<   2006年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

結婚相手選びの基準   3/30/06

今日のお客様は、学会でアメリカに来られたついでにボストンに足を伸ばし車の購入だけを済ませていた。どうしても明後日の土曜日に車が必要との事で飛行場から、そのまま保険代理店に向かう。家財道具を含めての引継ぎだから台所用品はある。途中Reliableに寄りお米や最低限の日本食良品を購入したので今夜と明日の朝の食事は心配ない。NewtonのTown Houseに到着すると 、紹介したかった日本人ご家族の子供達三人が都合よく外で遊びまわっていた。こちらも同じ年頃の男の子が二人で、お互いに喜びあっている。

 親しくしているCちゃんから、初夏に生まれる子供の性別が今日判ったと電話があった。ヨシ君の時、ためらわずに「男の子よ。」と当てた私に今度も又「どちらだと思う?」と聞くので「男の子。」と返事をする。Cちゃんは驚いて「どうして判るの?どうして?」と聞くが、私も分らない。直ちゃんの子供二人とも当てた。
ある時Cちゃん宅でお茶を飲んでいる時だったか、彼女が「あの~。」と言ったので、思わず「へそくりが見つかったの?」と聞いた。「未だ何も言ってないのに、どうして分ったの?」とCちゃんは笑いながらも気味悪そうに聞くが、私にも分らない。

 M先生の大家と昨夜家賃の交渉をしたところ、M先生宅に今夜電話があったそう。自分の理解が間違っていないかどうかを確かめて欲しいと言われるので、大家に電話をすると予想通り、来年度の家賃は$1,700で受諾してくれた。これで一安心。

 車の事故処理の件でK先生よりお礼の電話が入る。お母様が来られたそうで私へのお土産に週刊誌を持参されたそう。独身の先生とは、つい長話となってしまう。今夜は何故か結婚の話となり、留学前にお見合いをしたそうだが結婚までには辿り着かなかったと言う。
彼のご両親、兄弟、親類はそうそうたる職業に就いている。「貴方の結婚相手って、お母様がうるさそうね。」と言うと「そうですね。」との返事。「いくら貴方が気に入っても、お母様のお眼鏡に適わないとダメなんでしょう?」と聞くと「まぁー、そう言うことになりますね。」。
「それでは、お母様に取っては看護婦さんなんて、もう絶対にダメね。」「そうです。」に「あぁ~、貴方達って何て可哀想な人でしょう。私たちみたいに下々の生まれなら誰だって選べるのに。人間は中身を見ないとダメ。外見はいつか色あせてくるのだから。」と言いたいほうだいの事を言ってあげたが、彼は怒りもせずに笑っていた。これも彼の性格の良さかのなせる業か・・・。

 帰国をされた太田先生より「I`m home!」と嬉しいメールが入ったが、文面の最後に「帰国後のボクの連絡先をご報告しておきます。万が一の face lift の時にはご連絡ください。」とも書かれていた。これほど何度も言ってくれるのだから、彼の手にかかって若返ってこなければなるまい。

 窃盗目的で入った建物が相撲部屋だったと言う記事には笑わされた。取り押さえた力士は183センチ。「突然力士が現れビックリした。」と泥棒が言っているのには又笑った。
   
   とても暖かい 半袖姿で歩く人多くなる
by arata-tamiko | 2006-03-31 14:52 | Comments(0)

家賃の値上げ   3/29/06

去年の7月に、あるアパートに入居したM先生から「大家さんから2年目の家賃を値上げすると言う手紙をもらったのですが・・・。」と、その手紙を添付してメールが来た。
一挙に$150の値上げとなっているが、一年前の契約時に交渉して$50家賃額を下げてもらったので実質的には$100となる。大家さんに電話をして無理とは分っていたが、一応半分の$75でスタートしてみたが、コンド組合の費用が急激に高くなったのでダメだと断れた。このコンド組合の値上げは、あちこちで耳にする。「では$100で承諾してくれませんか?$1,700までなら何とか家賃支払いは出来ます。でも、これ以上なら既に他に見つけた物件がありますから引越しをします。」とチョッと嘘もまじえて話す。でも大家さんは譲らない。だから次は「家賃の滞納もなく問題も起こさないM先生家族を$1,700で後一年住まわせるか?それとも次のテナントが見つかるまで何ヶ月か部屋を空きにしてしまい、運悪く家賃支払いの悪いテナントを迎えるか?で考えて下さい。」と電話での交渉を終わらせた。$1,700で手を打ってくるのでは・・・と思っているが・・・。

 建物に住む管理人からアパートのパーキング場の番号をもらい、一月からパーキングの支払いもしているNさんから「不法駐車は牽引される。」と手紙があったと電話。
この管理人は何か他の人とは違っていて私も前から好きでない。管理人は自分は番号などあげていないと言ってるいるそう。「言われてもいない場所に、牽引の危険を冒してまで勝手にパーキングするわけないでしょう?それに第一、毎月の支払いの小切手を貴方達は受け取っているのだから、もし牽引されたら貴方達の責任です。」と電話をかけて抗議をした。
担当者がバケイションから戻れば解決するだろうと言われた。本当にこちらは、いい加減な人達が多い。

