚かましくも日本に帰国させた彼等は許されるものではない!
   
   二日続けての大雨 またもやあちこちで水の被害
d0024276_11185533.jpg

        我が家に泊まっているNさん御夫婦の”もも子ちゃん”、チビを見るだけで
        悲鳴をあげて大泣きだった。
        一週間経って、やっと自分から横に恐々座れるようになったが、体は半分
        傾いている。
        それでも両手で、しっかりとポーズを取っているのだから見上げたもの!
 
by arata-tamiko | 2010-03-31 11:26 | Comments(0)

悲嘆と怒りの表現の違い  3/21/2010  

  沈没した韓国海軍哨戒艦の犠牲兵士46人の家族達のニュースをスヨンが見せてくれた。
(インターネットでニュースのみならず各種の番組を即刻見られるから羨ましい)
爆発する怒り、罵り、大声でわめき散らし飛び交いあう韓国語、何かが乗り移ったかのごとく体中を痙攣させ失神する女性達もいる。
不慮の事故や災害で家族を失った悲しみを人前で体中で表す彼らを見るたび、日本人とは異った民族だな~と思ってしまう。

 釜山の民間射撃場の爆発で家族を失った日本人家族たちが怒鳴ることもせず、彼らなりに言葉にならない悲嘆にくれる様子を韓国の新聞が感銘して書いていた。

 第一報を知ったとたん椅子に座っていたスヨンは「もし北朝鮮の攻撃だったら許さない!」と私を見上げ「この足がある限り私は北と戦う覚悟はある。」と片足を持ち上げ”パン、パン”とふくらはぎを叩いてみせる。

 日本のニュースとしては、法案が通った「子供手当て」、どう考えても納得できない。
こちらに住む私のお客様たちが恩恵を受けれなくって、どうして日本に住む外国人達ならいいのか?
それも彼らが国に残している子供達の面倒を日本国民の血税でもって養うのか?
このつけは必ず子供の代に来ることが分かっているのに、どうして日本国民は大デモをしないのか?

 5人も子供がいれば、もらう子供手当てで一年間食べていける後進国がいくつもある。
そんな国の人々は「ありがたや、ありがたや!」と日本に感謝は絶対にしない。
「なんてお人良しの馬鹿な国よ。もっと子供を作って楽をしよう。」としか思わないだろう。

   快晴 朝は水溜りに氷が張っていた
d0024276_1255989.jpg

          数日前、帰宅して目にした花が余りにも綺麗で一瞬造花かと思った
          「どうしたの?」と我が家に泊まっているお客様に訊くと、私の
          誕生日祝いに配達されたと言う。
          「そうだったのだ!」と自分の誕生日を思い出した。
          送り主の前田さんの奥さんに「情熱的な赤、物静かな可憐さを秘めた
          白のアイリス、私そのままね。三年もつき合っていると私をよく知って
          いるのね。」と言うと、奥さんギャーギャーと笑っていた。
by arata-tamiko | 2010-03-29 12:15 | 諸々の出来事 | Comments(0)

不運とはこのこと   3/26/2010

 やはりOさんの車は廃車となり来週に市場価格値で代理店から支払われる。
Oさんは後ろから追突され、その勢いで前の車を巻き込んでしまったため自分の保険会社を含めて三社から書類が送られてくる。
Oさんに非は全くないのに、この細かい項目に書き込むのが一仕事なのだからお気の毒。
金銭的な被害もさることながら時間と労力は耐え難い。

 もっと不運な人もいた。
帰国もあと数ヶ月と言うのに車が壊れ、2千ドル以上の修理費を払ったとたん事故に遭った。
車は自分で個人から購入され、私は保険加入のみをお世話した。
お客さまには代車の項目を強くお勧めしているので、彼のためレンターカーの手配をすると代理店から「2年目の更新時にキャンセルされている。」と言われた。
しかも事故の場合の修理費も同じくキャンセルとなっている。

 彼に理由を訊くと「十年以上経った車は保険では修理費は出ないと他の人から聞いたものですから。」とのこと。
「どうして、そんなことを信じたの?キャンセルをする前に、どうして相談してくれなかったの!」と叱ってしまった。
幸い相手がオープションに入っていたので修理費も出たが、代車は入っていなかったため修理中の間のレンターカ代は自費払いとなった。

