<   2005年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

旅の初め   11/1/05 - 11/03/05

   11/1/05 ー 11/3/05
 
 前夜にチビをチビのガールフレンドであるメゲン宅に預けてきたので、朝の散歩がないと何か忘れ物をした感がある。
 深夜の12時ごろから旅の支度を初め終わったのは朝の5時ごろ。それから少し仮眠をして地元のタクシーを呼び飛行場に向かう。毎度このタクシー会社の車の汚さにはヘキヘキさせられているが今回はおまけにドライバーまで全く無愛想。これでもチップを上げなければいけないと思うと不愉快さが、より一層増す。合計$40也。
機内食は不味いサンドイッチと飲み物のみ。

 Portlandの飛行場には姉夫婦が迎えに来ていた。姉とは3月に会っているが義兄とは初めて。私達二人をホテルに残して義兄は自宅に戻る。夜食用にとお弁当を持参してくれ中身は心温まる食べ物が沢山詰まっていた。でも一番美味しかったのは自宅の庭で採れた茹栗だった。
姉とは10歳近く歳が離れているので、私の物心ついた時には姉は既に東京の学校に行っており私の記憶では一緒に同じ蒲団で寝たのは初めてだと思う。

 Portlandの市内を走る市電の便利さと綺麗さには感心させられた。自転車人口の多い町なので車中には自転車をひっかける場所まで備えられている。
姉は自分の定期、私のためには主人の定期を使って乗り降りしたが車掌に見せる必要が全くないし又そのようなチェックをする人も見当たらない。でも時折検査官が見回りに乗車してくるそうで、万が一摘発を受けた場合は何百ドルからの罰金が科せられるとの事。
二日間思い切り利用したが、一度もそれらしき人を見る事がないので「これではタダ乗りをする人が多いのではない?市は損をしないの?」と聞くと、やはり大赤字だそうだ。人の良心にゆだねるような乗車システムを何のために取っているのだろう?と不思議に思った。

 靴探しでは生涯苦労しているが、今回幅広の人のためのお店がPortlandで見つかった!
その名も「Jay's Wide Shoes」と実に一目瞭然と分り易い。今回の旅に置いての特筆すべき事の一つである。
いつ又戻って来れるか分らないので思い切って合計9足購入する。嬉しかったのは気持ち良く足にフイットしたブーツが2足とボストンでは必須の暖かいスノーブーツが見つかったこと。
これで今年の冬は私は23年ぶりにブーツを履き、雪の日はスノーブーツでおしゃれが出来る。
靴だけで合計$1,235.45の支払額となり、靴をサービスで郵送してくれと頼んだ。中年の男性店員も1人の客に短時間でこれほど沢山の靴を売った事はないだろうと思う。
肥った女性が「私は十五年間この店で買い続けているのよ。私の足に合う靴を見つけたときの喜び生涯最高だったわ。」と声をかけてきたので「ハズバンドを見つけた時と、どっちが最高だった?」と聞くと、声を低めて「靴・・・。」と返事がきた。

 この夜は姉宅にて夕食をする。焼いた鮭と甘いサツマイモ。庭になる柿も美味しかった。小雨の中、バスに乗って姉とホテルに戻る。

 3日の12時5分に姉と別れを惜しみながらNW便にて成田に出発。

_______________________________________

 11/29日の今朝、韓国映画スターのウォンビンが入隊。家族と別れる悲しみに顔を両手で覆う彼の写真が大写しで掲載されている。
宝塚の姉が電話で「日本からも沢山のファンが押し寄せている写真がデカデカと新聞に載っているわよ。貴方が、その中の1人でなくって良かった!」と嫌味を言われた。
日本は本当に平和だ。

   ジャケットなしでも過ごせる生暖かい一日 
by arata-tamiko | 2005-11-30 13:39 | Comments(0)

三週間の旅のスケジュール   11/28/05

 十一月二十四日の夕方遅くに三週間の旅から戻ってきたが、空港の建物の外を出たとたん寒さに思わずコートの襟を立てた。

 今回の旅は一日いや一瞬も無駄にする事なく一生の思い出となる有意義な日々を過ごす事が出来た。これもひとえに私の大切な友人達のお陰と感謝をしている。
 5日間の韓国滞在では主人の友人であった方々と30年ぶりに会い、また一番捜し求めたお手伝いのチャンさんも見つかり、皆様に感謝の気持ちを伝える事が出来た。
自分の記憶にとどめて置くためにも、今回の旅日記を、ゆっくり時間をかけて書いていこうと思っている。

