<   2008年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

会社の歴史話   6/28/08

 K製作所のKさん御夫婦とベルモントのヤム茶を頂いている時「ここにはよく来るのですか?」と訊かれ「はい、今週は今日で4回目。」と返事をすると驚いていた。昨日は操さんとで後は仕事の合間に一人で昼食にきている。
8ヶ月の身重の奥さんが「とても優しい主人です。」と二人は幸せそうだった。同僚のKさんの奥さんも同じことを言っていたところからすると社訓に「妻には優しく!」と書かれているのだろう。

 三ヶ月の英語研修に来られたYさんから、とても興味深い社歴を聞かせてもらった。
今年に入って、この会社から既に5人もの研修生が来ているので「よほど会社は景気が良いのですね。」と言うと「我が社は鉱山を持っていて、それからの利益が大きいものですから。」と言う。
どこにと訊くと南米で昔、安く購入した鉱山が今の時代になって富を生み出してくれるそうだ。その当時買った会社の人は先見の目がある。
しかし海外で儲けたお金は日本の税金の問題があり、日本に送金できないそうで海外の銀行に預金をせざるを得ないのだそう。なぜだろう?日本の財務省の人に訊いてみよう。

 百年の歴史がある会社は日立での鉱山業が始まりで、当時はトンネルを掘る削岩機など全てヨーロッパからの輸入機械。その修理工場が現代の日立製作所。
「どうして社名が全く違うの?」と訊けば、戦後のGHQによる財閥解体でバラバラにされたそう。
同じ鉱山業でも三井、住友は財閥解体の憂き目にあっても彼の会社と違う点は、銀行を自社で持っていたため後日一体となることが出来た。

 戦前は政府の後押しで今の北朝鮮に水力発電工場も建てたそうで「戦後は北朝鮮に取って、とても役立ったらしいですよ。今でも未だそのまま使っているのではないでしょうかね~。」と笑っていた。
戦前日本は北に工業、南は農業生産の政策を取ったので戦後の北朝鮮は日本が残していった工場をそのままフル活用でき韓国の国民生産をはるかに超えていた。

 「では日立造船も昔は同じ系列だったのですか?」と訊くと、同じ名前でも全く関係なく社歴は百二十五年くらいではないか?と言っていた。「あれも、これも」と、彼は有名な会社名をあげて解体前は、旧社名日本産業の子会社だったと聞かされ始めて知った。
「何でそんなに知っているの?」と訊くと「社歴は入社の時に聞かされるからですよ。」と言うが、これほど克明に微にいり細にいり記憶している人も少ないと思う。表彰ものだ。

 またDVDプレイヤーからDVDが出てこなくなった。当地の110番、K製作所のKさんに電話。
友人宅で夕食をしていたKさんは、明日来てくれるとのこと。機械に腹が立ってスイッチ全てを押してみるとす~っとDVDが出てきた!まさか、まさか、、、と「Close、Open」のスイッチを押すとす~っと出たり入ったり。
またもや、まさか、まさか、、でリモートコントロールの電池を新しくすると難なく問題解決。
 余りにも恥ずかしく不在の家の電話に「すみません。電池が切れていました。はい、さよ~なら。」とだけメッセージを入れておいた。
私から電話を受けた時Kさんは「こないだ念入りに修理をしたばかりだのに。おかしいな~。」と心中思っただろう。可哀想に。

   余りの冷気に朝窓を閉める 夕方も肌寒し
d0024276_11583923.jpg

           近くにある公園はチビを走らせるのに最高の場所
           人工池には毎春町が稚魚を放し子供連れで釣りを楽しむ家族が多い 
           池の水は汚くよどみ汚染されていると皆は釣り上げては水に戻して
           いる
           この中国人親子は六匹を戻すようすなく訊くと今夜のオカズにする
           と言う Cambridgeに住んでいながら、どうしてこの池を知って
           いるのか?と訊けば、何人かの中国人から聞いたそうだ 
           これから毎週来るのだと張り切っていた
d0024276_12125944.jpg
 
