<   2008年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

狭い世の中   5/29/08

 李完用の直系の曾孫である奥さんは都合で来れず御主人の白氏だけの昼食となった。
住所を頂いた時「何か聞いたような通り名だな~。」と思ったが、迎えに行くと私の友人の操さんが住むストリートだった。番地を捜しながらソロソロと運転していると、ドンドン彼女のアパートに近づいてくる。何と御夫婦は彼女の隣に住んでいた。

 一番の親友が隣に住むことを話すと「その人を知っていると思いますよ。」と、白氏が説明する女性は間違いなく操さん。
彼の大きな家の前は見事な野菜畑で丹精されている。操さんは、その新鮮な野菜の恩恵を受けていたのだ。
白氏はHarvardで東洋史を研究していたそうで歴史の話をいろいろしてくれ、78歳で年号を正確に覚えているのには驚かされた。
豊臣秀吉の話の時「朝鮮征伐」と言ったのには、もっと驚かされた。日本人でも今は使わない言葉なのに、ましてや韓国人の口から出るとは、、、。

 彼を送って行くと家の中に招き入れられ奥さんを紹介された。彼女のお父様は1937年に東大法学部を卒業している。その当時、朝鮮人で東大、それも法学部とは相当な秀才。
韓国におけるライオンズクラブの発起人でもある。
 88歳のお母様は三人の兄がいて三人とも日本で学校に行き、戦後は筆舌にし難い辛酸をなめたようで一人の伯父は日本の鎌倉に移り身内の殆どは日本とか外国に住んでいるそう。

 世間からの迫害に傍系の曾孫が曽祖父の墓陵を破壊して棺をあばき遺骨を焼いてドブに捨てたことからして子孫の苦しみが察せられる。これは1979年の出来事で、そんなに大昔ではない。
 吉富路樹氏著書によると当時の新聞に「昔の言葉に、馬鹿息子は己の愚かさを先祖のせいにする。」との記事の出だし。
韓国の諺は実に的を得た言い回しだから毎度感心させられる。
「しかし先祖がいくら極悪非道な者であっても、せめてその子孫たちぐらいは温かい血の因縁を思うべきではないか。血の関係は契約でも習慣でもなく、宿命であり天与の紐帯である。」と続いている。

 近い再会を約束して家を出た後、この話にとても興味を持っている操さんに電話をかけた。
「どんな人?」と訊く彼女に「貴女の知っている人よ。」と返事をすると、いつも沈着な彼女が「だれ、だれ?」と彼女らしくない様子っぷり、笑ってしまった。彼女の驚き、後は想像に任せます。

 帰宅したスヨンがテーブルの上に人名が沢山書かれた紙を見て「誰かきたの?」と訊く。
客の名前を聞いたとたん「あの売国奴。自分だけ美味しいものを食べて楽しい人生を送って。お陰で民衆は食べるものもなく苦しい人生よ。」と吐き捨てるように言った。

 どうしても今夜中に取り込まないといけない画像があるのに「接続していません」と出てくる。困ってしまってK製作所のKさんにまた電話をすると夜の11時に来てくれた。
何本も差し込めるイックステンションを使っているが、今夜パソコンを動かした後そこに差し込んでいたコードの端をパソコンに繋げなければいけないものを、また同じイックステンションに差し込んでいただけだった。余りにも沢山のコードがあるから一旦どこかに動かしてしまうと、パソコンをデスクに戻した時、いったい何処に差し込んでいいのか???と、なってしまう。
「ごめんなさいね。あんな大きなエンジンを作っている人にこんなこと頼んで。」と謝ると「ハァハァハ、こんなに大きいですよ。」と両手で大きく丸を作ってみせる。

   晴天 風爽やか
d0024276_15444965.jpg

                      白氏が持参した重い立派な本
d0024276_15454479.jpg

                         本の内容
d0024276_15463121.jpg

                Market Basketで買ったサクランボ余りに美味しく
                スヨンに”食べるな!”と言っておいた
                
by arata-tamiko | 2008-05-30 15:48 | Comments(1)

