<   2008年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

明治の東大敷地   8/30/08

  家系的にコルステロールが高く、そのため宝塚の姉は体重を落とすように医者から忠告され「これ以上皺々になるのは嫌です。」と言うと「脳梗塞になるよりいいでしょう?」と返ってきたそう。
姉は痩せている方なのに、朝昼しっかり食べて夕食を早めに軽くすませ決して夜食はしないように心がけて体重を落とすようにしていると昨日言っていた。夜食べるのが一番太る原因だから気をつけて、、と言うが夜型人間の私には難しい。
 すると今朝NHKの「解体新書」でも、夕食を遅く食べることは体重の増加につながる事を証明していた。それで体内時計を変えなければ、、と、今朝は食べたくもない朝食を取り、夜食は軽くを試みた。(その後、Mさんから頂いた岡山の大きな鬼の顔つき最中を一つパクリと食べてしまった。後悔!)

 読み物の切抜きをするようになったら老化現象の始まりだわ、、あれだけの切り抜いた量の記事は何処に置いているのかしら?と、姉は言う。毎朝丹念に新聞を読み、後で切抜きすべき記事のページ数を几帳面に第一ページの紙面に書く夫。
姉はコッソリと6を8、1を7とかに書き換えて夫の反応を楽しむのだそう。

 明治9年に来日して東京医学校(東大医学部)で内科の教師となり三十年滞在したベルツに関した記事の中で興味深い話があった。 ( 明治東京畸人伝 森まゆみ )
加賀藩屋敷跡の東大構内に住居があり、狐が沢山住んでいた。按摩が加賀屋敷だけは御免と言うので狐が恐いのかと訊けば、目が見えない者にとっては沢山ある空井戸が恐いのだそう。
江戸時代、毒殺を恐れてしょっちゅう井戸替えをしたため敷地のあちらこちらに井戸があった。
ベルツが草津温泉や大磯を転地療養で発見したことも初めて知る。彼の日本人妻の綺麗なこと、鼻筋が通り現代顔をしている。

 連休のせいか客の行列は絶えることなく、一人のレジの女の子「あぁー、もう嫌!」と大声を上げたほど。キャッシャーの女性達が「早く、大型店のハナルルマーケットが来ないかしら。そうすれば私達も少し仕事が楽になるのに、、、、。」とぼやくのが笑ってしまう。

   曇り 
d0024276_1445713.jpg

     スヨンが「どうして私が怒られないといけないのかしら?」と帰ってきた
     我が家の前に今年も花を植えた少し頭の弱い女性から「もっと水をあげないと
     駄目でしょう!」と足止めをくったそう。
     「私が誰か知っているの?」と訊くと、家を指差して「あそこに住んでいるでしょう?」と
     言った
     「いったいどうして知っているのかしら?一応謝っておいたけど、、、。」と不思議がる
     今日ばったり出くわせると「水は朝晩あげている?」と確かめるように訊いてくる
     どうもスヨンと私の区別がついていず、一人の人間に話していると思っているようだ    
by arata-tamiko | 2008-08-31 14:29 | 興味ある話 | Comments(0)

お土産   8/29/08

  保険代理店に長年勤めていたCathyと久しぶりに会って昼食をした。彼女は仕事が完璧だけでなく聡明でユーモアもウィットが効いている。一緒に仕事をしやすい人だった。
彼女が現在勤める保険代理店が扱う保険会社はPlymouth Rockより掛け金の率が高いのでお客さんを紹介してくれとは言えないそう。こんなところが彼女を好きな一つでもある。
帰宅してすぐにメールがきていた。とても律儀な女性。