 日本から戻ってきた隆ちゃんが私が頼んだ品々を持ってきてくれたので、会って夕食を一緒にした。初めて会った時は本当に幼い子供だったのが、声変わりもして、もう9年生。そして今年は卒業で他の寮生の学校に行く。言葉の分らない社会に親から離れて本当に頑張ったと感心する。とても礼儀正しく優しい男の子。
 隆ちゃんをFessendenの学校に送った後、安さん宅に寄りDVDを渡す。私が借りてきた「パッチギ」を韓国人からの立場として意見が聴きたい。井筒和幸監督の作品を見るのは初めて。韓国にまで行って日本の悪口を言った高岡蒼佑。沢尻エリカは可愛く昔の八千草薫を思い出させた。出演者は殆ど知らない俳優達だったが皆いい演技をしていた。

   とても暖かい最高の天気
by arata-tamiko | 2006-03-30 12:31 | Comments(0)

初めて運転をした日

 朝のNHKニュースで日本みやげ物展に世界の旅行関係の人々を招待して気に入った品物を選んでもらっていた。それぞれのお国柄が出ていて興味深かった。香港や中国人は昔ながらの黒いビロードに金銀赤の色鮮やかな色彩で富士山や舞妓が描かれた掛け軸。(進駐軍と呼ばれた時代のアメリカ兵達がよく故郷の土産に買っていたが、未だに売られているのには驚いた。)余り趣味の良いものだとは思えないが・・・。
オーストラリアは南部風鈴。アメリカは伊万里焼きのマウスパッド。台湾は何か和菓子だった。飛行場で一番売れるものは「柿の種」だそうだ。あれは日本のものを一度も口にしたことのない外人でも気に入る日本の食べ物だと思う。

 スヨンが我が家で韓国のチジミを料理すると張り切ってアジュンマと来た。スヨンは学校の先生を長年してきたせいか料理は全くダメなようなので「大丈夫?」と聞いた。「この料理は自信があるのよ。私のルームメイトが褒めてくれるんだから。」と自信満々。(私達はいつもアジュンマから料理を習っている。)
出来上がったのを一口食べると、彼女が「美味しいでしょう?」と自慢げに聞く。私は正直に「あまり美味しくない。」と返事をした。このチジミを美味しいと褒めるルームメイトは、どうにかしている。
 Koreanaで出されるチジミは、外がカリカリ、中はモチモチしている。その感触が全くない。アジュンマが言うには「チジミの粉1、ジャガイモ粉1そして日本のてんぷら粉2、日本のダシの素少々、ニンニクの粉末」で作ると美味しいそうだ。何とかしてKoreanaのチジミの粉の秘密を知りたい。
 この後、お客さんのベッドを買いに行きカチビデオ屋とBed Bath & Beyondで、2家族のために寝具を購入。いかにも日本!と言った風情の母親と幼い息子さんに「こんにちわ。」と声をかけると、やはり日本人。「日本人の方ですか?」と聞くので「韓国語を少しでも覚えたいので一緒にいるのです。」と二人を紹介。「親しそうですね。」と言うので「親しいなんてものじゃーないですよ。もう洗脳してしまったんですから。」と言って「スヨン、ナンバーワンは?」と聞くと「Japan。」。「ではナンバーツーは?」と聞くと「Korea!」と返事をするスヨンに、その方は大笑い。暫く談笑して分かれた後、スヨンが「友達?」と聞くので「違う。今始めて会ったの。」と言うと今度はスヨンが大笑い。

 こちらに留学をしている幸代ちゃんが大学生になるのに運転免許を取りたいそうで、近くのドライビングスクールに問い合わせに行った。このスクールは私が39歳で運転を習いに行った。今は私より少し若い息子のフレッドの代となっている。そのフレッドが「君が初めて来た日を覚えているよ。」から想い出話となった。「貴方が今座っている場所はお母さんが座っていたわね。」と言うと「その歳になりながら、親は永久に生きているものだとしか思わなかったよ。」と話す彼を見ていて「この人は未だに独身ではないかしら?」とフーッと思った。
 主人から「君ほど運動神経の鈍い人間は運転をするべきではない。」と言われ続けたので運転が出来ぬままアメリカに来てしまった。ウェイトレスとして働き始め暫くしてから同僚の良子さんが「貴女の家の前を通るんだからピックアップをしてあげるわよ。」と言ってくれた時の嬉しさ。住んだ町はバスの便が悪く深夜の帰宅には困りきっていたので、その親切な申し出には心から感謝をした。一ヶ月ごとに何がしかのお礼をしよう・・・と心中思っていたところ、良子さんがある日「ごめんなさい。もうピックアップが出来ないの。」と苦しそうに言ってきた。驚いて「どうしてなの?私、お礼はしようと思っていたのよ。もしそうなら一回、一回お支払いをしてもいいのよ。」と言うと「違うの。ごめんなさい。」と逃げる。それ以上は追求できず又バスで通い始めた。
何かの話から偶然に私達の趣味が同じ洋裁だと分り、急速に仲良くなった。そして初めて彼女が理由を教えてくれた。お店のチーフウェイトレスが「人に親切にすると、つけあがるからやめろ。」と言ったそうだ。お店のシステムはチーフウェイトレスが働くスケジュールを決める。つまり彼女の言う事を聞かないと一番チップが入る週末のスケジュールをもらえなくなる。それで良子さんは返答できなかったと言う訳だった。
 私は「分った。良子さん、話してくれて本当にありがとう。」とお礼を言ってドライビングスクールに通い始めた。運転免許を取り購入した車でお店に行くと、チーフウェイトレスは目ざとく見つけ「いつ運転をならったのよ!」と驚いている。私は笑顔で「貴女の根性悪が励みになって、お陰で思ったより早くに免許が取れました。ありがとう御座います。」と深く礼をした。
その人は今、同じ口で人に道を説いている。

