カテゴリ:メディアから( 114 )

枡添都知事の奇天烈な記者会見   5/25/16

舛添東京都知事が、議員のころから私たち姉妹は「何だか、ずる賢こそうな顔をしているわね。善人顔ではないわ。まるで時代劇に出てくる悪代官みたい。あの抜け目なさそうな目のキョトキョトが食わせものよ。気に食わない。」等と好き勝手なことを国際電話で言い合っていた。
姉曰く「また変なことを書かないでよ。私はね、ご近所様では無口で物静かで通っているのよ。それなのに、あんたが、D夫人がまたまた整形をしたとか、黒柳徹子の新しい入れ歯の滑舌が大分聞きやすくなったとかなんて電話をしてくるから、ついつられて調子を合わせてしまうのよ。」だそうだ。

マスコミは、度々彼のフランス留学に触れているが、あの時代の留学、それもフランスとなれば、日本人は、「憧れのパリ、パリよ。」と、うっとりとしたものだ。
毎年この日本で、パリ祭に浮かれる人たちを見る度に「どうしてフランスの革命記念日を日本人が祝うのか?」と不思議でしょうがなかった。

叶わぬ恋で傷心した若尾文子が、パリで通訳をしてくれた自称デザイナーの男性に魅惑され結婚したのも当時のフランスの魔力。
日本でメッキが剥がれた男の本性を知った時は既に遅し、ジゴロの男は別れてくれず、彼女は相当の手切れ金を積んだはず。

そんなこんなで、フランス帰りの舛添氏も、さぞや世間の寵児となったことだろうと思う。

彼は記者会見で冒頭「ご心配頂いている皆様」と言った、空々しい出だし。
「第三者」を念仏みたいに繰り返していたが、人に訊くまでもなく本人が一番知っているはず。
それに家族が泊まっている部屋で会議を開いたなんて誰が信じる。
もしそうであったなら、都議会の話を家族が聞いていたことになり言語道断。

自分がしたことを露ほど悪いと思っていないのでは?
「シュウマイや本を頼むことは、是非止めて欲しい。」と言っているのが彼の心境を表している。
人にお願いする時は「どうか」か「どうぞ」と言うのが本筋。

ある人が「心配なんかしていません。怒っているのです。」とツィッターをしていた。
もう一つの傑作は「これほど家族の顔を見てみたいと思ったことはありません。」には全く同感。
評論家の屋山太郎氏が言った「さもしい」はピッタリの表現。
なんとも、みみっちい男。

   初夏の天候
d0024276_10184613.jpg

  我が家に住む韓国女性、韓国店で残った寿司を持ち帰えり、一晩冷蔵庫に入れた。
 翌日、生魚も寿司飯も一緒にして、チャーハンみたいなものを作り、それを海苔に
 巻いて食べていた。
 勧められたが、食欲減退。
by arata-tamiko | 2016-05-26 10:38 | メディアから | Comments(0)

日本人は影響を受けやすい国民なのか? 2/20/16

度々書いてしまうが、一つの言葉や言い回しが出てくると、まるで伝染病が広がったように、たちまちのうちに日本全国民が、その言葉を使い、同じ口調、イントネーション、語尾を尻上がりにして話すのには戸惑いそして不気味さすら感じる。

安倍首相から始まったのか”しっかりと”と言う言葉、今では議員に限らず会社社長などが詫びの会見などで”しっかりと”を絶え間なく繰り返す。
安倍首相然り、実に耳障り!

それと「思います」で終結する最近の言い回し。
「あってはならない事故を二度と起こさないように社員一同しっかりと気を引き締めたいと思います。」と言ったような謝罪会見に「思いますではないでしょう。引き締めます!と何故言えない。」と一人でまた怒る。
この「あってはならない。」も嫌いな言葉。
彼らは断言するだけの確たる自信と勇気がなく、これでは再び何かあった時の逃げ口上に聞こえる。