 前田さんから電話あり。昨夜戻ってきたそうで、奥さんに「また煩いのが帰ってきたわね~。これこそ顔で笑って心で泣く、、、ね。」と言うと「本当ですよ。」と笑っている。

 ブログのコメントに書き込みをしてくださった鈴木さんは女性5人でアンティックショーと買いつけに来る。直前に通訳の方が来られなくなり、その上予約していた宿が突然改装するとかで宿泊場所もなくなり私に助けを求めている。
忙しくなる最中の私はお世話が出来ないが、気の毒になって宿泊、通訳そしてリモの手配をし始めた。メールのやり取りの中で感謝の言葉を読んでいるうちに「この人は名古屋。もしかしたら、もしかしたら?」と不安になり始めた
それで「誠に厚かましい申し出ですが、私へのお土産とかで名古屋の”ゆかり”は絶対に持って来ないでください。大嫌いですから。」とメールに書いた。名古屋方面の人って”ゆかり”を持ってくる人が多い。いくら高価であろうが、モソモソして海老の殻で口内を傷つけそう。昔食べた紙芝居のジャムが中に挟まれた海老センの方がず~っと美味しい。
 直ちゃんが日本から遊びにきた時、旅行中食べてもらおうと、頂き物の箱も開けていない”ゆかり”を用意して友人宅を訪れた彼女の帰宅を待った。戻ってきた直ちゃんが「これ友達が食べないからってくれたわ。私も嫌やから上げるわ。」と差し出したのが、私のよりもっと大きい”ゆかり”の箱だった笑い話がある。

 Tさん一家とCafe Sushiで夕食。美味しい本マグロに美食家のT氏は大満足。5年前高校留学をした娘さんのお世話からお付き合いが始まったが、今では大親友。同じく留学をしている弟のため、モンタナにある恐竜研究で有名な大学見学に一家で行ってきたそう。
氏は高島屋本店、渋谷、横浜などに洒落たパン屋を出している。本業はパン製造機械、パンの原材料、ワインの輸入業でパンの話から美味しいクッキーに話は移った。
私が”鳩サブレー”が大好きだと言うと、弟も一番好きなクッキーでスーツケースに一杯入れて持ってきた。それで私に大袋を分けてくれたが、何だか横取りした気分。
氏によると、鳩サブレーの美味しさは原材料にあり「粉は日清の最高級、砂糖は和三盆、バターは発酵バター」で、あの味をだす。
 
 民主党離党撤回の会見するをする姫井由美子議員を見て「この人の顔、薄汚くなった。」と思った。
自分で馬脚を出してしまったが、こんなのを選んだ人々の現在の心中いかに?
国民の税金がもったいない!

   うす曇 雨がピタッと降らなくなった
d0024276_15392584.jpg

          三本植えた唐辛子の苗から採れる一日の量
          スヨンが早速、私の好物の韓国料理、ジャコと一緒に炒めてくれた
          「来年はもっと植えよう!」と勢いづくスヨンに「来年までも未だ一緒に
          住むつもりなの?」と言うと「しまった!余計なことを言っちゃった。」と
          口に手をあてる
 
by arata-tamiko | 2008-08-30 15:47 | 諸々の出来事 | Comments(0)

明治の建築物、金波楼   8/28/08

  自動車保険の掛け金の差額は何と言っても運転歴で違ってくる。
ご夫婦とも6年間の無事故無違反証明書を日本から持参したとのことだったが、奥さんと一緒に行った代理店でご主人の方が一年間しかないと指摘された。一年前に免許取得をしたことを忘れていたそうで年間の掛け金は三倍となり手持ちのお金が足りず困ってしまった。
 RMVに行くと私達の前は40人近い人が待っている。用事があるとどこかに行ったお母さんは一時間近くしても戻ってこず、目が覚めて泣く一歳の赤ちゃんと荷物を抱えて捜し歩く。
 RMVだけで数時間かかり、チビの食事とトイレのためラッシュの中40分かけて家に戻り食事をさせ外に5分ほど出して日本から戻った隆ちゃんが待っている飛行場に車を走らせる。
 車で40分ほど西にある彼の高校に送り届け帰宅すると欲も得もなく横たわりたく、私のベッドに寝そべるチビの頭を撫でながら「こうやって懸命に私が働くお陰でお前もご飯が食べられるのよ。」と恩をきせているうちに寝入ってしまう。

