ロックハドソンとエイズ   1/28/13

 お世話をしながら、「何を研究されているの?」と、聞くと「HIV」とのこと。
「そうなの。エイズで形相が変貌し痩せ衰えたロックハドソンが、勇気を持って世間の前に出てきたときは、世界中に衝撃が走ったわね。それで初めてエイズの実態と恐ろしさを皆が自覚したのよね。」と、話すと「その人、誰ですか?」と三十台初めのお客様は訊いた。

「HIVの薬の研究をする人が、彼を知らないなんて恥かしいわよ。」と、一方的に決め付け、こんこんとハリウッドの代表的大スターであった彼に関してと同時に世界がエイズに対する恐怖に陥ったことなどを話した。。
年毎に、お客様の年齢が離れていき、三十台ともなると我子より十年も年下なので、おせっかいとは自覚しながらも、つい教訓を垂れてしまう悪い癖が出た。
彼にも「もっと男らしく、ハキハキと声を出して。スローモーションで話さない。初めての電話では、貴方が口に怪我をしているのかと思ったくらいなのよ。」と、注意をし、「ごめんなさいね。でもね、これも貴方が背が低く肥った醜男だったら言わないわよ。これさえ修正すれば、きっともてるわよ。」と。
とても素直な方で、「はい。努力をします。」と、言った。

 そして彼に三つの宿題を出した。

1)車のRegistrationのコピーを取ること。
2)ロックハドソンについて調べること。
3)男らしく話すこと。

 頂いたメールに「宿題の1、2はすぐにやりました。3の一番難しいものはまだできていないですが。。。
なかなか新田さんの様にはっきり言ってくれる人も少ないので、ありがたいことです。」と書かれていた。
また「AIDSの症例報告が1981年、HIVの発見が1983年なので、それから間もなくの1985年のロックハドソンによる感染の公表は、さぞかし大きな衝撃だったのだろうと容易に想像できます。英文の情報のほうが得やすいので、もっと読んでみます。」と、最後にお礼で結ばれていた。
実に素直で人柄のいい若者だ。

   怖ろしいほどの寒さが、少し和らぐ

   
d0024276_23355291.jpg

     193センチの偉丈夫が、この姿を世間に見せた時は、誰か判明できなかったほど
     痩せ衰え、59歳とは思えぬ容貌だった。  
           
by arata-tamiko | 2013-01-28 23:51 | 諸々の出来事 | Comments(0)


<< 車の実技試験のスポンサーになる... 自分の姿が可笑しく笑ってしまう... >>