Forbsから   5/28/08

 町のBank of Americaに行くとインド女性の行員が休暇から戻っていたが、担当していたお客さんに時間がかかっているようで一時間ほど待たされた。
「まだ終わりそうにないのよ。」と気の毒がる彼女に事情を話すと「分かったわ。でも私はドクターアポがあるから他の人を紹介するわ。」と隣席の男性行員に説明をする。
彼は彼女の指示に従いパソコンのキィーを打ち続けていたが、どうしてもSさんの名前が出てこない。画面を覗き込むと「OSAMU」をテロリストの「OSAMA」と入れていた。

 Sさんは、SS番号を報告していないことが判明。だから先日のDivisinでも、いくらSS番号で捜しても見つからなかったはずだ!銀行は知らなかったのだから。SS番号取得後は必ず一報していないとこんな時、手間取ってしまう。
 銀行側の調査に一週間かかるそうで、銀行が郵送で日本に送ると言った郵便と、こちらとどちらが早いかだ。

 こんなに待つとは思わなかったため何も本は持ってこなかった。しかたなく近くにあった経済雑誌、
Forbsをパラパラとめくると興味深い統計が出ていた。
コマツに2ページを割いて小松建機をカラー写真つきで紹介していたのが嬉しかった。私のリージョンフリーDVDが故障するたび修理をお願いしているKさんは、こんなエンジン開発に携わっているのかと思うと、チョット悪い気もした。

[ World Largest Co. ]

 1) HSBC Holding ( 銀行 )
 8) Toyota
35) Mitsubishi UFJ Financial
66) Nippon Telegram & Tel.
68) Honda Motors
71) Mizuho Financial
82) Sumitomo Mitsui Financial
96) Nissan Motors


[ Top 50 in Sales ]

1) Wal-Mart Stores
6) Toyota Motor
44) Honda Motor
48) Nippon Tel & Tel


[ Top 50 in Assets ]

1) Royal Bank of Scottland
10) Mitubishi UFJ Financial
17) Mizuho Financial
30) Sumitomo Mitsui Financial

 粂原さんの留学センターEDICMから小学校5年で留学した愼ちゃんはBentlyを卒業した後、Royal of Scottlandに去年就職した。本当に利発な可愛い男の子だった。

 昨日日本到着のKさんから早々にメールを頂く。経済部に復職し自動車業界を担当するそうだが、若者の活字離れが急増しインターネットの世界となっている世の中、新聞社もこれから先、大変だろう。頑張れ、頑張れKさん!

 李完用の曾孫御夫妻を明後日の木曜日に御招待。我が家で昼食頂きながら、ゆっくりお話を聴きたい。
スヨンには終わった後に話そうと思う。お店の若い子すら、すぐに「親日派で売国奴よ。」と憎そうに言ったくらい韓国人の憎悪は強い。

   夕方雷雨 叩きつくような大雨 夜涼しくなる
d0024276_13463065.jpg

                  ペットショップで見た二匹の鳥の寄り添う姿
                  我が身の不運を内にこめているようで哀れ
                  どうか二匹一緒に売られるようにと願った
by arata-tamiko | 2008-05-28 13:49 | 諸々の出来事 | Comments(0)

カーナビ盗難   5/26/08

  午前10時半ころ日本の粂原さんと話しているとキャッチホーンで「車のガラスが割られカーナビが盗まれました!」と電話が入った。
場所はSommervilleのReliable店に近いMarket Basketのパーキング場だったのには驚かされた。これほど繁盛しているマーケットだから当然人も車も多い。その状況の中で窓ガラスが割られるとは、、、。
現場でしなければならない事だけを電話で教えて後の手続きは、自宅に戻ってから説明をした。
本人は「平和ボケしていました。」と言われたが、事故とはまた違った驚愕感だっただろう。
十八年間のお客様の中で初めての出来事だった。

 スヨンが言うことには、マーケット近くに住む店員がアパートの屋外パーキングで深夜ガラスを割られカーナビを盗まれたそう。
あの付近で長くパーキングをする場合はカーナビを隠した方が賢明かもしれない。