何でもかんでも「壮絶」と表し、観たり読んだりすると全く壮絶ではない。
表現力の言葉数が彼らに欠けているのだろう。

お客様が「二個下の弟が。」に「それは二歳と言います。」と、つい咎めてしまう。
自分の妻を「嫁さん」と「さん」づけする日本からのお客様に驚いていたら、今や殆ど全員がそう呼称するようになっている。
だから、たまさか「妻」と言うお客様には思わず「よくぞ言ってくれました。」と褒めてしまう。

例の宮崎謙介(呼び捨てで良い)、謝罪会見で「軽率な行動」と使い、NHKニュースウオッチ9の男性アナウンサーも同様に「軽率な行動でしたね。」と私見を述べた。

思うに、軽率とは常識ある人間が軽はずみな行動をしてしまった場合に表現する言葉であって、こんな何の倫理観すら持ち合わせていない人間に使う言葉ではない。
「人として恥ずべき行動でした。」と言うべきではないか。

この男、国会では”チャラ男”と呼ばれ、女関係も知れ渡っており、それだけでなく前の結婚では女性問題で義父から追い出されている。
商店街のオヤジさんのような後援会会長が「女にはだらしないとは聞いていましたが、これほどまでとは、、。」と苦笑い。

そして、こんな箸にも棒にもかからない薄汚い男に惚れた金子議員、いやはや。
これは性癖なのだから、しばらく大人しくしていても必ず、またぞろ他の女に手を出し始める。
何百人のご夫婦を見てきていると、夫婦とは表面は違って見えても、底辺に流れる価値観は同じだなと思わされる。
実に似た者同士が一緒になっている。

女癖の悪い男と知りながら結婚をした金子議員を「妻が可哀想。」とマスコミは言っているが、私は同情をしない。
それは金子議員が選んだ道なのだから。

「恥をかいて来い!」と言ったと、マスコミは、妻の度量の大きさを褒めたたえているが、恥が何であるかが分かっていない男に言う方が間違っている。
だから、あんな芝居がかった記者会見で、きっと鏡の前で何度も練習したのだろう。
議員の質が年々下がってくる。

「あれほどの美人なのだから、いくらでも男は選べたでしょうに、よりによって、あんな最低と。」と言う私に姉が「恋愛経験のない私が言うのも何だけど”この人を理解して立ち直らせることができるのは私しかいない”って思ったのよ。」だそう。

   水仙が大分伸びた
d0024276_23245640.jpg

   友人が日本から買ってきてくれたNECのパソコン画面に取り付けたチビの写真
by arata-tamiko | 2016-02-20 23:31 | メディアから | Comments(0)

日本のお笑いは虐めにつながる   2/5/15

野球に関しては全く無知で、今取りざたされている清原の栄光時代も今回初めて知った。
友人が「浜田が”薬をやってんの?”と訊いたとき、はっきりと否定したのにね。」と言うのに「”はい、しています。”って返事をする馬鹿もいないでしょう。第一公の場で訊くほうもどうかしているわ。どんな返事を期待したのかしら?」と言った。

どんな番組かと検索してみれば、浜田が清原に向かって「おまえなぁ~・」と切り出し訊いている。
口の悪さも売り物かと思うが、一時代を築いた年上の相手に向かって、浜田ごときが吐く言葉ではない。

もう15年以上前だったか、高校留学をしている子供達が我が家でビデオを観ながら抱腹絶倒している。
何がそんなに可笑しいのかと観れば、シーソーのような丸太に殆ど裸の男がしがみついていて、なにか負けるたびに玉だったか棒状のものだったかが、その男の男性部分に迫ってくる実に卑猥なゲームだった。
その男の怯える様子に、出演者や観ている子供達は大笑い。

この時、初めてダウンタウンを知ったが、子供達に「海外で活躍をするかもしれない、あなたたちには、こんなものがジョークだと思って欲しくないわ。ジョークには品がなければならないの。」と、たしなめたことがある。
1人を選びだし、散々からかい虐めに近い言葉を浴びせている。
どこが何が可笑しいのだろうか?

