<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

昨日の今日   2/27/08

  昨日健康保険のことを書いたが、お店に働く女性マネジャーのギョンヒーから「手足に出た酷い湿疹の痛痒さで夜も寝られない。保険がないので病院に行けず、客から勧められた市販の塗り薬をつけているが効き目が全くない。」と助けを求めてきた。
たんなる湿疹ではなく、手の平より大きく赤く広がり腫れ上がり熱をもったところにブヨが刺したような傷口がいくつかある。それが手足の何箇所かに出て見るからに痛そうで目をそむけてしまう。

 「診てもらいたい医者のリスト」の中の一人に入っている其の先生の奥さんに伝言だけでも伝えておいてもらおう、、、と、電話をすると、先生が偶然タイミング良く昼食に自宅に戻っていた。
日本で活躍されていても、こちらでは研究者。それを一方的に頼み込み彼女を連れて行ったのに快く診てくださった。
 先生から手持ちの薬を分けてもらったギョンヒーの安堵と感謝の表情。いたくお礼を心配するので「手作りの韓国料理でお返しをしなさい。」と助言しておいた。

 お店に帰る道、保険がないため病院にも行けないと不安で悲しむ彼女の顔を見ていると「フリーメディケイドを申請しなさい。」と思わず口に出てしまった。
後で「あそこは夫婦で真面目に働いて税金も払っているからマァーいいや!」なんて一人で納得する。

 親切な先生は、この薬が効かなかった場合の他に考えられるいくつかの原因と病名、そして血液検査は必須だと書かれたメールを送ってきた。
彼女の英語はスヨンより少々まし。どうやって彼女に説明したらいいのか?で困った。
ハッと思い出だしたのが、お店で知り合った若い韓国人夫婦。日本留学経験で流暢な日本語を話す。
ノートに書いてもらった電話番号が見つかり事情を話すと、こちらも快く引き受けてくれメールを転送。

 韓国語で説明を受けたギョンヒーから「もし病院に行くようになったらお金はどうしょう、、、。明日は仕事を休みたい。」と電話がかかり、スヨンは同情しつつも「アイッシ!」と言いながら敷布団の上をゴロゴロ。
彼女のスケジュールは毎木曜日は午後の2時で終わり。一日しか休みのないスヨンは明日の予定を立て楽しみにしていたのに、こちらも可哀想。

 kawazukiyoshiさん、コメントありがとう。

   どんよりした曇り空 夜急激に気温下がる
by arata-tamiko | 2008-02-28 18:05 | 諸々の出来事 | Comments(0)

アメリカの医療保険   2/26/08

 会社勤めをしていない私は自分で健康保険に加入しないといけない。特にMA州の住人は保険加入をしていないと罰金を科せられるようになった。
 今までの保険は月額の払いが$400で、$5,000以下の医療費は自費払い。つまり酷い風邪を引いても、おいそれと気軽に医者にもいけないし、人間ドックなんてとんでもない。
数年前に受けたコルステロール、血圧、子宮癌そして骨粗鬆症の検査には数千ドル払った気がする。
検査の結果、毎日飲むことを勧められた小さな一錠の薬は一ヶ月軽く$100以上。その上空腹状態で大量の水と一緒に飲む。半年で止めてしまった。

 65歳からはMedicareと呼ばれる月額支払い$150の州保険に加入できるが、これだけでは十二分な医療を受けられないそうだ。
そのため私の友人夫婦は三ヶ月毎に一人につき$480の追加、夫婦二人で$1,000近くを支払っている。それでいて薬代は自費。

 アメリカ人とも話すのだが、多くの移民が来てすぐにMedicaidと呼ばれる保険を持てる理不尽さが理解できない。韓国の学生達も申請して手に入れているが税金も払ってもいない人が恩典を受けれて、真面目に長年働き続けた夫婦二人が老いた今、州の健康保険支払いに苦しまなければならないのだろう?
彼等の医療費負担は全て私達が支払う保険額に響いている。あるところに「MA州にはフリーの医療保険があると聞いたのですが、どうやったら手に入るのでしょうか?」と、学生が載せていた。
 よっぽど”寝言は寝てから言いなさい!”と出そうかと思った。