 深夜過ぎ目覚めると、スヨンがSG Wanna Beが歌うドラマのオリジナルサウンドトラックをCDにして私の枕元に置いていた。
あるテレビ局の創立47年とかで25億円をかけて「エデンの東」と言う題名の韓国ドラマがスタートした。SG Wanna Be(例の「独島死守」のTシャツを着ていた三人組み)の歌が素晴らしい!とスヨンが感動して私に言う。彼等の卓越した歌唱力とハーモニーは私も大好き。
「すぐにダウンロードして!」と言うと「嫌だ!」と、おどける。「なら、すぐに出て行け!」に「勘弁してください。私が悪う御座いました。ここを出されたら私は行くところがありません。」とスヨンは余計おどけてみせる。
このドラマは日本で高く買い取られ、OSTも6万枚予約と書かれている。
しかしドラマは無料で同時にインターネット上で観れ、曲は好き放題ダウンロード出来で変な意味で韓国社会に感心する。 

 今日も何かと忙しくチビの夕方の食事と散歩を新しく入居してきたリリーに頼む。心配した通り散歩は四足踏ん張って梃子でも動かず彼女の方が音を上げたそう。2年住んでいるスヨンと一緒の散歩でも家が見えなくなる遠さになると首輪を外してでも逃げ帰るチビ。 困ってしまう。

 ニュース特集で一般家庭の奥さんが「私達度素人でも、、、。」と言ったのには、日本語もここまで落ちたか、、、と嘆息。
 八代亜紀が故郷を紹介する番組の中で目を奪う明治の木造建築の三層建築旅館があった。
旅館の名前が知りたく八代の観光課に電話をすると「いろいろと古いものがありますが、日奈久温泉の金波楼では?」と若い女性の声。
「ご覧になったことありますか?」と訊くと「はい。」
「見事な木造建築でしたか?」と訊くと「ハァ~、いつも見ているものですから余りそう言う事は、、。」と言葉尻を濁す。興味のない人には唯の古びた家屋に過ぎないのかも。
サイトを見てからお礼の電話をすると「なんでワザワザ???」と言った声だった。
 
     http://www.kinparo.jp/   ( 金波楼のサイトです )
d0024276_04322100.jpg

d0024276_0445397.jpg

d0024276_0485522.jpg

   日ごとに秋が深まる
d0024276_12182950.jpg

                       お煎餅の安売りです    99セント
d0024276_12204849.jpg

                                     2.99セント
by arata-tamiko | 2008-08-29 12:23 | 諸々の出来事 | Comments(0)

ポン太と言う名の男

 朝、日本の粂原さんとの話の中でポン太が体調を悪くして入院をしたようだと聞かされた。
その上、私の夢を見て「ひでえ目にあったよ。」と言ったそう。
あのカチ豆が弾けたように元気なポン太が、、。日本時間の夜11時ながら急いで電話をしてお母様から様子を聞いた。仕事のしすぎからだそう。
一見無責任男まかり通る風なのだが、本来は責任感が強く熱血漢で義に厚くと、近頃ではとんとお目にかかれないタイプ。真面目な上、周りの雰囲気を楽しくさせたいがため常に気を遣っているから精神的にも疲れが出たのだろう。
お母様が「いいかげん男みたいですけど、根は真面目だったのですね~。」と、ケラケラ笑うのが可笑しい。
 彼がNH州へ高校留学した時からのお付き合いだから十年チョットとなる。何年か前は私がお世話をした留学生で社会人となった過っての学生達へ、彼が音頭を取って日本へ招待してくれた。
その中の一人で兄弟留学だったため「お兄ちゃん」と呼ばれていた秋山君が私の写真をお見舞いに持って行ったそう。お母様が「枕元に写真が置かれていました。」と笑っていた。それでポン太は私の悪夢に悩まされたのだろう。30歳近くなっても永久に彼等は高校時代。
吉本興業で才能を生かせと勧めたほど、彼はユーモアの才がある。きっと病院でも同じ病室の人々を楽しくさせるため気を遣っていることだろう。
(本当は雄太と言う立派な名前があるが、もったいないと私がポン太と名付け、以後それで通っている)