最近の番組で、佐村河内事件で名を知られた新垣氏が出ていた。
雛壇に座るタレントたちが、下らないことを言ってゲラゲラ笑うのに彼はついていけない。
それでも追従笑いを必死にしている様子に、彼の生真面目さがありありと見える。
そして司会者から突然質問をされた新垣氏、真面目がゆえに真剣に返事を考え込んでしまった。
すると隣に座る小太りの50歳過ぎのタレントで、相棒の頭の毛が薄いことをマラゲニアの替え歌で笑わせ、最近ではNHKの料理番組にも出ている男性が「早く言えよ!」と、新垣氏の頭を叩いた。
これには呆れかえったが、もっと驚いたことが回りの人々が、この無礼な行動に大笑いをしている。

いい歳をしたこのタレントのしたことは、完全なる弱いもの虐めに他ならない。
だれが見たって、新垣氏は弱弱しく、子供時代は虐めにあっていたのではないかと思えてくるほど。

こんな大人の行動を見せて「弱いもの虐めをしてはいけません。」と教訓を垂れても子供たちは聞くわけない。

   今年の冬初めて雪らしい雪が降った
d0024276_1446266.jpg

by arata-tamiko | 2016-02-06 14:46 | メディアから | Comments(2)

日本は、どうかしている   1/21/16

台湾総統選挙結果を知りたく、朝パソコンを開けば”SMAP””ベッキー”関係のニュースのほうが大きく取り上げれられている。
次期総統が国民党か民進党かで、日台関係も微妙に違ってくるのに。
日本国民には、もっと関心を持って欲しい。

あんなに歌が下手なSMAPが解散しようが消えてなくなろうが、その時だけのもので国民の生活や国政に影響はしない。
それを民主党の50歳過ぎた分別あるべき議員が、自分の番になると、にやついて「総理、SMAPの解散はどう思われますか?」と開口一番訊いた。

本人は衆院解散にかけて最高のユーモアと得意絶頂だったのだろうが、余りの幼稚さ、余りの馬鹿さ加減、それだけでなく周りで笑っている議員たちにも「こんな人種が国をつかさどっているのか!」と情けなくなった。
国会を開けば、数億円かかると言うのに、こんな下らない質問に時間を費やされてはたまったものではない。
己のバカさ加減を見せてくれた議員の名は”斎藤嘉隆”と言う。

ベッキー保護のタレント達が一様に「いい子なんですよ。一度だけの過ちを許してください。」のコメントに、あなた達も同類だと言いたくなる。
道義にはずれたことを平気でする女が”いい子”なのだろうか。
男も男、女も女、それをホテルまで迎えに行き家まで連れて帰る親も親。
「同じ穴の狢」たちの集まりとしか言いようがない。
妻帯者の息子と厚かましく連れ添ってきた女に、玄関払いをして諭すのが親ではないか。
紅白には出た、次は誰もが知るベッキーまで、、、と、親は鼻高々で舞い上がったのだろう。
彼の妻は、どんなに惨めなお正月を1人で過ごしたことだろう。可哀相に。

日本人、もっとしっかりしなければ、今に国が衰退し中国の一部になるかも。
その時は、もう生きていないから1人立腹するのも止めないと。

   雪のない冬
d0024276_11233187.jpg

                            不思議な雲
by arata-tamiko | 2016-01-22 11:29 | メディアから | Comments(0)

日本人の差別感覚  12/16/15

You Tubeに「新婚さん いらっしゃい」があり「未だに続いているのか。」と言った思いで何十年ぶりに観る。

タイからの初々しい若い妻と50半ば過ぎた初婚の男性とのやり取りの中で、桂文枝が訊く「将来の夢は?」の意味が理解できない妻はニコニコするのみ。
すると文枝は彼女に向かって「お金を貯めてタイに帰るとか?」と言った。

聞き間違いかと、バックさせて再度聞きなおした。
これだけの社会的地位にいて、国から勲章までもらうような人でも、こんな目で途上国の人を見て、これほど失礼な侮辱的な言葉を吐き、それを皆が可笑しいと笑うのかと唖然。
”差別反対”と、日本人は騒いでいるが、本来の意味を解っていないとしか思えない。
何を言われても微笑みで返しているタイ人の妻だが、いつの日か、この質問の意味を理解した時は、きっと恥かしく悲しく思うだろう。

