K製作所の三人が同時期留学   1/5/08

 午後到着したK製作所のKさんはANAのカウンターで「東京~ワシントン間をエコノミーからビジネスに変えて頂けませんか?」とお願いされた。「頂けませんか?」どころか「是非、是非」の申し出。これこそ「正月から何て万のいいこと。」の例えどおり。
お酒の飲めぬ彼だから、せっかくのワインリストは役に立たなかったが座席は130度傾き熟睡出来たそう。
 夜は彼の歓迎会が数ヶ月前に留学した同僚のアパートであった。私も部外者ながら招待され夕食を楽しんだ。同時期にMITに三人留学とは会社でも稀な事だそう。
「ボストンの工事現場の彼方此方で会社の重機械を見ると”オッ頑張ってるな!”と嬉しくなるでしょう?」と言うと三人で笑う。

 食事中携帯電話が鳴る。ホテルに泊りながら立ち上げをしている家族からで新車を購入したので保険加入のお世話の依頼。住まいはボストンから40分以上もかかるため丁寧にお断りしたが、自分達でも安心して加入できるように保険の掛け金と補償額について説明をしておいた。
 「ロージャックを付けられたのですか?」と聞くと「はい。盗難防止のためと強く勧められて。」と言っていた。ボストン、しかも彼等の住むような田舎町ではロージャックは必要ないと思う。
この$700~$900の余分な売り上げはパーセンテージでセールスマンの懐に入るから彼等は強く勧めるだろう。私のお客様で誰も付けた事がないし、金銭的に余り余裕がないお客様には一般の盗難防止も勧めた事がない。

   日中零下8度~4度そして今日は7度 暖かく感じる
d0024276_7201920.jpg

                    コートを着始めた私を悲しげな
                    様子でジーッと見つめる2匹
d0024276_7221434.jpg

                     身支度が終わった私を並んで見送る
                     チビとうめこ 罪悪感を感じる
                     うめこは少しでもチビから離れようと
                     する 
d0024276_727187.jpg

                    機械屋が三人揃った これなら我が家の
                    家電や機械類が壊れても心配ない


                  
by arata-tamiko | 2008-01-07 07:31 | Comments(0)


<< 中国旅行話し   1/6/08 過去の恨み   1/4/08 >>