           中国人の母と息子、絵になる姿だったが、いくら新鮮だと喜んで
           いても大丈夫かと心配になる
d0024276_12151788.jpg
  
              公園前のこのドッグウッドの豪華さには惚れ惚れしてしまう      
               
by arata-tamiko | 2008-06-29 12:16 | 興味ある話 | Comments(0)

胸が痛むこと   6/26/08

 横田さん御夫妻や拉致被害者家族をテレビで見るたびに一緒に涙したり、かすかな希望に一緒に喜んだりしていたが今朝のニュース番組に出演していた横田早紀江さんは余りにも可哀想で見ているのが辛かった。アメリカへ対する失望と無念さが伝わってくる。
横田氏は出席されていなかったが健康がすぐれないのかもしれない。

 姉から達っちゃんが癌で亡くなった、、、と電話があり嘆息。姉とは学生時代からの大親友。背のスラリとした目鼻立ちの整った美人で姉は引き立て役みたいだった。知らせてくれた親友と三人いつも一緒だったから、その彼女と「いよいよ私達の番になってきたのね~。」と言い合ったそうだ。
私と同世代の松山千春が重体とのニュースがあった。

 車を購入されたお客様から「白い恋人」を頂いた。実にサッパリした爽やかな方で心臓外科医だそう。(白い恋人をもらったから言うのではない)
試運転をしたとたん彼がどれくらい車好きか分った。思わず「かなりのスピード違反の切符をもらっているでしょう?」と訊いてしまう。

 スヨンが暗い顔をして帰ってきた。夏休みは安い給料で若い人達を使えるからだろう、今まで週6日働いていたスヨンに店主が突然「週三日」と一方的に言ってきたそう。
「これでは生活が出来ない。ジミー、どうして亡くなったの!」と去年の秋逝ってしまった店主に話しかけるようにして天を仰ぐ。
将来のため必死に働き必死にお金を貯め、その中から両親や甥達に贈り物をしても自分のお洒落用品などは一切買わない彼女。スヨンの今の心境を思うと胸が痛む。

   どんよりとした一日
d0024276_14323729.jpg

          3ヶ月前に帰国をした渕さんから私の大好物の干し筍が送られてきた
d0024276_14335195.jpg

          渕さんの故郷である宮崎名産だが彼女から何度も頂いたこの種類が
          一番美味しい 今夜一晩水に漬けておいて明日煮よう
by arata-tamiko | 2008-06-27 14:39 | 悲しかったこと | Comments(0)

この恥さらっしの大学生たち   6/26/08

 フィリピンにいる晃士から朝突然「鳩サブレーをまた持って帰ろうか?」と電話があり「気色悪い。急に何を言い出すの!」と返事をしてしまった。何かしら私と鳩サブレーを思い出し、遠いフィリピンからの電話だった。つい先日北海道の方から送られてきたばかりだが、もっと欲しいので黙っていた。
 コーネル大学で獣医の勉強をしている彼は、大学のボランティア活動として夏をフィリピンで過ごしている。我が家に車を置きにきた時に「あなたにかかったら生きている動物も殺しかねないわ。」とからかっておいたが、休みの度に何処かでボランティアをしている。
 自由が丘で獣医を営む両親の家は患者さんからの頂きものが山ほどあるので、休みの度にゴッソリと持ってきてもらっているが鳩サブレーが毎度その中に入っている。

 ある知人がボストンの南にあるクインシーに最近購入したアパートの建物三つを見てきたが、この町は白人より中国人の方が多いのではないだろうか、、と思えるほど。遅かれ早かれ、この町は第二のチャイナタウンとなるのは確実な気がする。
中国人たちが、この町を選んだ理由を訊くと「治安が良く学校にESLシステムがある」「チャイナタウンに働きに行くのに地下鉄で一本」。 
クインシーの将来の土地値上がりを見込んで彼は投資したそうで、その時は全部を売ってボストンのXXXビルを買いたい、、、と言う彼の顔を見てしまった。
 
 アパート経営もする彼は「自分は未だ被害にあっていないが海外から”契約金を振り込みたいので口座番号を教えてくれ”と言われ教えると口座にあるお金を全部引き出される犯罪が多発している。」と言う。
「それなら別口座を開いて最低額を入れて教えたら?」に「それも一計だが、その場合はSS番号を盗まれる。」そう。世の中が便利になればなるほど新しい知能犯罪も増える。
 彼もアラブの王侯貴族達のオイルダラーの話をしていた。オイル関係企業に働く彼の友人の話として彼らの懐に入る一日のお金は100億ドルとのことだが本当だろうか?