 サリドマイドが、癌への治療効果があると夕方のニュース。主人の親友の一人息子が被害者だった。私達が初めてその子に会った時は未だ9歳くらいだったと思う。母親はショックから精神が侵され入退院を繰り返し、子供はどこか施設に預けていた。
最後に会った時、大きくなった息子から「どうして生んだ!」と罵られ、国からの手当て金を「俺のものだ!」と父親を殴って奪い家は修羅場、使い果たすと戻ってくると泣いていた。
「生まれた時”どうしますか?”と暗に聞かれ”生かして下さい!”と言ってしまったのです。」と搾り出すように苦しげな声で彼は言った。
Wikipediaでは、日本での被害者は309人とある。あの子もその一人だったのだ。

   日陰にたたずむと吹く風が心地よい
d0024276_1323461.jpg

        韓国語でチャメと呼ばれる、この果物は大分では”まくわ瓜”と言う
        お店で見た時は嬉しかった!
        西洋メロンは舌に射すようで余り頂かないが、この瓜は昔懐かしく甘さも好き
        調べると渡来したのは縄文時代、明治時代にはメロンとして売り出され、それ
        からこの形のメロンパンが作られたそう
        メロンの味がしないのに、何故にメロンパン?と不思議だった謎がやっと解けた
        このマクワ瓜とスペインメロンを交配させたものが”マスクメロン”だったとは、、、
        インターネットで、また一つ勉強をした
        日本の通販で6個入りが3,000円プラス500円の送料には仰天!
        お店の6倍以上値となる  昔は庶民の果物だったはず
        熟れすぎるとスヨンが持って帰ってくる  それは、それは美味しい
d0024276_13252018.jpg

        チビと散歩しながら、たわわに実る桃の成長を楽しみにしていた
        主と初めて話すことが出来「後一週間すれば甘味たっぷりよ。遠慮せず持って
        いって」と言う
        ちなみに一つもいで口にしたが固いながら微かに甘味があった
by arata-tamiko | 2008-08-27 13:32 | 諸々の出来事 | Comments(1)

中国株   8/25/08

 お世話が終わった後、昼食を一緒にしながら十年前に6年間も北京駐在をしていた彼に、千載一遇のチャンスがありながら、その時期に中国株を購入しなかった理由を訊いた。
政府にコントロールされている中国株の実態を知る彼は躊躇したのと、仕事柄、中国政府の要人と会う機会も多いためインサイダー取引と見られるのも嫌だったこともある。
姉や私が他の人のように損をすることもなく、株が暴落する直前の12月初めに手放した運の良さに感心されていた。
 株の知識が全くない私達は8年前に、お客さんだった中桐さんが薦めた銘柄を遊び半分で購入し、その時に「欲を出してはいけません。必ず売りに出して下さい。」と何度も注意された通りの時期に手放しただけ。もし今日聴いたことを8年前に知っていたなら絶対に購入していないだろうと思った。
知らないと言う事は恐れを知らず何でも出来てしまうものだ。
しかし、中桐さんの予感はたいしたもの。お客さんも「どうして8年前に2007年末の暴落が予測できたのでしょう?」と言っていた。

 http://www.gaiainc.jp/ ( 今はファイナンシャルプラナーとしての中桐さんのサイト )