 今はExcise Taxのシーズンで、各町から車の所有者の住人に郵送されている。今年車を購入された方々から「あの時、ディーラーで税金は払ったのですが、、、。」と驚いたメールを受け取る。
あれは州税でこちらは住む町に支払うExcise Taxなので全く別個のものとメールを出し続けている。

 四川大地震で川を堰き止めている土砂を爆破するために各人10キロの爆薬を背負って行進する兵士たち、これを見ただけで「絶対に日本は中国には敵わない!」と思わされた。

 Hishikaiさん、あなたの文章からして良い意味で「普通の方ではない」と言う感じを受けるのですが、、、。筆で食べていける方ですね。
私がお薦めした本は戦前の大陸で石光真清氏が見聞きしたことを日記にしたためたものが小説となっています。かと言って難解なものではなく読みやすい文章です。
英雄的なものは含まれていません。お国のために身をささげた彼に一段落した国としては彼の存在は迷惑なだけで認めようともしません。それで最終編は「誰のために」と彼の無念さとなっています。あなたの読後感を是非お聞かせください。

   ロングウィークエンドの最終日、これ以上の天気は望めないほどの一日だった
d0024276_16371976.jpg

             朝晩歩くチビの散歩道に沢山生えているキノコ群
             試食してみたいが「日本人が毒キノコを食べて死んだ!」
             なんてニュースになったら私の意地汚さがばれてしまう
d0024276_16433083.jpg

             この女性、またもや背が高くなるコスモスの所に花を植えた
             このペテュニアは一日中日の光が必要だと言うのに、、、
             それに家を留守にして水もあげていない
             
by arata-tamiko | 2008-05-27 16:48 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

あんみつ姫  5/25/08

 息子さんが来年入学する大学見学のため今月末にくる坂田さんにも蕗味噌を頼んでおいた。
現在都内のデパートで取り扱っているのは渋谷の東急だけで、注文した品を受け取りに行ってみると徳島産だったそう。
彼女も蕗味噌は食べたことなく、何となく東北、、、と言ったイメージだったので思わず「徳島ですか、、、、。」と失望が口に出てしまった。
すると売り場の店員が「XX先生ご推薦の品物です。」と不満げに言った話には大笑いさせられた。

 彼女は何かしら可笑しい。「あのNHKの篤姫役の宮崎あおいって、マンガの”あんみつ姫”そっくりでしょう?」には「そうだ。どこかで見た懐かしい顔だ、、と思っていたら”あんみつ姫”だったのよね。」「でしょう、あのキラキラ簪、マンガのお姫様よね」と妙を得ていて笑ってしまう。

 もう20年以上の付き合いとなる信さんから結婚報告も兼ねてサンフランシスコからSkypeがかかる。数年に一度くらいしか話さないがお互いに通じている。「顔はマァーマァーなんですが一緒にいて落ち着くんです。両親もとても気にいってくれました。」に「信さん、顔なんて三日も一緒にいれば同じよ。それよりも内面の良さは一生飽きないもの。」と言った後、あわてて「奥さん、今どこにいるの?」と訊いてしまった。彼が選んだ女性なら、どんなにか賢く聡明だろう。
 最近の日本では気骨のある男がいなくなった、、、と言う彼の言葉に「気骨と言う日本語自体がなくなってしまたのではない?今の若い人、その言葉を知らないかもよ。」と言った。
また彼は「品のある女性もいなくなりましたね。」と言っていたがテレビを見ていてもそれは感じる。

 働いているスヨンから「新しい会社から沢山の日本のDVDが送られてきたの!」と助けを求める電話が入る。ビデオ店の女性は日本語が読めないから私が種分をしてあげた。
クイズ番組のDVDも入荷していたが、先日の日本の其のテレビ局のことがあって以来、クイズ番組の制作仕組みの舞台裏を知って見るのも馬鹿馬鹿しい。
ある時、突然「アメリカではヘヤードライヤーの説明書に”歯ブラシとして使用しないでください”と注意書きがあるそうですが、本当ですか?」と若い男性のテレビ局の製作スタッフが電話で訊いてきた。