 イタリアの世界遺産の建築物にイタズラ書きをした2校の大学生たち、御丁寧に自分達の名前まで書いていることは善悪の区別さえ躾をされていない。こんな人間たちが親になるのだから恐ろしい。
もっと腹が立つことは大学側の取った態度。ただの注意のみ。彼らにしてみれば「ばれちゃった!ハァハァハ」で終わる問題だったろう。
彼らにはこの夏バイトでもさせて、この落書きを消す費用を出させるべき。自分がしたことに対しては自分で代償を支払わないといけないことを身をもって知らせるべきだ。
(岐阜市立女子短大と京都産業大学の生徒たちです)

 篠崎さんがスヨンと私のために焼いてくださったクッキー、クリスピーで甘ったるくなく美味しかった。
ありがとう!

   久しぶりに雷雨がない一日
d0024276_011396.jpg

            裏庭にある桑の実が熟して甘くなり毎日食べています
            なんだか食べれるものなら何でも口にいれているみたい
 
 
by arata-tamiko | 2008-06-27 00:26 | Comments(1)

ミスコリア可哀想、、、   6/25/08

 出かける前のスヨンが「見て、見て。」と指差す彼女のパソコンを見れば、今ベトナムで開催されているミスユニバースに韓国代表で出場している女性の衣装についての記事。
彼女が来ている韓国の美を紹介すべ民族衣装が日本の侍の着物を連想させる!と韓国のインターネット上で非難されていた。
 次に彼女が披露したイブニングドレスのデザインが去年の優勝者である日本人女性のドレスとデザインが酷似だったから、韓国ネチズンたちの火をもっと煽ってしまい彼等は怒り心頭に達している。

http://media.paran.com/entertainment/newsview.php?dirnews=1546273&year=2008

 スヨンは「着物に似ている。」とは言わないまでも、韓国の民族衣装が世界一素晴らしいと信じている彼女の不服そうな顔と物言い。
私は「これって侍の着物ではないわよ。むしろ私に取っては写真で見たペ ヨンジュの太王四神記に出演している女性達の衣装を思い出させるわ。」と言うと不服そうな顔。
「日本ではミスユニバースが今開催されていることすら知らない人が殆どだと思うわ。”韓国の恥だ。日本人はあざ笑っているだろう”とかで彼女を責めるのは筋違いでしょう?責めるならデザイナーでしょう?何でこんなことに貴女達の国の人は目くじらを立てるの?」と言ってしまった。
 去年日本人に優勝をさらわれたミスコリアは「フランスのディレクターを使ったから彼女は優勝できたのだ。」と発言していたが、その同じディレクターを今年韓国側が使ったのだからデザインも似てくるというもの。実に滑稽な話。

 金融関係の方と一緒だったが海外手当ての豪華さに驚かされた。彼等は口を揃えて一時ほどの厚遇ではないと必ず言うが、今でこれだけなら昔はどんなだったのだろう。
オイルマネーで潤っているアラブ各国は、いづれオイルも尽きることを知っているから、それに備えて外国企業の買収や世界各地の不動産投資話を聴くのは興味深かった。

 N. Andoverに事務所を構える会計士のところへ行く途中、沢山のワラビが群生する場所を見つけた!来年は絶対に採りに行く。用事が終わった後、半時間以上彼女と世間話をしたが、頭の切れる人と話すと習うことが多い。
今回の大統領選では三人の誰が選ばれたとしても必ず「ファースト、、、、。」がつくと言われナルホド、、、と納得。
 