 免許を取った日、フレッドのお母さんから「オメデトウ!注意をしておくけど、貴女のことだから道で困っているヒッチハイカーを拾いそう。それは絶対にしては駄目よ。」と釘を刺された。それを肝に命じて未だに一度もしたことがない。

   コートなしでも歩ける暖かさ
by arata-tamiko | 2006-03-29 11:43 | Comments(0)

気の遠くなる金額39億円   3/27/06   

朝と夕のNHKニュースは出来るだけ見るようにしている。今朝は次期総裁選の特集をしていた。候補として上がっている4人を見ていると、何事にも得に男は容貌と体格そして見栄えが大きく影響するのだな~と思わされる。安部さんは生え抜きのサラブレッドだが、それに加えてソフトな物言いと風貌の良さで大分得をしている。今阿部さんを追い上げている福田さんは歳と共に父親に似てくるのに驚かされるが体格も同様に小柄で損をしていると思う。確かダッカのハイジャック事件の時に「人間の命は地球より重い。」とか言って犯人側と交渉もせずに言われるがままに16億円かを犯人側に渡して世界中から非難されたのは、この人の父親だった気がする。

 冬ソナで一躍有名になったヨン様ことペ・ヨンジュが、どこかの企業に有償増資に参加した対価として、取引初日に39億円と言う評価益を稼いだ・・・と新聞に出ていた。投資株などは全く分らないが、たいしたものだ。私達の仲間では誰一人彼のファンはいないが、韓国芸能界に関係ある中の一人から彼に付いては唯の役者ではないとは前々から聞いていた。自分でスターと呼ばれる期間の短さを自覚して将来はビジネスで生きていくだろうとも。本当の話だった。

 近くのマーケットに行くと、古く汚い商業用バンから買い物カートを若い黒人の青年が降ろしていた。もしかしたら?と思い「貴方は町々を回ってカートを拾ってくるの?拾った数で支払われるの?」と聞くと笑顔で「そうだよ。」と答えた。スーパーで買い物をした品物をカートに入れたままバス停や家まで押して行く人を度々見かける。バス停などには酷い時には2台ほど捨てられている。それもいつの間にか、なくなっているので不思議に思っていたが、こんな商売もあると初めて知った。だけどこのカートを押している人達を見ると、車を止めて怒りたくなる。店のカートを失う分、商品価格にツケは加算されているのだから。

 Brook Houseに入居された風間さんに電話をすると未だ誰もお友達が出来ていないと言う。大人しい女性だし子供さんもいないと、他の日本人にも声をかけにくいのだろう。
それで同じ建物に住む内藤さんに電話をして、だれか子供さんのいないご夫婦を知らないか?と聞いた。それも同じ建物内で・・・と言う意味で建物の住所を33と言い掛けたところに彼が「なんで、僕の歳を知ってはるんですか?」と聞く。「エッ?貴方の歳?」「えぇー。僕、新田さんに歳を言いましたかね~。」に初めて意味が分る。
「どうして貴方はそんなにいつも可笑しいの?そうだったの。貴方の歳は33歳なのね。」と大笑いをしてしまった。彼から何かの質問で電話がある時は必ず「すみません。どうしょうもない話なんですが・・・。」とで始まる。そうすると「どうしょうもないなら電話をしてこないで。切るわね。」と私は言う。人柄の良い先生で、ついからかってしまう。
 ある方のお名前をいただき、電話帳で調べ電話をした。初め相手の女性の方は警戒していたが私が電話をした意味が分ると「是非電話をしてみます。」と快く承諾してくださった。既に住んでいる一人とでもお友達になれれば、他のお友達もドンドン出来てくる。

 東欧の北朝鮮外交官が亡命を申請したと新聞に書かれている。亡命前夜は、家族中でどんな心境で夜を過ごすのだろう。北に住む身内や親類には厳しい人生が待っているだろう。

   暖かい一日
by arata-tamiko | 2006-03-28 14:00 | Comments(0)

車のプレート   3/26/06

  朝の7時過ぎに日本から電話があった。私の三十数年来の友人で去年何日間かを焼津で一緒に過ごした佐々木さんのお嫁さんからだった。佐々木さんは偶然に誕生日が同じなので、お祝いの電話をしたが留守のために留守電にメッセージをおいた。私に電話をすると張り切っていた本人は既に休んでしまったそうで彼女も90歳。私が会った時より物忘れが進んでいるそうだ。施設に入れてしまうと、進み具合はもっと早まるのでは・・・と思えるので未だ暫くは一緒に住んであげたいと 思い遣りのある言葉。食欲は未だ旺盛で、あれだけ上品に食事をしていた人だのに、まるで別人を見ているようだと言う。一番悲しく笑えるのは、お嫁さんに向かって「トシエさん、私はとっても、お嫁さんに気を遣っているから上手くいっているのよ。。貴女も息子がお嫁さんをもらった時は、そうされた方がいいですよ。」と度々言うそうだ。