 そして修理された車を取りに行き乗り込んだとたん、修理工場の敷地内で他の車にぶつけられた。
その場で借りたレンターカーに乗って帰宅する途中の赤信号で止まったとたん、またもや後ろから追突された。
「嘘でしょう?からかってんでしょう?」と言ったが、修理工場の人も全く同じことを言ったそう。
これ今年あった本当の話。

   朝小雪  お昼から晴天なれど冷たい風
d0024276_11531213.jpg

                Market Busketの蜜柑、とても甘く皮もむきやすい
by arata-tamiko | 2010-03-27 11:59 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

追突事故と廃車   3/25/2010

 2家族のお世話を同時にしているので昨夜は目が開けられないほど疲れ10時に休む。
日本のお客様から「そちらは、もう深夜過ぎではないですか?」と返事のメールを頂くほど夜更かしをするのに、30分離れた町に住む2家族の間を運転するのは大変。

 先週末にバイバスで後ろから衝突されたOさんは、その夜に病院から電話がかかった。
勢いで前の車に追突したOさんの車は前後が目茶目茶となり救急車で運ばれ、追突者が誰なのか自分の車がどこにあるのかと全く分からない。
幸い今のところ身体には異常はないとのこと。

 夜の10時半だったが、Cambridge Auto Centerのブライアンに電話。
既に休んでいたようだが、てきぱきとこれからの進め方を説明してくれOさんに連絡。
 翌朝の8時過ぎに彼から「牽引車が行くので本人から承諾の電話一本を頼む。」と電話がかかる。
運ばれた車を一目見た彼から「これは廃車だね。」と電話がある。
Oさんが、Cambridgeまでレンターカーを借りにくるのに電車で一時間ほどかかることを知ったブライアンは「迎えを送るよ。」と至れり尽くせり。

 問題は、Oさん家族は後5ヶ月で帰国。
車の買い替えとなると、車代金だけでなく新しく州税や登録代など等もかかる。

( 5ヶ月間のレンタルとなった場合。 )

レンタル車には自分の保険は使えない。

レンタル会社の保険込みで一ヶ月レンタルすると1,500ほどにはなるだろう。

5ヶ月の割引でも、そう変わらない。

 それでブライアンが「税金と保険を含めて3,850ドルで今の代車を帰国まで乗ったらどうか?」と提案をしてくれた。
廃車になったToyotaの車はかなり古いので、保険会社から市場価格で払われる金額は期待できない。
この方向で進める予定でいる。

 このようなお世話で私もいろいろと学んでいくが、ツーカーで一緒に仕事が出来る彼のような誠実人間がいると無駄なく心配をすることもなく事が運ぶ。
   
やっと晴れ  風が冷たい
d0024276_21224826.jpg

              余りかまってあげれないチビにすまなく公園に連れて行った
              この2匹の犬はダンスのようにして遊んでいる
by arata-tamiko | 2010-03-25 21:36 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

車の免許更新   3/22/2010

  MA州では車の免許書有効期限は5年間で誕生日から始まっている。
5年後の更新はオンラインで出来るが、次の5年後は陸運局で目の検査を受けて更新となっている。
(アメリカのこういったシステムは合理的で感心させられる)
銀行で免許書を見せた時に行員から「一週間以内に更新だよ。」と指摘され慌てて出かけた。

 現免許書の写真は10年前に撮られたもので、着ているカーディガンは20年前に日本で買った。
そして未だ愛用している。
言われた検眼器に目を近づければa,b,c,d,と項目に分かれ、沢山の数字が並んでいる。
全部読めるので、どんどん進んでいると「そこまで読まないでいい!」と注意された。
 新しく撮られた写真を見て「マァー、月日の怖ろしいこと!なんて歳をとったのでしょう。」と、ため息つくと、私と同世代とおぼしき担当者から「10年後を待ちなさい。”十年前は若かったわ!”と思うから。」と笑われた。

 2000年から三年間お世話したマサからコメントが入っていたのは嬉しかった!
沢山の留学生徒をお世話した中でも彼は記憶に残る1人だった。
彼が留学センターのEDIMCから送られてきたのは、確か彼が16歳のとき。

