カテゴリ:車と保険に関したこと( 80 )

無事故無違反証明書の問題解決 (2)

             市川海老蔵と共に泣く(合掌)

Mさんのお父様は、パソコンをしない年代なので、彼は近所の人にメールを出し、父親はその家に読みに行く。
携帯でも説明をされた父親は田舎の安全センターに走って行ったが、説明をする息子も何を修正すべきなのかを完全には把握していない様子だし、それを聞かされる父親もどうも要領を得ていない感じがして、待つ身の私は不安を覚える。

問題が生じた場合は、間に人を入れると余計話が違ってくる
私は直接Mさんの住む町の安全センターに電話をした。
年配の人の好さそうな担当者のOさんは、ボストンからの電話に驚きながら「あぁ~、お父様が来られて、説明された通りの新しい証明書を出しました。」と言う。

朝が来るのを待ちKevinに電話をすると「Faxを受け取ったが、一番肝心の必要な証明項目が抜けている。」とのこと。
案じた通りの結果に「手に入れた他のお客様の安全運転証明書を、近所の人に添付で送って、それを役所に持っていって見せて下さい。そうすればOさんは一目瞭然で判るはずです。」と別の方法を取る。

日本の朝に電話をすると「お父様朝一番に来ましたよ。すぐに県の方にお願いしましたから、こちらのお昼過ぎに電話をもらえますか?そちらは何時になりますか?」と気の毒そうに訊いてくる。
「深夜1時ごろですが、大丈夫です。今日中に終わらせましょう。」と返事。

こちらの深夜に電話をすると「今度は大丈夫です!あの~申し訳ないのですが、私は英語が駄目なので日本語の訳の方を読み上げて良いでしょうか?」と、人の好さを伺わせる。
初めての運転免許書取得日運転免許書発行日付が今年である理由などが、要求した通りに明記されていた。
「そうなんです!それが必要だったのです。」に「免許書の更新を忘れて失効されていたことを一言言ってくれれば、私共もすぐ対処できたのですが、こちらでは判らなかったものですから。それにしても貴女も大変ですね。こんな夜中まで起きて。」と同情してくれた。

翌朝Kevinより「Perfect!」と返事があり、$7,000以上の保険額は一挙に$1,700に落ちた。
「Kevinは悪い人ではなかったのですね。」と言ったことを後悔するMさんに「私みたいに善良な人間が悪者と付き合うと思っているの?」と叱ってあげた。
「だけど、貴方の所は本当に田舎なのね。いつかけても担当者はOさんしか電話口に出てこないのよ。」と思わず言ってしまう。

その夜「余計なことだけど、Oさん無しには解決出来なかったわね。一筆お礼のカードを、アメリカから出せば喜ばれると思うのよ。」とメールをすると、頭を撫でて上げたいような返事をもらった。
「いいえ、老婆心ではありません。もっと若い頃は、父親の言葉も煩いとしか思えませんでしが、こうやって年配者から教わることが多いと今、身を持って実感しています。すぐカードを出し、新田さんの言われるとおりに、これからの僕はやっていきます。」。

やっぱり私が目をかけただけある。

   蒸し暑い
d0024276_22364388.jpg

       野兎が懸命に巣作りを始めた。
       右上の枯れ枝の下を手を貸してあげたいほど必死に掘り初め、     
       そこに芝の枯草を口で集め加えて蓋をし始める。 
d0024276_22401471.jpg

         遂に完成。青い芝生だと絡まらないが枯草だとまとまりが
         つくことなど、どうやって学ぶのだろう。
         中に何が入っているのか、もう興味津々。
by arata-tamiko | 2017-06-24 22:44 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

無事故無違反証明と自動車保険額  6/20/21

こちらの自動車保険は、住む町、車種で違いはあるが、何と言っても差が出るのは「運転経歴」。
日本では、年齢によって保険額が違ってくると聞いたが、それこそ日本人の好きな言葉である「差別」ではないだろうか。
年配者でも免許取り立てもいるだろうし、長年の安全運転の実績を積んだ人もいる。
十把一絡げでもって、年齢で差別をすべきではない。