 先週来た男性のお客は、なかなかのハンサムだと思ったのでスヨンに小声で言うと彼女が「貴方がハンサムだと言っていますよ。」と言ったものだから、その若い男性は真っ赤になってしまった。今日も来たので「貴方を覚えていますよ。」と言うと、また真っ赤になった。
一人の若い男性はスヨンも私も日本人だと思った。彼は日本人と見られた事が嬉しそうで他の友人達に話していると、スヨンが「貴方の先祖はきっと豊臣秀吉と一緒に来た兵隊ですよ。」と自分が私から言われたことを、そのまま彼に言う。彼らは別に怒ることなく大笑いをしていた。
だけど韓国の子供達は、きちんと頭を下げて挨拶をするのに感心する。若い青年達も同じ。
今では日本の子供で頭を下げての挨拶は無と言っていいほど。お店でアイスクリームを食べて手がベタベタになった5歳くらいの子供にスヨンがナプキンを手渡しが、その子は一言も言わない。思わず「人から何かしてもらったら”ありがとう。”と言うものなのよ。」と教えると逃げて行った。

 先週日本に帰国された荒木氏に車のプレートの件についてメールを出す。私は全く気づかなかったが、プレートを代理店のCathyに返却する時に受け取った彼女が気づいた。
「これは、とっても珍しいプレートだわ。」と言う。何がそうなのか?と思えば、プレートは6桁だと、中心の2文字がローマ字で他は数字となっている。ところが彼の数字は1で字体としてはIとなっているために、まるでローマ字のIのように見える。「9INKII」で、まるでインキーと人の名のようでもあるし、また最後の3文字でアラキのキーとも読めると彼女が言う。
「一枚紛失届けを出すから、その一枚を記念に取っておいた方が良いわよ。」と提案をしてくれたので郵送すると荒木氏に伝えた。

 バンパーを軽くぶっつけられた女性から「面倒だから、このままでも良いのでは・・・。」と電話があったが「新車だし、帰国に際して売る時に日本人相手だと売りにくいですよ。」と保険を使うように勧めた。今日の電話で「見積もりをしてもらって、郵送されて来た小切手の額が$1,300でした。」と受けて良かったと喜んでいた。

 ついウッカリしていてクレジットカード会社に支払う小切手の郵送を忘れてしまった。今月はお客様の到着前に用意をする寝具やベッドの立替額が大きく、従って支払いが遅れれば利息も高くなる。Due Dateは今日の26日まで。何とか出来ないかと電話をしてみた。私はクレジットカード会社への支払いは遅れたことがないので事情を話せば、その利息の額は後でクレジットとしてくれる可能性もあると言われた。こんな事が出来るなんて初めて知った。

 友の操さんとマークが誕生日の祝いにCafe Sushiに招待してくれた。久しぶりのお寿司。

   曇り空ながら季節に合った陽気 水仙は未だ蕾のまま
 
by arata-tamiko | 2006-03-27 12:28 | Comments(0)

優しい友、ジョー   3/25/06

朝ポン太に電話をして去年の11月以来久しぶりに話す。8月招待のお礼を言うと「いいよ、いいよ、礼なんて。冥土、冥土の土産だよ。」と又可愛くないことを言う。この素直にものが言えない曲がった性格は、よほど親の育て方が悪かったに違いない。30分以上笑いぱなしの会話だった。今のところ100人の出席者があるそうだから盛大なReunionの集まりとなるだろう。
 留学センターは数々あれど、このEDICMはスタッフ全員、心底子供好き。日本の家族と一緒に学校訪問をする時は、訪れる学校にEDICMの生徒が在校していれば必ず何か日本のお菓子や食べ物をお土産に持って行く。
 ポン太は「俺んちの犬小屋に泊まってもらうのにリフォームしとくけどサ、あんまり肥っていたら入らないから痩せて来る様に言っといてよ。」等と憎たらしいことを粂原さんに言ったらしい。それが今その当人が営業とかの付き合いで肥ったそうだ。だから思い切り「祟りじゃー。八つ坂村の祟りジャー。」と言ってあげた。

 アメリカ人の70歳近い男性がスヨンの事を気に入ったらしく、しきりにもう一人の英語が分るミニに聞いていた。彼が帰った後、ミニから聞いたスヨンは「アイゴー。どうやって、あんな年寄りとデートするのよ。あの男、頭が変よ。」と言っていた。一時間程すると彼から電話がありミニが電話を取った。そしてスヨンに渡すとスヨンは今夜の終わる時間や自分の働くスケジュールを相手に教えている。私は目で止めろ・・・と合図をしたが、英語をしゃべるのに必死の彼女は気づかない。そしてスヨンはミニに「この男はいったい誰?何でこんなに私のスケジュールを知りたいの?私は誰としゃべっているの?」と困惑した顔でミニに聞くのには、もう大笑いした。
ミニが代わって「貴方には興味がないと言っています。」と言うと「自分が大金持ちと彼女は知っているのか?」と聞いたそうだ。
 中国人の大学生風の女性三人が日本の大福餅を買って支払うやいなや食べ始めた。「日本のお餅は美味しいですか?」と聞くと「美味しいけど、これは中国人が日本人に教えたのよ。」には猛烈に癪にさわった。