「あなた、それ本気で言っているの?どこの馬鹿が、そんなことをするの?」
「アメリカは訴訟の国ですから。何でもありで、こんな注意書きがあるそうなんですが、、、。」
「それって余りにもアメリカ人を馬鹿にしていますよ。」

いくら言い聞かせても、録画が明日の夜と迫っているので何とかしてお店に行って確認して欲しいと泣かんばかり。
お店で調べ戻ったころに日本から電話。まちがい情報と分かったら分かったで今度は私に「問題が足りないのです。何か訴訟に関しての問題を考えてくれませんか?」と言い出してくる。

「いったいこんな下らないクイズ問題って誰が考えるの?」
「はい、私達が”アメリカ訴訟”と入れて検索するんです。」
「そんな安易な方法で番組のクイズ問題を作るの?もしかしたら”アメリカの電子レンジの注意事項にXXXはしないで下さい”と書かれているとか誰かが書いていなかった?」
「ありました。それ嘘なんですか?」
「ちょっとしっかりしてよ。常識で考えてよ。」と終いには腹がたってきた。

クイズ問題の提案をした私へのお礼に、その番組のDVDを送ります、、、と言っておきながら、未だに受け取っていない。こうなったらテレビ局と番組名をブログに載せてあげようかしら?

  Cafe Sushiから戻るとお店の女の子二人が来てスヨンが作った夕食を食べていた。

   日中は最高の陽気 夜は未だ肌寒い
d0024276_14481128.jpg

                スヨンが韓国の胡麻風味塩味海苔を作っている
                薄い韓国海苔一枚一枚に丹念に胡麻油を刷毛で塗る
d0024276_14511252.jpg

                     そこに塩をパラパラとふりかける
                     この後、フライパンで両面を軽くあぶる

  
by arata-tamiko | 2008-05-26 14:54 | 楽しかったこと | Comments(0)

いい店を見つけました   5/24/08

 Sさんは通訳の助けを借りて銀行側と話し各口座に入っていた最終的な金額明細を日本に郵送してもらえることになったそう。これだけSさんの語り口調と内容が嘘偽りないことは電話で聴いている行員も判断出来るはず。Faxでは知らせられない、、、と言った規則があるだろうが、少し融通のつけようがないものかと思う。
 今度はSさん、話した行員が本当に郵送してくれるかどうかが心配となってきた。頼みの綱はこの郵便物のみ。

 Y新聞のKさんが帰国のためアパートを引き払って今夜はホテルに泊り明日出発。
ある問題で私が助けたことに彼から感謝のカードと一緒に数百ドルの小切手が送られてきた時は感心させられた。
別のところに住む彼の同僚が引継ぐ荷物を地下に置いてもらうことを大家と話し合い一緒に運んだ後、ボストンのホテルに送った。
別れる時、何度もお礼を言うKさんに「私からのお返しよ。貴方は出世するわよ。いつまでもその心遣いを忘れずにね。」と、また若い人に偉そうに言ってしまった。
 
 休日のスヨンと夕方にセンターをブラブラして「こんなお店もあったのか、、、。」と物珍しく数店に入ってみた。

 その後、Burlingtonモールに行き、スヨンのため私名義で携帯電話を購入。この国ではSS番号やクレジットヒストリーがないと、携帯一つ手に入れるのも大変だ。
入り口近くのクッキー店でスヨンが私の好きなクッキーを買って「本当にありがとう。」と、韓国人の大好きな赤い色の携帯を振りかざして見せる。

 私達が「いったいどこの誰なのか?何をしている人なのか?」と不思議がっているイサンチョル氏から3度目の電話が韓国からあった。彼は一ヶ月前に韓国に戻り「無事到着した」と電話をくれ、その後は、スヨンと私のご機嫌伺いの電話だった。
韓国の電話番号を欲しいと言うと「自分のほうから時々かけるから。」と今回もくれなかった。
来年戻ってくるそうだが、益々不可解な人物。スヨンと誰かのボディーガードではないか?と推測し合っている。