 この歳になれば定期的な検査も必要との友人のリサの勧めで、清水の舞台から飛び降りる覚悟より苦渋の覚悟で支払いはかなり高くなるが会社を代え、ディダクタブルが低くカバーの良いプランに加入した。

 早速の健康診断のアポをリサが彼女の先生に取ろうとしたが新患者は受け付けてないとのこと。
日系女性の医師名があったので電話をすると、相手が指定した来月初めの日でないと次のアポは9月と言われた。
 
 家族4人の一ヶ月分の食料費が出るほどの医療保険を支払っても、こんな具合。
この国では金持ちか貧乏でないと恩恵が受けれないようだ。でなければ一か八かで、エマーゼンシーに飛び込みで行く方が利巧かも。

   日中どんよりと曇り午後から湿気を含んだ雪
d0024276_1102575.jpg

                  三人の帰国お別れ食事会はシャブシャブ
                 5人とも私のお客様で彼ら同士よき友となった
             左から斉藤さん、寺島さん、八木さん、野口さん、大森さん
                  (斉藤さん、野口さん、大森さん帰国)



                       
 
 
by arata-tamiko | 2008-02-28 01:19 | 納得いかないこと | Comments(1)

引っ越した理由   2/25/08

 朝のNHKニュースで李明博新大統領就任式を見終わったスヨンが、画面に向かって韓国の兵隊のように大声で"忠誠!”と挙手のポーズを取ったのには大笑いしてしまった。

 昨日会った女性のことで田舎の幼馴染に電話をすると、よく知っていた。それから町のさびれ様や人口減の話をしてくれ「町の通りは杖か乳母車を押して歩いちょる年寄りばっかりじゃけん、うちが自転車に乗った姿なんかぁ~、生娘に見えるんじゃーが~。」と、60過ぎた友人が言う可笑しさ。

 こちらに長く住む方から自分達が引っ越しせざるを得なかったのは、私の責任だと、お叱りの電話を受けた。
入学してくる英語の分からない日本の子供達のために、どのくらい自分の子供が通訳として使われ迷惑をこうむったか、、、と延々と聴かされた。

 あの家族も、この家族も、、、と5家族名前を挙げた中の一家族は見たこともない。

「もうこれ以上日本人を町に入れないで欲しい。」
「お世話をする上において皆さんに、各町の先住者日本人家族の子供達が、どれくらい迷惑をかけられているかを教えて欲しい。」
「今やっと日本人のいない開放された生活をしているので、絶対にこの近くに日本人を来させないで欲しい。」

 日本人学校でも同じ経験者たちと話題になるが、日本人社会では口に出せないと言う。
「では”忠告書”でも印刷して新しく来た家族たちに配ったらどうでしょう?私はお客様に生活指導をする気もないし権利もありません。」と断わった。

 しかし私は、この人に一度も私のお客様の子どもさんの面倒をお願いしたことはない。

   燦燦と日が射し暖かい
d0024276_13472739.jpg

             元気になったスヨンは、週一日だけの休み日に海老とイリコを
             すり鉢で粉にして料理に使う
             これほど食べることに時間と労力を厭わない彼女が昨日までの
             三日間殆ど食べなかったのだから本当に具合が悪かったこと
by arata-tamiko | 2008-02-26 13:51 | Comments(0)

縁なのか、万が一の出来事   2/24/08

  今日は千分の一いや万分の一でもありえない奇跡とも言える出会いがあった。
60歳近い女性が沢山の日本と韓国食料品を買うのに、隣のレジの店員が理由を訊いていた。
ボストングローブに料理のコラムを持っていて日本料理の本も出版したと話すのを耳にしたので日本語が解るのかと訊くと、綺麗な日本語で「はい。」と答えた。

 九州に長年住んでいたそうで「九州はどちら?」と聞くと「大分」と言う。
「大分は?」と聞くと「津久見です。」には聞き間違えたのかと彼女を見つめると「知らないでしょう?
小さな町よ。」と笑う。
「あの~、津久見ですよね?」「はい。」「それって私の田舎です。」には、今度は彼女の方が驚いた。
信じがたいと言った表情で「本当?」と絶句。