 国際電話をして、組原さんの学生の一人の子の病気見舞いに春休みに日本に戻っている他の学生と行った様子を聞いているとキャッチホーンがかかる。粂原さんに断り切り替えると友人のジョーからだった。後でかけなおすと又粂原さんに切り替える。「大丈夫なの?」と気遣うので「実は今日は私の誕生日で、このジョーは15年間、私が忘れていても私の誕生日を覚えていて電話をくれるのよ。」「だれ、その人?」と聞くので「ゲイの友達。」と言うと「どこで知り合ったのよ!」と笑い始める。「他のゲイの友達達から紹介されたのよ。」「その人の事、ゲイとして?」と聞く。「違うの。紹介したゲイ達も彼のことをゲイと知らなかったのよ。それで大分経っても私達が単なる仲良い友達である事を知って”彼はゲイではないのか?”と私に聞いてきたの。」と言うと彼女は大声で笑う。「それでどうしたのよ。どうやって判ったのよ?」「だから私が”ゲイの貴方達が判らなかったら、どうして私が見分けれるのよ。紹介した責任上、彼に聞いてみてよ。”と言ったら”そんな失礼なことは聞けない。”なんて言うのよ。でもその内にジョーの方から”自分はゲイだ。”と話してくれたわ。」に粂原さんは息が詰まりそうになって笑う。
 それからジョーに電話をして久しぶりに彼と話す。アーカンソ州からグロスターに戻ってきたそうで「どこに住んでいるの?」と聞くと「エイズで死んだアレックスを覚えている?彼の持ち家の一つを借りているんだよ。」と言うので「彼の莫大な財産は誰が相続したの?」と聞くと「彼の息子だよ。」に「彼は養子縁組でもしたの?独り身のゲイでも可能なの?」と思わず聞いた。
「そうだよ。彼は自分でエイズにかかっていると分った後、彼のボーイフレンドと養子縁組をしたんだよ。何故って?自分が死んだ後、ボーイフレンドに残した財産の違法性を親族が法廷に持ち出さないようにするためだよ。」には感心と共に流石にアメリカ。何でもあり・・・だと思った。
「何でそんなに彼は金持ちだったの?」と聞くと彼の家がスイスにある銀行の持ち主だそうだ。
グロスターにある家が豪邸だと思っていたが、フランスにある城はお姉さんのものになったと言うから話の桁が違う。「貴方が彼のボーイフレンドでなくて残念だったわね。」と言うと「でなくて良かったよ。何故か彼とは行くところ、行くところで遭遇してね。国内だけでなく、フランス、イタリア、スペインのバーで会ってね、彼は遊び回っていたよ。だからエイズで死ぬようになったんだよ。」と話す。「水曜日って何をしているの?」と聞くので「何で水曜日なの?」私も聞くと、彼は心霊術とか予言とかに凝っていて、Brooklineの集まりに時々行くのが水曜日だそうだ。
それで近い水曜日に会うことにした。彼の会話はウイットに溢れ、何を聞いても即座に返事が出来る物知りだから、一緒にいて本当に楽しい。

 ところで「反日教育をした・・・。」とコメントを頂いたが、内容が全く理解できない。下さった方、すみません。

   午後から寒空となる
by arata-tamiko | 2006-03-26 12:44 | Comments(0)

EDICMのReunion   3/24/06

 今朝のNHKニュースは拉致事件の実行犯、辛光洙に関した事を詳しく報道していた。前にも書いたように死刑判決を受けて韓国に服役していた彼を「無実の彼を即刻釈放すべし。」と嘆願書を韓国政府に送った管直人なども、こんなニュースを見るのだろうか?
ちなみに彼のブログを見たが辛光洙が国際手配をされた事など全く触れてなく、私がメールで出した質問にも返事がない。
 日本の国技である相撲が今ではモンゴルからの朝青龍と白鵬で館内を湧かせる。彼らは一種独特の顔立ちをしている。目が糸のように細いだけでなく、額が丸く出ている。

 メゾン ド ヒミコの映画を見終わった。初めて見る柴咲コウは、なかなかの演技をしていたが、もう一回見たいとか感動が残るとかの映画ではなかった。オダギリジョーも初めて見た。
昔私はアメリカ人のゲイの友人に「ゲイとは何ぞや?」と聞いたことがある。彼の答えは「女性と心を交わせても、体は交わせない。」と返事をされたが、この映画でも柴咲とオダギリの間で、それらしきシーンがある。彼に報告をしよう。