             ( 旅のスケジュール)

11月01日     1:29p   NW便  Loganより出発

                         MPLS/St. Paul乗り換え

同日         7:10p   Portland ORに到着

                    Portlandに住む姉と過ごす

11月03日    12:05p   NW便  成田へ出発

11月04日     4:05    成田到着

                   渋谷の粂原さん宅に宿泊

11月11日     お昼過ぎのJAL便  伊丹へ出発
            宝塚の姉宅に宿泊

11月13日     11:15分の新幹線にて静岡へ出発

            13日と14日は30年来の友である89歳になる
            佐々木さんと焼津の松風閣に宿泊

11月15日     お昼の新幹線にて宝塚の姉宅に戻る

11月16日     タクシーにて朝の8時15分に伊丹に向かう。
            伊丹空港より関空にリムジンバスに乗る(1,700円)
            12:50p  KL便  釜山へ出発
             1:15        釜山金海到着

11月21日     11:55p  KL便  釜山空港金海より出発
             1:10        関空到着
            リムジンバスにて伊丹空港に向かう。伊丹より迎えに
            来た義兄と宝塚に帰宅

11月23日     お昼過ぎの新幹線にて名古屋へ出発
            3時近く着。 迎えに来られたチカちゃんのご両親宅に
            宿泊

11月24日     12:55分p NW便  名古屋セントレア出発

                          Detroit乗り換え

11月24日      6:00p         Logan着
  
by arata-tamiko | 2005-11-29 14:08 | Comments(0)

出発前夜   10/31/05

 夜の11時近くとなるが未だスーツケースも取り出していない。私は子供の頃から土壇場にならないと物事が出来ないと言った悪い癖がある。試験勉強も同じで試験日が近づき間際になってから初めて本気で取り掛かっていたが、一応何とか落第点は取らずに卒業できた。姉曰く「何事をするにも要領がいいのよね。」だそうだ。

 留守中に大事な書類を安全な場所に保管したく、自分の銀行で貸し出し金庫の手続きをした。
1年の使用料金は、わずか$32と言われた時には「一ヵ月ですか?」と思わず聞きかえしてしまった。しかも保管場所に行くには、銀行員が外国映画で見る重厚な鉄の扉を力一杯開くと今度は鉄棒の扉。それを鍵で開いて次にまた同じ鉄棒の扉があり鍵で開いたところで、やっと金庫箱の場所にたどり着く。その引き出しスタイルの箱を取り出すのに、小さな扉には鍵穴が二つあり、一つは銀行員が開け、もう一つは私が頂いた鍵で開けると言った念入り。
銀行員と私しかいない静寂な空気の中で、長細い箱に書類を入れ暗い穴の中に戻し小さな扉を閉めて二人でそれぞれの鍵を回した時の快感、何か自分が映画の主人公、それもリッチな身分の主役になった感覚に襲われた。

 明日いよいよ8年ぶりに日本に一時帰国。途中オレゴン州の姉宅により4日成田着で10日宝塚の2番目の姉宅。
13日と14日は90歳近い友人と三島の宿に泊まり思い出話を語り尽くしたい。そして16日は釜山に飛び30年ぶりで友人達と再会する。運転手のキムさんは探し出したそうだが、お手伝いのチャンさんは未だ見つかっていないと昨日の電話での話。その当時の私は未だ若かったから思慮分別に欠けたところが沢山あったと思う。今会ってあらためてお世話になった御礼を言いたい。
韓国の友人達は皆戦前日本の教育を受け朝鮮戦争も体験している。もうこのような時代は二度とないから、彼等から貴重な話を聞くためにテープレコーダーを日本で購入して持参するつもりでいる。

 Belmontの金さん宅に午後行くと酷く疲れた顔をしている。コッチを途中で止めれず、朝まで見続けてしまったそう。友人の操さんも然り。私の友人達は、中毒にかかったようだ。続きは見たいが、されど借りるのが恐ろしいと言う。

 旅行中は忙しくて日記は書けないかもしれない。でも未だ実感が湧かない。

 暖かし
by arata-tamiko | 2005-11-01 12:36 | Comments(0)