   燦燦と陽光は射しても風が未だ冷たい 
d0024276_234375.jpg

                        店名 JANIAK‘S
              6 Medford St. Arlington, MA 02474
              www.janiaks.com 電話 781-646-4222

           立ち寄ったお店の一軒 ユニークな靴が沢山並べられている
           残念ながらダン広甲高の足に合う靴は一足もなし
           余りにも気の毒に思ったのか、女性主人がFraminghamにある
           「Forgotten Foot」と言う幅広専用店名を親切に書いてくれた
           店名が気にいった!妙を得ている!
d0024276_2316107.jpg

                           ユニークな靴
d0024276_23211683.jpg

                      店名 MANNA Sushi
                9A Medford St. Arlington, MA 02476
電話 781-648-8878
 
           靴屋の前にある韓国レストランは寿司屋より韓国料理が主
           ストンビビンパップとユッケジャン(山菜と牛肉スープ)は
           美味しかった!
           好感のもてる韓国人夫婦 清潔な店内で値段も手頃
           大通りに面していないので商売上チョット不利となるだろう
d0024276_23304163.jpg

           右側に立っている女性が店主の奥さんです
           もし行かれたら「この町に住む日本人女性に紹介された」と
           言ってみて下さい 一品出してくれるかもしれません
           2店ともArlingtonセンターにあります                        
by arata-tamiko | 2008-05-24 23:36 | 諸々の出来事 | Comments(0)

公庫にいったお金の取り戻し三日目   5/22/08

 銀行からSさんのお金が移されたと確信できる月日を昨日のDivisionに知らせて調べてもらったが、そのような記録は載っていないと言う。
再確認で、もう一度ソーシャルシキュリティー番号と名前で担当者は時間をかけて捜したがリストには全くでてこない。
彼女が「もしかしたら間違った名前と番号で公庫に送られてきた可能性がある。」と最終手段の捜しだす方法として、銀行に「Checkingのお金がいくら、Savingのお金がいくら、、と各口座の金額の確実な数字を教えてくれ。そうすれば、その数字で捜せる可能性もある。」と言う。
急いで日本に電話をして、Sさんに通訳を介して銀行から金額を教えてもらうようにお願いする。

 奈良県で出土した埴輪などを展示している橿原の博物館のマスコットキャラクターはスタッフがデザインして「イワミン」と名付けられたそうだが”可愛い~!”と大好評。
先日大物議をかもしだした「平城遷都1300年祭」の何千万かかった「せんとく」キャラクターと比べてください。どちらが可愛いかって?それは言わずもが花、、、と、しましょう。
しかし反対市民が、この「せんとく」に対抗してキャラを一般公募してWeb投票を始めた。
「せんとく」をデザインした彫刻家、苦々しい思いだろう。
d0024276_13144090.jpg

                  著名な彫刻家のデザインした「せんとくん」
d0024276_13161340.jpg

                    博物館スタッフがデザインした「イワミン」

  廣橋さん、単語を並べるだけでも良いですから貴女の思うことを相手に言ってください。
人間の真剣さは言葉が十二分でなくとも伝わります。貴女が自分の考えを堂々と言うことで、先生もきっと貴女を祐樹君の母親として尊敬するはずです。
 あの時の困惑と嬉しさが複雑にからんだ顔、可笑しかったわね。でも心から嬉しかったのね。知り合って2年?初めて私と口をきいてくれましたものね。

 こちらは看護婦が事前に何もかも用意をするでしょう。「目を一杯開いて!」と数回言われたので「小さいからこれ以上大きく開けないの。」と言ったら「Yes,very very small」だって。
私としては「そんなことないわよ。」とくらい言ってくれるかな、、、?と期待していたのに、、、。
だから「大きな目の貴女より何も見逃さないわ。」と言ってあげたけど。
この看護婦が注意をしてくれるべきでしょう。私が手に持った単行本を指差して「字が読み辛くなるわよ。」と言っただけ。あんなに信号の色も見えなくなるなんて想像だにしていませんでした。