この二種類の証明書があるかどうかで割引が大きく違ってくる。

             1)初めての免許書取得年月
             2)今までの運転経歴

先日車を購入した方、年間保険額が$7,000超すとなってお客様のMさんも私も真っ青。
この金額は、一般保険額の5倍となる。
一番保険額の高い町は、日本の医学関係者が多く働くMGH研究所があるNavy Yardだが、運転経歴が余り良くなくとも$4,000近かったのが最高額。

こちらでは保険会社が代理店を直営しているのではなく、保険フローカーが代理店を経営し、MA州の保険組合が毎年決める料金設定があり、本社からの規定に沿って保険金が決まる。
客と代理店が組んで詐欺を防ぐためもあり、全書類は取引のある本社に提出し、再審査される。
それによって、支払った掛け金が戻ることもある。

お客様は、もう冷静な判断が出来なくなり、何を説明しても聞く耳もたず、代理店のKevinの手落ちとしか思ってくれない。
「他の保険会社に変更する。」と言うMさんに「どこに行かれても同じ掛け金となりますよ。Kevinはそんな人ではありません。」と私も説得に必死。
Kevinから「他のいくつかの保険会社に問い合わせても、彼の持ってきた証明書ではどうにもならないとの返事。テレビで宣伝をしているGEICOならアグレッシブなので受け付けてくれるだろう。」と電話が入った。

事故に遭遇した場合、英語でのやり取りには自信がないとMさんは躊躇する。

で、苦肉の策として、彼が日本から持参した運転経歴証明書の何が間違っているのか解らせるために、了解を得て各県から来られたお客様達の証明書を4枚お見せして説明をすると「Kevinのせいではなかったのですね。」と、やっと納得。
Mさんの県に隣接する町からの証明書も見せ「貴方の住む町が田舎だから、こんな証明書しか発行できないと言う理由にはならないわ。何か原因があるはず。」とMさんに正す。

仕事上でも一身上でも、問題が生じると、この歳でも俄然力が湧きだすから自分でも不思議。

(続く)

 日本の真夏の蒸し暑さ続く
d0024276_23385353.jpg

           季節が巡り、小ウサギが三匹庭に戻ってきた!
by arata-tamiko | 2017-06-20 23:46 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

車に受けた擦り傷の見積もり   3/29/17

「どうしょうかな~?」と迷うときは、やはり止めておいた方が良いと思わされたある出来事。
雨がシトシトと降るどんよりした日の運転中、空腹に耐えきれずモールにある有名なサンドイッチ店に寄った。

こんな日は車を傷つけられる恐れがある、、、とは思いながらも濡れるのが嫌さに、億劫をして店の近くに止めた。
出てくるとワイパーに紙が挟まれ、雨でかろうじて判明できたのは、名前、電話番号そしてプレート番号が書かれている。
自分の車をぐるりと見て回ると左後方に大きな擦り傷。

帰宅早々保険会社に電話をすると、応対した感じの良い男性から「相手も我が社のお客です。今日は六件の報告がありましたが、全て当て逃げで名前を残していたのは初めてです。運が良いですね。」と一緒に喜んでくれた。

以前とシステムが異なり、私が自分で疵の左右前後の鮮明な写真を撮って、保険会社に添付ファイルで送るように指示され、詳しく説明が書かれたメールが送られてきた。
送るや否や、数時間もしないうちに今度は細かく計算された見積金額が、メールで送られてくるので、それをプリントさえすれば、いつでも修理工場に行けるようになっている。

この迅速さに驚嘆してしまう。
以前は、見積もりをする人が直接に来て写真を撮り、後日明細書と小切手が送られてきていた。
次には、自分で直接に保険会社と提携している場所に車を持って行き見積もりをしてもらう形式となった。

簡素化したこの方法は、かなりの人件費節約となるだろうが、職を失った大勢の人々が可哀想。

   シトシト雨続き

         こんな憂鬱な雨の日は、陽気な音楽でも聴こう
by arata-tamiko | 2017-03-29 21:34 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