 ボストンから2時間北にあるBrewsterの高校に連れて行く途中、面接のノウハウを教えた。
余りにも純粋なので「キッスの経験はある?とか訊かれるけど、どう答えるの?」とからかうと「ほんまですか?どうしょう、僕まだしたことないんです。」
同乗していた一年前から留学している高校の男子学生も一緒になって「おまえ、これで合格不合格が決まるかも分からないんだぞ。」と脅す。
ます、ます彼は「どないしょう、、、、。」とびびる。
「俺がおしえてやるよ。」とキッスのジョスチャーをする学生を真剣に見つめていた。

 面接が終わったあと、マサはもじもじしながら「あの~、あれは訊かれていないんですが、、。」と恥ずかしそうに私を見て言った。
すっかり忘れていた私は「なにを?」と訊くと「あの、、、キッスのこと。」
面接の先生、事情を聞いて爆笑。

   雨 気温7度
d0024276_2364672.jpg

           Reliableに売っているキムチの中では一番美味しい 値も高くない

 
by arata-tamiko | 2010-03-23 23:10 | 諸々の出来事 | Comments(0)

メロンと大根   3/21/2010

  余りにも病気ばかりするスヨンは、週に三日の休みを取れるようになり、それも土、日と二日続きだから週末は体を思い切り休める。
酸っぱいもの、辛いものは一切駄目ときているから殆どの果物は食べない。
蜜柑を食べる私を見るだけで口の中がジヮ~と酸っぱくなってくるそうで顔をしかめる。

「今日から果物を食べてビタミンを。」と買ってきたのが4ドル近い青いメロン。
未だ早いと言うのに、一刻も早く摂取を、、、と、急ぐスヨンが二つ割にすると案の定固い。
えぇーい、腹に入ればみな同じ。ビタミンCに変わりはない!」と、韓国の諺を言いながら小片を口に放り込んだとたん「オモ、オモヤー、大根だ!」と吐き出した。
馬鹿よね~。同じ大根味なら初めから大根を買っていれば安くついたのに。」と笑ってあげた。

 私の好物のユッケジャンを作りながら、スヨンが真剣な顔をして考え込んでいる。
「どうしたの?」と訊けば「長いこと作っていなかったから作りかたを忘れた!」と言う。
それでも結構な味に仕上がり「美味しい、美味しい。」と食べている私に「本当?本当?」と嬉しそうに何度も訊く。
それでスヨンを「ユッケジャン・プロフェッサー」と呼んであげることにした。

 先日、牛の舌にてこずっていたのに、Reliableの女性店主から「ユッケの肉と牛の舌を売り出すからサインを書いてくれ。」と頼まれたときは「牛タン?あの牛タン?」と聞き返した。
可哀想なチビは、あれ以来毎日舌を食べさせられている。
口がきけたなら、きっと「ご主人さま、余りにも殺生です。こうも朝晩舌で明け暮れる毎日では。」と言うに違いない。

   晴天ながら風が冷たくなってきた
d0024276_13445988.jpg

           24度の数日の陽気で水仙が開花
d0024276_13492981.jpg

                韓国の新聞に載った日本国の首相夫人の醜態     
       息子より若い韓流スターにしがみつく婦人のバックに”目玉のまっちゃん”
       みたいな夫の大きな目玉があるとは韓国のカメラマンも計算している
       この夫婦には恥という感覚はないのだろう              
by arata-tamiko | 2010-03-22 13:58 | 諸々の出来事 | Comments(1)

日本人として恥ずかしいのです   3/20/2010

  三日続けての晴天、それも昨日が24度、今日が22度と続けば町を歩く人々の服装もがらりと変わり庭の水仙の固い蕾から一挙に花が咲き始めた。
 
 国際免許書は日本人の男性の方が免許書に書かれている日本の住所に送ってあげると、昨日持って帰ったそうだ。
日本領事館の女性の方が今日ご親切に取りに来てくださったのに悪かった。

 スヨンが世にも可笑しそうに「鳩山首相の奥さんは首相夫人として他にすることはないの?」と訊く。
彼女ご贔屓の韓流スターを自宅に招き天麩羅の手料理と有名店のお寿司を取り寄せて、もてなしたそうだ。
よほど彼の俳優を好きらしく、これで4度目。
前にも官邸に招待して主人である首相ともども写真に納まっていた。
スヨンが「もし私の国で大統領夫人がこんな恥ずかしいことをしていたら国民が許さないわ。
大統領夫人として夫のため国民のためになることをして忙しいわよ。もし、もしもよ、好きな俳優がいたとしても彼女みたいに嬉しそうにマスコミに話さず、1人胸にしまっておくわ。」と、イヒッヒイッヒと笑う。