 Hishikaiさん、失礼ですが、あなたは何か教育的な分野の専門職ですか?文章を読んでフッとそんな感じがしまして。
<歴史の評価基準には当時の価値観を使用すべき>には、私も多いに同意見です。
李完用の政治思想よりもあなた同様に朝鮮貴族や戦前の学習院に興味があります。もしソウルにいるお孫さんと話せたら是非にお知らせいたします。
 私は幕末、明治、大正あたりの歴史が好きです。私が12歳のころか、週刊新潮に、浅草ロックのストリッパーたちに囲まれて嬉しそうに笑っているロイド眼鏡をかけた歯抜けのだらしなく着物を着た薄汚い老人の特集記事と写真が載っていました。相当の変人だったようですね。
本好きの父に「このお祖父さんだれ?」と訊いた時、父から「永井荷風だよ。」と聞かされ初めて知りました。彼の晩年だったと思います。濹東綺譚は確か高峰秀子主演の名作があります。
何とかして見たいものです。残念ながら荷風の小説には未だふれたことがありません。
 もしお時間がありましたら「石光真清の手記」を読まれてください。
明治初期、日本のスパイとして中国大陸に送り込まれ一般人の写真館を経営します。ロシア軍人が記念写真を撮りにくるだろうから情報収集しやすいと計算したそうです。彼の足跡を知れば知るほど「もう一ページ。」と、お風呂にまで持ち込んで読みたい内容です。
支那大陸を駆け回る馬賊、その日本人妻のくだりにも感銘します。もうお読みになったかも知れませんが記載しておきます。

  (中公文庫出版)   1) 城下の人
                2) 曠野の花
                3) 望郷の歌
                4) 誰のために

   すっきりしない一日 暖かさが足りないから植えたトンガラシが育たない
  


 
by arata-tamiko | 2008-05-23 13:22 | 興味ある話 | Comments(1)

Abandoned Propertyの次の問題   5/21/08

 Department of State Treasuryに電話をかけてAbandoned Property Divisionに繋いでもらった。
Sさんの名前で調べたがリストにないと言う。最後にソーシャルシキュリティー。それでも全く記録に載っていない。
担当した男性は親切に「では、銀行からこちらに送られた日を訊いてください。それと正確な金額を銀行から手に入れてくれれば違う方法で調べられます。」と教えてくれた。

 Bank of Americaに電話をかけコンピューターの声に従い番号を押し続け、やっと人間の声が出てきたので事情を説明。やはり「本人でない限り一切教えません。」の一点張り。
悔しいから「日本にいる本人が出来るなら、こんな七面倒臭いことなんてしていません。」と皮肉ってあげた。

 わが町にあるBank of Americaには、親切なインド女性が働いているから助けてくれるのでは、、、と出向いてみた。彼女が休暇中と教えてくれた人にお願いすると「本人でないと、、。」と同じ返事。
「もし彼女なら、きっと助けてくれたと思うわ。」と残念そうに言うと、コンピューターを開いて口座が閉じられた年月日だけを教えてくれた。

 「口座に何年間アクティビティーがないと自動的に閉じられるのか?」と聞くと「半年かな~。」と頼りなげ。「かな~ではなく、正確な数字を下さい。」に、やっと画面で調べたが「一年。」と言う。いくらなんでも短すぎる。思わず「Are you sure?(確かなの?)」と言ってしまう。

 その後、私の銀行Cambridge Savingsに行くと「三年よ。」と教えてくれたが、本店にまで電話をかけて再確認。だから私は、この銀行のスタッフを絶賛する。
「一年なんてあり得ないわよ。」と笑っていた。可哀想にSさん、益々不安がつのる。

   一時雨             
by arata-tamiko | 2008-05-23 03:08 | Comments(0)

私有資産の没収   5/20/08

  生まれて初めて本格的な検眼を受けた。瞳孔を開くための液を目に垂らされた時「3時間ほど本などが読み辛くなりますよ。」とはナースから言われたが、これほどとは思わなかった。
病院から外に出たとたん眩しさに思わず両目をこする。運転をしていると今度は信号の色が見えない。少々のことでは動じない私だが、これは恐怖だった。前の車について信号を通過するしかない。経験のないことだから、これからどうなるのだろう、、、かと思うと、それが恐かった。