大きな雹に襲われた車体の凹みの修理 6/15/16

異国の独り住まいでも、仕事上沢山の人々と出会い、そして良き友人達に恵まれているので有り難いことに寂しさは全く感じない。
その中の一人、CambridgeにあるToyotaの修理工場の責任者であるBrianは、私のためならどんな無理でも聞いてくれ、私のお客様のためにはベストを尽くしてくれ感謝をしている。

自分で傷つけた車の修理を帰国前に、保険で修理したいと言うKさんにBrianを紹介した。
するとKさんから「個人売買をするなら、保険を使って”(ひょう)”の被害を修理した方が良いと言われたんですがね。」と電話があった。
「軽く千ドル以上かかるなんて言うんですが、大げさに言っているだけですよ。」と少々侮った物言いに、私は自分が侮辱された気がして「彼は、そんなこすっからしい人ではないわ。」と反論した。

Brianから修理中だと連絡があり雹の被害など見たことがないので行くと、車全体が無数のピンポン玉ほどの凹みに覆われていた。
東海岸では雹が降ることはめったにないため、専門の修理工がおらず被害が多発した場合は、テキサスから何人かがグループで来てホテルに宿泊をしながら、あちこちの修理工場に散らばって仕事をするのだそう。

車内のパネルを全部剥がして、内側から特殊な尖った棒状のものを凹みにあて小さな金槌で一つ一つ”トントン”と叩いていく。
弱く叩いても駄目、強くても駄目。その兼ね合いと大きな体を車内で曲げて打ち続けていく気の遠くなる仕事。

写真をKさんに送ると「こんなに大変だったのですか、、、。」と感動をしていた。
完璧に修理をされた車に大喜びで「あの大きな雹に襲われたときは恐怖でしたよ。」と話していた。
保険が支払った修理費は、三千ドル近かったそうだ。

   やっと夏の暑さとなった
d0024276_7135569.jpg

           テキサス州からの霰専門修理工の七つ道具
d0024276_716030.jpg

d0024276_717027.jpg

d0024276_7173210.jpg

by arata-tamiko | 2016-06-16 07:26 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

汚染されたガソリンを給油した結果(3)  11/9/15

責任者である Merrimore氏は、切れる役人と言うより人の良い退職前の小父さんと言った感じを電話で受けた。

私の話を聞いた彼から「もう一度、その住所を。」と言われ、繰り返すと今度は「確かに似間違いなく、そこでガソリンを買ったのかね?」に、私の方が「どんな意味でしょう?カード支払いなので記録に残っていますが。」と聞き返す。

「いやね、そこのガソリンスタンドは販売禁止となっているんだよ。コンビニだけの営業となっているはずだ。」
「意味が判りませんけど。」
「町にある全ガソリンスタンドの検査をした際に、規定を満たしていなかったので営業禁止命令を出したんだよ。」
「それって、いつの話ですか?」
「今年の4月。」
「それでも売っていたのですか?」
「そうのようだね。領収書を失くさないで保管しておきなさい。店と話をした結果を電話で知らせるよ。」

Merrimore氏からの電話。
「いつから販売を始めたのかは、未だ判らないが他にも被害者がいるようだ。保険会社が負担をするそうだから、大丈夫とは思うが、もし支払われない場合は弁護士を使って取り立てたらいいよ。」
「弁護士と言いますが、弁護士費用が、車の修理代以上になったら何の意味合いもないでしょう?」
「まぁー、確かにそうだがちょっと待ってみたらどうかね?」

営業停止を出したなら、この半年間の間に一度は調べるべきだろうに「再販する前には、必ず自分に通知をすることになっていたから。」と相手の連絡を待っていたとは職務怠慢に過ぎない。

Kさんから謝礼を訊かれたので「お金は要らないから、私の好きな寿司屋、Cafe Sushiで奢ってちょうだい。でもそれは全額手にしてからの話ね。」
「僕も一度行ってみたかったのですが、なにしろこの煩い息子といっしょでは、、、と諦めていたのです。でも新田さんと一緒なら心強いです。是非そうしましょう。」
「私食べるわよ。それも高いのばかり。」
「僕も負けずに食べますよ。高いのばかり。」