 EDICMの粂原さんから電話あり。学校ツアーをした学生達は希望校を全て受かったから、それはそれで一校だけを選ぶとなると迷いが出てきて決めかねているようだ。
この留学センターとは、もう15,6年のお付き合いとなる。その年月に何人の留学生のお世話をしたか正確な数は覚えていないが、今年の8月5日にEDICMを通して海外留学をした生徒達が集まって大イベントが催される。アメリカ留学の生徒だけなく、他の国への留学生達もだから大変な数となるだろう。
そしてこの集まりに、私が世話をした生徒達が私を招待するから予定を入れないで!と粂原さんから言われた。私から”ポン太”と言う可愛いニックネーム(可哀想と言う人もいる)をもらった今は社会人の雄太は幹事を任され「彼女がこなければ意味がないよ!」と提案をしたようだ。それで思いがけなく、また今年の夏に過っての生徒達に招待されて日本に行くことになった。
                      ポン太ありがとう!
数ある学生達の想い出は沢山あるが、やはりポン太、崇、晃士、やっちゃん、お兄ちゃん、常ちゃん、シンちゃんなどの時代が一番印象に残る。この中で現在ボストンに残っているのはBentlley Collegeに行くシンちゃんのみ。彼は小学校の5年生で寮生として留学。ハーフのような顔立ちで打てば響くような利発な子だったから、歳の離れた弟のように皆に可愛がられていた。名古屋商人の息子のせいか金銭感覚はしっかりしていて、我が家に泊まった日は必ず韓国ラーメンを箱で買って学校に戻る。そしてそのラーメンを倍値で学校の韓国人生徒達に売る商才を持っていた。小学生で朝起きると一番に新聞を読み、私に「日本の将来は借金だらけになりますから年金は支払わない方が良いですよ。」と言い出す。そのくせトイレに行くのに皆から幽霊の話をされ、怖くて行けなくなる幼さを持っていた。
 留学は年間費用として四百万円はかかるくらいだから、皆裕福な家庭の子供たち。15歳の晃士は我が家に初めて来た時、家の中を見渡しながら「お金持ちなのですか?貧乏なのですか?」と聞き、シンちゃんは私が連れて行った焼肉屋で私が支払う100ドル札を見て驚いたように「そのお金はどうしたのですか?」と聞いてくる。
 ポン太と晃士は自由が丘の地元同士で話に花が咲いていた。ポン太は卓越したユーモアのセンスがあり、腹の底から笑わせてくれる。「アンタは学問では到底無理だから、吉本興業に行きなさい。」と勧めたのだが、大学卒業後東京で社会人となった。ポン太の家で一番お金のかかっている住まいは愛犬の犬小屋だそうで、私の東京滞在中のために清掃して待っていてくれるそうだ。

   暖かくなる 水仙の花は未だ硬い蕾のまま
by arata-tamiko | 2006-03-25 14:48 | Comments(0)

一枚の古着コート   3/23/06

 チビをエレノア宅は預けてReliableに行く。私が必ず迎えに来ることが分っているから今は後追いをしなくなった。この行動心理は人間の幼児と全く同じ。
 食事中、韓国人の男性が「イチローは同じ東洋人として韓国でも大人気だったし自分も大好きだったが今回の発言で国民は皆嫌いになった。」と言う。「何度も言うけど、あの発言は韓国人に向けてではないのよ。何で貴方の国のマスコミは真実を伝えず、国民の聞きたいように湾曲してしまうの?人気取りよ。」と笑顔でもって反論したが「違う、違う。」と全く聞く耳を持たない。
職場の人間と気まずい雰囲気にはなりたくないので「いいわよ。韓国人から嫌われても。イチローは益々日本のヒーローになったんだから。」で会話を終わらせた。
 食事が終わった後、スヨンが「今日の野菜チゲ(スープ)は美味しかった。私の兄さんは軍隊から戻って長いことチゲが食べれなかったの。」と話し始めた。「軍隊のダイニングホールの天井に張られている電線を走り回っていたネズミが二匹、電気ショックで落ちてきたのが大釜でグラグラ煮えているチゲの中だったの。兄は遠くからそれを見たんだって。そして、その2匹を取り出さないまま兵隊達にチゲを出したって。」と大笑いをしながら身振り手振りを入れて話してくれる。でも余り笑えない話だった。
 竹下さんから頂いた沢山の洋服は安さんに上げたが、一枚冬の女性コートは今日エルサルバドルのマリソルに手渡した。なかなか良い品だったからか、彼女は初め意味が分らずキョトンとしていたが、自分へくれたものだと分ると、それはそれは大喜び。たった一枚のコート、しかも古着で、一人の人間をこれほど幸せにする事が出来るのかと私も喜びと感動。
彼女は知る限りの英語の単語を使って自国の困窮を話してくれる。働きたくとも働く場所もないのに、否認を許さないカトリックのせいか子沢山。彼女の姉は既に8人の子持ちで、靴を買うお金もないそう。「ムチョ ベィビィー、ムチョ プロブレム。」と悲しそうな顔で言う。
ご主人の父親は15人兄姉だそうで、思わず「一人の女性から?」と聞いてしまった。
もう一人同じ国からの女性が野菜の所で働いている。日本のアイスクリームを手にしてレジに来た。支払う時に値段を見てビックリ。「ノウ、ノウ。」と恥ずかしそうに、その大きな容器に入ったアイスクリームを戻す様子にマリソルは笑いながら「彼女の時間給と同じ。」と言ったようだ。買ってあげたかったが、きりがないし又失礼にもなるかと思い我慢した。
 帰途、渡辺さん宅に寄って、以前からお願いしていた子供たちの古着をもらった。またマリソルにあげれる。
 昼食に出た、このオカズは簡単で美味しく食卓に一品加えるのに良い。

                   (ジャガイモの炒めもの)

ジャガイモを写真のように細切りにする。
初めに油を熱してニンニクを炒め、その中に切ったジャガイモを加えて柔らかくなるまで炒め続ける。味付けは塩のみ。あまり柔らかくなると折れるので気をつける。しんなりしたら火を止め、長ネギのみじん切りを散らす。
d0024276_14302099.jpg


内田さんから先日一緒にKoreanaで食事をした時の画像が送信される。絢子ちゃんからも「わたし、新田さん大好き!」と言われた。自慢ではないが、男に好かれる事はなくとも、子供はとても慕ってくれるから、お世話が終わった時は仕事の一段落でホットしながらも子供さんと別れるのは心残り。
d0024276_14594385.jpg

