どうしょうもないとしか言いようがない鳩山前首相   8/13/15

鳩山元首相の度重なる愚かな言動を見るたびに、小学生だった頃のある出来事が思い出される。
一人の生徒がお金がないと騒ぎ出した。
先生はクラスの皆を集めて「人間だれしも過ちを犯すこともある。しかし、正直が一番大事。名乗れば許される。」と言ったような自分の体験話をした。

すると、話が終わるや否や一人の男性徒が「僕がやりました!」と手を挙げた。
その子は、男のくせに、いつも良い子ぶっていて先生におもねて取り入る私が大嫌いなタイプで気に食わぬ存在だった。
余りにも突然で先生も「よし、わかった。後で職員室に来い。」としか言葉が見つからない。
その子が偽善者ぶって一人良い子になりたいがため嘘をついているのは、子供心にも感じられ教室内に不快感が漂った。
そのあと私は、その子に意地悪をしてあげた。
その時の男性徒の行動と鳩山元首相が繋がってくる。

氏の妻が夢中になっている韓流スターと抱き合う写真が、以前韓国の新聞に大きく取り上げられていた。
一人で良い子になっている鳩山氏、韓国人達から「私達の国ではありえない恥かしいこと。一国の首相の妻が特定の俳優を名指しで好きと公言し、抱き合う写真を撮らせるなんて、見苦しい。夫が馬鹿だ。」と嘲笑られたことを知っていて、のこのこ出かけたのだろうか?

   朝晩窓を閉める気候になった
d0024276_0211215.jpg

 (産経新聞より)
韓国メディアは、西大門刑務所跡地での鳩山首相の“謝罪”を、大きく好意的に報じた。
特にぬかずく姿については、韓国で最高の敬意や感謝を表す「クンジョル」と解釈、表現したうえで、評価し称賛している。
ただ、韓国の伝統作法であるクンジョルとは明らかに異なっており、日本人の感覚からすれば、鳩山氏の行為は、どう見ても「土下座」だった。
d0024276_0264377.jpg

                見るのも恥かしい、陶酔に酔いしれる痴態のよう! 
                一応、後ろで夫が見ているようだ
  
by arata-tamiko | 2015-08-14 00:39 | メディアから | Comments(0)


<< ご苦労様とお疲れ様   8/1... 全く花が咲かない朝顔と夕顔  ... >>