   インディアンサマーが続く
d0024276_416084.jpg

      我が家のチビは、店員からチワワと言われたのに、成長と共に胴体ばりが長くなり
       脚は伸びず短足。察するに、チワワとダックスフンドの混血だったようだ。
d0024276_4215814.jpg

          その上に飼い主に似て運動神経ゼロ。
          左側に置いている踏み台なしでは、廊下に上がることすらできない鈍さ。
          投げたロープを口に咥えたまま、この階段をジャンプすることが出来ない。
d0024276_424062.jpg

          そこは神様も良くしたもので、チビに少しの知恵を授けたようだ。
           一旦ロープを下の段に落とし、何も咥えずチビは下に飛び降りる。
d0024276_4252796.jpg

         そして一段目の階段に置いたロープを下から咥えて私に渡してくれる。
  
by arata-tamiko | 2015-11-10 04:37 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

汚染されたガソリンを給油した結果(1) 11/3/15

「ガソリンを入れた後から車の調子が悪くなり怖ろしくて修理工場まで運転できません。」と、Kさんから電話がかかってきた。
このRav4は未だ4万キロ未満の走行距離で購入したのは今年の一月。
私がお客様に紹介しているディーラーの中古車ではあり得ない出来事。

同じ社長が経営するCambridge Auto Centerの責任者、Brianに連絡をして動かなくなった車を工場まで牽引してもらう。
翌日「どうもガソリンに原因があるようだ。彼は間違ってディーゼルを入れたのではないか?」と
Brianからの電話。
「そんな間違いはあり得ないそうよ。でも知らない町で店名も覚えていずレシートもないのよ。」
「もしカードで買っていたなら、記録が残っているし住所もガソリンスタンド名も調べがつく。」と、
Brianの助言。

ガソリンタンクを空にして検査をするだけでも、$500かかるとのことだが、Brianは自信を持ってガソリンに原因があると言うし、もう選択の余地はないので承諾をした。
添付された写真に写るコンテナーの中の液状のものは、透明なガソリンではなくコーヒー色の何とも得たいの知れないもの。
車のガソリンタンクを取り出して中を徹底的に洗浄し、各パーツもはずしてのクリーニングとなるから、かなりの修理費になると保険代理店のKevinからも言われていたが、問題はBrianが心配をするように、今快適に走りだしても、後日パーツに影響が出てくる可能性があるとのこと。
となると、Kさんは個人売買は出来ず、中古車ディーラーに買い叩かれてしまう。

Lynnの商工会議所に電話をして事情を話すと、彼女も一緒に怒って会議所のメンバーである二人の弁護士を紹介してくれた。
しかし、この国では弁護士費用は高く、少なくとも一時間$250はするだろう。
となると、修理代金である$1,155を超えてしまっては意味がない。

Brianから誰も出ないとは聞かされていたが、お店にいくら電話をしても、だれも返事をしない。
「ならば、直接に行きましょう!私が相手と話をする。」と、今朝Kさんに電話をして二人でLynnに出かけた。
Brianが「そこまで客の面倒をみるのか?」と驚くので「血が騒ぐのよ。自分でも止められないの。」と言うと、理解しがたいといった返事をしていた。

(続く)

インディアンサマーが続く
d0024276_5315291.jpg

       修理工場のBrianから送られてきた、ガスタンクから取り出された黒い液状のもの
by arata-tamiko | 2015-11-04 05:36 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

陸運局でコネの大切さを痛感する  9/2/15

車の個人売買を自分でされたお客様から、手渡されたタイトルを見て「アッ、これは!」と声をあげてしまった。
購入者のTさんは、タイトル(Title)の裏に自分の住所である通りの名と町名を続けて書いた後、気づいたらしく二本線で消していた。
こちらの書類の殆どは、町名は下段に書く形式となっており、特にこのTitleには、一つの間違いも許されず、ましてや棒線を引いてしまっては、必ず引っかかることは間違いない。
保険代理店のKevinは、「同じ町名を上の欄に書いただけだから大丈夫とは思うが、彼らは、どんな難癖をつけてくるか判らないからね。結果を知らせてくれ。」とのこと。