                     焼肉の好きなあやちゃんと。

 木曜発売の「週刊新潮」の見出しを見ると「慶応病院疑惑のメス」。お客様には慶応関係が多いので是非読みたい。ちなみに同じような記事が「週刊文春」にも掲載。
また「日本は卑劣で嫌い」とソウルで宣言した「日本の俳優」の見出しは、私が呆れていた男優の「高岡蒼佑」のことだと思う。「日本を好きでない。」と宣言しているのだから、韓国に活躍の場を是非移すべきだろう。

    春が、そこの角まで来ていると言った感じの陽気
by arata-tamiko | 2006-03-24 15:01 | Comments(0)

耳障りな日本語   3/22/06

  朝のNHKニュースのトップはWBCで世界一の栄光を勝ち得て帰国した選手達。余りの大歓迎振りに選手達は嬉しさと一緒に照れたような恥ずかしげな様子。日本人だな~と可愛く思えた。これほど日本国民が一体となって日本と日の丸を意識しながら戦い続けたゲームも最近は余りなかったと思える。日ごろ日の丸に反対している人達は勝利の直後に選手達が掲げた日の丸を目にして、苦々しく思っただろうか、それとも胸を熱くしただろうか?
 上原だったかが口に含んだシャンパンをイチローに吹きかけ彼の気分を損ねたと書かれていたが、現代の若者の幼稚な悪ふざけの感がする。日本の各大臣達が喜びのコメントを述べていたが中川経済産業大臣のが一番笑えた。「イチローは凄い人ですね。ここぞと言う時のカードの切り札を知っていますよ。彼からWTOに於いての交渉方法を学びたいですね。」と言っていたが本音ではないだろうか。イチローは日本人に、人として持つべき意地と誇りと言うものを教えてくれたと思う。
 韓国の野球連盟かの一番上の人が「日本は韓国に2度負けたことを自覚すべきだ。もう一度10月に試合をしたい。」とコメントをしたそうだ。どうして10月かは野球音痴の私には分らない。でも、このような言動と行動がなくなった時こそ韓国が日本を越えたと言う事ではないだろうか。

 今日のお客様が携帯電話でご主人と話す言葉使いには、驚かされた。名前で「何々君。」と呼びかける。「何、何さん」ではない。「それヤバイよ。」は度々口にし、ご主人に対して「君はね・・・・。」と言う。「君」は同輩か目下の者に対しての呼びかけだがら男女同権と言う意識で、この言葉を敢えて使っているのかもしれない。しかし隣に座っている私に取っては聞きやすい日本語ではなかった。私が古いのかもしれないが「人前でこんな言葉使いをされてご主人は平気なのだろうか?」と思う。でもそれを許し何も感じないご主人なのだから、その程度の男性なのだろう。
 私は九州の人間で言葉が乱暴な方だから余り人の言葉使いを批判できない。しかしNHKの女性アナウンサーがゲストの人に向かって「試してみますか?」と言う意味で「やられますか?」と言うのを始めて聴いた時も驚いた。私の年代は「やる」と言った表現は余り良い意味でもないし響きも綺麗でない。ましてや「ヤバイ」は辞書を引くと「もと、てきや・盗人などが官憲の追及がきびしくて身辺が危い意に用いたもの。]と書かれている。

 2時近くにスヨンと又会って我が家に行く前に町のセンターに在るインド食料品店に行きインドピザを食べる。スヨンは初めて口にしたそうだが、美味しいと気に入った。辛い玉ねぎの香辛料をつけて食べていると、彼女がどうして日本人なのにそんなに辛いものがすきなのか?と聞く。
私が「昔、昔の私の先祖は朝鮮半島からの渡来者だったに違いないわ。」と言うと「本当よ。それに違いないわ。私より辛いものが好きなんだから。」と手を打って笑う。私が「両親が生きていたら”韓国人の血なんて入っていない!”と怒ったわ。」と言って二人で笑う。そして「私は余り辛いものを食べると胃痛になるし、言葉が解らなくっても、日本人のタミコとこんなに気が合うのだから先祖は日本人だったのよ。」と言うので「そうよ。スヨンの先祖は、きっと豊臣秀吉が攻めた時の兵隊と朝鮮女性との間の子なのよ。」と言って、、笑いが止まらなくなった。
(文禄・慶長の役の説明を必死にしたが、彼女は歴史の先生をしただけあって理解した。)
 インドの店員二人が彼女にしきりに話しかけ最後の方では「結婚しているのか?」とまで聞いたそうだ。「何で私は、こんな貧乏な移民しか声をかけてこないのかしら?」と聞いてくるので「アンバランスだからよ。」と答えをあげると、スヨンは体を二つ折りにして笑い転げる。
 一度彼女が真剣な顔で「父がね”お前の顔は造作を一つ一つ見れば、とても可愛い。だけど配置が悪くってアンバランスだからいけないのだ。”と言うのよ。」と両手で鼻と口を隠し目だけを出して「ほら、綺麗でしょう?」と聞く。次に鼻だけを出して「綺麗でしょう?」と聞き、最後の口が終わって顔全部を見せて「アンバランス?」と聞いてきたことがある。
私も正直に「うん、アンバランス。」と返事して笑ったことがある。
 我が家に余分にあった羽根布団、布団カバー、シーツなどの寝具類をあげ家まで送って行った。

 安さんの娘さんが24日が誕生日。プレゼントを持って行く。そして二人でドラマの「ピアノ」に付いての情報をインターネットで観る。韓国のYahooは映画、ドラマを探すと、各出演者の顔写真と経歴が詳しく書かれ、その上映画のシーンの画像が何十枚と掲載されているから、とても面白い。
下の息子のドンちゃんが、自分もプレゼントが欲しく「僕、アラタさんのこと大好き!」と言う。
何か持ってきてあげれば良かった・・・と自分の気の利かなさに情けなくなった。

