<   2008年 04月 ( 29 )   > この月の画像一覧

各種の掲示板への投稿から   4/28/08

 ある意味で有名になった瀬尾氏の青山学院大学側の処分に関して青学掲示板に、こんな投稿があった。

                懲戒免職…退職金が出る

                懲戒解雇…退職金が出ないのはこの処分

 この投稿者は、氏の学歴詐称・研究費流用疑惑まで出てきた今、おざなりの処分では寄付をする人もいなくなるのでは?とも加筆していた。なるほど、、、。
 
 聖火リレーに集まった中国人たちの乱暴狼藉ぶり、スヨンの怒ること、怒ること。
インターネット上でも「自国民を守らず、韓国のデモ隊には摘発隊まで動員したのに、中国人のデモをなぜ傍観するのか」などと怒りの投稿で燃え上がっている。
 警察側の返答は「これほど多くの中国人留学生が現れるとは予想できず、彼らを聖火を歓迎する人たちだと思ったために対応できなかった。」には、そのうろたえぶりが出ている。

 「オリンピックはチャンケ(中国人の差別語)と北朝鮮そしてベトナムとですればいいのよ。そうすれば三国で金、銀、銅が取れるから。」と言った後、スヨンは自分の発言に感心していた。
中国人と間違われることは韓国人に取っては最高の侮辱らしく、中国人も最近のアンケートで一番嫌いな国民として韓国人を挙げている。
 他国では、これほど暴れなかった中国人達が韓国で暴徒化したことは自分達の国を下に見ている、、、、として、彼らの自尊心を傷つけ国民感情に、より火をつけたようだ。

  今回の騒動を見るたびに「全世界に散らばっている中国人が一同に集まれば、、、。」と恐怖を覚える。日本の姉はテレビの画面に赤の色が見えたとたんテレビを消すそうだ。

 私のブログでチャンピオンリングの写真を見た前田さんから「なんだよ。顔より手の方がましだって?ひでぇよ。」と言う文句に「私は真実しか書かないから。」に奥さんがケラケラ笑う。
エメラルドやルビーは何十個のダイヤに囲まれているから、奥さんに「いつか貴女の指輪に加工しなおしたら?」の提案に「そうですよね。」と言う奥さんとの会話を聴き「それって、俺が先に死ぬこと?」と察しのいい前田さんが言う。

   一日雨 時折雨足酷くなる
d0024276_22353198.jpg

                         野辺に咲く野生のすみれ
                  長年住んでいても当地の春の美しさには感動
by arata-tamiko | 2008-04-29 22:36 | 諸々の出来事 | Comments(0)

ある番組から    4/27/08

 21人の弁護士から弾き出された弁護士が出演する「たかじんのそこまで言って委員会」と長い番組名を見た姉からFaxが入ってきた。
それには「話す価値もない。電話代がもったいないからかけないで宜しい。」と書かれている。
そうなると、よけい聞きたくなるのが人の常。

 出演者の一人が言うように「まるで”起き上がりコボシ”に背広を着せたような弁護士なのよ。」だそう。
肝心のところになると泣くので視聴者に何を訴えたいのかサッパリ分からないと言う姉に「沈着冷静、理論的に話さなければならないはずの弁護士が、どうして泣くの?」と訊く。
「でしょう?今の男は泣けば世間が同情してくれるって思っているのかしら?感極まって泣くだけ。これでどうやって依頼者の弁護が法廷で出来るの?」と呆れていた。
番組は彼の泣きで始まり泣きで終わったそう。これでは「お前、いらんわー。」と21人から言われてもしかたないかも。
出演者達からも「泣いてちゃー、分かんねーだろう!泣くなよ。」と叱責されていたそうだが、こんな失態をさらけ出した後でも客はあるのかしら?