 友人のヒョンウー夫婦と近くのManna Sushiで夕食をするとスヨンが誘ってきた。
座った席の隣は偶然Toyotaディーラーのオーナー家族が食事をしていた。食事が終わったオーナーは「ここの支払いは終わっていますから。」と挨拶して出て行った。
「なんでオーダーする前に言ってくれなかったの!そしたらもっと高いものを食べたのに、、。」と、4人同時に同じことを言って残念がる。
そしてヒョンウーが「”韓国が野球で金を取った祝いだ!気分がいいから。”と、君が奢ると招待してくれたのに。もうかったな。」と、スヨンをからかう。
それを聞いた私は「な~んだ、これって優勝祝いだったの。韓国人のあなたたちは気分良いでしょうが、私は悪いわ。何で韓国人の祝いの席に日本人の私がいるのよ。」で大笑い。
「全く貴方たちの国民って、他の国に負けても日本にだけは絶対に負けたくない!って言う意地と根性があるから日本の暢気な選手達が勝つわけないわよ。その上、兵役免除の特典は、まるで腹をすかせた馬の鼻先に好物の人参をぶら下げて走らせるようなものよ。」と言うと三人とも爆笑。
「日本人たちは、どうしてここまで韓国人はカッカと日本に対して燃えるのか?きっと辛いキムチを食べるからだろう、、、て言っているわよ。」に、また大笑いが続く。

   なまぬるい感じの一日
d0024276_13594159.jpg

d0024276_1403947.jpg
 
d0024276_1401460.jpg
 
               この2種類の花は同じハイビスカスのファミリーで多年草 
d0024276_1444659.jpg

           これを初めて見た時は楊貴妃の好きなライチかと一瞬思った

 
by arata-tamiko | 2008-08-26 14:06 | 楽しかったこと | Comments(0)

奇遇   8/24/08

  昨日、お店に来た日本人客からCさんの逝去を知らされた。個人的なお付き合いはなかったが、日本食がアメリカ人の間に浸透していなかった何十年前に女性一人で小さな日本レストランを開き精一杯生きてきた話は聴いていた。最後にお店に来た時も、75歳とは思えぬお洒落な格好で元気そうだったのに肺炎をこじらせたそう。

 今日買い物リストを手にして助けを求める外人女性の品物選びを手伝った。
「何か照り焼きソースでも作れそうな品々ですね?」と冗談を言うと「其の通りよ。何十年お店の照り焼きソースを作ってくれていた日本人女性が急死してね、困っているのよ。本当に人柄の良い人でね、レストランも経営していたのよ。」と言う。
「それって、まさかCさん?」と訊くと「そうよ!知っているの?」と私の腕を掴んで喜ぶ。
「信じられないでしょうけど、彼女亡くなる一週間前に”レシピーを上げる”って突然言うのよね。何十年私のお店の照り焼きソースを作っていて今更何を言うのって笑って取り合わなかったの。でも、彼女レシピーに必要な品物のリストをくれたのよ。今になって感謝するわ。彼女は予感があったのかしら?」と話してくれた。

 客のレストランの名前は”Court House Seafood"で同じ建物内で新鮮な魚屋も出している。
New Deal Fish Marketから数ブロック離れた場所にある。

 午前中のお客様が北京の日本大使館時代の同僚を私が知っていると知り世界は狭い、、、と驚いていた。彼の好物の話をすると、どうして知っているのか?と訊く。始めて一緒に中華レストランで食事をした時、数あるメニューの中から躊躇せず彼がその品を選んだから、、、と言うと、記憶がいいと褒められた。