オバマなら「ファースト黒人大統領」
ヒラリーだったなら「ファースト女性大統領」
マックケーンなら「ファースト年長者の大統領」

   雷雨と大雨 夕方より肌寒し
d0024276_21513193.jpg

          会計士の机上にある素敵な長身の初老の男性の写真に気づいて
          「まさか?」と思いながら「御主人?」と訊いた        
          20年前のイスラエル旅行中に出会い、同じマサチューセッツからと
          言うことから話が始まり結婚にいたったそうだ
          彼女の外見ではなく内面に惹かれたのは一目瞭然だが、御主人は
          だれもが知るアメリカの大企業の会計コンサルタントをしていたそうで
          結婚式に出席した独身の友人達は「私だって、、、!」と一大奮起した
          したことだろう
          性格的にも仕事的にも素晴らしい会計士の彼女
by arata-tamiko | 2008-06-25 22:02 | 興味ある話 | Comments(0)

犬と子供の躾け   6/23/08

  帰宅のバスが不便となる週末の日曜日、スヨンを迎えに行くと私の大好物の青トンガラシを既に彼女がとっておいてくれた。
夕食が終わるやいなや料理に取り掛かったスヨンは百本以上の小さな青トンガラシを流し水で一本、一本キュキュと洗い続ける。
「すごい力が入っているわね~。」と感心すると、職場の嫌なことを思い出し怒りで力がこもってしまうのだそう。”辛い”と自分は食べれないのに私のため9時過ぎから作ってくれる優しさ。

 レンターカー会社ののSから「Visaの人と話が出来た?」とメールが入った。書類が送られてきたことをメールすると「記載上で分からないことがあったらメールなり電話なりしてね。」と返事をくれた。
落ち着いたら、彼女とは絶対に会ってみたいし直接お礼も言いたい。

 13日に始まった大阪あいりん地区の労働者の騒動をあおった扇動者は相当したたかのよう。
昭和56年の釜合労結成当初から委員長を勤め警察や大阪市に過激な抗議活動を行い続けているそうだ。活動へのカンパを集めている彼自身は一戸建ての住宅に住み、高級車に乗っている、、、とサンケイは書いている。そして「どれだけの労働者がこの事を知っているだろうか?」と結んでいる。

 NHKで「ポチたま?」とか言う若者と犬が日本全国を旅する番組に出てくるラブラドール犬の躾けのなさ、犬が先導して主人である若者が引っ張られている。立ち寄る場所での頂きものを横から犬に奪われた若者は怒るどころかゲラゲラ皆と笑っている。完全に犬が主導権を取っている。
これを見ていると挨拶も出来ず甘やかされた今の日本の子供達を思ってしまう。

   昨日、今日と叩きつけるような大雨と雷雨
d0024276_94026.jpg

            とても目の綺麗なお客さんでした
            「貴方はアメリカのゲイにとってはたまらないでしょうね~。」
            と言うと到着早々触られたそうで大笑いとなった
            「仕事が上手く行かなかったらジャニーズに入ったら?」と 
            言ったが、あそこもチョット、、、、でまた爆笑                   
            マスクをかけてこの目で治療されたら若い女性患者は
            目のやり場に困るのではないだろうか?
            幼稚園では女の子に人気があっただろう
            赤面する彼の意思を無視して無理に撮った写真です
            (ちなみに独身)
                    
by arata-tamiko | 2008-06-24 09:12 | 諸々の出来事 | Comments(0)

NWのビザカードの恩典

 昨日レンター会社の事故担当係りのSさんから「メールをしたけど一刻も早く知らせたくって。」と電話がはいった。
「Good news!」から始まった彼女の話は、にわかには信じがたく「もう一度話して。」と言ったほど。
私の不注意で破損を与えてしまった相手側の車修理代2,247ドルは彼女の助けでレンターカー会社の支払い負担となったが、$550のレンターカー修理代は私のカードで支払いとするため数日前、彼女に番号を教えた。

