無事故無違反証明書の問題解決 (2)

             市川海老蔵と共に泣く(合掌)

Mさんのお父様は、パソコンをしない年代なので、彼は近所の人にメールを出し、父親はその家に読みに行く。
携帯でも説明をされた父親は田舎の安全センターに走って行ったが、説明をする息子も何を修正すべきなのかを完全には把握していない様子だし、それを聞かされる父親もどうも要領を得ていない感じがして、待つ身の私は不安を覚える。

問題が生じた場合は、間に人を入れると余計話が違ってくる
私は直接Mさんの住む町の安全センターに電話をした。
年配の人の好さそうな担当者のOさんは、ボストンからの電話に驚きながら「あぁ~、お父様が来られて、説明された通りの新しい証明書を出しました。」と言う。

朝が来るのを待ちKevinに電話をすると「Faxを受け取ったが、一番肝心の必要な証明項目が抜けている。」とのこと。
案じた通りの結果に「手に入れた他のお客様の安全運転証明書を、近所の人に添付で送って、それを役所に持っていって見せて下さい。そうすればOさんは一目瞭然で判るはずです。」と別の方法を取る。

日本の朝に電話をすると「お父様朝一番に来ましたよ。すぐに県の方にお願いしましたから、こちらのお昼過ぎに電話をもらえますか?そちらは何時になりますか?」と気の毒そうに訊いてくる。
「深夜1時ごろですが、大丈夫です。今日中に終わらせましょう。」と返事。

こちらの深夜に電話をすると「今度は大丈夫です!あの~申し訳ないのですが、私は英語が駄目なので日本語の訳の方を読み上げて良いでしょうか?」と、人の好さを伺わせる。
初めての運転免許書取得日運転免許書発行日付が今年である理由などが、要求した通りに明記されていた。
「そうなんです!それが必要だったのです。」に「免許書の更新を忘れて失効されていたことを一言言ってくれれば、私共もすぐ対処できたのですが、こちらでは判らなかったものですから。それにしても貴女も大変ですね。こんな夜中まで起きて。」と同情してくれた。

翌朝Kevinより「Perfect!」と返事があり、$7,000以上の保険額は一挙に$1,700に落ちた。
「Kevinは悪い人ではなかったのですね。」と言ったことを後悔するMさんに「私みたいに善良な人間が悪者と付き合うと思っているの?」と叱ってあげた。
「だけど、貴方の所は本当に田舎なのね。いつかけても担当者はOさんしか電話口に出てこないのよ。」と思わず言ってしまう。

その夜「余計なことだけど、Oさん無しには解決出来なかったわね。一筆お礼のカードを、アメリカから出せば喜ばれると思うのよ。」とメールをすると、頭を撫でて上げたいような返事をもらった。
「いいえ、老婆心ではありません。もっと若い頃は、父親の言葉も煩いとしか思えませんでしが、こうやって年配者から教わることが多いと今、身を持って実感しています。すぐカードを出し、新田さんの言われるとおりに、これからの僕はやっていきます。」。

やっぱり私が目をかけただけある。

   蒸し暑い
d0024276_22364388.jpg

       野兎が懸命に巣作りを始めた。
       右上の枯れ枝の下を手を貸してあげたいほど必死に掘り初め、     
       そこに芝の枯草を口で集め加えて蓋をし始める。 
d0024276_22401471.jpg

         遂に完成。青い芝生だと絡まらないが枯草だとまとまりが
         つくことなど、どうやって学ぶのだろう。
         中に何が入っているのか、もう興味津々。
by arata-tamiko | 2017-06-24 22:44 | 車と保険に関したこと | Comments(0)


<< 「都民ファースト」が日本の党名... 無事故無違反証明と自動車保険額... >>