過去の恨み   1/4/08

 Skypeで阪田さんと新年の挨拶をする。今まで見た韓国ドラマの中で私が最高傑作と絶賛する「英雄時代」の話に移り現代グループの創業者を演じる男優の計算された細部に渡る演技の上手さを彼女に語る。
但し一つ気になるのが彼の髪型が現代のスタイル。あの時代の男性全ては短い刈り上げで硬い毛質をポマードでベッタリと押さえていたと私が言うと「本当。そう言われてみると必ず7,3に分けていたわね。」と彼女が笑いながら同意。毎日お風呂に入らない男性の枕カバーは油で汚れるくらい、あの時代はポマードとかチックが愛用されていた。
 「それに朝鮮戦争の頃なら未だ日本統治時代の影響が色濃く残っていたはずよ。あの男優は背広を着ているけど土建屋はホラ、ホラ特別な裾絞りのパンツ、、、ニッカ何とか、、、と言う名の、、、。」で、すかさず彼女は「ニッカポッカでしょう?それに紐の革ブーツ。ベストもつくのよ。上着は革ジャンで襟が毛皮。これが典型的な土建屋の服装なのよ。」と二人で記憶を手繰り寄せ大笑いとなった。「今時ニッカポッカを知っている人って余りいなのではない?アァーア、私もこんな話が出来る歳になったなんて悲しいわ。」の彼女の言葉にまた笑いが始まる。

 パソコンが壊れている木戸さんにSkype Outで新年の電話をすると、私の指示通りに高いお金を出して「英雄時代」を買ったそう。私の一言で友人達がこれほど信用してくれるのだから私、今のビジネスを止めて何かの教祖様になった方が成功するかも。
彼女が聴く私の声質は一般電話と全く変らないそうだ。日本の姉の方は電話機を取り付けた後でもエコーがすると言っていた。地域で違ってくるのだろう。

 レジの韓国女店員がローマ字で書いた「ODEN(おでん)」のサインが余りにも貧弱なので書き直そうと店員の一人に”おでん”の韓国スペルを訊いた。彼女は日本のドラマ、映画そしてアニメが大好き。嵩じて大学で日本語を取っている。
”おでん”と書き始めた彼女が「アッ、おでんと言う言葉は駄目!」とオムックと書いた。理由は日本語だからだそう。韓国では「日本語使用の排斥」に努め、公共の放送では”おでん”は御法度だそう。そう言えば、あるドラマの中で屋台に座った客が「おでんをくれ。」と言って屋台の主が怒っていた。しかし韓国のお客の100パーセントは”おでん”と言っている。それを日本語と言う理由で韓国語に言い換えるというのも了見の狭い考え。
 日帝時代に押しきせられた日本語単語だから、、、と言うが「寿司やサシミも韓国語に変えるの?」と訊くと「もちろん!」と言う。こんな話題になると私もかなり神経を使って話すようになるが彼等の精神構造に興味が湧いてしまう。
「寿司、サシミは既に日本語を通り越して世界の共通語となっているのよ。それを韓国語に修正するなんて時代の逆戻りよ。それなら今すぐ韓国中の寿司屋の看板を”チョパップ”と書き換えるべきよ。」に「暫くは韓国語と日本語を同時に使って将来は完全に韓国語のみにする。」にも呆れてしまう。
 余りにも幼稚で馬鹿馬鹿しく「キムチは今寿司と同じように世界語となっているわ。それを自国語に変える国なんてあると思うの?」と言ってしまった。そこへ一番若い店員が「オデンって日本語なの?」と言ったものだから、日本語を勉強している彼女をより刺激してしまった。
日本の芸能文化が好きで日本語の勉強をしていても国民感情となると全く別個のものなのだと知らされた。
 店主の大学生の娘はアメリカ生まれの育ち。私達の会話を聴いていた彼女は「いったい何て愚かな国粋主義者なの。過去は過去。どうして将来を見つめれないのかしら。」と、私に嘆いていた。

   昨日からすると気温が少し上がったが、それでも日中零下4度
d0024276_0205139.jpg

           昨夜あたりから粗相をしなくなり家中を自由に歩けるようになった
           うめこちゃん
           相当の甘えん坊で”抱いてくれ、抱いてくれ!”と鳴いてせがむ
           しかたなくブランケットで包むと大分落ち着いた様子
d0024276_0252649.jpg

                   未だに2匹は間隔をおいて生活を
                   している 寝るときも然り 
                   ベッドの上がチビ 床がうめこちゃん              
by arata-tamiko | 2008-01-06 00:28 | 納得いかないこと | Comments(0)


<< K製作所の三人が同時期留学  ... 信頼   1/3/08 >>