 この番組をYou Tubeで観た時に、一人の出席者が21人の弁護士に関連して「日本を悪くする。」と、非難の発言をしていたが、ある人を思い出した。
司法試験に受かり希望に胸膨らませて働き始めた若い青年がいた。数年後、彼から弁護士を辞めてソーシャルワーカーになると聞かされ驚いた。
「このアメリカと言う国を悪くしているのは弁護士達だよ。人間の皮を被った弁護士達を見ると耐え切れない。」と言った。
良い家庭からの若い彼は余りにも純粋すぎ悪徳弁護士達に太刀打ちできなかったのだろう。20年前の出来事だった。

 マネジャーとして5年もReliableに働いたギョンヒーが韓国に帰国する。今夜7時から別れのパーティーがお店の階上で行われた。

   曇り 少し肌寒くなる
d0024276_22381220.jpg

                          店主が用意した中華
d0024276_22405023.jpg

          帰国をするギョンヒー(左) 新しいマネジャーとなったスヨン(右)
          肩書きだけで時間給は変らない、、と、スヨンは独り言 
d0024276_22444054.jpg
 
        またリージョンフリーのプレイヤーからOpenを押してもDVDが出てこない
        新田御用達のKさんに電話をすると、すぐに馳せ参じてくれた
        チビがまた興味深々、野次馬根性で見守る ここまで私に似るか、、、。
d0024276_22493775.jpg
 
        前回と同じ送り出しギアの問題のため次回に備えてネジの場所の写真を
        撮るKさん 
        会社でも組み立てなおす時のために、ネジを外しながら写真を撮っていく
        そうだ 建機のような大型でも、それなりの記録方法があるそう 
d0024276_2255125.jpg
 
          終わって一息つくKさんの仕事ぶりを見届けたチビもリラックス
d0024276_22571593.jpg

           4年前に帰国をした横浜国大の落合さん御夫婦が訪ねてくれた
           この奥さんの顔は古風な平安時代 羽子板の女性のよう
           ボストンの物価の値上がりに驚いていた

           彼等が留学していた2004年の物価

           バス代   90セント   ( 現在 $1.50 ) ( 2003年 75セント )

           ガソリン   $1,50  ( 現在 $3.50前後 )

           コーヒー  $1.40   ( 現在 $2.00 )
by arata-tamiko | 2008-04-28 23:05 | 興味ある話 | Comments(0)

言論の自由   4/26/08

 阪田さんから「しっかりとWillを買いました。安心を!」と朝メールが入っていた。

 姉に聖火リレーの様子を聞くため電話をすると開口一番「かかった費用を全部中国に請求して欲しいわ。私達の税金からよ。」と怒っていた。
日本人のランナー達は平均的に背が低く周りをあんなにガードされていれば沿道の人々は見られなかったのではないだろうか。
「あれだけダンディーな星野監督でも、あの格好でトーチをかかげて走る姿、ただの田舎のオッサンに見えたわね。」と不謹慎な姉。それは私も感じた。裏を返せば、彼はそれだけスーツが似合う男とも言える。

 瀬尾佳美准教授のブログ閲覧には管理人が設定したパスワードが必要となっていた。
T大の教授に「こうなったら、やはり退職を勧告されるのですか?」と電話で訊いてみると「大学では外の社会に比べると比較的に表現の自由は許されていますから、犯罪でない限り止めさせることは出来ないと思います。」とのこと。
むしろそうすることで、言論の自由を奪った、、と言うことになり事が大きくなる恐れがあるそう。

 You Tubeで見る本村さんの記者会見、文章でもそうだが彼の一言一句、重みがある。
理工系だからなのか理論整然とした話し方、これが文科系なら情感がこもり美辞麗句で飾られるのでないか?と思ったりする。
東大卒とかの愚かな女性記者の「この判決でもって貴方は癒されましたか?」の逆撫でするような質問にも顔色一つ変えることない。32歳、恐ろしささえ覚える。