姉に、このことを話しながら「何かというと椅子から転げ落ちる文枝のジェスチャーに客席が笑うけど、あのどこが可笑しいの?」と訊く私に「あんたは可笑しくなくっても、日本人には受けるのよ。それよりも、彼も若くはないから腰を痛めなければいいけど、、、って心配よ。あの歳で痛めたら寝込むようになるからね。」と姉。

   不気味なほど暖かい日々が続く
d0024276_19304023.jpg

             脱いだパジャマの上に気持ち良さそうにうたた寝するチビに
             パジャマもたためず、ベッドも作れない
by arata-tamiko | 2015-12-16 19:41 | メディアから | Comments(0)

疑問が残る靖国神社爆発物事件   12/11/15

今回の爆発物事件、容疑者が韓国人男性とニュースで流れた時は「監視カメラから割り出すとは、、、。」と日本の警察の緻密さに感動すら覚えた。

しかし待てよ、、、。
どうやって短期間に韓国人と判明したのだろうかと疑問に思った。
その上に前日の宿泊場所まで判ったのだろうかと。

出国したことを突き止めたと言う事は、爆発をしかけた同日午後までには公安や警察は、彼の姓名まで知っていたことになる。

それにチョン・チャンハンという犯人が再入国をしてくることを、日本側は事前に知っていたのだろうか?
入国の際に審査官に見つかったといったようなニュースもないし。
韓国側から、内密通報があったのだろうか?

安アパートの家賃すら滞らせている男に誰が旅行費用を出したのか?

世界がテロに怯える今、火薬のような砂状の不審物やタイマーを機内に持ち込むことを見逃した韓国は恥ずべきなのに、日本のマスコミは、その不手際を一切非難することもなく韓国の新聞も、それには触れていない。
事件の真相が発表されればするほど、疑問が生じてくる。

   余りにも暖かい日々が続き不安
d0024276_13153611.jpg

              戴いたスーパーのパウンドケーキを忘れていた。
              一ヶ月過ぎ干からびているのに、黴一つ生えていない。
by arata-tamiko | 2015-12-12 13:23 | メディアから | Comments(0)

どうしょうもないとしか言いようがない鳩山前首相   8/13/15

鳩山元首相の度重なる愚かな言動を見るたびに、小学生だった頃のある出来事が思い出される。
一人の生徒がお金がないと騒ぎ出した。
先生はクラスの皆を集めて「人間だれしも過ちを犯すこともある。しかし、正直が一番大事。名乗れば許される。」と言ったような自分の体験話をした。

すると、話が終わるや否や一人の男性徒が「僕がやりました!」と手を挙げた。
その子は、男のくせに、いつも良い子ぶっていて先生におもねて取り入る私が大嫌いなタイプで気に食わぬ存在だった。
余りにも突然で先生も「よし、わかった。後で職員室に来い。」としか言葉が見つからない。
その子が偽善者ぶって一人良い子になりたいがため嘘をついているのは、子供心にも感じられ教室内に不快感が漂った。
そのあと私は、その子に意地悪をしてあげた。
その時の男性徒の行動と鳩山元首相が繋がってくる。

氏の妻が夢中になっている韓流スターと抱き合う写真が、以前韓国の新聞に大きく取り上げられていた。
一人で良い子になっている鳩山氏、韓国人達から「私達の国ではありえない恥かしいこと。一国の首相の妻が特定の俳優を名指しで好きと公言し、抱き合う写真を撮らせるなんて、見苦しい。夫が馬鹿だ。」と嘲笑られたことを知っていて、のこのこ出かけたのだろうか?

