カテゴリ:納得いかないこと( 17 )

女性セブンの記事に疑問あり   4/15/15

女性セブンに掲載された「加藤登紀子が語る半生」の中で、母親について「誰とでも真摯に向き合う女性だった。」と、彼女の気丈さを、誇らしげに述べている。
その例の一つとして「ソ連軍が怖くて日本人が逃げる中、母は一人ソ連軍の司令部に乗り込んでいきました。そして『こんな乱暴を働いているのはおかしい』と訴えたそうです。司令部は母の進言を受け入れて略奪行為を取り締まりました。母は、どんなときでもきちんと相手と向き合う強さを教えてくれました」とある。

2歳で終戦を迎えた加藤登紀子は、この話を母親から聞かされたはずだが、正直私には信じ難い。
スターリンが日ソ不可侵条約を一方的に破棄し、怒涛のごとく押し寄せたソ連兵の多くは獄に繋がれていた殺人などの凶悪犯だった。
電気のない環境で生まれ育った兵達は、日本の民家で初めて見る煌々と光る電灯に驚き、略奪した腕時計をいくつも腕にするような人種。
民間人の女子供を手当たり次第に家族の目の前で強姦し、抵抗すれば犬コロのように射殺され、庇う男達をも殺戮する。
百万のソ連兵の強姦から逃げるため、老いも若きも短髪にし顔に泥を塗り、人間が人の心を失い生きるためエゴ剥きだしとなりわが子にすら手をかけ、極寒の満州で飢えと恐怖に怯えるこの世の地獄ともいえる阿鼻叫喚での逃亡の日々。

ある病院での目撃者の男性は「12、3歳の少女から20歳くらいの十名ほどの女性がタンカで運ばれてきた。全員が裸で、子供の恥部は紫色に腫れ上がり、その原型はなく、一人の女性は下腹部を刺され腸がはみ出していた。」と証言をしている。

これからが、私が疑問とするところ。

女とみれば、何人もの兵隊に犯されたあげく殺されることが分っていながら司令部に一人行くだろうか?

もし行ったとしても、母である自分が死ねば残された三人の幼子は、どうなるかと露ほども思わなかったのだろうか?

彼女の母親が、ソ連の指令官を説得するだけのロシア語が話せたとは、到底思えない。
敗者である日本人、それも女性が勝者であるソ連の司令官に「貴方達のすることは間違っている。」と注意をして「はい、はい。悪うございました。」と、鬼畜のソ連兵達が素直に心を入れ替えるなんて、天地がひっくり返ってもあり得ない。
子供を叱るのとは、訳が違うのだから。

この週刊誌の女性記者は満州開拓団に関しては、全く知識がないのでは?
せめて、著名な女流作家二人の満州引き上げの実話を読んでからインタビューをして欲しかった。

             流れる星は生きている (中公文庫): 藤原 てい

             朱夏            (新潮文庫) 宮尾 登美子

      突然春が来て水仙が咲き始める
d0024276_103193.jpg

    階下の住人の娘家族が飼っている犬と、我が家のチビはまるで兄弟のように似ている
    スラリとした後ろのが彼らの犬。手前の胴が長くウェスト太く足の短いのがチビ。
    スタイルまで飼い主の私に似てくるとは、あな恐ろしや。    
by arata-tamiko | 2015-04-16 10:21 | 納得いかないこと | Comments(0)

慰安婦像撤去の署名協力   12/23/13

日系掲示板の宣伝掲示板の方に”慰安婦像撤去の署名協力”のお願いが出ている。

                      皆様、是非宜しく!

http://www.asagao.com/bic/index.html ( 宣伝掲示板 7789番)

You Tubeの有名人、テキサス親父と呼ばれる奇特なアメリカ人男性も署名運動に奔走している。
ヨーロッパからの移住者たちに迫害や虐殺されたアメリカインディアンが抗議の像を立てるなら納得もするが、アメリカの歴史に関係もない慰安婦を担ぎ出す在米韓国人の一方的な押しの強さと厚かましさ。
教会に通う彼らは団結心が強い。
これこそ”無理が通れば道理が引っ込む”と言える。
彼らは自分達の国を見限りアメリカに住む罪悪感から狂信的な愛国者となるのかも。

朴槿惠の意固地とも思える反日思想。
食うや食わずの貧農出身だった父親の朴正熙大統領は、成績優秀な彼の才能を惜しむ先生の強い勧めもあって、最終的に日本の陸軍士官学校を首席で卒業し、クーデターで政権を勝ち取っている。
もし父親が日本の教育を受けることなく一介の農民で終わっていれば、娘である朴槿惠は決して大統領の椅子に座ることもなかった、なんたる歴史の皮肉。

河野洋平、狸の冬眠ではないのだから、だんまりを決め込まないで言ったことに責任を取って欲しい!!!