8月末~9月初めのボストンは、学生達の民族移動で、どこもかしこも大混雑。
陸運局も例にたがわず長蛇の列で、昨日のお客様同様2時間の順番待ち。
一緒に待つ3歳の娘さんがおとなしいだけに可哀想になってきた。

やっと番号を呼ばれ、やれやれの思いでカウンターに行くと、一瞥した女性は恐れたとおり「公正証書にして7日以内に出直してこい。」との一言。
「名前を書き間違えたわけでもなし、購入価格を書き損じたわけでもない。それも同じ町名を上下間違って書いただけではないか!責任者に訊いてきてくれ。」と、ねばり待っていると戻った彼女は「駄目。」の一言。
「2時間待って、また出直して2時間待つのか。酷すぎるではないか。」と文句を言うと、「私は上司の言うことに従うだけだ。それに間違ったそっちが悪い。」とにべもない。

沸々と煮えたぎる怒りで帰りかけると、私といつも軽い冗談を言い合う女性がカウンターで働いていた。
昨日の彼女は番号札を発行していて、受け取るときに「この行列では、きっと徹夜よ。気の毒に。ビールの差し入れでもしましょうか?」と声をかけ笑いあったばかりだった。

彼女に「助けて!」と、Titleを見せると「待っていて。」と事務所の中に入っていった。
数分して戻ってきた彼女は「大丈夫よ。私が担当してあげるから。」と、それも「4の番号は嫌いでしょう?」「7と8」が入ったプレートを探して手続きを終わらせてくれた。
感謝の言葉を述べる私に「毎日働いているから、今後何か問題があったら私に言って。」と名前を書いてくれる親切さ。
「意地悪の人が多い陸運局の中で、貴女はエンジェルよ。」と言うと笑っていた。

御主人の代わりに来たTさんの奥さんから「新田さんが、突然とても厳しい顔になったので、なにか大変なことになったのだと想像がつきました。」と言われたが、この歳になっても感情がもろに出る大人げの無さ。
あぁ~あ。

   蒸し暑さもどる

                     朝顔が遂に咲いた!!
d0024276_112316.jpg

d0024276_1132812.jpg

d0024276_1143515.jpg

d0024276_118269.jpg

d0024276_1191030.jpg

d0024276_1194981.jpg

d0024276_1110362.jpg

by arata-tamiko | 2015-09-03 11:23 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

合計$900のスピード違反金   6/15/15

旅行に出かけたアリゾナで、スピード違反の切符を切られたと、Xさんから電話があり、その後に切符を添付したメールで「対応をしてくれないか。」との依頼。
記載された番号に電話をすると、未だ何も情報が来ていないので少し日を置いて連絡をするようにとのこと。
その事を伝えた後、Xさんからは全く音沙汰が無かった。

確か一週間後には帰国だったはずと心配になり、3週間ほどして「全て片付きましたか?」とメールをしたが、返事がなく、大丈夫の意味であろう、、、と推察した。
するとメールがあり、帰国後の多忙に追われ失念してしまい、15日(つまり今日)が支払い最終日なので、何とかして裁判所に電話をして欲しいと書かれていた。

電話に出た親切な女性は、気の毒そうに「罰金額は$880です。」に、聞き間違いかと「$88ですか?」と問い直すと「いいえ、8、8、0です。」と数字を区切って言ってくれた。
工事現場に於いてのスピード違反は、非常に罰金額が高くなるそうで、その上に期限が過ぎたペナルティーとして$20の追加金で合計金額が「$900」となる。

道路工事で一車線となった入り口に”Slow”のサインを見たX氏はスピードを落としたが、35マイルの数字を見落としてしまった。
後ろから警察車が追走してきたが、ライトが点灯されていなかったため、先を急いでいるものと勘違いをした彼は、脇に寄せる道幅もなく気を利かせてスピードアップをしてしまったそうだ。

小切手郵送かオンラインで支払えるとのこと。

   雨の中、鈴虫が鳴く
d0024276_1230655.jpg

        一番交通が激しいMass. Ave.の大通りで、シャベルカーの運転手と工事人が
       殴り合い寸前の大喧嘩が始まり、それを警察官が必死に止める
d0024276_12322062.jpg