 韓国の新聞にはデカデカと一面の紙面一杯に彼女の韓流スターの傾倒ぶりと他の好みの俳優が書かれていた。
それも韓国語で「愛している!」とか書いた自筆の色紙を嬉々とした顔で掲げて。
好きな俳優に抱きしめられた彼女の恍惚の写真は国辱もの。
それを傍で正視できる夫の精神構造を疑う。これがわが国の首相とは、アァー恥ずかしい。
この女性は、よほど夫にかまってもらえなく悶々とした日々を過ごしているに違いない。

 彼女も含めて日本の芸能人など韓国で必ず「キムチが大好きです!」と決まり文句のように言って親韓ぶりをアピールする。
これは裏を返せば「こんな臭い奇妙な食べものを私は食べれるんですよ。」と、上からものを言っているように私には聞こえる。
彼等は他の外国で受けるインタビューでは「エスカルゴが大好きで。」とか「スパゲッティーが好物で。」とか言わない。

 「特定の外国人ばかりと親しくなるのは問題があるのでは?」と、記者団に問われた鳩山首相は「妻のプライベートのことなので。」と言及を避けたとは、恥ずかしくってスヨンに言えなかった。
これ以上、彼女に馬鹿にされるのは御免だ。

 でも、これに「プライベート」と言う言葉を使うのは変だ。
彼女は一般人ではない。いやしくも一国の首相夫人なのだから、それを自覚して身を律するべきだ。
首相夫人であるがゆえに韓流スターたちも会ってくれる。
彼女は夫の地位を利用している。
でなければ、若い俳優達にとっては彼女は追っかけファンの1人に過ぎないのだから。
こんなことで彼女が唱える日韓親善なんてあり得ない。ますます見下げられるだけ。
お店に来る韓国人で笑う人はいても首相夫人を褒める人はいない。

   24度の晴天
d0024276_15124257.jpg

                   この陽気で公園に沢山の犬達が集まる
d0024276_1515379.jpg

                       パグのオンパレード
 
by arata-tamiko | 2010-03-21 15:23 | 諸々の出来事 | Comments(0)

国際免許書の落し物

  先週の大雨の中、タクシーの運転手が布袋をReliableに届けてきた。
どこで拾ったのかを訊く暇もなく彼は急いで立ち去っていったが、お店に来たことからして裏のパーキング場かと思う。
雨に叩かれ濡れた袋は手作りで首にかける長さで紐がついている。
中には御夫婦の国際免許書が入っていた。

 こんな時でもスヨンは「ふん、お金が入っていれば他は捨ててしまうのに、、、。一ドルも入ってないわ。しかたないか。お店で預かってあげよう。」と笑わせる。
この一週間、来店するお客様たちに「この方を知りませんか?」と見せ続けているが見つからない。
電話局で調べてもらったがMA州に各当する人物はいないと言うし、掲示板に載せても手がかりはない。

 最後の策として領事館に電話をしてみた。
「旅行者ではないですか?それにMA州の免許書を取得すれば必要なくなってきますから。」との丁寧な対応だった。
しかし、私の知り限り、よほど慣れた旅行者を除いて単なる旅行者では特にボストンは運転しないと思う。
 また、この袋からして留学のためボストンに到着して間もないのでは、、、と推察する。
新しいお客様たちの殆どが国際免許とパスポートを同じような袋から後生大事に取り出す。
中には幼い娘の袋を借りたらしく、可愛いあんぱんまんの絵柄いりだったりすると、ほほえましくなってくる。
 領事館の方が取りに来てくださるとのこと。それまではお客様たちに見せ続けよう。
   
   暖かく半そで半パンツ、中には真夏のタンクトップ姿もいる
d0024276_095149.jpg

                近所の池で釣りを楽しむ父と娘。面白いほど釣れる。
                娘が落ちないかとハラハラしてしまう。
d0024276_0123922.jpg

              名前は知らないが、同じ姿で少し紫がかったのも沢山いる
              釣っては逃がし、、、の繰り返し。 バスもいるそう。
              川に繋がっているわけでもないのに、どうやって魚が住み
              始めたのだろうか?
by arata-tamiko | 2010-03-20 00:19 | 諸々の出来事 | Comments(0)