   日中3,4度が続き雪が溶ける
d0024276_11573134.gif

                         この広告笑える
                      マツコは美形だったのだ!
by arata-tamiko | 2013-12-24 12:04 | 納得いかないこと | Comments(0)

生活保護は誰のためか?   10/21/12

 お笑い芸能人の生活保護 不正受給以来、日本では、いろいろなケースが取り上げられるようになった。
ある日、仲良くしているHさんが「私、やっと健康保険に加入できました。」と言うので、失礼とは思ったが「例の州の保険?」と聞いた。
彼女は健康上の理由で定期的な検査の必要性があるのだが、御主人は無給の留学なので健康保険は職場から補助されないため、毎月高額な保険料の自費払いは無理。

 「いいえ、アメリカの人が払っている血税を私は使えませんよ。やっと安い保険料金の会社を見つけました。」に「貴女は立派よ。だから好きなの。」と、感動した。
それでも月額700ドルだから、相当家計を圧迫するに違いない。

 ある人に学校の給食代を聞きたく電話をすると「それが知らないんですよ。」と言う。

「三人のお子さんは、いつも弁当を持って行くの?」

「いいえ、三人ともフリーランチですよ。ラボからは安い給料しかもらわないんだから、低所得者として州の無料健康保険にも加入していますよ。タダでもらえるものは、もらわないとが我が家のモットーですから。」と自慢げ。

「恥を知れ!」と、怒鳴りたかった。

 家賃額3,000ドル近くのアパートに住み、日本に帰れば有名な病院に戻って働くのに。
私のアメリカ人の友は仕事柄いろいろな木材を扱っているが、ある木にアレルギー反応が出て、体中の湿疹だけでなく顔も腫れ上がった。
健康保険がなく、医者にかかることも出来なかった。

 私も65歳からの州の保険補助が出るまで、自費で毎月650ドルを払い続けた。それも5,000ドル以下は自費払いで血液検査や薬代は出なかった。
アメリカの恩典を受けていた人が、ヨーロッパ旅行やアメリカ一周をしながら日本に帰ると聞くと理不尽な思いがする。

   インディアン サマーが続く
d0024276_132537.jpg

         神様は何と言うグロテスクな生き物を造ったのだろうかと思う。
         隣人のゴミ箱に入っていた夜行性のパーソンズが私に向かって牙をむく。
         飛び掛ってくるから止めろ!と言われながら撮った写真。
by arata-tamiko | 2012-10-22 13:41 | 納得いかないこと | Comments(0)

野人時代(反日を作る要素)  1/30/11

  一年以上に渡って124回放映され50%以上の信じられない高視聴率だった韓国の神話的伝説となっている「野人時代」のドラマが手にはいったので見始めた。
週2回の放映時間帯には町から男性の姿が少なくなるとまで言われたお化けドラマ。
ある日本人女性が「韓国語の先生から薦められている。」とまで書いていた。(見なくてよい!)
他の女性は「こんな時代もあったのですね、、、。日本人として反省します。」にも腹立つ。
(下に出る訳では”日本人”となっているが蔑視語のチョッパリやウェノムが嫌になるほど頻繁に使われていることを彼女達は知らない)

 この物語は韓国人なら誰もが知る金 斗漢(キム・ドゥハン 1918年5月15日~1972年11月21日)の一代大河ドラマ。 
父親は満州で抗日の独立軍の将軍として名を知られ、京城に住む母親は拷問で亡くなる。
その父親も朝鮮人の左翼主義者により暗殺され、幼い彼は抗日の老人から犯人は日本人と教えられる。
 孤児となった彼は浮浪児となり乞食の集団に加わり物乞いもし、18歳で朝鮮の闘拳王として約3万人の子分を抱える任侠団体である鐘路派の親分となる。
(いまだに親分、子分、縄張りは韓国で通じる日本語)
将軍の息子としての誇りを持ち徹底的な反日を貫き、日本軍の武器庫を爆破したり縄張りをめぐって日本のヤクザと交戦を続け朝鮮商人を守り、文字も読めない彼は36歳で政界進出をし国会で人糞を撒き散らした伝説の人物となっている。
 彼の伝記を読むと時代も時代だが二人と出てこない異色の人物なのは確か。 