        遂には、警察官、運転手そして工事人三人が三つ巴となり聞くに堪えない
        汚い言葉で罵り合いだした。
        走る車はスローダウンして皆窓から見ている。
        もう無茶苦茶。
 
by arata-tamiko | 2015-06-16 12:40 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

自動車保険のオープション   8/29/14

十年前にお世話をした韓国人のKさんが二度目の留学のため7月に来られた。
日本滞在経験のある御夫婦は日本語がとても上手。
十年ぶりに戴いたお便りで再度お願いをされたが、今年は忙しさで時間の余裕がなく「韓国の不動産屋は多いので、そちらで探してくれないか。」と何度かお断りをした。
が、「どうも韓国人は、、、。」と言うので「韓国人が韓国人を、そう言うなら、どうして日本人が韓国人を信用できるのですか?」と大笑いしてしまった。
幸いに町の大きな不動産屋の女性に出会い、綺麗で妥当な家賃額と良い大家さんの物件が見つかった。

Kさんは韓国系の掲示板で見つけた車を個人売買で購入をし、保険も売り手の韓国人に紹介された。
「大丈夫かな、、、。」と案じたが、横から助言をするのも失礼かと思い何も聞きはしなかったが、購入をした後に「昼間見たら座席が汚くって。」と電話があった。
本当に酷い汚さに、皆様を紹介しているCambridge Auto CenterのBrianに見せたところ、この汚れはケミカル使用でないと落ちないといわれ、その間親切にも無料で車を貸してくれた。

「良かった。良かった。」と喜んだのも束の間。
道路脇に縦列駐車をしていた車が、前後を見ることなく出てきてバックをしたため赤信号で止まっているKさんの車の前にかなりの傷を与えた。

Kさんからの電話に「被害者となるから警察を呼びなさい。」と指示をしたが、来た警察が「人身事故でなければ自分達で解決しなさい。」と行ってしまったそう。
「自分の保険会社は何もしてくれず、相手の保険会社と自分が直接に交渉をするか弁護士を雇えと言われた。」と困りきったKさんから相談を受けたが、その時は彼の言う意味が理解できなかった。
なぜなら今まで私のお客様の場合は、相手側から訴えられても保険会社同士で交渉しあうので、お客様は何一つすることはない。
しかも英語が上手でないとKさんを侮って、相手は事故の状況を全く反対にして自分が被害者として保険会社に説明をしていた。

「保険の契約書を添付してください。」とお願いし、送られたきた証書を見て驚いた。
彼らはMA州の強制保険しか加入をしておらず、保険内容も全く理解していない。
つまりオープションで事故の際の修理の補償に加入をしていないために保険会社は介入をしてくれず、その上に彼の非となった場合は自分の車の修理費も自己負担となる。
もしそうなった場合は、三千ドルはかかると思える。
それを説明するとKさんは驚愕していた。

Brianからも電話があり「どうして彼だけがオープションに入っていなかったのか?」と不思議がられ「私は保険加入のお世話していない。」と説明をした。
相手の保険会社へ提出する事故レポートは、Kさんが絵を描いてBrianが英語で全部記述してくれたそうで「新田さんが紹介してくれただけあって、あの人は本当に良い人ですね。私の英語が下手なものですから、一時間ほどかかりましたが嫌な顔をしませんでした。それにレンターカーも無料で貸してくれました。」。

加害者の保険会社が傷からして客の非と認めることを願うのみ。
でないと余りにもKさんが気の毒。

   秋晴れ
d0024276_1137154.jpg

        この夏は、CA州に住む孫が2ヶ月間滞在をした。
        16歳の男の子ながら、なかなか見事なパッキングに「自分の16歳の時は
        どうだったかしら?」と思わされた。
by arata-tamiko | 2014-08-29 11:49 | 車と保険に関したこと | Comments(0)