「どこに住んでいたのですか?」
「お医者さんの家。」
「沢山お医者さんがいるわけでもなし、、、。大石先生、、、。」と言いかけると「大石先生を知っているの?」と興奮状態。
私が知る先生は亡くなっているが、50過ぎた子供達とは今でも親類同様の付き合いで去年は故郷の津久見に帰った(行ったとは言わなかった)そうだ。
 普段なら6時ごろに帰宅するのが、風邪を引いているスヨンと一緒に帰宅するために閉店まで残ったから出会えた偶然。
アメリカ人から「きっと何かの縁なのよ。」と言われたのには笑ってしまった。
 住まいは隣町のLexingtonなので、来週にでも昼食を、、、となった。

 この話の中で我町の人口が2万とスヨンに分かり「今まで私を田舎者!と馬鹿にしていたけど、貴女の方がもっと田舎だ!」と、わめいていた。

 韓国大統領の就任式が催されている。(25日午後)
就任式の後、李明博新大領領が一番に会談する相手は日本の福田首相。90歳近い中曽根前首相も式に参列しているところからして日本側の謝意を見せているのだろう。
半日感情むき出しだった前大統領は臍を噛む思いだろうと彼の心中を思うと気味がいい。

 祐樹君のお母さ~ん、暖かいお言葉心に沁みます。ありがとう。
祐樹君が、いつ私に口を聞いてくれるか、いやそれより挨拶をしてくれるかが楽しみです。
私達二人、なにか根競べみたいですね。それでいて私のことが多いに気になりチラチラと祐樹君が、こちらを見ている視線を感じて可愛く思っています。

   日中とても暖かい
d0024276_1514259.jpg

           昨夜の温泉風呂が効いたのか、今日のスヨンは見違えるように
           元気になった
           早速私の好物、スンドゥブチゲの夕食を作ってテーブルにだして
           くれた しかしこの食卓のアレンジは完全なる韓国式 
           母が生きていたら「何てざまなの!まるで朝鮮人だよ」と嘆くだろう
           作った本人は「辛い、辛い」と、韓国海苔でご飯を食べていた         
by arata-tamiko | 2008-02-25 15:22 | 興味ある話 | Comments(0)

下心   2/23/08

  「カレーライスはお好き?」と昼食にTエレクトロニクスのNさんを誘った。日本の企業の中では生活が落ち着いてから家族を呼び寄せるように、、、と言う趣旨のもと、一人住まいを3,4ヶ月ほど強いられる。こうなると男性の一人住まいは食事に一番不自由する。
かえって仕事の士気を高めるのには逆効果ではないか?と思うのだが。

 食事が終わった後「ところでさぁ~。」と、あるサイトのダウンロードをお願いした。
知り合いの大学生から「日本のドラマや映画が見れます!」と、サイトを教えてもらったが、何やかやと記載する箇所がある。その上規定に従って私が一番苦手とする、あっちをクリック、こっちをクリック。

 「一応食事の後にお願いしたのだから許して。」と言うと「誘われた時から感じていました。僕にしては初めでも終わった後でも余り変りありませんから。」と、私の下心を見抜いていた。
私はスヨン達が観ている韓国のような放映かと期待していたが、アニメが多くYou Tubeのようなもので、全部を削除してもらった。 Nさん、ご苦労様!

 仕事が終わった夕方からお店で働きスヨンを乗せて帰宅。週末はBroadwayの路線バスが走らず
Porterから乗換えで帰宅するため、彼女は一時間以上かかる。

バスタブに溢れるほどの熱いお湯をため、”信州白骨温泉”の入浴剤のお風呂で「思いっきり汗をかきなさい。」と薦めた。

 「生まれて初めて温泉に入った。」と大感激で赤い顔してお風呂場から出てきた。

   気温が上がり道路は綺麗になった
d0024276_232957.jpg
 
           K製作所はうどんとお汁粉、そしてTエレクトロニクスは
           カレーライスで頼みごとをする
by arata-tamiko | 2008-02-24 23:31 | 諸々の出来事 | Comments(1)