 日本にいる友人の坂田さんが既にピアノのドラマを観たと聞いたので、今夜電話をしてお互いの感動を話し合う。ところが彼女は余りにももったいなく未だ半分くらいしか観ていないそうだ。
「終わりに行けば行くほど、もっと感動的になってくるのだから早く見てよ!」と今度は私がスヨンの言葉を友に言う。
一人で住んでいても友人が多いので寂しさは感じないが、映画やドラマそして本を読んだ時、その場で感動を分かち合える事が出来ないのだけが淋しい。

   大分暖かくなってきた
by arata-tamiko | 2006-03-23 13:25 | Comments(0)

チョンガーキムチ   3/21/06

今日は、いよいよ竹下さんご家族とお別れの日。Brook Houseに到着する5分ほど前に電話をかけておいたので下の正人君が、ドアの外に出てニコニコしながら待っていてくれた。初めてお会いした時は、お母さんの腕の中でスヤスヤ寝ていた乳児だったのが「アラタさん!」と私の名前を呼ぶようになっている。そして私にカードを手渡してくれた。
 これまでにも何度か不要の子供服を頂いているが、最後の今日も沢山下さった。早速他の人達に分けてあげれる。二人の子供たちを抱きしめてお別れをした。
d0024276_1204711.jpg

                 竹下さん一家 (百合子ちゃんと正人君)

 平井さんからもお別れのカードが子供さん二人の写真が同封されて届いていた。皆さん若いのに本当に気がつくと感心させられた。

 スヨンが待つアジュンマの家にチョンガーキムチを習いに行く。韓国の人は腰を据えて床に物を置いて料理やキムチ作りをする。この習慣は余り日本にない。またこの姿勢は腰の悪い人には絶対できないポーズだから私には絶対に無理。
チョンガーキムチは日本にはない小さな大根で、辛味もありカリカリとした歯ごたえで実に美味しい。独身男性のことを昔はチョンガーと言っていたが未だ日本に残っている言葉だろうか?
やはり大量に作っているので材料の分量は書けないが、作り方の画像を載せてみる。
海老の塩付けはかなり塩辛い。お砂糖は大匙2杯ほど。今日から2,3日経ったほうが美味しいそう。これは大根のカクツキと同じ作り方。
d0024276_13175413.jpg
                生姜を煮立て冷やしたものに小麦粉を少々混る。
                    この小麦粉は、とろみをつけるため
d0024276_12325755.jpg

                    これに唐辛子の粉を混ぜる
d0024276_12241081.jpg

                            材料
           海の塩 砂糖少々 トンガラシの粉、魚の汁 ニンニク、海老の塩漬け 
d0024276_1230553.jpg

                    玉ねぎと長ネギを切る
d0024276_1240021.jpg

                    上の野菜をボールに入れる
d0024276_13201194.jpg

                ここにチョンガーキムチを加えよく混ぜる
d0024276_13212232.jpg

                     瓶詰めにして出来上がりに満足する二人

 この後スヨンと二人でDVDを返しに行く。とても観たいと思っていた日本映画の「メゾン ド ヒミコ」を棚に見つけ、とても嬉しかった。好物のゴマつき揚げ餅を買いたく韓国のパン屋さんに寄ると売り切れでガッカリ・・・。私の失望の様が余りにも気の毒だったのか、15分ほど待てば作ってくれると言う。待つ間、店にある椅子に座ってスヨンとおしゃべりをしていると隣に座っていた韓国人の女性が私のことを何人か?とスヨンに聞いてきた。私が「二人の会話を聞いていると可笑しいでしょう?」と言うと「いいえ。でもとっても可愛い。」と褒めて?くれた。
出来立ての揚げ餅を急いでチカちゃん宅に持って行く。ヨシ君は私達を見て大喜び。
 それから今度はBelmontまで車を走らせ安さんにもお餅を持って行き、竹下さんから頂いた子供服を渡した。私は美味しいものがあると、人にも食べさせたくなってしまう。

 この後、我が家に戻り二人で韓国ドラマを少し観た。韓国ドラマや映画を観て毎度感心することは彼らは大口を開けて泣いても笑っても本当に虫歯がない。そして日本人と比べて歯並びが綺麗。この5月に東京ドームに5万人のファンを集めてファン大会を催す韓国のトップスターと呼ばれるイ・ビョンホンなど笑うと馬の歯みたいな歯並びをしている。(このファンの集いとかは近畿ツーリストとも組んでいて、バスツアーが一番高い九州で2万7千円。関西からだと2万円近く。この何割かが彼の懐にも入るのだから、莫大な金額となる。少しは日本の現在の真実の姿を韓国の人達に伝えて欲しい。)

 水野さんもサンギョプサイが美味しかったとコメントに書かれていた。普段は豚肉など口にしない粂原さんも試してみると余りの美味しさに、堪能したとメールがあった。
Reliableで自己紹介した相手が偶然にも一度お会いしたいと思っていた水野さんだったとは不思議。沢山の日本人客が来るのに、一回、一回自己紹介はしていない。いったい何だったのだろう?

   風もおさまったので暖い
                
by arata-tamiko | 2006-03-22 13:12 | Comments(0)