 有名な監督、脚本家の作品らしい。
日本人ヤクザや警察官役をする俳優は全て韓国人だから、濁音が発音できない舌足らずの日本語で朝鮮人を脅かしているのはサマになっておらず幼稚な子供のようで笑える。
着物も着付けも男はマツケンサンバを思い出し、女性はまるで宿場女郎みたいにだらしない着方をしている。
日本の親分の頭目がピンクの羽織で凄みを効かせているのには爆笑。
朝鮮人に向かって馬鹿の一つ覚えのように「何だ、この朝鮮人やろう!」と罵るシーンの連続。
日本人学生は朝鮮人学生に喧嘩を売り女性に乱暴狼藉をはたらく。
(韓国俳優の殴り合いの演技は軍隊でテコンドーの基礎があるせいか胸がすく上手さ!)
 民族闘志を捕まえたり、金斗漢を弾圧した現ソウルの鐘路(チョンノ)警察署に苦情電話がかかってくると言うほど国民は没頭した。

 韓国に住む友人のL氏は物理工学の教授の時「君達は日本人を外国製品のもの真似をすると馬鹿にするが、韓国人と違うところは、それ以上のものを造り上げる。」と教室で話したそうだ。
それでL氏に「植民地時代に中学校まで教育を受けられた先生にお聞きします。このドラマで描かれるように日本人は皆醜悪な極悪非道な人達ばかりでしたか?」
「もし私が韓国人で、こんなドラマを見せられたら、どうしても反日になってしまでしょう。こんな内容のドラマがもてはやされるとは日本人として悲しいことです。」とメールをしてしまった。
 今落ち着いて考えてみると受け取ったL氏も面食らって返事に窮しているのではないかと気の毒になってしまう。

   軒のツララが落ちてくる気温の一日
d0024276_1383648.jpg

    Hマートで買った石のお椀に胡麻油を薄く塗り御飯をのせておこげを作る。
    その上に胡麻油で炒め塩味にしておいた大根、湯がいたもやしや有り合わせの野菜を
    のせコチジャンで頂く美味しさ!
    コチジャンに砂糖、韓国のシロップ、ニンニクそしてリンゴ、キゥイ、梨などの果物をミキサー
    にかけてタレを作ると店のレシピーをソンヒーが教えてくれた。
    

   
by arata-tamiko | 2011-01-31 13:18 | 納得いかないこと | Comments(1)

借金地獄の中での子供手当   11/14/10

 佐々淳行氏のホームページは署名募集記事で占められているので掲載されている数字は署名数だと早とちりしていた。
これは訪問者の数だった。
ところが急増加していた数字が昨夕から全く動いていない。

 日曜の日中番組「たかじんのそこまで言って委員会」のことを聞くため姉に電話をした折に「奇怪なことに数字が全く増えなくなった。」と話すと「そんなこと知らないわよ。第一ね、刻々と数字の増加を見ているような人は日本にあなた一人よ。」と言われた。
同時刻にNHKで放映された山中伸弥教授のドキュメンタリーの方を見たそうで「あなたも絶対に見るのよ。!」と感極まっていた。

 日本の借金額が膨大になり、国民ひとり当たりおよそ700万円の借金を背負っていることになるそうだ。
この借金地獄の中で日本に住む外国人たちが国に残した子供達を、どうして日本政府が子供手当てとやらで面倒をみるのか理解できない。
彼らは絶対に「有難や、有難や~。」なんて感謝していない。
「全く日本人はお人良し。」とほくそ笑んでいるはず。
だからこそ役所の窓口に当然のようにして殺到している。
お金をばら撒くより土地を購入して保育園の増設をして門戸を広げたらいい。
80歳を過ぎた夫が看病疲れのため長年連れ添った老妻を殺したり心中をしたりが日本の現状。
日本の繁栄に貢献してくれた日本のお年寄り達を助けるのが先決問題ではないか!!!