 そして今日10年ぶりの知人とお店で遭遇。今のビジネスを始める直前に自衛隊の陸海空の留学者たちと知り合い我が家に集まってはお話会をもった。三人とも防衛大出身で将来は約束されていた。海軍のSさんは2年前にロードアイランドのWar Academyに再留学された時に何度かお目にかかった。
この陸上自衛隊のNさんは現在ワシントンDCに派遣されているそうで、仕事でボストンに数日来られたとのこと。昨夜奥さんと私のことを話していたそうで「新田さん、新田さんですよね?こんなところで、、、?」と見たものが信じられない声を出して訊く。
私の今のビジネスを知らないNさんにしてみれば韓国のお店で働く私に仰天したようすが感じられ「趣味で働いているのよ。」と安心させる。
 私も「Nさんよね?Nさんね。」と声を上げた後「貴方、お寺さんの息子さんで、達筆な字を書くわよね。」と言うと「実家はお寺ですが、達筆かどうか、、、?でも凄い記憶力ですね。」と、また褒められたが、本当に昔のことは我ながら驚くほど覚えている。
(しかし宝塚の姉いわく「どうしょうもないことは覚えていて肝心要のことはサッパリ」だそう)
しかし、しかし、、、昨夜何を食べたかを思い出せないことが多い。これは恐ろしいことだ!
かなり危険。

  最高のお天気!
d0024276_13495366.jpg

                 私のお客さんの第一子”結菜ちゃん” 2ヶ月
              公園デビューならぬ、お店デビューで始めて対面できました
d0024276_1415722.jpg

         一週間に一回芝刈りが入るのにキノコが生えてきます
         ある知人の話では、今年は多雨のせいで十年ぶりのキノコが豊作の年
         NYタイムズにキノコ狩りで賑わう記事が載っていたそうです
         私がブログに載せたキノコの写真を見た知人は「どれ一つ食用キノコでは
         ない」と言いました 残念!      
    
by arata-tamiko | 2008-08-25 14:25 | 興味ある話 | Comments(0)

どうしてと訊かれても、、、    8/22/08

 韓国が大差で勝ったと言うのに今朝のスヨンは静か。昨夜は「試合見たいよ~。」と、あんなに残念がっていたのに不可解。
部屋にいる彼女に「おめでとう、勝ったわね。どうして歌って踊らないの?」と声をかけると、国中が喜びに満ち溢れていると、父親から早朝電話がかかったそう。
そして「日本人のTamikoに悪いから、お前は静かにしていなさい。」と注意されたスヨンは「Tamikoは余り感心ないみたいよ。」と言ったが「それでも日本人だから、、、。」と心配している。
「日本では皆ショックを受けているのか?」と訊かれた彼女は「男は知らないけど日本のアジュンマ(おばさん)たちは、野球の試合よりヨン様や韓国歌手の方が大事みたいよ。」と言ったそう。
 
 SG Wanna Beのコンサートにハートマークが手書きで画かれた団扇を持って群る日本女性達の写真を指差して「あら、どうしましょう、このアジュンマ、私の母親と同じくらいの歳だわ!狂っている、狂っている。もし私の父親がこの写真の中に母親を見たら家に引きづり戻して髪の毛をザクザク切って外に出られないようにするけど、日本の主人達は何も言わないの?」と、また訊いていた。
自分達の子供より若い20代初めの男性達に、これほど夢中になったなら韓国では狂っているとしか思われないけど、、、アジュンマ達の歳だったらチョーヨンピルとかを好きにならないといけないのに、、、と首をかしげている。
「それよりも”独島死守”と書かれたTシャツを着ていた三人が、数日後の日本でのコンサートで”皆さん、愛しています~。”とか言うのが嫌だわ。」と言うと「そんなこと、韓国だったら絶対に誰もコンサートに行かないわ。どうして日本人は怒らないの?」に「私の理解を超えていること訊かないで!」と二人で笑った。

 歌番組で水谷豊が歌っていたが声量もなく余りの下手さに人前で歌える彼の度胸に感心。
こんな歌を聴かせてお金を取ってはいけませんよ。

   夏が戻ってきた天候
d0024276_1475951.jpg

                         SG Wanna Be
        日本のグループには及びもつかない彼らの歌唱力! (朝鮮日報より)
d0024276_1495569.jpg

                     これらの麺類の安売りをしています
                     4品とも$1,99
d0024276_14131792.jpg

                     この和菓子は$3,49---$2.99
by arata-tamiko | 2008-08-23 14:16 | 楽しかったこと | Comments(0)