「私は各カード会社と取引をしているから貴女のカード会社に電話をして訊いてみたの?」
「何を?」
「カードでレンタルをしているので事故の自賠責、300ドルは負担してくれるのでは?ってね。
そしたら出来るって。貴女はそのベネフィットを知らなかったのよ。必要な情報は全てカード会社に渡したから、この番号に電話をしてみて。貴女はつまり残りの250ドルだけを我が社に払ってくれればいいのよ。」

半信半疑で彼女からもらった番号の男性担当者に電話をすると本当に話している間に提出書類がファックス送信されてきた。クレイム番号を教えてくれるのに彼は「R」を「ロミオのR」と言うので「一般にRはローマのRと言うのに、ロミオのRとは何とロマンチックな人でしょう。」と嬉しさの余り冗談の一つも口に出てくる。
世の中には親切な人もいるものだ。保険代理店の女性達に話したら、彼女達も目を丸くしていた。

 車購入の方から紹介されたお客様はロングウッドタワーに入居で、ワンベッドの家賃が2,400ドルには驚愕。百年前の建物、室内にランドリーがあるわけでも無し建物の修復工事音が毎日聞こえるのに、、、。ボストンの家賃は狂っている。
紹介者の方が2年前に車を購入する際、決断の速さに私から「もっと他の車を見て決めたら。」と注意されたと笑って話していたが全然覚えていない。

 土曜が休みのスヨンはヒョウー夫婦とレンサムに買い物。自分のものは夏の掛け布団のみで韓国に住む甥達のTシャツを沢山買っていた。彼女の家族愛は韓国ドラマで見るそのもの。
 MITのサッカーチームメンバーのヒョンウーは先日のノ ジュンユンのサインに大喜びで私の両手を握って礼を言う。

 Shinozakiさ~ん、スヨンは辛いもの、酸っぱいもの、冷たいものが駄目です。自分の作ったユッケジャンを私と食べていて余りの辛さに具合が悪くなって寝込んでしまいました。
初めは芝居をしていると思ったのですが、本当でした。アイスクリームでも寝込みました。
ふかし芋は幼い頃、痙攣で意識を失い原因不明で3つの病院をたらい回しにされ最後には鍼医で命を助けられたそうです。「芋を喉に詰まらせたのではないの?」と訊いたのですが絶対に違うそうです。
それ以来、両親から”死んでも芋を食べるな!”と忠告されているそうです。

 やっと夏になったのに早夏至 もの悲しくなる
d0024276_12253474.jpg

                ヒョンウーのためにサインをする盧 廷潤氏
d0024276_12275430.jpg

           日本から帰ってきたSさんのお土産が”ふき味噌”だったのには
           思わず笑いだしてしまった
           私のブログを読んでいたのか、、、と思ったが偶然だった
           御夫婦も私の話を聴いて大笑いされる
d0024276_12324036.jpg
 
           今月初めにツアーをした北海道グループの幹事長から
           日本の味が送られてきた
           どうして”鳩サブレー”が私の大好物だと知っているのだろう?
           時折、友人に買ってきてもらうほど好き
           いくら私でもツアーの合間に好物の話などしていないはず
           ふき味噌、水羊羹それに鳩サブレーと揃った
           いつからダイエットを始めたらいいのか思案中          

   
by arata-tamiko | 2008-06-22 12:42 | 車と保険に関したこと | Comments(1)

尾瀬と名刺との関係   6/19/08

 私の苗字のARATAはイタリアにもある。他のRMVに転勤になっていたミセスArataがWatertownに戻り私を見て「久しぶり!」と挨拶の後、仕事に関しての愚痴を延々と言い続ける。
「でもベネフィットはいいのでしょう?」と言うと、やっと黙ったが、こんなタイプの人は愚痴をこぼす事で生き甲斐を感じるのだろう。