 歴史が好きなのでテレビなどで放映されている時代もの番組のハチャメチャさが馬鹿馬鹿しく一切見ないのだが、一人食事をしながら音が欲しくテレビをつけると「篤姫」だった。
その姫が「今夜のオカズは何か見てきましょう!」と言うのには箸を落としそうになった。
その後、だれか分からないが若侍にソーッと手を振っている。NHKさん、いくらなんでもこれは酷すぎますよ。主役の宮崎あおいが、ますます下町娘に見えてきた。

   風が冷たい
d0024276_2257464.jpg

         大家さんが植えた木に三年目で既に花が密集して咲く (梨科に属する)
         あるツアー会社で人手が足りず支店長が臨時ツアーガイドをした
         団体客の一人が「あれは何の花ですか?」と街路樹に咲き乱れる白い
         花を指差して訊く
         言葉に詰まった彼は咄嗟に「ボストン桜です」と答え客も納得
         この話し、友人から聞いて大笑いした             

 
 
by arata-tamiko | 2008-04-27 23:04 | Comments(0)

不愉快な文章   4/25/08

 朝のニュースで見る長野の沿道は中国の赤い旗、旗で埋め尽くされ、どこの国かと見まちがうほど。チベット側に味方する人々を彼らの国旗で包み隠したり、インタビューに応じる人の周りを取り囲み大声で国家を合唱して妨害するさま、これが”大国”と自負する国民のすることかと呆れ不愉快極まりなし。

 「もと少年殺されれば遺族は幸せ」で始まる瀬尾佳美准教授のブログ、ある人が「彼女の文章は品がない。汚い、多分文章を読んで「嫌な思い」をする人がほとんどなのではないか」と書いている。
彼女の教える相手が純な子供達でなくって本当に良かった、、、と思った。こんな思想を植えつけられたら人の心を持たない恐ろしい日本人が育っていってしまっただろう。

 大学長が詫び、彼女も謝りのコメントを出しているが過去の発言からして本心で悔いているとは信じがたい。いったい何が彼女をこんなに歪んだ性格にしてしまったのだろう。
本村さんを冒涜するだけでなく、拉致家族にも暴言は及び、めぐみさんを「あんたは子供まで恵まれて幸せだよ。その幸せに感謝をしろ。」と、まともな人間の吐く言葉ではない。
青学は彼女に対して、どのような対処をとるのか、、、。

   http://www.j-cast.com/2008/04/24019475.html  (J-CASTニュース)

 難しいことは分からないが、あの加害者の人権を守る弁護団が奇天烈な屁理屈を少年に吹き込まなければ彼は死刑にならず無期懲役で終わったはずの気がする。彼等が死に追いやったように思える、、、。

 お昼近く5,6年前に帰国された石井先生御一家が訪ねてくれた。今は呉の病院勤務とのこと。

 松坂投手のインフルエンザのため遠征に行かなかった前田さん御夫婦と昼食をする。

 日本時間の26日朝、阪田さんに電話して「Will買うのを忘れずに!」と念押しのSkype。

   午前中は半袖 夕方より少し冷え込む
d0024276_1454118.jpg

                            石井さん御一家
                 ボストンに来た時は上の子は未だ赤ちゃんだった
d0024276_145712100.jpg

            2007年レッドソックス、ワールドチャンピオンになった記念リング
            重厚な木箱に納められている
d0024276_14585011.jpg

                ルビー、エメラルドの周りを沢山のダイヤが囲む
                すごく重い
d0024276_153654.jpg

                「汚ネェー手だからな~。」と差し出す前田さんに
                「大丈夫よ。顔よりましだから。」と慰める
by arata-tamiko | 2008-04-26 15:05 | Comments(0)

言うべきか言わざるべきか   4/24/08

 私もオッチョコチョイだが、日本の友人阪田さんも相当なもの。数年前、韓国の男性三人ボーカルグループに感動して「SG Wanna Beって言うのよ。」と国際電話をすれば「エッ、ワラビって言う名?」「違う!SG ウォナビーよ。」「蕨でしょう?変った名前ね。」と言う情けなさ。