時は流れ、、、、。   2/22/08

 辛そうにしているスヨンに休むことを強く勧めた。躊躇していた彼女も毎週末の目の回る忙しさを思ってオーナーに電話をすると、彼女も同じ風邪を引いていた。
午前中ゆっくり休養して午後2時ごろ来るように言われたスヨンは「それなら朝から行く!」と出かける支度。既に雪は降り始め、せめて、、、とバス停まで送っていった。
お店まで行ってあげたかったが、20年近く前に事故をして以来いまだに雪道は恐い。

 中国生産の冷凍食品関係の報道官として出てくる外務省のぼってりした男性、体格も風貌も中華街でよく見かける”ばんざい布袋”そっくり。彼がモデルではないかと見まがうほど。
「日本が出資している会社なのだから、日本側の管理体制に問題がある」との中国側の屁理屈、変に感心させられた。

 皇太子殿下が今日で48歳とは、、、。誕生間もない皇太子を抱いた美智子妃の写真は崇高だった。ついこないだのよう。
 雅子様の婚約発表があった時、ライシャワーご夫婦は「外国生活が長いから、古いしきたりの皇室での生活は、、、、。」と危惧していたが、美智子妃の苦労を知っての言葉。

 ベルモントの彼等の自宅に現天皇ご夫妻そして現皇太子と泊られるくらい個人的に親しくされていた。
「外国の皇族も沢山見てきたが、皇太子殿下ほど聡明で帝王の雰囲気が備わっている若者は他にいない。美智子様は母親として実に立派な育て方をされた。」と感銘していた。
 雅子妃は、皇太子の人柄に惹かれたのだろうと思う。

 四分の一、日本人の血をひく若い黒人青年の演歌、聴く価値あり。

http://jp.youtube.com/watch?v=YEmeVeQe56U&feature=related
                                  ( you tubeより)

   一日中雪 かなりの積雪
d0024276_1645219.jpg

         チワワの血も混じるチビは寒い雪の中でのトイレは拷問に等しい
         雪のついた前足を上げたまま世にも悲しげに鳴きながら固まって
         動けなくなる 時には後ろ足のこともある
by arata-tamiko | 2008-02-23 16:53 | 興味ある話 | Comments(0)

友達自慢   2/21/08

  いったいこれはどうしたことだろう?
不動産屋に電話をすると彼女も風邪声。ある事でKさんに電話をすると風邪で寝込んでいた。
2時に終わったスヨンは帰宅早々布団にもぐり込み、同じ部屋に住み始めたフィーパラムも鼻声。
お店でも、オカズ作りのアジュンマ、肉のお兄ちゃん、野菜の若い女性と同じ症状の風邪を引いている。

 朝の一時間ほどを高月さんと想い出話も入れて話しこんだ。
バブルが弾ける寸前だったか、彼の会社から百人近い若い社員がボストンを訪れ、私はツアーガイドとして一緒に会場に入った。
現地社員として彼が皆を前にして何か講義か発表のようなものをしている姿を目にしたのが初めての出会いだった。日本を離れて十数年、大企業に働く若い男性社員が髪を後ろに束ね、ちょん髷スタイルにしている姿は強烈な印象で残った。
 それから何年かしてパソコンを教えに我が家に来てくれた時、ヘヤースタイルは違っていたが「貴方は、あの時、、、?」と、言ったほど。
そしてこれほど友情を深めていくのだから人間の出会い、そして結びつきとは不思議なもの。

 帰国するお客様から頂いたDVDのいくつかがパソコンでないと画面がストップしてしまう。
それで高月さんが日本からの遠隔操作で私のパソコンに入り込み、F3を使わず、カーソルだけで画面をテレビに移動できるようにしてくれた。

 教えられた方法を一言一句しっかりと書き留めたのに、書いたものを置いた場所が分からない。
それでまた彼に聞くと怒ることなく教えてくれる。

 日本の友からプレゼントされたコートを着て歩くチビを見たお年寄りの女性が足を止め「こんな素敵なコートを着れるなら、犬になるのも悪くないわね~。」と、チビに話しかけていた。

   日が照っているがカリカリした空気の冷たさ
d0024276_16184675.jpg

                 スタートはこれをモニター上に出すことから始まる
d0024276_16215014.jpg

                  我が家ではテレビが左にあり右にパソコンが
                  あるので、画面の配置も同じようにセットする
d0024276_1623449.jpg