 このブログのコメントに書かれていたSさんから電話があり、Bank of Americaに通訳を介して話が出来たそうだ。
そして判明したことは彼等がボストンの口座に残してきた6千ドル以上のお金は三年間動きがなかったためにマサチュセッツ州の公庫にAbandoned Property (放棄された資産)として没収されてしまった。
これを取り戻して欲しい、、、と言う依頼だった。日本に帰国をされたFさんから私を紹介されたそうで、何とかしてあげたいが方法が分からない。

 「そうだ!餅は餅屋だ。」と、ひらめき、Sさんに「私の銀行に訊くのが一番よ。」と一旦電話を切った。
Cambridge Savingsに行って「この問題解決に貴女の知恵がいるの。助けて。」と事情を説明する。流石に銀行、Abandoned Property Divisionの電話番号があった。
親切にアンジェラ自身が電話をかけてコンピューターの声を辛抱強く聴きながら待ち、やっと出てきた係りの人から必要情報を手に入れてくれた。

1)銀行名
2)口座名義人
3)口座番号
4)ソーシャルシキュリティー番号
5)旧住所と現住所

以上の情報を上げれば書類が送られてくる。それに記載とサインをして郵送すればお金は全額戻ってくる。

アンジェラには何度助けられたか、、、。一ヶ月前の南米でのATMカード盗難、日本に帰国した方の間違いで生じた、残した口座から、ある会社が自動引き落としをしていたのをストップしてくれたこと、そして今日と。
彼女に「アンジェラ、私がこのビジネスをしている限り銀行を辞めないでね。」とお願いした。

 Hishikaiさん、李 完用に興味を持たれたとの事、私があなたに興味を持ってしまいます。
私と同じように歴史がお好きですか?どのような本を読まれますか?

                親日派財産 初没収のニュースです (You Tube)                       http://www.youtube.com/watch?v=BmjkhxUcs1g
              朝日 - 植民地下の朝鮮 奪われた何もかも(You Tube)
          http://www.youtube.com/watch?v=LM5j_q1WlGw&NR=1

         昨日と同じように午前中快晴 午後曇り 
d0024276_1342476.jpg

              私の眼科医、Horsburgh OD, Gwynn
    先生は眼鏡美人 かけている眼鏡が余りにも素敵で訊くと、眼科医の
        セミナーで購入したそう 「残念!私もその眼鏡をかければ貴女のように     
        インテリゼントに見えるのに、、、。」と言うと笑っていた
        検査の結果「Very Good!」と言われ2年後の予約をしてきた
d0024276_1451032.jpg

            来週に帰国をする若い二人の送別会をウーチョンハウスで
            してあげた
            二人とも李完用は知っていた スヨンが「あれは極悪人、
            赤ちゃんでも知っている!」と怒るのを二人は笑って見ている




   
by arata-tamiko | 2008-05-21 13:55 | Comments(2)

李 完用   5/19/08

  昨日の白氏が書いてくれた「李 完用」と言う人物をGoogleで捜せれば奇跡、、、くらいに軽く考えて検索してみると、どれから開いていいのか迷うほどの大量の資料。唖然とする。
彼も韓国では”親日派”、”売国奴”の筆頭”として一番嫌われていると笑っていたが、2005年に発令された「祖先が親日派で築き上げた土地財産没収」法令では、彼の親族が一番になっている。
 年齢の離れた彼の奥さんのお母様(李氏の孫)は戦前、日本の学習院に通い戦後は酷い仕打ちを韓国人たちから受けたようで一切過去のことは自分達にも話したことはないそうだ。
彼女が6歳の時に李完用は亡くなっているから記憶はないだろうが、昔の朝鮮貴族の生活、戦前の学習院に通う華族の生徒達のことなど聴いてみたい。生きている歴史だ。
義母には電話をよくするので、私に話しをしてくれるかどうか訊いてくれるとのこと。楽しみ。