 5月末に来る彼女に、本村氏の手記が掲載される雑誌名、Willを買ってくるように頼んだ。
「エッ、ウィ?」「違う。ウィル。」「ウィでしょう?」と言ったやり取りを何度かしたあげく雑誌のスペルを教えると「な~んだ。私はまた今度はゲームに挑戦するのかと思って”偉いな~”って感心していたのよ。」と言う。私達二人言うほうが悪いのか、聴く方が悪いのか、、、いつもこうなってしまう。

 ある人から新車購入の件で電話を受けたが、彼はHondaかToyotaで決心がつかないと言う。
「Hondaのディーラーを知らないので料金を頂いても、それだけの交渉もアフターケアーも出来ない。申し訳ないがHondaには一人で行ってください。」と、初めにHondaに行くことを勧めた。
数日してHondaと売買契約をしたとメールを頂いた。自分の気にいったものを買うのが一番なので、それはそれで良かった。
 しかし文面からして彼は完全にセールスマンとマネジャーのPlay Gameにのせられてしまっていた。「交渉が上手くいったのは相手が韓国人だったからでしょう。私の粘りようには、彼も”アメリカ人のセールスマンだったら、君はとっくに追い出されていたよ、、、”と笑っていました。」とある。
しかもマネジャーから「今夜までに買えば、この値段にする。」と言われ、このチャンスを逃がしては大変!と慌ててしまった。これは買い手が素人とみれば、車のセールスマンが使う常套手段。

 「良かったですね。」で終わらせるべきだとは十二分に分かっていながら、この人がこれから2年過ごすことを思うとアメリカの現実を知らせた方が良いと思った。
 「敢えて申し上げます。」で書き始め「セールスマンには韓国人もアメリカ人もありません。それに韓国人はタフです。彼らの日本人感は”大人しく人が良い”です。彼は貴方を心地よくさせるために言った言葉です。
車の値段に今日中も明日中もありません。こちらのセールスマンは数字をあやつり混乱させます。どうか今後大きな買い物をされる場合は心してください。」とメールを出した。

 「あんな内容のメールを読んで私がビジネスが欲しかった、、、と思ったのではないか?」とか「彼は知らないままの方が良かったのでは?」と後悔した。
今朝電話がかかり「確かに彼らの行動は、メールで書かれた通りの筋書きでした。自分では良い値で買ったと思っていましたが勉強になりました。こんなこと誰も言ってくれないと思います。」とお礼を言われた時は、思わず私も「分かってくださって有難う。」と言ってしまった。

しかし、私は自分ながら”おせっかい”だと思う。見てみぬふりが出来ないから困ってしまう。

 カリスマと言われている有名な韓国の男優が交通混雑が原因で73歳の男性を殴り、車にすがりつく相手を500メートル引きずって走ったニュースが世間を騒がしている。
(彼はNHKで放映しているペヨンジュの「太王四神記」で大長老役を熱演しているそうだ)
d0024276_1371937.jpg

          韓国映画やドラマでは、よく見る土下座だが現実に有名俳優が
          記者会見でするとは、、、。彼、46歳
          彼の国では、男の土下座とは相当の意味することらしく記者団の
          方がうろたえて「座ってください!」とお願いしている (朝鮮日報より)
d0024276_13215610.jpg

                 二日後の栃の木、既に葉っぱが茂り始めた
d0024276_13231360.jpg

           正体の分からないイ サンチョル氏が別れの挨拶に突然来た
           「親切を感謝します」と高価なWhole Foodsの果物を、また沢山
           持って、、、、 土曜日に帰国 一年後にまた戻ってくるそう
           深々と頭を下げベンツに乗って帰っていった
           帰宅したスヨンに「これは私がもらったものだ。分けてあげない!」
           と言う 彼女も負けずに「葡萄一粒だって欲しくない!」と言う
           メロン、西瓜、マンゴー、リンゴ、葡萄、オレンジ、ラズベリー、イチゴ
           そして柚子と山盛り その中にミニトマトが三箱あるのが御愛嬌
by arata-tamiko | 2008-04-25 13:34 | 興味ある話 | Comments(2)