 どこの国が外国人の子供の面倒までみるだろうか?
それでいて海外に住む日本家族の子供達には手当てがなく、その上日本人学校の授業料も支払わなければならないとは理不尽この上ない。  
今の日本は変だ。

 夜の10時35分、佐々氏のホームページは真っ白となっていた。 

   インディアンサマーが終わったらしく急激に冷え込む
d0024276_10285372.jpg

             Hマートで売り出している「ITO」と言う日本原産地の渋柿
             十二分に熟してから冷蔵庫で冷やして頂くと甘~い 
 
by arata-tamiko | 2010-11-15 10:37 | 納得いかないこと | Comments(0)

掲示板の投書で思うこと 10/5/10

 ある掲示板に「冬の運転は怖いのでピックアップしている人を求めています。」と、助けを求める投書があった。
私立、特に低学年の全寮制の学校では、このような休暇のため学校が信頼できるリムジン会社などを紹介してくれるし、その担当の先生もいて手配をしてくれる。
迎えに行く場合、学校のツアー担当者から確認の電話を受けていた。
何か利用できないことがあるのだろうか?
他の方も書いていたが、一般のリムジン会社もサービスはとても良い。

 この問いかけに対して、交通手段のアドバイスもあったが、「親とはこうあるべきだ!」と意見をしている人もいた。
本人は、冬の運転が怖いがための助けを求めているのに、これでは泳げない人に向かって「飛び込んで泳いでみなさい!なにかあっても保険がある!」と言っているようなものでは?

 地球温暖化で降雪も遅くなっているが、以前は感謝祭には雪がよく降った。
EDICM留学センターの生徒のため、MA州だけでなく他州のNH, VA,  ME, NJ, NY, WAと数え切れないほどの学校を訪れた。
冬には「どうか雪が降りませんように神様、仏様。」と祈り、天気予報を何度も見ていた。
特に、MA州の西はボストンより雪が降る。

 雪で滑ってしまうと、もはや怜悧な判断はできない。こちらの教習所で「車が滑っている反対方向にハンドルを絶対切るな!」と教えられていたのに、目の前にガードレールが迫ってくれば急ブレーキをかけ反対に切ってしまう。
そして独楽のように回っている自分の車に後続の車が迫り、衝突する瞬間の恐怖は言葉では言い表せない。
敢えて言うなら、頭が真っ白になり背中に氷を入れられたと言う感覚。
私一人でこのパニック。ましてや子供が同乗していれば尚更。
この事故以来、今でも雪の運転は怖い。
特に、MA州の西はボストンより雪が降る。

 子供の育てかたは個々違うと思うし”心得”を説くのが不可解。
アメリカに来た頃、親しくなったアメリカ人から「私は他の人に対して”You should”とは決して言わない。それぞれの考え方が違うのに、自分の意見が正しいと相手に押し付けることになる。」の言葉に教えられ、心している。

(掲示板で間違いを指摘され、一部修正をしました。)

  霧雨
d0024276_0123352.jpg

           焼肉店で最後に出る”ニッケ水の飲み物”
           Hマートで、$6.99が賞味期限が迫っているため99セントとなっている。
           水で薄めて冷蔵庫で冷やすと、ニッケ好きの私、止まらない!
d0024276_0182531.jpg

                    これは日本の甘酒を薄くした味
by arata-tamiko | 2010-10-07 00:20 | 納得いかないこと | Comments(2)

これは詐欺に等しい   5/23/2010

 Bank of Americaと提携している生命保険会社から、Sさんが「申し込みをした証明」として、その時の電話の会話記録がCDにされて送られてきた。
それを繰り返し聴いたSさんから「恥かしながら”Yes”と言っていました。電話の英語を理解できず、Bank of Americaだけで意味も判らず返事をしてしまったようです。」
添えられた手紙には「同意をした以上、返金は出来ません。」と書かれていた。

 「理解をせず同意をした。」と言う証明は出来ないため、2か月分として自動引き落としされた80ドルは「早くに気づいて良かった!ことはもっと悪くなった可能性もある。」と諦める以外にない。
他の町の支店に移ったCさんも「英語が堪能でない人に電話勧誘をするなんて、詐欺に等しい。」と同意見。
これも親切なCさんのお陰で全てが手早く処理され、新しい口座番号に変更され小切手も届いた。
銀行も競争が激しいから、あの手この手で少しでも儲けたいのだろうがチョッと酷すぎる。