 頂いたKさんの名刺が余りにも薄っぺらくペラペラしたものだから、つい「大会社なのに何か理由があるのですか?」と訊いてしまった。笑いながら「自然保護区域になっている尾瀬を御存知ですよね?」と突然言われたのには?????
「尾瀬とペラペラ名刺と何が関係するのですか?」
「実は、あの一帯は我社が昔水力発電のために購入した土地なのです。」
私は未だ意味が解らない。
「環境破壊を防ぐために歩道は丸太を敷いています。そして新しい丸太に替えるたびに古いものを再生紙として名刺に利用しています。」
 環境省などはカレンダーの裏を使って名刺を作っているそうだ。それも省で切って印刷しているため大きさもバラバラとは初めて知った。

 先日の猛暑続きの停電は電気を送る元がヒートアップでもしたのか、、、と思っていたが、彼の話を聴いて”なるほどガッテン!”と納得。
送電をする元のヒューズが切れては大変なことになるので場所を選んで意図的に停電にして需要と供給のバランスを取っているのだそう。

 関東と関西では周波数が違うとは知っていたが、どうして日本全国に沢山の電力会社があるのか不思議だった。
これに白州次郎が関わっていると聞かされ、これも初めて知った。
戦後GHQに対して卑屈な政治家や官僚の中にあって神に等しいマッカーサー元帥を怒鳴りつけたエピソードはつとに有名。GHQがアメリカ本国に「従順ならざる唯一の日本人」と報告している。
(偉人の肖像 http://www.page.sannet.ne.jp/tsekine/syouzou.htm )
 国営の電力会社をGHQは解体させ白州氏は9つの電力会社を作ったそうだ。

 以前何かで読んだことがあるが、リスが電線を走り回っても電流が走らない理由をもっと詳しく説明してもらったし関東と関西の接点では電圧はどうなっているのかも知った。
もっと、もっといろいろと聞いたが正確に覚えていない。

   からっとした晴天
d0024276_12292919.jpg

           21日帰国の伊藤さん御夫婦から食事に招待される
           2年前飛行場にお迎えに行った時、荷物運びをする奥さんを側で
           見ている御主人に思わず「チョット貴方も少しは手伝ったら!」と
           怒ってしまったことも今は笑い話
           流石に御主人は驚いたそうだが、その甲斐あって今では皿洗いも
           してくれるそう
d0024276_12403556.jpg

                         寿司デラックス
by arata-tamiko | 2008-06-20 12:43 | 興味ある話 | Comments(1)

カーナビに関しての保険   6/18/08

  到着次の日に予約を入れていた電話工事がキャンセルとなっていた。原因を調べると「その部屋の住人は未だ使用し続けています。ケーブルモデムとか部屋になかったか?」と訊かれた。
そんなわけがない。完全なる空き部屋に入居しているのだから。調べて判明したことが住人は同じ建物の別の部屋に移った時、モデムやケーブルボックスなどを持参してそのまま使用していた。私のお客様が関係ない別人であることを証明しなければならなかった。
これが原因で工事はこの週末。会社から与えられたパソコン使用だから他の方のを借りて会社からのメールを読むことが出来ないそうで気の毒。

 日本でもカーナビ盗難が急増しているニュース、犯人は大胆不敵にも警察官の職員住宅に駐車されているトヨタ社の5台から。オープションで取り付ける純正品とあるから取り外しにくいと思うのだが一台平均が20万~30万円。警察関係の施設に防犯カメラがないのは予算の関係か、、、と思うが、日中の3時~5時の間に5台の窓ガラスが割られるとは日本もアメリカ並みの犯罪となっている。
 
 MA州ではお店で購入したカーナビの盗難は保険がおりない。工場で取り付けられたもの以外の品に対しては保険は一切効かないそうだ。皆様くれぐれも注意を!!!