                   これがパソコンに写っているドラマの映像
d0024276_16263294.jpg

                   左にあるテレビの方向にカーソルで動かす
d0024276_16274890.jpg

             パソコンのモニターから映像が消えるまで左に動かす
             (すみません。孫がベッドで寝そべっている画像です)
d0024276_16304491.jpg

                ジャジャ~ン!テレビの画面にそのまま映像が移動
                (彼女の楚々とした美しさには見ほれてしまう 
                 今の日本では見られなくなったタイプの美貌)
by arata-tamiko | 2008-02-22 16:37 | 興味ある話 | Comments(0)

山階鳥類研究所   2/20/08

 風邪が大流行のようだ。人に与えることが大好きなスヨンなのに、風邪の菌だけは人一倍もらってくる。
12月初めCA州に出発時も酷い風邪で、後日親類の人から病院に連れて行かれたそうだ。
今朝も辛そうに出勤していた。働き過ぎからくる過労だと思う。

 我が家の住人が、もう一人増え現在韓国人女性が三人の同居生活。
以前お店に少し働いていた若い女性で、スヨンから「三ヶ月だけ住まわせてくれないか?行き場がなくって困り果てている。」と言われたが、3ベッドルームの家では無理だと断わった。

 するとスヨンは「私の部屋で一緒に寝るから。」とまで言って彼女に同情する有様に”NO!”とは言えなくなり、昨日の朝「では、、、。」と返事をすると、夜にはスヨンと一緒にスーツケースを引っ張って来た。
 名前が難しく(やたらにヒョン、キョン、ウォンとかあって覚えられない)、私は勝手に”フィーパラム”と呼んでいる。
 2年前、Koreanaで催されたクリスマスのカラオケで、若い彼女が突然「フィーパラム」と言う北朝鮮の流行り歌を北朝鮮の女性歌手独特の物真似をして皆からヤンヤの大喝采を受けたのが由来のもと。   (風はパラム フィーは風が吹く擬似音)
 別に嫌そうな顔もせず返事をしているし、スヨンも「ヤー、フィーパラム!」と呼んでいる。

 友人のリサに私の老後生活設計のプランなどを任しているが、今夜来て老後の必要月額生活費をはじき出してくれた。
「何歳まで働くと思うか?」と訊かれ「ウ~ン。」と考え込んだが一応70歳と答えておいた。
彼女はファイナンシャルプラナーだが、友人として親身に私の老後を考えてくれる。

 山口県光市母子殺人事件被告の弁護団が内輪もめしているとのニュース。
犯罪史上に残るOJ シンプソンの弁護団を思い出させる。

 山階鳥類研究所のスタッフがアホウドリの絶滅を防ぐための苦労、並大抵ではない。
何もない島に三ヶ月も寝泊りして雛が成長するまで餌を与え続ける。
立派な人々だな~と思いながら、ニュースの映像を見入った。

   晴天なのに、この空気の冷たさ!

 
by arata-tamiko | 2008-02-21 15:36 | 諸々の出来事 | Comments(0)

三日坊主   2/19/08

 T先生にレザー治療や皮膚に関しての話を、聴かせて頂いた時、Hydroquinone USP,4%の軟膏を、未だ少し薄く残るシミの部分に毎日塗っていた方が早く消えますよと言われた。
 チューブの半分以上残っていた軟膏を、その夜からまた塗り始めたが3日続かない。
(今夜は、しっかりと塗った)

 ポンポンと部分部分に塗っていくのは面倒なので、顔全部に塗りたくったら駄目か?と聞くと「それでは全体の皮膚が白くなって、薄く残るシミが返って目だってしまいます。」と言われた。
 なるほど市販のチューブには「Skin Bleaching Cream」と書かれている。
先生の興味あるお話を私一人でしまっておくのはもったいなく、私のお客様の奥さん達にも聴かせてあげたい。

 一世を風靡したハーフの女性歌手が今夜の歌番組に出ていたが、Wikipediaによると49年生まれ。そうなると60歳近い!それであのスタイルを保っているのには立派。
しかし顔はいじりすぎたのか、皺のない顔はプヨプヨとアンパンマンみたいになっていた。

 引継ぎの話を持ちかけられ誠意を込めて各種の情報をメールしていた方と今日お話をした。
この御家族も、その人が既に私とメールのやり取りをしていたことを全く知らされておらず、私もこの御家族のことは知らなかった。お互いに大笑いしてしまった。

 他の人にも出していたようだから、十二分過ぎるほどの情報を得て、来ても困ることはないだろう。
 「こんな人って他にもいるんですか?」と訊かれたが、年に数人はいると答えた。
こんなに人柄の良いご夫婦に対して、このような行いをして罪悪感はないのだろうか?
 