 私もアメリカに来たころ、今ほど英語の理解力がなく相手から何度も言われていると、つい「Yes」と言いがちだった。
ある時に親しくしていた大家さんでもある友人に「Yesと言っていてもNoの意味であることが分かった。どうしてYesと言うのか?解らない時はハッキリとそう言いなさい。誤解を生む。」と注意されたことを思い出す。

   晴天
d0024276_052193.jpg

           九州育ちの私が石楠花を初めて見たのはドイツの家の周りを
           埋め尽くす大木に咲く色とりどりの豪華な花だった。
d0024276_0574758.jpg

            当地では町のいたるところに見かけ人に訊き英語名が
            Rhododendron、日本名は石楠花と知る。
d0024276_131724.jpg

d0024276_164847.jpg

d0024276_18233.jpg
d0024276_19148.jpg
d0024276_110782.jpg
d0024276_1112029.jpg

d0024276_1122872.jpg

                 まだまだ色の種類はあります。
by arata-tamiko | 2010-05-24 01:22 | 納得いかないこと | Comments(0)

懲役年数   10/5/09

  韓国の李氏からSkype電話が入り一時間近くおしゃべり。
脳溢血の後遺症で体の不自由な奥さんを週三回の透析に早朝7時に連れて行き迎えに行く日々、80歳近い体には相当こたえるだろうとお気の毒。
紹介して下さったMA州に住むHさんのご主人とは京城の中学校から友人だったし、ソウル大学ではHさんとも先輩後輩の間柄。
60年の友情は、Hさんのご主人が亡くなった今も続いている。

 私とのお話を楽しんでいると紹介者のHさんにお礼を言われたそうだが、私の方こそHさんと興味深い昔話を聞かせてくれる李氏に感謝。
今回は李氏の秋夕(チュソク)のお話。
長男である李氏は一人で両親のお墓にご馳走とお酒をもってお参りに行かれたそう。

 日本国中を旅行されている李氏、宮崎のある田舎の人々が話す言葉のアクセントが余りにも朝鮮語と似ているので驚いたそうだ。
未だお会いしていないが、お互いに何年もの知己に感じる。

 「友梨さん救出詐欺、主犯の男に懲役9年」の見出しに「そんな馬鹿な、、、。」と言葉が出た。
行方の知れぬ娘を救い出したい親の心をもてあそび、騙し巻き上げた7,300万円で贅沢三昧。
裁判官の判決文は「わらにもすがる思いで被告を頼った被害者の親心につけ込んでもてあそんだ、類例を見ない卑劣かつ悪質な犯行

 この父親は娘が誘拐された日から自分が目を瞑るまでの年月苦しみ続ける。
なのに、かたやこの犬畜生にも劣る極悪非道の男は朝昼晩三食付きで、たったの9年間自由を奪われるだけ。

  煌々と輝く満月
d0024276_139152.jpg

         日本で予防接種をしてきても必ず2本はこちらでしなければならない
         香央里ちゃん、頑張りました。明日から幼稚園です!
         だけど香央里ちゃん、沢山着込んでいますね。
by arata-tamiko | 2009-10-06 13:07 | 納得いかないこと | Comments(0)

裁判員の義務と召喚状   8/2/09

 もう七年ほど前に帰国をされたお客様が郵便局に転送先として私の住所を届けたらしく、年に一度くらい彼宛名の郵便物を受け取っていた。
日本の何処に帰られたのかも分からず、送られてくるものも宣伝関係ばかりなので捨てていた。

 ある時「陪審員に選ばれた」と言う内容らしき手紙が届いたが、彼等の住所が分からない。
(これは封筒を見れば一目瞭然で察しがつく)
医学関係の人は留学前の勤務先に戻るとは限らない。
まさか掲示板に「誰々先生を知りませんか?」と載せるわけにもいかない。
どのくらい経ってだったか、また同じものを受け取った。
外国籍の人が陪審員になれるはずがないのだから、相手が間違って出したことは確実。

 すると今度は裁判所からの呼び出し状らしき形状をした郵便が届いた。
心配になって中を開けると召喚状出頭の時間日付が記され弁護士同伴も許されている。

 理由 Juror fail to attend 

     Defendant: ( 被告人 )

 You are hereby ordered to appear in this court on the date and time indicated above to answer to a criminal complaint that has been issued against you.