 同居している大学生のギョンウォンに訊くと驚いたことに李完用を知っていた。現在の大統領名も知らない彼女が!
「どうして?」と訊けば「だって、散々彼のことは親日派として歴史の時間に先生から頭に叩き込まれたもの。子供だって知っているわよ。」と言った。この後が可笑しい。
「スヨンには言わないほうがいいわよ。彼女聞いたら狂ってしまうわよ。」と、スヨンのマネをして二人で大笑い。

 中国人が大家のアメリカ女性、庭の一角を立派な畑としていた。
d0024276_1494640.jpg

        彼女に労力を褒めた後、コスモスの丈はトマトより高くなるので前面に
        植えるとトマトに陽が当たらないから実がならない、根も張るので離して     
        植えないと花がたくさん咲かない、ジャガイモと豆は畝を作ったほうが
        多くの収穫がある等などを教えたらフ~ンと言う顔をされた
        人間が素直でないようだから、もう友達をやめた しかし花と野菜が交互に
        植えられている畑など初めて見た
d0024276_14184730.jpg

         本当にこの庭は酷い 御近所の庭庭は青々していると言うのに
         それでチビが何故か必ずここでウンチをする 困ったものだ
by arata-tamiko | 2008-05-20 14:22 | Comments(1)

痩せれない理由   5/18/08

 無性に働きたい気分となり、午後一時過ぎにお店に行った甲斐があったと思える人物と知り合いになれた。
韓国語をしゃべっていた80歳近い男性が私に向かって全くアクセントのない日本語で「日本人ですか?」と訊いて来た。その後「私は何人と思いますか?」と訊く彼に「韓国人ですね。」と答えると「どうして分かりますか?」と言うので「貴方の年齢でそれだけの身長と体格は日本人ではいませんもの。」と言うと笑う。
アクセントのない日本語に「どこで覚えた日本語ですか?」と訊くと「ハーバード大学でライシャワーさんから学びました。」と言った。ライシャワー氏の生徒に直接会ったのは初めて。

 それからいろいろな話をしているうちに「僕の家内の曾祖父は朝鮮貴族で侯爵でした。伊藤博文公と一緒に日韓併合をしました。」と言い出したのには正直少し頭がおかしいのではないか?と思った。
2008年の時代に1905年ごろの歴史上の人物たちを生きているかのごとく語るなんて、、。
それでも一応名前、電話番号そして住所ももらっておいた。

 夜は前田さん御夫婦と一緒に、ある友人に招待されてLexingtonの中華レストランに出かけた。
とても洒落た造りで気のおけない友人達と楽しい会話と美味しい料理で人生の楽しい時間を過ごす。
しかし体重を減らせと医者から言われても、これでは所詮無理な話し。
分かった!私が悪いのではない。全て友人達が悪いのだ。

   快晴だったのが午後遅くしぐれとなる
d0024276_1220616.jpg

             ライラックの花の咲き始めが最高のワラビ採りの日々
             今年はCA州だったので時期を逃がし長けてしまった
d0024276_1222347.jpg

             ほんの数本食べごろのワラビが残っているのみ 残念!
d0024276_12242043.jpg

                     店名       Teppan Yaki
                     電話       781-274-6088

                 27 waltham St. Lexington, MA 02420
                 www.teppanyakissiancuisin.com
d0024276_12355864.jpg

                         お店の半分は鉄板焼
d0024276_1240890.jpg

             この壁に掛けられた飾り棚は酷かった きっとまた従兄弟か
             ハトコかの親類が造ったに違いない
             こんなチャチなものは日本人店主なら絶対に飾らない
d0024276_122985.jpg

              友人が気を利かせ特別オーダーをしていた
d0024276_12315014.jpg
 
                        ピリから海老揚げ
d0024276_12331969.jpg

                       私の大、大、大好物 韮パイ
d0024276_1237710.jpg

                         牛肉とピーマンの炒めもの
d0024276_12382871.jpg

                          ホウレン草の炒めもの
d0024276_1239158.jpg

                            魚の甘酢あんかけ


                    
by arata-tamiko | 2008-05-20 12:45 | Comments(0)