死語   8/21/08

 前田さんの奥さんの口から「分」と言う言葉が出たのは以外だった。もう殆ど死語ではないだろうか?
私の母は「本当に、あの人は分を知らないよ。」とか「分をわきまえない。」と,よく使っていた。
「分」すなわち「身の程、分際」の意味だから、今の世では廃れていくのもしょうがない。
昔の時代劇には「おのれ、町人の分際で猪口才な!分を知らぬか!」と悪代官がよく使ったものだ。
 
 Riableの店主のジミーは韓国の天然記念物である珍島犬を亡くなる直前に手に入れ大喜びしていた。
娘の話しによると頭が空でどうしょうもないため犬の学校に通わせると仕事から戻ったスヨンが聞かせる。一歳にもなれば躾けも大変だろう。
「家のチビは、そんな学校に行ったら全部の教科でトップになってスカラシップものよ。」と自慢してきたと笑わせる。
 昨日、荷物を詰め始めたギョンウォンの側にまといつき、彼女がシャワーに入っている間中、ドアの外でジーッと待つ姿を見て皆で顔を見合わせた。彼女も「ちびヤー、ちびヤー」と抱き上げて涙ぐんでいた。私が出かけている間、自分を見上げるチビの目に涙が浮かんでいたと真剣な顔つきで話していたが、これはいくらなんでも信じることは出来ない。
この話もお店で娘だけでなく他の皆に聞かせてあげたと言うスヨン、初めはチビが寄ってくるたび椅子の上に飛び上がっていたものだ。

 いまだに上の孫が日本見聞の話しを10歳の弟に夢物語のようにしているようだ。
「僕がね、日本の自動販売機やデパートの地下売り場の話をする度に”行きたい、行きたい!”って言うんだよ。」
「だから日本語を覚えようとしているの。大分日本語を理解するようになったよ。」
私が「たとえば?」と訊いた。
「”夕飯は何を食べたい?”って訊いたら、英語だけどちゃんと返事が出来るんだよ。」
私は「それは食い意地が張っているからでしょう?」と言った。
「そうかもね。そうだよ、きっと。」と13歳の孫の返事。

   朝晩の寒さ少し和らぐ  快晴
d0024276_13313661.jpg

                       見事な枝振りのヒイラギの木

   
by arata-tamiko | 2008-08-22 13:33 | 楽しかったこと | Comments(0)

食べ物と情   8/20/08

 去年の12月末から同居していた大学生は今夜出て行った。韓国で見合いの相手が待っている。
次は韓国人を入れないようにしよう、、、とスヨンが言った。理由は?と訊けば「私のものを勝手に食べるから。」なのだそう。今夜出て行った人で三人目の同居人だが、スヨンが炊く穀物類入りのご飯から彼女の部屋のクローゼットに大箱一杯ある御菓子までスヨンがいなくとも三人とも堂々と食べている。
 2番目の人は傑作だった。スヨンが初めてマンゴーを買ったので、熟すまで待つように教えた。
今日か明日か、、、と待ち焦がれていた彼女は、私から「一つの方はそろそろ大丈夫よ。」と言われ楽しみにして翌朝キッチンに行った。そこには2番目の同居人が「熟れ時で美味しいわ。お姉さんも食べる?」と手を果汁でベトベトしながら訊いていた。
ならば二つ目を待とう、、、のスヨンだったが、これも朝起きると彼女が「お姉さん、一緒に食べましょう。」と皮をむきながらスヨンをさそう。その時のスヨンの憮然とした顔。
「いいから全部一人で食べなさい。一杯美味しく食べて良い人生を送ってね。」と皮肉を言っているが相手には通じていない。その状況の可笑しさ、ビデオに撮っておかなかったのが残念。