恥知らずの男   4/23/08

  一昨日帰国したFさんから頂いた宮崎特産の干し竹の子を湯がいて一晩水に浸したものを、今朝鶏肉(大分では”かしわ”)と煮る。
「貴女がいなくなった後、竹の子をくれそうな宮崎人を捜さないといけないわね~。」と言うほど、私は竹の子が好き。この歯ごたえが何とも言えない。
 
 横浜に住んでいる時、山元町の商店街にある八百屋に初物の竹の子を買いに行った。
一山いくら、、、と並んでいるザルを指差して「少々高くても良いですからイゴイゴが沢山ある硬いところだけを売ってくれませんか?」とお願いすると「長年八百屋をやっているが、硬いとこが好きなんて客は初めてだ。皆、先っちょの柔らかいとこを選ぶのに。」と呆れられ、それ以来「いらっしゃい!竹の子のお客さん。」と挨拶されるようになった。

 歩道のプランターのチューリップを、手に持つ傘でなぎ倒している映像に映る男性。身なりから察するところ、きちんとした勤め人で家族もいる年齢。恥のない日本人が増えてきて、だんだん幼稚化している。
是非見つけてほしい。そして罰として来年は球根から植えさせ花を咲かせるまで責任を持たせたらいい。

 来月帰国の平井さんからCafe Sushiでの夕食に招待される。彼らしく律儀にお礼の品を下さった。同席した友人が「必死になって選んでいました。」と笑う。食事の終わりかけに「やっぱりフランス料理でなくて良かったですね。」と言うのに「でしょう。」と力をこめる。

 午前中は前田さんと御一緒だったが、球場にあったインフルエンザの薬は止めておいた、、、と言うのに「なぜ?」と訊くと「名前が悪いよ。聞いたとたん”やばい”と思ったよ。」と言う。
「タミフル」だそう。(彼は私をタミーと呼んでいる)
この人は本当に失礼しちゃう。

   Tシャツ一枚でも暑いほど
d0024276_150353.jpg

                    サービス品のマグロの叩き絶妙の味 
d0024276_1525011.jpg

                    Crunch Roll  美味しい! $9.50
                    (中身) アヴァカード 鰻 ピリから蟹の身
                          とびこ 天麩羅揚げ玉
d0024276_1581845.jpg

                        Spicy Citrus Roll  $9.75
                  (中身)    焼サーモン 胡麻 海老
                          青海苔 レモン 

                     
by arata-tamiko | 2008-04-25 02:01 | 諸々の出来事 | Comments(0)

本村氏に対して畏敬の念にうたれる   4/22/08

 自称、新田チュルドレンの一人であるNさんは明日帰国。Comcastにボックス返却した後、昼食をベルモントで一緒にした。2年と言う月日の早さに二人して驚く。

 昨日の日本時間の正午、宝塚の姉から「判決出たわよ!」と電話を受けて以来、一般人の意見を検索で読んでいるが、殆どの人が下された判決に納得している。
記者会見での本村氏の態度が立派であればあるほど、記者達の質問が愚かに聴こえる。
10年間、血の涙を流し続けた人に向かって「墓前に向かって何を言いますか?」とは何と軽く薄っぺらな言葉だろう。芸能人への質問そのまま。
判決前に「もし納得できる判決が出れば心は癒されるだろうが、私が被告に死刑を求めたという十字架を背負っていくことは変わらない。」と苦渋に満ちた氏の心境を全く理解していない記者団達。

 彼が総理になってくれれば、日本国もしっかりするのではないか、、、と強く思う。

 NHKの歌番組に「千の風になって」で有名な男性歌手が「昴」を歌っていたが、時々音程がはずれる!
私はこの人の声量、声質からして何故にテノール歌手と呼ばれているのか不思議。
確かに日本人歌手としては舞台での見栄えは良いが、、、。
オペラを歌う日本の友に電話をして彼女の意見を訊いた。彼女の先生は声がチョッとでもこもると「喉が蓄膿症になったような発声はしないこと!」と常々注意していたそう。ニュアンスは解る。