Pleae report to the probation office upon your arrival at the court.


 アメリカ人の友人に急いで相談すると「陪審員の責任回避は重い罪になる。裁判所から人が家に直接来ることもある。すぐに裁判所に電話をして事情を説明をしなさい。」
「もし陪審員呼び出しの手紙を受け取ったかどうか?の質問には”I do not remember."で押し通しなさい。」と助言された。

 「何番を押して、次は何番」のコンピューターの声に従い辿り着いても相手がでない。
何度も何度も電話をかけ続けながら「どうして私がこんなことまでしなければならないの!」と心中フツフツとした思い。
 どうか、勝手に私の住所を転送先にしないでください。お願いします。

   くもり空
d0024276_13154192.jpg

         手塩にかけた我が家の茄子だが朝晩の気温が低い今年の夏、茄子も身を
         守るため縮んでしまうので皮が固い
d0024276_13184293.jpg

        こんな箱庭に育った茄子にも蜂が飛んで来てくれる  自然の営みの驚異 
d0024276_13253134.jpg

          150年以上前に建てられた家と同じように年齢を重ねたのだろうか、、、。
          見事な”ねむの木

     

 





 
by arata-tamiko | 2009-08-03 13:28 | 納得いかないこと | Comments(0)

先祖は悪霊なのか?   7/2/09

 不謹慎だとは思うが一度騙された本人に訊いてみたい衝動に駆られる一つに「先祖の悪霊が、、。」と言われ信じてしまう人たち。
今回などは道で見知らぬ男性に声をかけられ彼等について行っている。
どんなに言葉巧みに言い寄られたとは言え、どうやって印鑑ごときに何百万円を払う心理に陥るのだろう?
ここの宗教は前は確か同じ言葉で安っぽい壷を高く売りつけていた。
まだ墓石や仏壇なら分かるが、どうして悪霊が判子や壷とかに関連があるのかしら????
ある信者の知人に「先祖は子孫を守ってくれるのに、どうして貴女のところは”悪霊、悪霊”って売り続けるの?生き延びるためには目先の欲は駄目よ。」と電話で訊いてみたが無言の返事だった。

 前には「足裏判断」とか言うのもあった。
もし私は教祖様を信じたとしても、半世紀以上に渡ってこの重い体重でグチャグチャに踏み潰された汚くひび割れた足裏なんて恥ずかしくって見せれない。
彼等が何百万円の掛け軸、壷そしてこの判子を買った時は、その価値があると信じて購入しているのだから詐欺とよべるのか?とも思う。
つまり霊験あらたかな効果がみられなかったから詐欺となったのか?
骨董だって、人によっては何千万円支払い、趣味のない人に取っては無の価値。

 6年前に車の個人売買をした日本人同士がいた。
2年後の帰国で売り出しをした購入者は、新しい買い手のアメリカ人から高すぎると言われたそう。
それで日本に帰った売り手に「この値段でしか売れなかった。高く売りつけられたから1,000ドル返せ!」と何度もメールを出し続けた。
売り手も困り果て私の意見を訊いてきたが私も答えられない。
保険代理店に助言を求めると「もし高く買ったとしても、買い手はその車がその値段の価値があると思ったのでしょう?それを後で高かったからと言って、お金の返金を求めることはおかしい。」と事務所の皆から言われた。
結局初めの売り手は執拗さに根を上げて1,000ドル返した。

 カナダ旅行中、追突事故にあった方からの電話。車も運転可能、車内の家族にも怪我は無いとのこと。

   午前中雷雨と共に大雨  一日中雨、雨
d0024276_14214325.jpg

              近所で野生のブラックベリーが密集しているのを見つけた!
              通行人に気づかれぬように口にポイポイ放り込む
              人が来ると知らん顔  困るのは周りにポイズンアイビーが
              生えている  これにかぶれると気が狂うほどの痒さ
              未だ赤い実が沢山ついているから数日は楽しめる
d0024276_14255654.jpg

                裏の桑の実は雨が多いため今年は甘味が少ない
                楽しみにしていたのに、、、、

 
by arata-tamiko | 2009-07-03 14:53 | 納得いかないこと | Comments(0)