   朝晩窓を閉める気候になった
d0024276_0211215.jpg

 (産経新聞より)
韓国メディアは、西大門刑務所跡地での鳩山首相の“謝罪”を、大きく好意的に報じた。
特にぬかずく姿については、韓国で最高の敬意や感謝を表す「クンジョル」と解釈、表現したうえで、評価し称賛している。
ただ、韓国の伝統作法であるクンジョルとは明らかに異なっており、日本人の感覚からすれば、鳩山氏の行為は、どう見ても「土下座」だった。
d0024276_0264377.jpg

                見るのも恥かしい、陶酔に酔いしれる痴態のよう! 
                一応、後ろで夫が見ているようだ
  
by arata-tamiko | 2015-08-14 00:39 | メディアから | Comments(0)

ロッテ企業の泥沼権力争い   8/3/15

ロッテといえば、私の歳では”お口の恋人ロッテガム”と瞬間的に浮かんでくる会社で、今大変なお家騒動が持ち上がっている。
ロッテホールディングは年商4兆円でも、二男に任された韓国ロッテが、長男の日本ロッテの20倍の年商額。
韓国財界5位の企業が、93歳になる創業者の父親(日本名・重光 武雄)を巻き込んでの兄弟による泥沼の経営権争いが始まったのだから、大塚家具どころの騒ぎではない。

これからが、いかにも韓国!!!

弟と争いの真っ最中である長男の東主氏が正当性を証明するために、父親と交わした会話録音を公開した。
父と息子の会話は全て日本語で、長男は弟を日本名の「昭夫」と名指し、父親を「お父さん」と呼んでいる。
前日の韓国でのテレビインタビューでも長男は日本語で話したことが、韓国人を刺激し、非難の矢面に立たされている
「韓国語を忘れた韓国人が、韓国人と言えるのか!」とか「国籍は韓国でも精神は日本人だ!」と、インターネット上の書き込みが続々とアップされているそうだ。
(可哀想に日本人の母親をもち、日本で生まれ育てば韓国語が話せないのも無理がない。)

韓国一の発行部数を誇る朝鮮日報の日本語版は、上の記事に続いて88歳になる創業者の日本人妻は、韓国の飛行場で待ち構えた記者団達にもみくちゃにされながら「祭祀(日本の法事)があります。」と韓国語で答えた一言の発音は正確だったと記述している。
(日本人を褒めるのも珍しい。それもほんの一言の韓国語を使ったと言うだけで。)

世界中どこの国が外国で生まれ育った自国民が自国語を使えない、使わなかったと非難するだろか?

Reliableの店で週末手伝う韓国人の好青年、両親とも共稼ぎだったから、理解できても韓国語が話せない。
すると見知らぬ韓国人客が「親はどんな教育をしているのか!韓国人のくせして話せもしない。」とか「どうして学ぼうとしないのか!」と怒り出す。
その度に彼は真っ赤な顔をして怒りを押さえ、ただひたすら耐えている。

先日、店主と英語で話していると、年配者から「韓国人なら韓国語で話せ。」と叱られ、店主が「この人は日本人よ。英語で話そうが韓国語で話そうが、貴女となんの関係があるの!!」と客を怒鳴っていた。
これもまた日本ではあり得ない行動。

   暑い
d0024276_4304138.jpg

   14年間行きつけの中華の店の夫婦は毎年夏に台湾で休暇を過ごし、私にお土産をくれる。
   前に戴いた濃い紫色の布地のバックは、表に北朝鮮の子供達が舞台でつけるような大きな
   ピンク色のリボンがついていた。
   今回は、中身のクッキーが壊れた箱からボロボロこぼれてくる。
d0024276_4411722.jpg

      キッチンのシンクで開くと、どう食べていいやら手がつけられないほど粉々だった。
by arata-tamiko | 2015-08-04 04:58 | メディアから | Comments(0)

未成年か成人として裁かれるのか   3/5/15

今回の残虐な事件、詳細がこれだけ判明してきても、母親の姿が全く見えない。
「あの時に強く引き止めておけば、こんなことにならなかったのに。」と嘆き泣く母親。
だが、不登校の子供が夜遅く出かければ、ろくなことをしていないし、遅かれ早かれ悪いことが起きるとは思わなかったのだろうか?