車の購入における信頼とアフターケアー   8/13/14

Mさんは二年半の間に、一般の留学者が経験をしないような出来事に次々と襲われるので実に気の毒。
二ヶ月近く前にぶつけられ酷く破損した車は、修理に日を必要とし一ヵ月後に手元に戻った。
九千ドルを越す修理費と一ヶ月間の代車は加害者負担となるが、自分のものでない車を運転するのは気が楽ではなかっただろう。

やっと戻ってきた車を運転し始めて二週間近く、今度は高速を走っているとランプが点灯し次にカタカタと音がし始めブレーキの具合も悪くなった。
脇に止めていると州警察官が来たと電話があり、警察官と話すと「危険なので近くのガスステーションに牽引させる。」と言われたが、家族が運ばれた場所と車が牽引された場所が違っており、それで手間取ってしまった。

生憎の日曜日の午前。
CambridgeにあるToyotaの修理工場のBrianそしてToyota店のマネジャーの携帯にも繋がらない。
留守電を聞いたマネージャーからかかってきた電話の声は、沈みいく船に差し伸べられた手のように思えた。
一時間かかる場所まで牽引トラックを走らせ、また6人家族が帰宅できるようにバンまで送ってくれた。
簡単な検査の結果判明したことは水ポンプの故障で水が漏れ始めているのに気づかず走ったためエンジンが燃え尽きていた。

”車のエンジンは人の心臓と同じ”だそうで、燃えたエンジンは全く使い物にならず新しいものは一万ドルを越すと聞かされ「どうしょう、どうしょう。」の言葉しか出てこない。
私の消沈に「君のお客様だ。きっと社長のMr.Koがベストを尽くしてくれるはず。」と言われたが、既にToyotaの保障期間は5ヶ月前に終了している。

そしてこのようなメールを修理工場の責任者から受け取った。

「精密な検査結果はBrianの意見通りでした。私達は全ての部品を取り外してToyota支社の人間に来てもらい見せました。修理には$11,500かかりますが、Mr.Koの交渉の努力の結果、Toyota本社が一万ドル負担してくれることになりました。」


つまりMさんの負担額は$1,500になり、この故障が事故に関係していなかったことも、私の気を楽にした。

数日後、Ko氏にお礼を言うと「君のお客様は即ち僕に取っても大事なお客様だ。これからも出来る限りのことはするから遠慮なく申し出てください。」と、日本を尊敬する台湾人のKo氏は言った。
小野田少尉が亡くなった際は、お悔やみの言葉と共にNewsweekの切抜きを送ってきたほど。

私が15年前にMr. Koと知り合った際、三つの条件を出した。

1) 交渉に応じられる最低値は初めから決まっていると思います。
   貴方を信用して値段の交渉は一切しません。
   その代わりに初めから、その最低値を提供してください。

2) アメリカのディーラーは売ったあとは知らん顔です。
   私のお客様には日本式のアフターサービスをしてください。

3) 日本に好意を持たれているなら日本人の律儀さも分かっているでしょう。
   銀行口座を開いても車購入をするだけのお金は未だ入金されていません。
   車代金の額面で小切手を書きますが、その小切手は未だ入金されないでください。
   しかし車は先にください。
   日本から振込みがあり次第お知らせをします。
   

全ての条件を受け入れてくれ、Ko氏は変わらず、この約束を遂行してくれている。
昔のGentleman`s Agreementが生きている。

   久しぶりの雨に大地は潤っている。

d0024276_42541.jpg
 
        HarvardのLaw Schoolに一年在学され今月末からNYの法律事務所で研修を
       される廣瀬さんご夫妻から食事に招待され、Cafe Sushiの森さんが出してくれた
       ”鮪の突き出し”の美味しかったこと!
d0024276_4504155.jpg

       サービスで出された自家製の卵焼き、まるでカスタードプディングを食べているよう。
d0024276_4323433.jpg

       そして最後はお二人の愛娘である”なな子ちゃん”、一歳10ヶ月。
       初めて口にした生魚を「これだけ美味しい!」とジェスチャーで表現する愛らしさ。
       田舎が同じだから褒めるのではないが、廣瀬さんは出世する人間の器を備えて
       いるから将来が楽しみ。
     
by arata-tamiko | 2014-08-14 04:52 | 車と保険に関したこと | Comments(0)