   平均気温
d0024276_14542555.jpg

          韓国料理ではカツオ節は使わないが、誰のアイディアだろうか? 
          カツオ節で取ったダシ汁をニンニク、生姜を加えた醤油と煮込む
d0024276_14585697.jpg

                      半割りにした蟹を歯でかじり身を押し出す
                      特に甲羅の味噌は熱々のご飯と合う
                      料理本を出そうか?とスヨンが言う
by arata-tamiko | 2008-02-20 15:05 | 諸々の出来事 | Comments(0)

醜い嘘   2/18/08

  週に一度しかない休みなのにスヨンは朝から台所に立って、私の好物のホットトックを焼いている。「こんなに料理好きなのに、どうして結婚が、、、。」と嘆く私に向かって「結婚に料理は関係ない。
だってこの世の中、料理が下手で離婚された話は聞いたことがない。」と言った。

 なるほど、そう言われれば確かにそうだ。しかし初め惹きつけるのに美味しい手作りを食べさせれば多いに効果はあるはず。スヨン曰く「家に連れてくるまでが問題だ!」と今度は言う。

 日本に一時帰国していた時に、この春留学される方から長文のメールを頂いた。この大学とは縁が深く何人もお世話をさせて頂いている。この方も誰々から薦められました、、、と、私のお客様だった何人かのお名前を書いていた。
 電話で直接に各町の様子や学校に関して詳しく説明をし情報も十二分に与えた。私がこちらに戻ってからはメールのやり取りをしたが「日本人のいない場所」が希望だった。

 そしてつい先日「VISA申請等に時間を費やし長いこと返事が出来なかった。」との書き出しでメールが入った。そして「ちょうど知り合いからの連絡でXXXに決めました。」ともあった。
そこは一番日本人が多いと言うことで彼が避けていたところだった。

 その人は、そこに住む帰国の家族が掲示板に載せた引継ぎにメールを出し、そちらからも写真を送ってもらったり散々情報を得たと後日他の人から聞かされた。
そして何故か引き継がず他の部屋に決めたと言うから、その御家族もお気の毒。
この方達も同じ建物の他の部屋に住むことを今知って「信じられない、、、。」と嘆息しているそう。

 同じ大学の方から、お詫びのメールが入ったので、全く気にする必要はないし彼らには一切関係ないこと。その人に怒っているのではなく、嘘と礼儀のなさが嫌なのだと言った。

 途中で良い住まいが他に見つかれば、それはそれで良かったと思う。しかし醜い嘘はついて欲しくない。
 ある奥さんはメールだけでなく深夜の12時過ぎにSkypeしてきて45分話し、次も夜10時に40分。
突然連絡がなくなくなったが、一度間違って私からのSkypeに返事をしてしまった。
「留学前に田舎の墓参りに行っていたので、、、。」と言い訳にヒシヒシと嘘が伝わり、連絡をこちらから絶ったが、十二分に必要な情報は手に入れたはず。御主人はMGHのEast。

   早朝は雨足強く午後サンシャイン!それも夕方より曇り始め夜雨となる
d0024276_14121935.jpg

              前にもこのホットトックは紹介したが今はセール中で
              飛ぶように売れる 韓国では屋台で売っている
d0024276_14143268.jpg

               箱に入っている粉を規定の水と混ぜ30分置くと
               発酵してきてモコモコふくらむ
               くっつかないように手に油を塗って丸め、ナッツ入り
               ブラウンシュガーを中に詰め油をしいて焼く            
d0024276_1423635.jpg

               ある程度片面に焦げ目が付いた頃、強く押さえつける
by arata-tamiko | 2008-02-19 14:24 | Comments(0)