 三人目の時は私から注意をしてくれと耐えかねたスヨンが言う。「それはおかしい。自分でハッキリ言いなさい。」に「韓国では食べ物をけちると”情”がないと軽蔑される。」と、彼女は言えずじまいだった。
三人とも素直な良い子達なのだが、スヨンの人の良さがこうなってしまうのだろう。
 4番目に入ってきたのは英語学校に通う27歳の韓国女性。これから彼女との三人の生活が始まる。

 鳩サブレーを下さったご夫婦に「美味しいのだけど問題は一袋開けたが最後、止めれなくなってしまうわね。」と言うと二人「エッ?ウッ?」と言ったような言わないようなで黙っている。
違和感を覚え「普通は一度きに何枚食べるのですか?」と訊くと「一枚だと思うのですが、、。
私達は一枚ですが。」に驚いて「エッ?一枚なの?」と聞きなおした。
「あのクッキーって一枚でも大きいですよね。何枚食べるのですか?」と反対に訊かれ「三枚。」と返事をすると二人とも驚きの声。

   朝の寒かったこと  これから来る厳しい寒さを思い起こさせる
d0024276_1331010.jpg

            イギリス製のクラッシックカー  1950年のMorgan
        「かっこういい!」と車の窓から声をかけると笑顔で車種を説明してくれた
d0024276_13342918.jpg

           グリーン色の菊を女性が買っていた 菊は菊らしい色が好きだ
by arata-tamiko | 2008-08-21 13:36 | 楽しかったこと | Comments(0)

字幕の仕事   8/19/08   

 映画やドラマの翻訳字幕に携わる人は多種の才能に恵まれてるのだろうな~と、かねがね思っていた。字幕次第で面白さも決まってしまう。
限られた字数の中で的確な表現でもってストーリーの流れと転回を観る人に解らせないといけないから、日本語の才能も必要だし時代背景も知っておかなければならない。
どんな人がしているのだろう、、、?と思っていたが今日のお客様がそうだった。

 一般の翻訳とは違い「一単語がいくら」の世界ではなく、10分間フィルムが放映される間の字幕で「いくら」となるそうだ。これにはとても納得させられた。
「と、言う事は静かな浜辺か何かで恋に落ちた二人が沈黙の中で座っていれば儲けもの。反対に10分間が殆ど喧嘩のシーンだと割が合わないことね?」と訊くと「そうなんですよ。」と笑う。
「今まで一番苦労した字幕の仕事は?」の質問に「アメリカプロレス試合のワールドタイトル?の字幕でした。実況解説の翻訳ですから、絶え間なくしゃべっているしプロレスの技が解らなくって大変でした。」には苦労が偲ばれる。
日本人であっても相撲の技を聴いただけでは意味が全く解らないのに、ましてやプロレスとは。
「没頭している貴女には第三者的な見解で持って出来上がりは判断できないのでは?終わった後は、だれかに見てもらうのですか?」と聴くと、理工系のご主人がストーリーの流れを理解しているかどうかで試してみるそう。的を得ている。
 ハリウッド映画の字幕の仕事は、有名な戸田奈津子氏に直接依頼がくるので他の翻訳者が入り込む余地が全くないそう。
 今日もまた新しい知識を得ました。人生死ぬまで習うことがありますね。

 午後の方とFenwayのBest Buyにテレビなどを買いに行った時の出来事。
選んだDVD録画機を捜してきた黒人の店員に「こちらの製品にします。」と棚にあった製品をお詫びの言葉と共に指差したとたん、その店員抱えていた商品を床に投げ捨て一言もなく去っていった。
初めから横柄な態度だったから、なんとしてでも腹の虫が治まらず、店長を捜し店員を指差して文句を言った。
一人なら、その店員に直接言うが、これ以上お客様に嫌な思いをさせたくなく我慢。

   一時雨 午後晴れるが夜の寒いこと!
d0024276_2151374.jpg

                 チビとの散歩の度ごとに足を止めて花を眺めます

  
by arata-tamiko | 2008-08-20 21:17 | 興味ある話 | Comments(0)