長袖Tシャツを着た一日
by arata-tamiko | 2008-06-19 22:10 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

今日の雑学   6/17/08

 お昼前、松本さんから別れの挨拶電話があり「これから御出発?」と訊くと既にシカゴの飛行場にいるそう。2年前だと言うのに、ついこないだローガン空港に迎えに行った気がする。
「勉強したことをお父様の会社に生かしてね。」と激励して切ったが、嬉しく有り難い電話だった。

 到着したばかりの二人のお世話をしながら、エネルギー関係のKさんに「不祥事があった時、マスコミ関係の人達から知ったかぶりされて糾弾されるのって腹が立つでしょう?」と訊くと「いえ、いえ、それはしかたがない事で、、、。」
「だってその分野に詳しくない人達から的外れな質問や屁理屈を無礼な口調で詰め寄られたら”この馬鹿!”と言いたくもなると思うけど。」
「でもよく調べてきているな~と思うこともありますよ。」
「そうかしら?」といった会話を隣でマスコミ関係の方はニヤニヤ笑いながら聴いている。
しかし後で「乱暴な人が多い世界なのに彼は穏やかですね~。」と言っていたから、きっと苦い経験があるのだろう。

 記事は自分たちが書いても見出しに関しては、見出し専門がいて一切だれも口出しできないとは初めて知った。見出しの魔力、購買力に影響する。私もつい誘われて週刊誌を買ってしまうが記事を読めば、な~んてことなかったということが度々ある。

 人権団体が鳩山邦夫法相に「ほぼ2ヶ月ごとの執行はベルトコンベヤーに乗せる感覚。」と抗議している。だれが好き好んで執行許可の判を押すだろう。
ある人が「そんなに反対するなら彼らを引き取って更正させてみては?」と書いていた。

 日本から戻ったSさんから「食べ物ですが、お土産を買ってきました。」と電話があった。
二日前到着された方は虎屋の最中を下さった。(虎屋の羊羹は苦手だが、これは美味しい)
今月初めにツアーをした北海道のグループから「お菓子を送りました。」とメールを頂いた。
先週の大岩さんは営業用の大袋に入った数の子の山海付け、瓶詰め雲丹、薩摩揚げ他諸々を山ほど抱えて日本から来た。ダイエットは果てしなく延びそう。

   久しぶりに晴れる ものすごい雷雨 お客さんたち驚く
d0024276_15262814.jpg

              Market Basketに売っている味つき冷凍のフライドクラム
              揚げるとカリッとした歯ざわり 酒飲みにはこたえられない
         


 
by arata-tamiko | 2008-06-18 15:30 | 諸々の出来事 | Comments(0)

どうして分かってくれないの?   6/16/08

 日本が青島ビールの輸入禁止に踏み切った理由は「洗浄の機械付近にアスベストが使用されています。」と大岩さんから返事があった。私は飲まないから関係ないが、こちらの中国レストランで出されるビールも同じ中国の工場から来ているのだろうか?

 今日到着された方に前防衛事務次官守屋被告の現在の様子を訊くと裁判費用を捻出するために家も売りに出したそう。裁判には相当のお金がかかり金銭的に大変らしい。
「彼自身は本当に田舎の朴訥とした小父さん、、、と言った感じの人ですがね~。」とのこと。
再就職は難しいでしょう、、、との話だったが、たかだか数千万円で一生が破滅とは。

 「どうして新聞記者たちはヤクザみたいな口調で大声だして相手を恫喝するの?」と訊くと「全部の記者がそうではありませんよ。そういう役目的と言うか得意な人がいるんですよ。」「そうなの!!それで今日の事件にはあれを連れて行こう、、、となるわけ?」と訊くと「そういうわけでもありませんが、、、。」と苦笑いしていた。
若者が新聞を読まなくなった今、新聞社の生存のため何か手を打っているのか?と訊くと「手の打ちようがありませんね。20年後には何社残っているでしょう。」とのこと。

 操さんにある野球選手の話をすると彼が誰か分かってくれない。
「ほら、あの人よ。あの人。分かんない?コロラドの方で戦っている人よ。目がクルリとして背が余り高くない南方的な顔立ちの人よ。」と言っても分かってくれない。ピッチャーと言う呼称は松坂選手で頭に入っているが彼の役目名が英語で出てこない。
「ほら、バットを持ってボールを打つ人よ!」と説明すると、彼女はますますわからなくなってゲラゲラ笑い出した。 

   どんよりした天気 肌寒くもう一枚着込む
by arata-tamiko | 2008-06-17 22:38 | 諸々の出来事 | Comments(0)