歯向かえない子供を、まるで子猫でもいたぶるように恐怖に陥れ殺すとは鬼畜に等しい人間性。
17歳、18歳になってもいれば善悪の判断はつく。
成人として法の下に裁かれて当然の気がしてくる。
人一人殺して未成年なら刑期は10年~15年。
それでは、余りにも理不尽。

こちらでは、転向してきたばかりの高校一年の男子生徒が校舎のトイレで若い女教師を襲い目的を遂げ殺している。
数日前のニュースでは、成人として裁くと報じていたが、何かのことで決定には至らず保留されている。

同じく数年前、高校生がガールフレンドからの別れを受け入れられず殺人者となっている。
この地で有名なプライベートスクールの生徒、その上フットボールで大学に引き抜かれ、卒業した後の彼の人生は約束され輝いたはずなのに。
こちらでは法廷の様子も映し出されるから「二人とも将来があるのに、もったいない。」と、つくづく思う。
ガールフレンドを殺めた日本の苗字を持つ高校生は成人として扱われ、終身刑を下された。

  今夜零下7度、体感気温零下16度 それでも鳥達は、朝さえずり始め春の訪れを告げる
d0024276_1323817.jpg

       岡山のお土産として、姉が「一日に一回、声を出して読みなさい。」と送ってきた

   
by arata-tamiko | 2015-03-06 13:33 | メディアから | Comments(0)

ツイートの応酬合戦   12/12/14

待ちに待った今週号の週刊文春電子版、掲載されていたのは先週林真理子が呈した疑問の数々に対する百田氏の「林真理子さんの疑問にお答えします」とタイトル名がついた記事のみ。
疑惑とされているS妻の言動の一つ一つを弁明しながら”遺産は寄付する”の項では最後に「これは本当です。」と加筆している。
これでは、その前の釈明は全て嘘だったと言うに等しくなってしまう。

最後の締めくくり文章もひっかかる。

「私は未亡人に二百時間以上取材して、彼女のたかじん氏への愛は真実のものと感じました。もちろん人の心の奥底に何が潜んでいるか、見えないところはあるでしょう。しかし私は、自分の目に曇りがあったとはとても思えないのです。」

「思えないのです。」ではなく、それだけの確信があるなら「思いません。」と断定文でなければ。
百田さんは物書きなんだから、それくらいは判っているはず。

借りて読んだ「モンスター」は読後感に浸れなかったし、余りの評判に買った「永遠のゼロ」は20ページも進まず止めてしまったが、政治討論では舌鋒鋭く相手と論争する百田氏に「頭の回転が早く、なかなか気骨のある論客」と思っていたのに、今回の百田さん「どうしちゃったの?」と訊きたい。
だれしも非難されるのは嫌だが、それにツイートし返す言葉が読むに堪えないほど汚く品がない。
S妻や百田氏が言うように、父親である、たかじんがビタ一文遺産を残さないほど憎悪した娘に、自分が亡くなるまで会社を任せるわけがないと思う。
友人と二人して「結局、私達人を見る目がなかったってこと?」と言いあった。

今週号の週刊新潮に大々的に取り上げられる!と大騒ぎだったが、読んでみれば何のことはない。
既に巷に出回っている内容記事のみ。
Fridayなどは何ページかの記事を袋とじにして発売。

S妻へのインタビューや百田のツイートに対して、つじつまの合わない矛盾だけでなく、彼女の整形前の写真まで見つけ出し”たかじん”の娘に味方する人々との応酬。
彼らの短いツィート文には、ニヤリとさせられる皮肉まじりの的をついたものが多々あり、こんな寒い日々は自宅にこもり読むのには最高。

「ちなみに私が読むツイッターなど」

及川 眠子   https://twitter.com/oikawaneko
イワンのバカ  https://twitter.com/someout01
ciliegio_cento  https://twitter.com/ciliegio_cento
Pongno https://twitter.com/poniponignagna1
ごん太2号      https://twitter.com/Oomanomaguro2

LITERA       http://lite-ra.com/2014/12/post-697.html 
Amazonの殉愛レビュー

   何日か続いた氷が、やっと止む 
d0024276_8481493.jpg

      姉が送ってきた田舎の名物、神徳の大きな最中。
      私の同級生だった息子が商売を継ぎ、立派な店に繁栄させ彼の息子が三代目。
      大納言小豆と和三盆を使い甘さを控えた上品な味に堪能させられた。
by arata-tamiko | 2014-12-13 09:16 | メディアから | Comments(0)