電話の故障一つでもアメリカは大変!   3/18/2010

  掲示板に、Windows7Skypeで同じ問題を抱えている人が投稿しているのには驚かされた。
未だ、本格的にSkypeで話が出来ないのに、今度は電話。

 三日前、突然電話をかけることが出来なくなった。
外から、かかってくる電話は受け取ることが出来て話すのは問題ない。
ところが、こちらからかけようとすると不通になるか別の人にかかってしまうし、RCNの電話会社に繋がることもある。

 営業所に出かけたが「ボストンにかける時は「1」を初めにダイヤルしないといけないのよ!」とそっけない。
「今までしたこともないのに、どうしてかかっていたの?」と反論すると返事もなく、我が家の方に問題があれば45ドルかかると言う。

 ここに働く女性二人とも、まるでこの世の不幸を全部背負っているといった態度と顔。
いつも苦虫をつぶしたよう。どうして楽しく働く試みをしないのだろう?

 
 昨日午後のアポを待っていると、突然電話がなおった。
RCNに電話をすると「修理のアポはキャンセルします。このように自然に修復することがあります。」と言われた。
が、私のような器械音痴でも「そんなことあるかしら?」と半信半疑だった。

 ところが、その夜から全く同じように不通となった。
RCNに電話をすると「器械がひとりで自然になおるなんてあり得ません。どうしてキャンセルしたのですか?」と責められた。

 今日の午後にきた修理人は電話機を耳にあて「もう大丈夫。通りの電話線に問題が起き修理されました。」で終わりだった。

   昨日は19度、今日は風が少しあり17度  最高!
d0024276_4422865.jpg

              この二日の陽気で5月中旬に咲くライラックの芽がでてきた
by arata-tamiko | 2010-03-19 04:45 | 諸々の出来事 | Comments(0)

生命保険加入の健康診断   3/16/2010

  もう一つの生命保険会社に加入するのに、会社から派遣された50過ぎの女性が健康診断のため我が家に来た。

 100ポンド痩せた昔のリサも恥らうほど太っている!
 そして、その人が私の健康診断をしようとしている!


 糖尿病が悪化しているため、ベッドに寝るときも靴を履いていると言う人に「靴を脱いで上がってくれ。」とは頼めない。
バスタオルを濡らし何度も靴底をこすってもらったが、これだけでハァーハァーと彼女の息遣いが荒くなった。

 「痩せれない。」と言う私に、半年ほど前に女医は血圧を下げるため利尿剤を処方した。
薬嫌いな私は三回飲んだだけで止めてしまったが、今回の検査では110の70
彼女から褒められ「主治医を変えなさい。」と言われたが、この数値間違っているのでは?
だって食生活は全く同じで、医者から注意をされているキムチとかの韓国食を相変わらず食べているのに、、、。

脈拍も正常。
階段をエッチラオッチラと抱えて上がってきた黒い大きなカバンの中に入っていたものは心電図の器械だった。
この検査も問題なく通過。

 最後は座ってメンタルに関した質問の数々。
始まる前に「身体的にも精神的にも健全です。」と言うと「私もそう思うわ。」と同意された。

 糖尿病の辛さを訴える彼女に「いったいどんな食生活をしているの?」と訊くと、中華、それも麺類が大好きで毎日食べているそう。
「どのくらいのカロリーがあるか分かっているの?玄米食にしなさい。」と勧めると「玄米は美味しくなかった。中華は最高!」と言う。
こんな人たちが沢山いるから、アメリカの健康保険が高くなるのは無理ない!!!

 文句の多い人で、17年間勤務の自分は会社の信頼が厚く、客を沢山くれすぎるから始まった。
T-mobilが壊れた、三日続きの暴風雨で道路が遮断され運転の大変さ、足の痛みと次から次へ。
「なにごとも起こらない人生は退屈よ。」と慰めておいた。

 ガソリン代は自分もち。年間で3万マイル走り1人の検査で60ドルの収入。

   久しぶりの太陽!
d0024276_12155341.jpg

                     チビが嫌いなもの。
                     雨、風、寒さ、雪そして爪切り
                     グラインダーを使って短くするのは11ドル

   
by arata-tamiko | 2010-03-17 12:19 | 興味ある話 | Comments(0)