   暖かい 上着不必要
d0024276_15474382.jpg

                  夏が短い当地では木々の芽の成長も急激
                  二日後の栃の木の芽はこんなになりました                  
by arata-tamiko | 2008-04-23 15:50 | 諸々の出来事 | Comments(0)

Mammogramの検査   4/21/08

 オレゴンに住む長姉は先週の16日にカナダの友人を訪れた。
横浜の埠頭に浮かぶ氷川丸は戦後復員船の役目を終えた後、外国航路で活躍。その氷川丸で渡米した姉は、写真見合い結婚でカナダに渡る東北からの女性と船上で知りあい変らぬ友情が50年続いている。
ある日、姉のもとに彼女が進行性の筋萎縮にかかっている知らせが入った。暫くすると、娘さんから「車椅子の生活となりました。とても会いたがっています。」と電話があり姉は意を決して出かけた。

 2年前、彼女の一人息子は酔っ払い運転の犠牲となり、そのショックからなのか御主人も心臓麻痺で亡くし次は彼女の病。姉は「慰めの言葉も見つからない、、、、。」と嘆いていたが、今朝カナダからの電話で様子を知らせてくる。
遺児となった12歳のお孫さんのことを思うと、彼女はどんなに辛いだろう。

 南米から戻ったTさんが、夕方わざわざお礼に来てくれた。
後で思えばふき取ってくれた女性が手に紙を持っていることは不自然なのだが、ジョギングをしている男が近づきペットボトルの水で背中にかけられたサルサを洗い流し始めたので、より汚れが散らばり気が取られたそう。
すごい人間心理を読んでいるチームワーク。

 もっと驚いたことは、Tさんが私に電話をしてくるまでに彼等は暗証番号なしで即刻$50の金額をATMから引き降ろしていた。
これからが、もっと凄い!何故に初めに大金を引き降ろさなかったか?だ。

 Tさんはいつも50ドル前後しか引き降ろさないから、突然に額が多くなった場合、銀行ストップがかかる恐れがあることを彼等は計算している。
だから私がストップをかけた後、何度か彼等は小口の引き出しを試みていた。
どうして、Tさんの引きおろしのクセを見つけたのか分からない。こんな巧妙な人々が日本に出稼ぎにくるのだから、たまったものではない。

 山口県光市の差し戻し控訴審の法廷に向かう木村氏の凛とした姿勢。

 ボストンマラソンには最高の天気だった 
d0024276_1156064.jpg

               Laheyの正面玄関前にある可愛いブロンズ像
d0024276_1157137.jpg

         十数年ぶりに乳癌の検査を受けた。終わった後、担当者の女性に
         「胸がない人には、どう言うのですか?」と訊くと、これこれしかじかの
         理由で、、、と検査しにくいことを伝えるそうだ。
         でも、言われた人はどう返事をするのかしら?
         アイ アム ソーリーでもないし、、、。 
by arata-tamiko | 2008-04-22 12:03 | 興味ある話 | Comments(0)

久しぶりSちゃん!   4/20/08

 南米でカードをすられたTさんは銀行ストップしたことを聞き安堵した。彼の話はこうだった。
歩いていると男性から突然サルサのようなものを服にかけられ驚く彼に間髪をいれず女性が近づきスペイン語で何か声高に言いながら拭き取り始めた。騒動が終わりホテルに戻った後に、財布の中にあったカードのみが抜かれていることに気づいたそう。他の証明書カードは全てそのまま。
つまり彼の後ろポケットから財布を抜き取った彼女は一瞬でカードを見極め選んで盗み彼のポケットに戻したのだから「敵ながらあっぱれ!」と思わず言ってしまった。
彼も「本当に、僕もそう思いました。神技ですよ。」と笑う。「残った時間を楽しんで。」と慰めると「旅行ガイドの注意で出てくる典型的なスリにやられたかと思うと、自分の愚かさに腹が立って、、、。」と嘆いていた。

 週刊新潮に「結婚」と「墓碑銘」の題名で各一ページの記事が毎週掲載されている。
その「結婚」の花嫁さんがSちゃんだったのには老眼鏡を拭いて見直してしまった。
「桜花賞が取り持った社台ファーム令嬢と堀 紘一氏長男」の見出し。
出席者500人、音頭は田原総一郎、仲人が与謝野前官房長官夫妻。新郎の主賓はオリックスの宮内義彦会長、新婦側は河野太郎衆議院議員などなどの錚々たる顔触れ。
Sちゃんは9年ほど前に粂原さんが働く留学センターEDICMを通してボストンのサマースクールに来てお世話をした。競走馬では日本一の社台ファームとは聞いたが彼女は全く普通の女の子。ブランド品を持つわけでもなし、むしろ質素だった。帰国途中ハワイに寄ったとプレゼントを送ってきたのには感心させられたが、その子が幸せそうな花嫁さんで載っている。思わず「Sちゃん、貴女だったのね、、、。」と心でつぶやいた。

やはり、こう言う世界の人は同じ世界の人と出会い結婚する。シンデレラ物語は小説の上。

   風に冷たさが残り上着が必要 快晴
d0024276_1358716.jpg

             三日前に、やっと芽を出し、この陽気でこの成長ぶり
             九州育ちの私は初めて見る栃の実に”栗だ!”と大喜び
             してしまった 殻はイガイガがあって栗そのもの 
by arata-tamiko | 2008-04-21 14:05 | Comments(0)

かかる電話の内容   4/18/08

 早朝RCNの工事人からの電話で起される。昨日も「明日の工事を忘れないように!」とコンピューターの声でRCNから電話がかかってきたが、お客様のために工事を頼んだ心当たりは全くない。
「誰の家に工事に行くのか?」と訊くと、子供のために郊外に越すお客様の名前だった。
 お昼ごろ今度は「私は大家だがRCNが待っている。彼等は未だ引っ越していないのだが、いつごろ来るのだろうか?」と電話があった。「いったいどうして貴女は私の名前と電話番号が分かったのですか?」と訊くと申し込み書に記載されていたと言う。
 彼等が一番親しくしているMさんに電話をすると案の定引越しを手伝っていた。「後15分で到着するそうです!」と大家さんに連絡した。

 すると今度は南米旅行中のお客様からの電話。カードを盗まれたそうで銀行ストップの依頼。
CSBに電話をすると「分かったわ。すぐストップさせるから心配せず残りの日々を楽しむように伝えて。」と、ことは数回の電話会話で終わる。
他の銀行では有り得ない。お客さんも私が意味したことが今解ると感動していた。

 昨夜、S君の話題で盛り上がったのを感じたのか、帰国後初めてS君からメールがきたのには驚かされる。それも未だインターネットが繋がっておらずインターネットカフェから書いている。
こんな偶然もあるとは、、、。
薬品会社の研究所で優秀な先輩に囲まれ幸せだと近況報告。

 宝塚の姉が「ちょっと前までは一世代前の芸能人たちが亡くなっていたのに、いよいよ私の世代となってきたわ。毎日心して生きていかないと。」と、最近亡くなった俳優兼歌手の山田真二のことを言う。美形とは彼のためにある言葉と思えるほど若い頃はハンサムだった。
それから橋本知事の涙へ話が移り、最近の男は何で女々しくすぐ泣くのか?で、姉が「昔、津久見高校が甲子園の決勝戦に負けて選手達の泣く姿を見た時は”男が泣いている!”とビックリしたけどね、、、。今では日常茶飯事ね。」と想い出話をする。

   陽光燦燦で木々に芽が吹き花も咲き始める
by arata-tamiko | 2008-04-20 13:44 | 諸々の出来事 | Comments(0)